イヴ・ダリア さん プロフィール

  •  
イヴ・ダリアさん: 完熟艶女の甘い躰
ハンドル名イヴ・ダリア さん
ブログタイトル完熟艶女の甘い躰
ブログURLhttps://kanjyukuadejyo.blog.fc2.com/
サイト紹介文不倫を機会に再開した小説ブログの裏話と二人のオトコのこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 11日(平均7.6回/週) - 参加 2017/12/03 12:33

イヴ・ダリア さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 甘い躰 3
  • ジンとの距離が近づくきっかけになったのは、やっぱり偶然。エレベーターが一緒になったから。先に乗っていた私の顔を見ると、乗り込むのを戸惑ったようだった。なんでよ、そんなに私が嫌いなの?でも、向こうは社員。私がチョコンと頭を下げると、まるで勇むように乗り込んできた。「おつかれさまです」「お疲れ様です」「ジンさん(←当然苗字よ。)って、なんのアプリ入れてます?スマホに」「アプリ?」「ゲーム系とか」「俺、し [続きを読む]
  • 女王誕生
  • 『今夜の下僕はわたしを楽しませてくれるかしら』そんな期待を抱くくらいの余裕がいつかはくるの?今は無理。ドキドキする。それなのに……それだから、わたしの中は蜜がもう溢れている。まるで、それなりの気持ち良さを知っているバージンみたい。その動きをふやける指だけが知っている。甘いキスとは裏腹の痛い鮮血を滴らす。痛みから快感にしてくれたのは、三人目のオトコだったっけ。でもね、彼がわたしに教えたのは、それだけ [続きを読む]
  • 冷たい衝動
  • 「ねぇ……綺麗だよ」ほら、離せ。もっと前へと促して、手を離すんだ。今なら出来る。いつかの指輪は最期への手向けだ。このまま手を離せば、全て海に沈む。またあいつと向き合える。家に帰って、あの頃の毎日に戻るだけ。「ねぇ、聞いてる?」ほら、離せ。焦りが汗をかかせて手が滑る。そのくせ、指先は知り尽くした指に絡み付く。離せば、あの頃に戻れるぞ。金策に頭を悩まさずに済む。要求に応えるための嘘を作らなくていい。た [続きを読む]
  • 片想い
  • 影だけでも重なりたくて近づいたら君は肩に腕を回してきた。当たり前のように。愛しい人でも抱くように。でも、違う。わかっているよ。友情の証だろ? それでも、抑えられない鼓動が暴れた。照れ臭くて顔が見られないけれど、きっと思い切りのいつもの笑い顔だ。気配でわかる。何年も追いかけてきたから。今だけは、君から聞かされたヤツのことを忘れたい。 [続きを読む]
  • 男の手本
  • 「父親になれるかな?」あなたは不安そうに訊いたけど、平気。大丈夫。もうなっているよ、父親に。この子の安心しきった笑顔が語っている。ううん。そもそも父親にならなくたっていい。代わりに、もしこの子が路に迷ったら、立ち止まって耳を澄ましてあげて。手を伸ばしたい背中でいてあげて。あなたを見なくなってもいつも認めてあげて。いつか、最期の眠りにつく時は、この子にだけは微笑んであげて。グッドラックと言葉を添えて [続きを読む]
  • たまには独り
  • あー、とうとう来ちゃったぁ。憧れのこの場所。いつかのパンフレットがどうしても忘れられなかった。眠気も吹っ飛んでホテルから駆けつけた海。綺麗。朝日が気持ちいい。今日は晴れるかな? 晴れたらあの島まで行ってみよう。ダイビングをして、木陰のハンモックでお昼寝もいいかも。ムフッ。素敵な出逢いもあったりして……。みんなには悪いけど、たまにはいいよね。抜け駆け、一人旅。ここ数年の反省会を独りでやってから、また [続きを読む]
  • オナる、オナらない
  • ついさっき、友人から送られてきました。ダラケと言う番組。探したらあったのでどうぞ。面白いです。ダラケ女流官能作家うんうんうなずきながら観ました。そうか。禁欲するのか。同じだな。でもって、描き終えてからオナルのよ。だって、ヌイてたら締切間に合わないもん。出ているお三方は、それだけ(執筆だけ、それも官能だけ)で生活できるんですかね?内藤さんは出来そうですよね、いろいろしているから。なんて、夢のないことを [続きを読む]
  • 甘えたいのよ?
  • 決して、そのようなブログではないのですが、可愛くて……でも、忍耐。我が家はこたつ派なのですが、いつからかパソコンを置いて座ると、こいつはしばらく動かないぞ、しめしめ、と言うように乗っかってきます。ひくとこんな感じ。長時間となると重いですわ。ある種の拷問です。 [続きを読む]
  • 甘い躰 2
  • 突然な出逢いがあっても、そう易々とは近づけない。だって、どこの誰とも分からないもん。なんで?運命?なんて思っても、何も行動はしなかった。でもね、いつからかお昼ご飯を食べる時にいることに気が付いた。きまりはないから、食堂に現れる時間なんて自由なはずなのに。場所は、ずーっと離れてはいるけど、必ず私の斜め右前。もしかして……なんて、思うけど、まさか、とも思う。話しはしない。理由がない。ジンが私を見ること [続きを読む]
  • すみません。
  • スマホで見ると、仕方ない広告があまりにも多いので、FC2に引っ越します。すみません。完熟艶女の甘い躰でも、ブログ村様の変更が出来ません。ブログ村様からのご訪問の方にはお手数かけます。 [続きを読む]
  • 甘い躰・私のこと
  • やめたくてやめられたものタバコ、家での飲酒、余計なお買い物。やめたくないからやめないもの立ち読み、アダルティ創作、オナニー。もうしないと思っていたこと恋……誰かを無意識に探すこと……もっとと自ら咥えたくなるほどのセックス。彼との、ジンとの出逢いは職場。正確には、たまたまその日に通りかかった階段。部署は違うし、お互いにその時までは顔も知らなかった。確か書類を手に持って、私は上から、彼は下から、なんと [続きを読む]
  • 甘い躰・私のこと
  • やめたくてやめられたものタバコ、家での飲酒、余計なお買い物。やめたくないからやめないもの立ち読み、アダルティ創作、オナニー。もうしないと思っていたこと恋……誰かを無意識に探すこと……もっとと自ら咥えたくなるほどのセックス。彼との、ジンとの出逢いは職場。正確には、たまたまその日に通りかかった階段。部署は違うし、お互いにその時までは顔も知らなかった。確か書類を手に持って、私は上から、彼は下から、なんと [続きを読む]
  • 過去の記事 …