にゃんころりん さん プロフィール

  •  
にゃんころりんさん: にゃんころりんのすっとんとん♪
ハンドル名にゃんころりん さん
ブログタイトルにゃんころりんのすっとんとん♪
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/1121kon
サイト紹介文猫バカにゃんころりんの にゃんこ的日常 にゃんこ的幸せ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 349日(平均2.3回/週) - 参加 2017/12/03 18:50

にゃんころりん さんのブログ記事

  • 魔除けになる?ヤツデとその花
  •  ヤツデは日当たりが悪い水気の多い場所でないと育たない。植えた覚えがない、実生で育った我が家のヤツデ。ギュウギュウで半分枯れていたコノテヒバをカットしてから、見晴らしが良くなり 今年はヤツデの花がよく見える。ポンポンみたいでかわいい。 天狗の持っていたうちわがヤツデの葉であることから魔除けの力があるといわれている。たしかに嫌な虫もつかず、いつも青々とした葉っぱを茂らせている。燃えにくいので防火樹と [続きを読む]
  • 風太くんブームから13年
  • 「にゃんころりんのすっとんとん」というしょぼいブログも、もうすぐ14年目を迎えます。(よく続いたなあと我ながら感心する)その間にルナがやってきて、ルナがあちらの世界に帰っていって・・・レッサーパンダの風太くんの記事を書いたのは、2005年の5月。ルナが我が家にやってくる1ヶ月前でした。当時は、立ち上がる風太くんの姿が脚光を浴び、風太くんブーム真っ最中だったのですよ。  レッサーパンダ狂想曲?あれから13年。 [続きを読む]
  • サザンカが咲き出した
  • この季節は庭のサザンカの木に次々と花が咲く 花の命は短くて蕾が開いたと思ったら、いつの間にか散ってしまいます。それでも 淡いピンクの墨流しのような花びらが好きで家の中にも飾ります。 これは、2011年11月の写真。もう7年も前になるのか。開いた花に負けないぞと言わんばかりの大股開きのルナさん。 おまけ サザンカで検索かけたら、真っ先に出てきた曲です。サザンカは、寒さの中で、散っても散っても次々に咲き続け [続きを読む]
  • 岩合光昭のネコ・ミニカレンダー
  •  来年の話は鬼が笑うっていうけど・・・もう来年1月のカレンダーぶら下げてます。お正月の青空をバックにした、りりしい猫さんたちにゃにょだ。 毎年、猫カレンダーは100均で すましてた我が家ですが今年は、出遅れていつもの大判のは売り切れちゃってました。で、どうせ猫カレンダー買うなら、一番可愛いのを買おうと本屋さんで岩合光昭さんの卓上カレンダーを購入。岩合さんなら、猫の一番いいところを撮ってくださってるに違 [続きを読む]
  • こぎくとむし(小菊と虫)
  • 市民農園では小菊が咲きだしました。  光にあふれる農園は、虫たちもたくさん。こぎくとむしこ ぎくの蕾 順々に咲くから少し待っててぎ ん色の羽 からだは赤いく さ色のバッタひなたぼこと びまわるミツバチの働き方改革は不要である む てきな細さ ジガバチのウエスト!! し ずかで にぎやか 小菊の畑 おまけ [続きを読む]
  • ラスト・コノテヒバ
  •  だんにゃさんが突然、「コノテヒバを伐る」と言った。実は庭のコノテヒバは、中途半端な場所で大きくなって、日の当たるところは緑色に茂っているけど、裏側は全然日が差さないため、お化け屋敷の木みたいに枯れてる。それに、後ろにあるモミジの剪定が、コノテヒバに邪魔されてできないという。まあ、仕方ないかなあ、と同意した。伐る前にコノテヒバの周囲に、お酒をまいて「伐らせてね」と心の中で声をかけて。伐ると決めてか [続きを読む]
  • 風邪の季節の常備薬
  • 風邪の時期は主に漢方薬のお世話になってます。症状が出たらすぐに飲めるように、いろいろと常備してます。2週間ほど前の朝、グシュグシュと鼻水が出始めたので、青い箱の小青竜湯(しょうせいりゅうとう)を一包、お湯に溶いて飲みました。漢方薬は、効果に時間がかかるっていうイメージがありますが、症状にドンピシャだと、ほとんど1回の服用で治ってしまいます。このときも、朝の一包で、鼻水が止まり調子に乗ってたら、夕方 [続きを読む]
  • 猫の顔が続くマスキングテープ
  • 昔のマスキングテープ、マステと呼ばれ、塗装とか工事関係者の業務用でしかなかったのにいつの頃から、カラフル・豊富なデザインにあふれた文房具となりました。シールじゃ貼り直しできない、付箋じゃすぐ取れてしまう不満。はがそうと思えば すぐはがせるけどはがそうと思わなかったら いつまでもくっついているこの絶妙さ。しかも剥がしても跡がつかない、おりこうさん。別の場所に貼りなおせるのも経済的。写真のは、以前頂い [続きを読む]
  • 朝から、とぼけた顔
  • とぼけた顔して ババパーンばんばんばばばば バババぱーん???♪?(●´∀`●)?♪???ばんばんばばばば バババぱーんと、はしゃいで見えますが、実は写真撮る前に皿の真ん中にあったミニトマト食べちゃったさ(´・ω・`) 失敗 歌おう バンバンバン [続きを読む]
  • 穂紫蘇の塩漬けを作った
  •  今年は猛暑の上を行く酷暑だったせいなのか庭のバッタが少ない例年なら、レース編み状態になるような虫よけネットがかかっていないシソの葉っぱも元気だったシソの花も あちこちにたくさん咲いた シソの穂を集めて、これ、塩漬けにしたらいいなあと塩漬けにした。(使ったのは、虫よけネット入りの穂だけど)できたては、しょっぱかったが4〜5日冷蔵庫で寝かせたら味が馴染んで美味しくなりました。御飯の友に いただきま〜す [続きを読む]
  • ルリタテハの瑠璃色は幸せの色
  •  ゆっくりと開いた、と思ったらすぐ閉じるピンボケ写真を繰り返したあとの渾身の1枚です。リアルで見た羽化したての瑠璃色はこの写真より ずっときれいに見えました。この撮影の後 成虫となったルリタテハは青空の下、光の中に ひらひらと翔び立ってゆきました。なぜかとても、幸せ気分になった瞬間でした。ありがとう! GOOD LUCK!おまけ蛹の抜け殻 蛹のときに銀色に光っていた部分は、セミの抜け殻の目の部分みたいに色が [続きを読む]
  • ルリタテハの羽化 追記あり
  •  昨日も蛹のままだったし、まだ羽化は先だろうと甘く見ていたのですが、昼前、11時頃に、ふと見たらすでに羽化してた。「わ・わ・わ・わ・わ・・・」見た途端に、ドキドキが止まらなくなり焦りました。(笑)閉じた羽の外側は、黒くて地味な色。これなら雑木林にいたら、一見わからない。ネット検索すると、外側の羽は茶色っぽくみえるけどうちの子は、けっこう黒いなあ・・羽化したてだからかしら?じーっとしていて、まだ羽は広 [続きを読む]
  • 玄関のルリタテハのサナギとホトトギス
  • 台風の来る前にの続きです。 台風の前に家の中に避難させたルリタテハのサナギ。外でみたときには、枯れた葉っぱと間違えそうなサナギだったが、白をバックにすると、きれいな左右対称のサナギとよくわかる。アクセントなのか、銀色のメタリックの点々がある。写真ではわかりにくいけど、本当に光って見える。少しオレンジ色っぽいところは、内側から光っているようにも見える。すっかり食べられてしまったように見えたホトトギス [続きを読む]
  • 台風の来る前に
  •  今年のホトトギスは、ルリタテハの幼虫の食草としての役目をまっとうした。幼虫は完全にいなくなったし、蕾も残っているので、これから新たな花も咲くだろう。11匹いた幼虫は、度重なる豪雨や、このブロックの向こう側の解体工事を経て数が減り、今は、サナギが3匹、ぶら下がっているだけ。  これから台風24号がやってくる。この2匹は、ブロックの塀が風よけになるだろうが(業者さんが新しいフェンスを作るって、上のフェ [続きを読む]
  • 山猫印?の黒糖
  •  沖縄といえば黒糖です。沖縄・西表島といえばイリオモテヤマネコ。この2つの合体は、当然といえば当然なのかも。すっとぼけた山猫の顔、かわいいですね(笑)パッケージはイリオモテヤマネコ以外にも生産地の島ごとにそれぞれ固有のデザインがあるようです。 中は、食べやすいひとくちサイズ。料理に使ってもいいんだけどこのまま、つまんで食べちゃうのが、美味しいです。ブラックコーヒーに合う。イリオモテヤマネコの親子  [続きを読む]
  • 北側のホトトギスが何者かに食べられている(幼虫注意)
  •  今年は北側のホトトギスの花の咲き方が、しょぼい。毎年、茂みができて、ホトトギスがぎっしり咲くのに、咲いているのは少しだけ。なにかに食べられまくっていたようだ。(以下、幼虫注意) (i|!゜Д゚i|!)ヒィィィ 犯人は、このトゲトゲの人です。下にはフンもいっぱい。誰なんだ、このパチパチと、はじけちゃってるトゲトゲの君は。イラガの幼虫にも似ているから触ったらしびれるんじゃないかって焦った。しかも、あっちこっちにい [続きを読む]
  • 帰ってきたキジバト幼鳥
  •  キジバトの幼鳥が庭からいなくなって、4〜5日たっただろうか。庭のキジバトの経緯はこちら→キジバト家族→庭には二羽もう戻ってこないのかなあと、ふと庭をみたら、あれ!? 気持ちが届いたのか、いるじゃないすか。今回は1羽だけだったが。(例によって、ガラス越し、しかも緑のカーテン用のネット越し撮影のため お見苦しいところはご勘弁) アップにしてトリミング。平べったくなって、なんとなく幼さの残る無防備な姿 [続きを読む]
  • 庭には二羽
  •  あれから3日間、キジバトのこどもは、毎日ここにいました。梅の木と松の木の枝の間を行ったり来たり、羽ばたいたりしてるけど基本、ここでじっとしていました。気になるのは、あれ以来、親の気配がしなくなったこと。ずっと観察しているわけでもないので私が気づかなかっただけかもしれないけど。こどもたちは3日間ここで待ち続けているのに、キジバトの鳴き声もしなくなった。親になにかあったのだろうか。こどもたちは、自分か [続きを読む]
  • キジバト家族
  • ここ数日、庭に出るとバタバタっと羽ばたく音がして鳥がいる気配は、してたんですが羽音から、キジバトさんだろうと想像してました。それも 複数いるらしいの。わお。姿を現した〜〜!!ボロの脚立の上に、二羽のキジバト。こちらの気配を察したのか、奥の松の木に移動する。これはツガイだろうか。でも、今はその時期じゃないし・・・あ! 一羽増えて、三羽になった。焦って決定的瞬間に間に合わなかったけど、一羽の個体が、二 [続きを読む]
  • 物々交換で分け合った夏
  •  今年の夏の西日本は、災害が多くお気の毒で…と思う間もなく、北海道で震度6強7の地震が。改めて災害列島に住んでいるのだと思います。もう、ただ生きているだけで、大変だ・・・と、ここ数年、毎年、同じこと言っとるような 台風21号の被害に合われた皆様、地震の被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。ご近所さんに、おすそ分けいただきました。うちでは、今年のお初。みずみずしいナシでした。こちらも、ご近所の [続きを読む]
  • メアリと魔女の花
  • 映画「メアリと魔女の花」予告編メアリと魔女の花 公式サイト金曜ロードショーで放送されたので、初めてみました。スタジオジブリのオマージュがそこかしこに散りばめられていて、ジブリ好きにはそれを探すのが面白くて終わった感じ(笑)監督さんは、スタジオジブリから独立した米林宏昌さんだもの。ジブリの集大成みたいな、キャンディーズのラストシングル「微笑がえし」みたいな、そんな感じの作品なのであった。ヒロインは、 [続きを読む]