homeworks さん プロフィール

  •  
homeworksさん: HYGGE  デザインと服・雑貨と。
ハンドル名homeworks さん
ブログタイトルHYGGE デザインと服・雑貨と。
ブログURLhttps://ameblo.jp/homeworks-hmks/
サイト紹介文30代独身デザイナー:不安障害と強迫性障害の寛解を経てデザイン・雑貨・服・インテリアの事を綴ります。
自由文強迫性障害と不安障害を併発し、一年間の休職を経て復職。同じような不安を抱えている方と心を強く保つ方法を考えていけたらな、と思っています。日本が幸福度が低いこと。自殺率が高いこと。何故なのかも考えて行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 155日(平均6.7回/週) - 参加 2017/12/01 12:42

homeworks さんのブログ記事

  • 30冊のスケッチブック。
  • 現在リハビリのように、毎日デザインを作成しています。 普段の業務はMACのAI(イラストレーター)で、商品のデザインを行っているのですがプライベートでは、デッサン、スケッチ、水彩、ペン画、アクリル、切り絵をアナログ的に作っています。 スケッチブックは6冊目がもうすぐ終わります。 最近では、IPADを使って、タッチペンでのデザイン作成に挑戦しています。 調子が悪いときは、あまり作品が進まないのですが [続きを読む]
  • thanksgiving25
  • 2018年、春。桜もほとんど満開でスプリングコートの意味がないくらいの陽気でなんとなくすれ違う人たちも、ソワソワしている気がします。 2017年は、私にとって人生最悪な一年で、ピンチな一年でした。何度も何度も、生きる事が辛くなりそして、今もそれを引きずっていて、タマに発作に襲われています。でも、桜がキレイだと、単純に思えるようになりました。 もうひとつ、2017年は私の大好きで尊敬している、Mr.Child [続きを読む]
  • 桜の季節
  • 日中、暑いくらいの日々でもうこのまま夏に突入するんじゃないかと思う今日この頃ですが 3月は発作が続きなかなか辛い日々でした。 理由は色々とあるのですが薬だけでは解決できない事も多く。 母と電話でやりとりしたり実家に帰ったりしてなんとか騙し騙しやってきました。 昨年の今頃は地元愛知県の土手で泣きながら見た桜。 今年は、なんとか大阪で見られそうですがこれからこのままではいけないな そんな風に思います。 桜 [続きを読む]
  • 支えとなっている絵
  • ずっと病気や、くらい事を書いて来ましたが 絵は私の心の支えです。 絵を描いている時は無心になれ嫌なことも不安も忘れるからです。 私の仕事は、インテリアファブリックのデザインなのですが今は、おもにスケッチやイラストを描いて絵の基礎を磨いています。 前述したとおり、私は社会学部卒なので、美術の基礎がありません。我流でのデザイン作成です。 そして、描くだけだと、モチベーションがどうしても下がるのでそれをイ [続きを読む]
  • 期待は捨てる。
  • 暖かくなってきましたね。 ずーっとどんよりとしていた気持ちですが最近、こうすれば楽になる、という方法を編み出しました。 それは期待しないことです。 期待とはすなわち(自分に向かって)こうして欲しいという欲望だと思うのですがそれが強かったり、明後日の方向にすると必ず思い通りの事は起きない ここ数か月で感じていることです。 3月の頭、すこし気分が落ち込んでそれまで我慢していた何かが、ばんっといって弾け2 [続きを読む]
  • 疲れた
  • 実家に戻っていた週末から、一気に現実に戻されて今週は大変気持ちが凹んでいます。 あまりやる気がおきません。 こう考えると、やはり、職場復帰した10月、11月は精神的に高ぶっていた気がします。 現在、私の心地いい空間は実家で母と話をしているその時間です。 この世の中で何の嫉妬心も抱かず、どよんとした気持ちも抱かない相手は母だけとなってしまいました。 今でも、私の事を心から心配してくれ一か月に一度帰って [続きを読む]
  • ノラネコ
  • 実家に帰省した時に感じた事でもう一つ思うことがありました。私の実家には、ノラネコのトラちゃんが毎日遊びに来ます。療養中も毎日のように遊んでいたので彼女は私を覚えているようで私が外に出ると、必ず寄ってきて撫でてーとお腹を見せてくれます。ノラネコでこんなに懐くのは珍しいのではと思うほどです。寒いので、たまに家の中に入れてあげるのですがすぐに外に出ようとします。トラちゃんにはトラちゃんの生き方があるの [続きを読む]
  • 改善と癒し
  • 先週末、通院のために実家に戻っていました。オリンピックで盛り上がってるテレビをふつうに観ることが出来ました。スポーツとはいいものだなぁなんて思いながら。思えば、昨年の今頃が本当に酷い状態で自殺を一番考えていた頃でした。会社の面談に行くために号泣しながら電車に乗り電車に乗っている人の目も気にせずに声を上げて泣いていました。大阪、という場所がトラウマにもなっていました。本当に今の状態まで戻るなんて想 [続きを読む]
  • 生活改善の難しさ
  • まだ薬を毎日飲んでいる私は毎月、愛知県にある実家に帰って通院をしています。幸い先生と相性が合いきちんと話も聞いてもらえ徐々にですが薬の量も減らして来ました。しかしながら大阪に帰ると、独りなので生活のリズムが狂いがちです。仕事から帰ると、うとうととしてしまい気づけば5時という日もザラにありここ2ヶ月ほど、きちんとベッドで寝ていません。そのせいで、睡眠負債がたまりたまに気分が悪くなったりしています。先 [続きを読む]
  • 嫉妬心と価値観について②
  • 次に価値観について。私は今、絶賛子育て中、新婚中の女性だらけの中働いています。たくさん海外やら遊びに行った親友もついにその仲間入りです。そしてどんどん周りは環境が変わって行っているのに自分だけが取り残されたような感覚に常に襲われています。はっきり言って、最悪の環境で働いています。先日述べた嫉妬心だと思うのですがどんと暗い気持ちで働いています。それなら結婚相談所に行ったり、何か出会いを求めて行動し [続きを読む]
  • 嫉妬心と価値観について①
  • 嫉妬心と価値観について。自分の考えがまとまって来たのでここに記すことにします。まず嫉妬心。以前、会社にいた同僚(女性)が20代で結婚し、子供を産んでブログを始めそれが人気になり会社を辞めて独立しました。本まで出してます。そんな彼女の事をなんだかどんと暗い気持ちで見ていました。それは、きっと私に無いものを彼女は全て手に入れていてキラキラと輝いて見えたからです。どんとした気持ちの正体はおそらく嫉妬心だと [続きを読む]
  • コミュニティ
  • コミュニティと役割 私が社会学部で犯罪心理学を学んでいた頃、他のチームが、「コミュニティと役割」について研究していました。 コミュニティ その定義とは、 ①一定地域内の人々である②その生活はこの地域内で完結する(現代では修正されつつある)③その関心や利害が共通する所から一体感が抱かれ、生活用しいにも一致した特徴が認められる(現代では修正されつつある)④以上の属性が自然発生的に生成し相互に関連し合っ [続きを読む]
  • kiroro
  • 1990年代、Kiroroという沖縄出身の女性デュオが活躍しました。ほっこりする歌詞と澄んだ歌声が印象的な歌手でした。今日たまたまNHKで、その後の彼女たちを取材していました。現在は地元沖縄に住み、子育てをしながら音楽活動をしているそうです。紹介されていた歌は、子育てや子どもに関する歌。……私のような独身にはきつい歌です。聴きません。そして仕事をする時には親に子どもを預けているそうです。上海滞在時を思い出しま [続きを読む]
  • マズローの社会的欲求
  • 色々と暗い事を書いていますが現状を整理するとこういう状態です。気分は基本、どーんとしているたまにくっと上がる時があるが、その時だけたまに、まだ死について考える家族、子供がドボンのキーまだ通院し、毎日薬に頼っている今の私を支えているのは、月一度帰る実家と、絵結婚相談所に登録でもして結婚相手を見つけ、子供でも授かれば何か変わるのだろうか....なんか果てしない。結婚に固執しているわけではないけれど日常を [続きを読む]
  • いったりきたり。
  • 病状ですが 年末から、2か月ほどずっと暗い気持ちが続いていました。 仕事はなんとか続けているものの無意識に色々と考えてしまう時も多く特に会社帰り不安障害で療養中の考えがまたよぎったりして本当に行ったり来たりの感情の波です。 最近は、絵を描いて何も考えないようにしている事何の背景も考えずに、オリンピックで頑張っている選手をただ応援する事ニュースを見たり、本を買ったりして、色々な文化に触れてみる事絵を [続きを読む]
  • 孤独とうまく付き合う
  • 三連休ですが私は独り、ずっと絵を描いています。余計な事を考えずに済むし何より、一歩ずつでもデザインの腕を上げたいからです。孤独で夜は辛くなりますが仕方ない事です。どうしても人と比べて劣等感を感じるので私は比べる対象と距離を置くしかないのです。そして、職場にいくとちょいちょい顔を出す劣等感。環境を変えるしかないと思っています。どうしても日本は価値観が偏っていて結婚して子供を産んで一人前。そんな価値 [続きを読む]
  • 心に刺さる歌詞25 MR.LONELY
  • 昨日立ち寄った本屋で、「孤独をたのしむ力」という本が目に留まり、パラパラと捲っていました。 目に留まった文章は・孤独とは、可愛そうな事ではない・一人を楽しめない人は、誰といても楽しめない・個性的な人ほど、孤独になる そんな感じの文章でした。 まだ、長文が苦手な私は、その本を買うのを辞めましたが孤独を前向きに捉えていいんだよ そんな風に思える本だったと思います。 いつか、長文が読めるようになったらぜ [続きを読む]
  • 選ばれない、という事。
  • 今日、ふとこの胸のどーんとしたものが何か何となく分かりました。この胸の暗闇は誰からも、「選ばれていない」からです。そして、誰も「守らなくていい」からです。定価で売れなくて20%オフでも売れなくて半額にしても売れなくて最後、セールのワゴンに入った私はそれでも「選ばれない」からです。誰にも「必要とされていない」からです。仕事で褒められても絵が上手いと褒められても誰も手に取らない売れ残りなのです。だから生 [続きを読む]
  • 転移した癌
  • 今日、20代後半の後輩が妊娠したという発表がありました。 同僚としては、とてもおめでたく、新しいイノチは喜ばしいことです。 建前は。 私の職場は、女性をターゲットにしている会社なので従業員は女性が多いです。 チームは20人ほどですが、上司の下は、ほぼ私が一番上あとは、後輩、しかも女性、といった感じです。 後輩のほとんどが、20代後半で、昨年バタバタと結婚しました。 結婚していないのは20代の3年目 [続きを読む]
  • 心に刺さる歌詞24 有心論
  • 私はこんな世の中に神などいる訳がないと思っています。 もし神がいるならば、戦争は起きないだろうし、これだけ不平等な世界にもならないと思うからです。 そして、私がいくら祈っても病気やマイナス思考は、根本的に治らないからです。 でも、何かに縋りたくなるほど追い詰められる時もあります。 藁をも掴む思い 小さな光を探す願い 自分ではどうしようもない事はやはり神に頼るしかないのでしょうか? それとも、誰かに救い [続きを読む]
  • 石川啄木さん
  • 石川啄木、という詩人が昔いらっしゃいました。26歳で結核で亡くなった詩人のその詩のテーマは孤独、貧困です。奥様もお子様もいらっしゃり才能もあり生きたくても生きられなかった方です。石川啄木さんの詩を眺めていると色々な事を感じます。20代で死と向き合っていた彼はきっと、もっと生きたかったはずです。それを思うと私も頑張って生きねばそんな風に思うのですが同時にこの悩みから解放されるなら石川啄木さんは短く太く [続きを読む]
  • 死生観、希死感
  • 今日、仕事のついでに帰った実家で母から早くお風呂に入りなさいその日中に寝ないと体に良くないよそんな風に言われました。実は会社に復帰してから病気の後遺症かあまり眠れなくなりベッドで寝れず、床ではっと起きる生活が続いているので、早く寝る、という事に慣れていません。ガタンと眠ってしまうのです。ベッドに入り、眠ろうと思い眠った事は一ヶ月に2、3度程です。そして、私は、健康とか長生きとかそういったものに全く [続きを読む]
  • 諸行無常
  • 昨年から今年にかけて会社で希望退職者が140人ほど出ました。皆さん、昔からの会社を支えて下さった方々。なんだかとても寂しい気持ちで一杯です。私が病気で休んでいる間会社の状態など考える余裕もなく会社を辞めようと考えて悩んでいる方の気持ちもまったく想像できていませんでした。そういった意味でもやはり人間は、自分の事で精一杯なのだと思います。そして、そういった方々とお別れする時いつも頭に浮かぶフレーズが諸行 [続きを読む]
  • 近況
  • 1月末、愛知県の実家に戻り路面が凍っている中、病院に行ってきました。 近況を先生に報告するとまぁ、いい感じだねということで、飲む薬の量が1日7錠から5錠に減りました。減薬段階に入った模様です。 ただ、自分の抱えている悩み、思い、不満、不安、人間不信そんな事を話しても、それは薬ではなんともならん事的なことを言われました。 確かに、先生は、私に出ていた障害は治せるけど私の心を平静に、平穏にすることは出 [続きを読む]
  • お金
  • ここ三ヶ月、病気になる前の記憶を上書きする為に部屋の模様替えをしてきました。観葉植物を置き、絵を飾り雑貨を集め文房具を集め画材を買い切り絵の道具を揃えました。服も以前着ていた服はほとんど着ていません。少しお金は掛かりましたがこれによって大分、気持ちの切り替えができるようになりました。物への価値観も変わり高い服はあまり買わないようになり高い服を買うときは、5年は着るつもりで買い流行の服は、ユニクロや [続きを読む]