rutenzanmai さん プロフィール

  •  
rutenzanmaiさん: rutenzanmai
ハンドル名rutenzanmai さん
ブログタイトルrutenzanmai
ブログURLhttps://rutenzanmai.com/
サイト紹介文雑記ブログです。東京在住、育児を楽しんでいます。読書と自動車と旅が好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2017/12/01 17:57

rutenzanmai さんのブログ記事

  • いつまで抱っこをするか問題と対象恒常性
  • 子どもが抱っこをせがんできた時、抱っこするかしないか。 子どもの月齢や発達状況、親側の体力や荷物など、子育てあるある問題です。 1つの考え方として乳幼児の親子関係が大きく影響する「対象恒常性(object consistency)」というものがあります。 親に一定の愛情を受けた子どもは、それがその後の人間関係を築く土台になるというお話です。対象恒常性という心理的安全基地対象恒常性とは「母親などその人が目の前にいなくても [続きを読む]
  • 【公園徹底攻略】高浜公園 遊具は充実しているが雰囲気が暗い
  • 東京都港区にある「高浜公園」。 この公園のコンセプトは「森の中にある公園」。 しかし実際は暗いイメージを払拭しきれていないイメージ。 立地もわかりにくく、残念感がぬぐえない公園です。遊具 タイヤのブランコ。 最近はこうした遊具、見かけなくなりました。 画像向こうに新幹線の線路が見えます。 複合遊具。 木製っぽいイメージです。 砂場の中に小屋。 意外とはまる子どももいる遊具です。 スプリング式遊具。 ポンプ [続きを読む]
  • なぜ、子どもを持とうと思ったのか?
  • NHKの45年に渡る調査で「結婚しても、必ずしも子どもを持たなくてよい」が、2018年に最高の数字になりました。 個人的には、日本は少子化で衰退一途と捉えていますが、この調査結果には賛成です。 理由は子どもを持つ持たないは個人が判断すること。 縛られるのではなく、自由な発想がしやすい良い時代だと思っています。結婚イコール子どもという発想はマイノリティ出典:第10回「日本人の意識」調査(2018)(NHK)このデータを [続きを読む]
  • 【公園徹底攻略】宮本公園 神田明神裏の茶室のような趣の公園
  • 東京都千代田区にある「宮本公園」。 メジャースポット神田明神の裏手にある公園、意外に穴場です。 と言うのも、神田明神から直結ではなく、大きく迂回する必要があるためです。 公園全体に竹などのモニュメント的生け垣があり、ちょっとした落ち着きスポットです。 遊具 公園入口の階段。 階段を上ると現れる和のモニュメント。 タイル張りの石垣があります。 遊具はこれ一つ。 高低差を利用した、大きな滑り台付き複合遊具 [続きを読む]
  • いまは子どものスマホやタブレットを禁止するではなく、どう使うかだけ
  • 子どもにスマホやタブレットをどの程度、使わせるかという現代ならではの悩みがあります。 最近の研究結果で「電子書籍利用で成績向上した」というものがあります。 また逆に「スマホやタブレットの使い過ぎはテレビよりも悪影響」という結果もあります。 最終的にはそれぞれの環境で、各家庭が決めるしかない事柄です。電子書籍でも本を読むと成績が上がるベネッセが調査した電子書籍読書実施と学力のデータが以下です。 出典:読 [続きを読む]
  • 【年中行事】1年間にたくさんの年中行事がある
  • 【年中行事】1年の始まり「1月」1年の最初の月「1月」。 元旦に始まり、いろいろな年中行事やイベントがあります。 1月は「睦月(むつき)」、お互いに往来して睦まじくするという意味です。 日本の文化・風習・現代イベントのうち、1月に実施されるものをまとめました。 1...rutenzanmai.com2017.12.29 【年中行事】東京マラソンが定着した「2月」1年の中でも一番日数の少ない「2月」。 年中行事も少なめです。 それでも旧暦では1 [続きを読む]
  • 子どもが将来なりたい職業を考えることの意味
  • 大人が子どもに聞く定番の質問「将来何になりたい?」。 当たり前ですが、いまと昔で、変わったものもあれば、残っているものもあります。 それ以上に気になっていたのは「将来について深く考えるか」という質問結果です。 自分の成人前を思い出してみても、日本のダメな点があるのではと僕は考えています。子どものなりたい職業は10年前比だとそれほどかわっていない定番の質問ネタ「将来なりたい職業」の2017年の結果が以下です [続きを読む]
  • 【十二支】イノシシは猪突猛進ではない
  • 十二支の一番最後12番目にあたる「イノシシ(猪)」。 伝来元の中国ではイノシシではなく豚や、12番目ではなかったなど逸話も多い象徴です。 害獣にもなりますが、子どもの「うりぼう」の愛らしさは有名です。 イノシシ年にかかわるイロイロをまとめました。十二支「イノシシ」の人口日本全体のイノシシ年生まれの人口は以下です。 出典:「戌いぬ年生まれ」と「新成人」の人口 (総務省)全体のうち、6番目の人口順位。 100÷12= [続きを読む]
  • 【お出かけ】ブリックライブ・東京タワーでレゴの祭典・2018冬
  • 「ブリックライブ東京」はイギリス生まれのレゴのファンが集うイベント。 東京タワーの地下1階、バスケットコートより少し大きいフロアで開催されています。 期間が2018/12/29(土)〜2019/1/6(日)の限定。 とてつもない種類のレゴブロックを、自分好みに作り上げる楽しさがあるイベントです。ブリックライブ・会場内アトラクション地下1階の入口です。 地上1階でのチケット販売ブースもそうですが、意外に簡素です。スターウォーズ [続きを読む]
  • 【公園徹底攻略】佐久間公園 ラジオ体操会発祥の地
  • 東京都千代田区にある「佐久間公園」。 ラジオ体操会発祥の地という案内板がある公園です。 すぐ横を総武線が走っているので、電車好きキッズも大満足。 いくつかの歴史が垣間見える公園です。目次遊具基本情報個人的評価遊具 面積は大きくないですが、段差が特徴的な複合遊具。 滑り台も大小2つ、あります。 柵に囲われた砂場。 小さめで四角い形。 スプリング遊具。 たいてい2つ以上設置されていますが、この公園は1つのみ。 [続きを読む]
  • 東京の新成人推移、最近は総数が微増に転じていて女性が増加
  • 少し前に「東京23区の新成人は8人に1人が外国人」というニュースが話題となりました。 外国人増加はいまの時代の流れ、新成人の状況も1つの結果でもあると思っています。 そのうえで東京の新成人推移を見ていて、2つ気になる点がありました。 ここ数年は新成人総数が増加に転じていることと、女性が増えていることです。目次数十年前からの推移では新成人は減少、ここ数年は微増東京の外国人は総数比率共に上昇東京の新成人は女性 [続きを読む]
  • 子どもの遊ぶ環境がいまと昔では違う、父親尊敬力は現代は低下傾向
  • 子どもの遊び場環境は、いまと昔では随分変わったと感じます。 昔、自分がやった遊びを、自分の子どもとできるかというと、できるものもあれば時代的に難しいものもあります。 子どもが父親と一緒になって遊ぶ、そのこと自体は僕は積極的に行っています。 ですが、それが父親尊敬につながるかどうかは気にしていません。目次子どもの遊び環境が変わった父親の尊敬・父親の力はおちているさいごに子どもの遊び環境が変わった最初に [続きを読む]
  • 人生最後の食事を誰と食べるか、夫婦中心と子ども中心思想について
  • 結婚して子どもを授かると、夫婦中心から否応なく子ども中心の生活が始まります。 乳児期は特に手がかかり、第1子で祖父母サポートなどがなければ、手探り状態で戦場突入。 当然、子ども中心の生活にならざるを得ないというところが実感です。 ではいつ、子ども中心ではなく、夫婦の時間にウェイトを持っていくのか。目次昔に比べ「子ども中心」と考える夫婦が増えている何をおいても乳児は手がかかる子育て文化についてアメリカと [続きを読む]
  • 【公園徹底攻略】泉岳寺前児童遊園 アスレチック要素がある公園
  • 東京都港区にある「泉岳寺前児童遊園」。 アスレチック要素がある遊具が複数ある公園です。 港区ではあまりツリーネットやターザンロープはみかけません。 それゆえか人気の公園です。目次遊具基本情報個人的評価遊具 ターザンロープ。 ストレートタイプで、新しいです。 ツリーネット(ザイルクライミング)。 よく見かける高さのツリーネットです。 砂場。 港区は、柵がカラフルな砂場が多い。 小さな滑り台。 斜度も小さな子 [続きを読む]
  • いま、子どもがいる世帯割合はお歳暮と同じ1/4以下
  • 少子化は現代日本では周知の事実です。 子どもがいる世帯数も減少ということですが、どの程度の減少なのか。 子どもの人数別世帯数はどうなっているのか。 結果、お歳暮を毎年贈っている人の割合同様、日本では25%以下です。目次日本全体の世帯数は増え1世帯当たりの人数は減少子どもがいる世帯は約33%減少しているが世帯当たり人数は大きく減少していない子どもがいる世帯は以前は約半数だったが、いまは1/4さいごに日本全体の世 [続きを読む]