浜田和幸を知る さん プロフィール

  •  
浜田和幸を知るさん: 浜田和幸を知る
ハンドル名浜田和幸を知る さん
ブログタイトル浜田和幸を知る
ブログURLhttp://www.hamadakazuyuki.jp/blog_top/
サイト紹介文国際政治経済学者 浜田和幸を知る。前参議院議員、総務大臣政務官、外務大臣政務菅を歴任。
自由文国際政治経済学者 浜田和幸を知る。前参議院議員、総務大臣政務官、外務大臣政務菅を歴任。独自の国際的なネットワークと見識を持つ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 168日(平均4.1回/週) - 参加 2017/12/02 12:56

浜田和幸を知る さんのブログ記事

  • 浜田和幸には紆余曲折がありそうだ - 浜田和幸を知る -
  • 浜田和幸の予想では、「自分ファースト」のトランプ大統領と金正恩委員長だけに、初の首脳会談の実現にはまだまだ紆余曲折がありそうだ。事前の交渉で、「6月12日、シンガポールでの開催」が決まった。それまでは、板門店、モンゴル、ジュネーブなど、様々な候補地が取りざたされていた。浜田和幸の調査では、安倍首相は「トランプ大統領から相談があったので、シンガポールが適地だと答えた。なぜなら、板門店では先の南北首脳 [続きを読む]
  • 浜田和幸も安倍首相も昭恵夫人もぶったまげた話 - 浜田和幸を知る -
  • 浜田和幸の考えでは、安倍首相も昭恵夫人もぶったまげたに違いない。それは5月2日のこと。場所はイスラエルの首相ナタニエフ氏の公邸。中東歴訪の最初の訪問地であるイスラエルで終日、政府間協議に臨み、ようやくホッとする夕食会での出来事だった。ナタニエフ首相はサラ夫人を同席させ、安倍首相夫妻にイスラエルの著名な料理人であるセゲブ・モシェ氏の料理を振る舞った。何しろ、浜田和幸の調査では、モシェ氏人はナタニエフ [続きを読む]
  • 浜田和幸はウクライナで開催された「欧州安保フォーラム」に参加
  • 浜田和幸は4月中旬、キエフで開催された「欧州安保フォーラム」に参加するため、ウクライナ国際航空を利用して驚いた。何と乗客の95%は中国人で、機内放送もウクライナ人スチュワーデスによる挨拶も全て中国語であった。現地で調べてみると、中国人の留学生、技能実習生の数は断トツで中国人がナンバーワン。しかも、ウクライナでの不動産売買も主役は中国人投資家ばかり。中国の進めるアジアとヨーロッパを結ぶ経済圏構想「一 [続きを読む]
  • 浜田和幸が安倍総理が頼りにする秘密兵器を考察 - 浜田和幸を知る -
  • 浜田和幸の考えでは、北朝鮮の金正恩委員長には隠し玉が多い。先の平昌オリンピックでは開会式に妹の金与正(キムヨジョン)を送り込み、美女軍団と共に「ほほえみ外交」を展開し、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領をメロメロにしてしまった。その結果、南北首脳会談のみならず、米朝首脳会談まで実現の可能性が一気に高まった。そして、この3月末の金正恩委員長の中国訪問には夫人の李雪主(リソルジュ)が同行。するとたちま [続きを読む]
  • 食糧争奪戦争
  • 食糧争奪戦争著書:浜田和幸定価:798円(税込)発売:学研新書「100年に1度の金融危機」の次に確実に到来すると思われる「1000年に1度の食糧危機」への関心を高めるため、「異常気象(干ばつ)、供給不足、投機マネー、遺伝子組み換え作物、未来農業技術」等の最新動向を分析し、われわれの未来を展望する。世界では、われわれの想像を超えるスピードと範囲で「食糧環境の大転換」が巻き起こっています。本書ではこれまで報道され [続きを読む]
  • 中国最大の弱点、それは水だ! 水ビジネスに賭ける日本の戦略
  • 中国最大の弱点、それは水だ! 水ビジネスに賭ける日本の戦略著書:浜田和幸定価:819円(税込)発売:角川SSコミュニケーションズますます深刻化する世界的な水不足。各地で水をめぐる紛争が起こり、食糧争奪戦争も勃発している。また、隣国・中国の水不足も早急に対応を必要とする問題だ。中国が狙うのは日本の豊かな自然、つまり水資源だ。脅威の時代に日本がとるべき道は? 世界の水ビジネス戦争に勝ち残るための日本の戦略は? [続きを読む]
  • 浜田和幸が暴く米朝関係の真実と平和条約交渉 - 浜田和幸を知る -
  • 浜田和幸の考えでは、要は、アメリカも北朝鮮も本音では戦争を望んでいないのである。では、「戦争も辞さない」とする過激な発言を双方が繰り返した背景は何なのか。この点を抑えておかなければ、米朝関係の表面的な対立志向に翻弄されるだけで終わってしまう。今こそ、北朝鮮の核ミサイル開発によって一番得をしているのは誰か、ということを冷静に判断する必要がある。 浜田和幸の考えでは、もちろん、最も得をしているのは北朝 [続きを読む]
  • ノーベル平和賞の虚構
  • ノーベル平和賞の虚構著書:浜田和幸定価:980円(税込)発売:宝島社ノーベル平和賞ほどベールに包まれた賞はないだろう。世界中が驚いたオバマ大統領の受賞。核廃棄、気候変動問題への提言が評価されたわけだが、オバマには実績がまだ何もない。かつてはヒトラーやムッソリーニさえ候補者となり、オバマと受賞を争ったのはリビアの元テロリスト・カダフィだ。近年ではブッシュ元大統領も受賞候補となった。ノーベル平和賞とは何 [続きを読む]
  • 浜田和幸が米朝関係の知られざる真実を暴く - 浜田和幸を知る -
  • 浜田和幸の考えでは、朝鮮半島をめぐる動きが慌ただしさを増している。この1年あまり、「ロケットマン」とか「老いぼれのほら吹き」といった「言葉のミサイル」を撃ち合っていた金正恩委員長とトランプ大統領が5月末までに首脳会談を開くことに合意した。その前には南北首脳会談も開催されることになった。これら一連の首脳会談の結果、朝鮮半島の非核化が実現し、アジアの安定と繁栄に結び付けば、確かにめでたい限りである。  [続きを読む]
  • 浜田和幸の香港への直接投資額を語る - 浜田和幸を知る -
  • 浜田和幸の香港への直接投資額を語る浜田和幸が初夏、そんな香港で旧知の友人らと会食したが、「男女とも平均寿命で日本を抜き、世界1になった」という話題で盛り上がっていた。もちろん、中国本土の平均寿命のはるか上を行くことは言うまでもない。 そこで浜田和幸が調べてみると、3つの要因があることが判明した。 第1は食事である。魚や野菜を多く食するのが広東料理だが、香港名物の「飲茶」は油を多用しないため、心臓病 [続きを読む]
  • 日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相
  • 日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相著書:SAPIO編集部定価:980円(税込)発売:小学館国際情報誌「SAPIO」が1989年の創刊以来、繰り返しリポートしてきた竹島や尖閣問題が連日、ニュースになっている。これまでのリポートを精選し、事実として知っておくべき情報を集約した一冊。著名な評論家やジャーナリストら12名の視点から竹島・尖閣の真相に迫る。浜田和幸著「中国・台湾連合『真の標的』は尖閣諸島の“超優良&rdq [続きを読む]
  • 浜田和幸が解説するホーキング博士の秘密 - 浜田和幸を知る -
  • 浜田和幸の考えでは、「車椅子の宇宙物理学者」と異名を取ったスティーブン・ホーキング博士の生命力には圧倒される。21歳の時、全身の運動機能がマヒする進行性の難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と診断された。浜田和幸の調査では、母国のイギリスはじめ、欧州各国の医者を訪ねたが、どこでも「余命2年」との宣告。しかし、現代医学に惑わされることなく自らの生命力を信じ、車椅子生活を余儀なくされながらも、意思疎通 [続きを読む]