ゆーり さん プロフィール

  •  
ゆーりさん: Candyxfross
ハンドル名ゆーり さん
ブログタイトルCandyxfross
ブログURLhttp://candyxfross.blog.fc2.com/
サイト紹介文主従。従者側。独り言。閨事。吐き出し。軌跡の一部。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 5日(平均11.2回/週) - 参加 2017/12/03 00:11

ゆーり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 何気無い、一言
  • また明日。そう囁くあなたに、胸がときめいたのは、内緒。最近落ち込んでるみたいだったから。何か買ってやりたいと思ってた。たまに、こんな風に優しく気遣ってくださるから、あなたから離れられない。渋りながら、私がしたいことを優先してくださる。お昼を食べ切れなかったのに。甘いものが、なんて。それでも、付き合ってくださったり。買い物に連れ出してくださったり。通常が酷過ぎるからなのか。些細な事が、嬉しい。車の調 [続きを読む]
  • 寝顔。
  • 3回に1回くらいの割合で、あの人の寝顔を見ている気がする。膝枕だったり、抱き枕だったり、その時々で体勢は違うのだけれど。膝枕の時と。部屋で眠る時と。隠し撮りの写真は地味に増えていて。ああ、なんだかんだとそばにいるんだな、と少しだけ。初めての膝枕であっさり寝落ちされた為に、この人はいい寝付きなんだな、と思っていたのに。人生でお前だけ、と言われてしまった。よくよく考えれば、夜、眠れない、と連絡を貰った事 [続きを読む]
  • 主従とは。
  • 知り合って、1年と、7ヶ月。飼いたい。躾けたい。デジタルな遣り取りの中で何度もそう云われ続けて、初めて逢った日。私だと認識した段階で、主の中ではガッツポーズだったらしい。受け応えはそれまでの遣り取りの中でどストライクだったけれど。見た目も、どストライクだったらしい。私は、と云えば。これはこれは…ややこしそうな感じだな、と。些か冷静な目線で。内緒だけれども。そもそもスタートラインが私たちは全く違う。 [続きを読む]
  • 熱と欲
  • 二人の場所。二人しか、いない。あなたは私に触れる。それが胸だったり、髪だったり、手だったり。それはその時次第なのだけれど。口唇を重ねて。吐息を重ね。引き寄せれば、更に引き寄せられる。それは、確かな熱量で。確かな質量で、私に迫る。触れていれば、やがてあなたは熱を昂らせ、私に押し付ける。吐き出さなくとも、我慢は出来るらしいけれど。はて、それはそれで良いのか、と首を傾げる事もそれなりに。中を穿てば、あな [続きを読む]
  • 変化
  • 少しずつ、けれど、確かに、変わってきているあの人も。私も。会えば直ぐに抱き締められる。腕の中に収められて、口唇を奪われる。胸をまさぐられ、服を脱がされる。以前は、脱げ、と言われる事の方が多かったけれど。近頃は寧ろ脱がされる事の方が多い。腕を伸ばせば抱き締められて。ん、と言えばキスをされる。車の中では自然と手が繋がれて。信号待ちの合間に引き寄せられて、またキスをする。胸を触る事を自重する代わりに、髪 [続きを読む]
  • 恋文
  • 強請って、書いてもらった、手紙。予想の斜め上をいく字の汚さに思わず笑ってしまった。文通、とかで知り合ってたら、絶対会ってなかったろうなと、思うレベルの汚さで。元々字が汚いのは知ってたけど。いや、まさか、ここまでとは。めんどくさい小学生みたいな字だった。封筒も、事務用の茶封筒。これは、予想通り。あの人がわざわざ買う訳無いもの。縦書きの便箋を横書きにして使うのは、些かどうかと思うけども。まあ。まあ。許 [続きを読む]
  • 愛故に
  • 何かしらであの人を詰ると、そこそこな確率で台詞の最後に、愛してる、それは嘘じゃない、と来る事がある。愛して?と言うけれど。疑っているからではなく、もっと欲しいからであって。何度も詰るけれど。疑いからでなく、甘えのひとつで。都度最後にそれを言われると。なんだかなー、と苛々が別角度に変わる。概ね、構わないのだけれど。あの人が。それが、不安なのは知っている。というか。これだけ頻繁に言われれば。でも。私は [続きを読む]
  • 詰る
  • 会えば、貴方を詰る毎日。些細なことで、詰ってみせる。あの人はそれを、戯れ付いているのだと、思っていたようだけど。残念ながら本音なのだ。クズだと。主人に宣うのは奴隷としては有り得ないのだけれど。言わせてしまうのは、主人だから、と正当化してみる。とは言え。私はあの人を慕っていて、離れるつもりもないのだから、まあ、戯れ付いていると思われても構わないのだけれど。直していただきたいところは山のようで。些か困 [続きを読む]
  • 過去の記事 …