穂高岳 さん プロフィール

  •  
穂高岳さん: 三井ホームを世界に通用するブランドにしたいぞー!
ハンドル名穂高岳 さん
ブログタイトル三井ホームを世界に通用するブランドにしたいぞー!
ブログURLhttps://ameblo.jp/wendy02/
サイト紹介文拙い知識しかございませんが、よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 155日(平均1.2回/週) - 参加 2017/12/01 14:47

穂高岳 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 三井ホームの対応
  • おはようございます。穂高岳です。私は、市川社長あてに質問状を送っていても、回答は支店長からしか頂けません。お客様相談室に何度聞いても、答えは同じです。支店長は、支配人登記している訳でもなく、一社員にしかすぎないのにも拘らず、全く無礼としか言いようがありません。次に家を建てる時は、絶対に三井ホームでは建てないと心に誓いました。 [続きを読む]
  • 市川社長あて、内容証明郵便による質問状送付
  • こんにちは。穂高岳です。今日は成人の日、振袖姿の女性が綺麗です。 昨晩、電子内容証明郵便で市川社長あての質問状を郵送しました。質問内容は次の2つです。 1.平成14年12月3日、大阪毎日新聞報道によれば、「神戸地裁判決、三井ホームによる地盤調査資料改ざんと設計、施工ミスにより、阪神・淡路大震災で半壊と認定された。」(事件番号、神戸地裁平成10年ワ55)と、御社の広告「40年以上、地震の揺れによる全・半壊ゼロ」と [続きを読む]
  • 姉歯事件の教訓生かされず、三井ホームの建築士法違反
  • こんにちは。穂高岳です。 構造計算書偽造問題(こうぞうけいさんしょぎぞうもんだい)は、2005年11月17日に国土交通省が、千葉県にあった建築設計事務所のA元一級建築士が、地震などに対する安全性の計算を記した構造計算書を偽造していたことを公表したことに始まる一連の事件である。耐震偽装問題とも呼ばれる。いわゆる、「姉歯事件」である。 この事件を教訓に、改正建築士法が平成20年11月28日に施行されました。その中に、 [続きを読む]
  • 地盤調査データ〜その後
  • こんばんは。穂高岳です。 地盤調査データは、調査会社で照合してもらった結果、同一でありました。 しかし、三井ホームからは、「ご案内文書には、『ジオエンジニア』による『総合判定書』が添付されていることになっていますが、今は、それはしていません。ご案内文書の訂正ミスです。」との回答。 私は、「プロとしてそれはいかがなものか?大学生のアルバイトではあるまいし、調査データを素人が見ても分からないから、「ジオ [続きを読む]
  • 初めまして!
  • こんばんは!穂高岳です。 自動車業界は、世界に通用するブランドが多くあるのに、なぜ、住宅産業にはないのだろう?その疑問から、考えました。 ブランドに期待するものは、世間の皆様、各々違いがあろうかと存じます。また、ブランドが保証するものも、社会通念として存在しないように思います。 自動車業界には、消費者保護のための自主団体が多々あります。それによって、消費者は保護され、自動車メーカーには厳しい市場にな [続きを読む]
  • 過去の記事 …