ごくう さん プロフィール

  •  
ごくうさん: 脱!コントロール思考
ハンドル名ごくう さん
ブログタイトル脱!コントロール思考
ブログURLhttp://datsu-control.hatenablog.jp/
サイト紹介文人・状況・結果をコントロールしない。脱!コントロール思考を目指せば、自分も周りもきっとうまくいく♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 11日(平均11.5回/週) - 参加 2017/12/03 01:15

ごくう さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自分を優先させすぎる人
  • 大人の世界でも子供の世界でも「自分を優先させすぎる人」という人はいるものです。このような「自分を優先させすぎる人」は自分の都合を最優先して行動するので「ただのワガママな人」「空気が読めない人」と見られがちですが、果たして本当にそれだけでしょうか?「自分を優先する人」はそれだけでは済まず、このような人は実は確信犯なのではないか、と私は思います。人と人は生きている限り、互いにあ [続きを読む]
  • コントロール思考が腰痛を誘発していた
  • 私は20歳位の頃から腰痛持ちです。20歳頃はバイトで重いものを持つことが多く、それが腰痛の原因だと思っていました。社会人になってからも重いものを運んだりすることが多かったせいか、腰痛に悩まされました。腰が痛いので月1回は必ず整体に通っていました。整体は保険が適用されませんので1回約5千円。若い時の5千円の出費は痛かったのですが、それでも腰が痛いと何も出来ないので仕方がありませんでした。そんな感 [続きを読む]
  • 共感は人間関係上での「貯金」
  • 私が産業カウンセラーの勉強をしていた時、カウンセラーに求められるスキルの一つとして共感がありました。この共感、簡単そうに思えますが、実は意外と難しいものです。まず共感と同感は違います。そのうえで自分のフィルター(準拠枠)を極力通さずに共感しないといけません。また共感するためには傾聴がとても大事なのです。共感にしろ傾聴にしろ、相手と自分の間に相互のコミュニケーションが必須となりますので、この [続きを読む]
  • ほどほどに自分をコントロールしよう
  • 自分ではなく相手(周り)をコントロールしようとばかりしていると、人は次第に離れていきます。それは相手(周り)のコントロールに執心し、自分のコントロールを忘れがちになってしまうからです。自分のコントールをしない人は、自分に甘い人です。自分には甘く、人には厳しい。これでは当然いい人は寄ってきません。かといって自分をコントロールしすぎてしまうと、今度は自分自身を傷つけてしまうことがあるかもしれま [続きを読む]
  • 試行錯誤することがとても大切だ
  • 仕事でもスポーツでも勉強でも人生でも、「いきなりうまくいく」ということはほとんどないと思います。もしどんなことでも「いきなりうまくいく」ことが多いのであれば、すごい才能を持っている天才か、もしくは低いレベルで事を進めているのかもしれません。「うまくいく」時はたいてい試行錯誤の末にやっと「うまくいく」というケースがほとんどだと思います。色々な選択肢の中から一番ベストなものを選んだつもりでも [続きを読む]
  • コントロール思考の人は自分に自信が無い
  • 自分をコントロールするより他人をコントロールしたがる・・・。その対象は子供であったり、友人であったり、家族であったり、会社の人間であったり・・・・。そしてコントロールすることで自分の存在を感じ、悦に浸る・・・。他人をコントロールすることがコミュニケーションであり、しつけであり、教育である・・・・。こんな勘違いをしてしまう人がいます。これこそコントロール思考です。それにしても、こ [続きを読む]
  • 人生に壁があるからこそ脱コントロール思考が身につく
  • 以前、長女の中学校の入学式がありました。そこで生活指導の先生や学年主任の先生から、「中学の3年間で壁にぶつからない子はまずいない。そこで悩んだりイライラしたりする。」という話がありました。思春期ということもあるでしょうが、中学生の頃は人間関係、勉強などで悩むことが多くなるものです。これは自分のパーソナリティと他者のパーソナリティの違いが見えてきて、さらに自分が何者なのかも次第に分かってき [続きを読む]
  • ある程度の不自由さこそ大切
  • ドラクエやファイナルファンタジーなどのRPGでセーブデータを改造して遊ぶやり方があるようです。この改造データで遊ぶとは、自分でコツコツレベルを上げていくのではなく、事前に用意された(レベルアップされていたり最強武器・防具を持っている状態の改造データ)もので最初から遊ぶやり方のことです。私はゲームは好きなのでよくやるのですが、改造データでプレイしたことはありません。そもそも改造して遊ぼうとも思 [続きを読む]
  • 意味を見出すと脱コントロール思考になっていく
  • 4月など新年度になると新しい学校、新しい職場などで今までと違った環境になる人は多いと思います。新しい環境、今までと違った環境で友達は出来るのだろうか、職場であれば馴染めるのだろうかと、新しい環境に対して不安に感じる人も多いかもしれません。このような不安は誰しもが経験する不安だと思います。このような不安を抱えつつも、フレッシュな気持ちでいるうちはまだよいのですが、だんだんその環境に慣れてく [続きを読む]
  • コントロール思考になると自分にとって悪いことが頻繁に起こる
  • コントロール思考に陥り、それがより強くなってくると、自分や自分の周りで良くないことが起こります。私の知っている限り、コントロール思考の強い人で以下のようになった人達がいます。・いつも怒っている・やたらと病気になる・良い友人がいない・夫婦仲が悪い・部下から人望が無い・子供が登校拒否・子供がうつ病になる・子供が引きこもりに・収入が少ない割にギャンブルにはまる・趣味が無い・良 [続きを読む]
  • 神は信じたほうがいいのか?
  • 突然ですが・・・、あなたは神を信じますか?(何だかいきなりとても怪しい質問ですね・・・。)私は今までずっと無宗教で生きてきています。もっと言ってしまうと、宗教が嫌いでした。もう子供の頃からずっと・・・。お地蔵様ですら何とも思わず(「ただの石だろ」と子供の頃はよく言っていました。)、「神も仏もこころの弱い人が信じるのだ。神や仏にすがるしかないのだ。」と思っていました。しかし最近、年を取って [続きを読む]
  • コントロールするのは他人ではなくまず自分!
  • 自分ではなく相手(周りの人)をコントロールしようとばかりしていると、人は次第に離れていきます。それは相手のコントロールに執心し、自分のコントロールを忘れがちになってしまうからです。自分のコントールをしない人は、自分に甘い人です。自分には甘く、人には厳しい。これでは当然いい人は寄ってきません。かといって自分をコントロールしすぎてしまうと、今度は自分自身を傷つけてしまうこともあります。これが [続きを読む]
  • 結婚や子育ては脱コントロール思考のベースになる
  • 以前(2016年)にTBSのドラマ『家族ノカタチ』というドラマがありました。日曜夜9時のTBSのドラマはよく見るのですが、私はこのドラマはその中でもかなりの良作だと思いました。このドラマはアラフォー独身の視点と、その親世代の気持ちをとても的確に表現しているように思いました。香取慎吾が演じる主人公の大介は「こじらせ」的な人物なのですが、ドラマだけあってこじらせつつも実は中身は繊細で優しい面も持っている、 [続きを読む]
  • コントロール思考の人は無駄に不機嫌になりやすい
  • 周りをコントロールして当然、相手をコントロールして当然と思っている人は、前提として「コントロールできて当然」と思っているので、「コントロールできない=悪」と考えがちです。わがままに育った人、自制心がきかない人、そこそこ自由がきく中高年以上の人などにこの傾向があるように私は思います。こうなると周りはストレスだらけ。自分の言うことを聞かない(思い通りにならない)妻、子供、部下 [続きを読む]
  • 脱!コントロール思考で楽に生きる
  • 「やたらと物事をコントロールしようとする」このような人は結構いるものです。(私の周りにもいます。)ここで言う「やたらと」というのは、人、モノ、仕事など、とにかく自分の周りのことに対して「コントロールしよう、しよう」という姿勢のことです。これを私は「コントロール思考」と呼んでいます。このような「コントロール思考」の人には、どういうわけか必ずといっていいほど「コントロールできないこと」が [続きを読む]
  • 過去の記事 …