テツパパ さん プロフィール

  •  
テツパパさん: 秘密基地ベーリン
ハンドル名テツパパ さん
ブログタイトル秘密基地ベーリン
ブログURLhttps://ameblo.jp/himitu-bearing/
サイト紹介文バンコク郊外「ベーリン」でコンドミニアムを購入し海外生活開始。読書と自由を満喫する方丈庵の日々
自由文37年間のサラリーマン生活終了後、2015年10月からBTS(高架鉄道)スクムビット線終点近く「ベーリン」駅近郊でコンドミニアムを購入し海外ロングステイを開始しました。
好きな時に起きて、好きな本を読んだり撮り貯めた映像を見て自由に暮らすベーリン方丈庵の日々を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2017/12/04 01:22

テツパパ さんのブログ記事

  • BTS延伸/新駅探訪① E16 〜 E18
  • 12月6日にBTSスクンビット線のサムローン駅以南が延伸し8駅が新設されました。地元ということで、駅からの風景を写真に収めてきたので紹介します。周辺の住民の方は都心へ行く新たな“足(渋滞がない)”ができ、また都心に住む人には新駅周辺の工場へ通うのも便利になったことと思われます。  まず、新駅の場所ですが、現在のバンコク都市路線が下図左の実線で、今回延伸されたのが赤い○で囲んだ部分です BTSスクンビット線 [続きを読む]
  • リエントリーパーミットに再挑戦
  • 毎回ビザの更新に合わせリエントリーパーミットも同時に取得するのですが、今回(12/3)はビザの更新に時間がかかりタイムオーバーとなったため本日(12/13)再挑戦してきました。 ※12/3の顛末 https://ameblo.jp/himitu-bearing/entry-12423494003.html これまでは、バスで通っていましたが12/6にBTSが延伸され、しかもサムットプラカーンのイミグレーションはBTS新駅(Pak Nam)の駅近という絶好の場所にあります。更に更に今 [続きを読む]
  • 共益費値上げ!(3年連続)
  • コンドミニアムの共益費は、この時期、来年分を一括支払いします。※写真はエレベーターに貼られた督促状 手順は銀行口座に入金し、レシートを受付に提出し支払い確認書を受領します 2015年10月入居(所有面積 33.25?)・2016年分: 0 (販売促進のため? 年内早期入居? 理由は不明だが支払い免除)・2017年分:40バーツ/?   40×33.25×12=15,960THB・2018年分:45バーツ/?   45×33 [続きを読む]
  • スカイウォーク(ウドムスック〜バンナー)
  • 日本語フリーペーパー「バンコク自由ランド」WEB版に、“BTSウドムスック駅からバンナー駅にかけてのスカイウォーク1750mが、10月初めにオープンしているが、4億6380万バーツをかけてつくったものの現時点では使う人が少ない”と言う記事がでていました(2018.12.4)。 ちょうど国際展示場BITECに行く用事があったので、スカイウォークを見てきました(7日)※用事とは、7〜9日に開催されたジムトンプソンのセールです。 家内 [続きを読む]
  • 変わるベーリン
  • 住んでいるコンドミニアムの周囲500mを見ただけでも、クレーンが忙しく働いて建築ラッシュです。 ●BTSベーリン駅東側 駅の東側にインターナショナルスクール“セントアンドリュース校”がありますが、スポーツ施設を建設中です。 都内の学校と違い周囲に空き地があるので、施設の拡張性があります。  ●T字路の先にコンドミニアム スクムビット大通りとベーリン通り(Soi Sukhumvit 107)はT字に交わっています。 ベーリ [続きを読む]
  • ビザ更新▲、リエントリーパーミット?
  • 【参考】2016年、17年の更新 https://ameblo.jp/himitu-bearing/entry-12222665268.html?frm=theme https://ameblo.jp/himitu-bearing/entry-12332936890.html?frm=theme 【様式のダウンロード】下記HPのDownload(赤矢印↑)を 、TM7,TM8を使用 http://bangkok.immigration.go.th/en/base.php  現在のリタイアメントビザの有効期限が来年1月2日なので、12月3日(月曜日)に更新手続きに行ってきました。午前 [続きを読む]
  • チェンマイ・イーペン祭り③ ランタン
  • ●ランタン 夜にもなると、街中のランタンに灯が入ります  ナラワット橋近くの公園で、民族楽器を演奏していました。それをBGMにランタンのトンネルを歩きます。  ところで、チェンマイ・イーペン祭りの様子を日田パタヤ会の友人I氏に送ると、日田でも「日田天領まつり」に合わせ「千年あかり」というイベントをやっていると写真が送られてきました。検索すると3万本の竹灯篭を花月川河川敷や豆田の古い町並みに設置し、蝋燭の [続きを読む]
  • チェンマイ・イーペン祭り② ロイクラトン&コムローイ
  • ●ロイクラトンロイクラトンとは? 〜タイ国政府観光庁のHPより〜「タイのロイクラトン祭りは水の祭典とも呼ばれています。「ロイクラトン」とは、灯籠(クラトン)を川に流す(ロイ)というタイの人々の間で古くから続いていた風習です。河川の水位がもっとも高く、旧暦12月(現在の10月または11月)の満月の夜に人々が川岸に集まり、川の女神“プラ・メー・コンカー”へ感謝の気持ちを捧げます。地方により形式が異なりますが、 [続きを読む]
  • チェンマイ・イーペン祭り① 山車パレード&美男美女コンテスト
  • 11/22〜25日の三泊四日でチェンマイのイーペン祭りに行ってきました。一昨年に続いて二回目ですが、前回は前国王のご崩御に伴い自粛ムードの中での開催だったので、本来のお祭りの様子を見てみたいというのが動機です。 その前に、タイ国政府観光庁のHPより“イーペン祭り”についての概略です「タイでは、毎年陰暦12月(新暦10月〜11月頃)の満月の夜、川の恵みへの感謝の気持ちを表し、自らに宿る穢れを濯ぐため、ロウソク [続きを読む]
  • NK18O−⑦ 東 寺
  • 「平安京の正門にあたる羅城門の東西に「東寺」と「西寺」という2つの寺院の建立が計画され、これらは、それぞれ平安京の左京と右京を守る王城鎮護の寺、さらには東国と西国とを守る国家鎮護の寺という意味合いを持った官立寺院であった。弘仁14年(823年)、真言宗の宗祖である空海(弘法大師)は、嵯峨天皇から東寺を給預され、この時から東寺は真言密教の根本道場となった」Wikipediaより引用 このことから、東寺は京都の歴史と [続きを読む]
  • NK18O−⑥ 維新の道
  • 一週間の京都旅行でしたが、一日は家内と別行動になりました。私は坂本龍馬の足跡を訪ねて霊山歴史館〜護国神社〜土佐藩邸跡〜近江屋跡を歩き、家内は北野天満宮へ。※北野天満宮はお勧めだそうです \(^o^)/  ●京都霊山護国神社  ※霊山は“りょうぜん”と読みます 初めに「幕末維新ミュージアム 霊山歴史館」を訪問。大西郷展が開催されていました。   続いて横にある「京都霊山護国神社」を訪問。 本殿の扉が台風の [続きを読む]
  • 11月のパタヤ詣で② マル秘・パタヤ移転計画
  • インターネットで不動産関係の記事を時々検索していますが、パタヤの不動産を紹介する“neo THAI.com”というHPがあります。 http://neothai.com/2626_thailand_pattaya_the_novana_residence.htmlそこに、パタヤ市内 築5年の「The Novana Residence Pattaya」に27?・スタジオタイプ・93万バーツの部屋が売りに出されていました。 写真を見ると綺麗な部屋です。 飽きっぽい性格なので、ベーリンでの生活も少しマンネリを感 [続きを読む]
  • 11月のパタヤ詣で① 変わるパタヤ
  • 単調なベーリンでの生活に変化をつけるため毎月一回パタヤを訪問しています。日本一時帰国があったので今回は二か月ぶり(11/14〜17) ヽ(^o^)丿 巨大商業施設“ターミナル21 パタヤ”がパタヤ市内の北側・ドルフィンロータリー横に10/19にオープンしていたので、早速訪問しました。※高級ホテル・グランデ センター ポイント パタヤ( Grande Centre Point Pattaya)も併設されていますが、こちらは泊まることはないのでパス (^^ [続きを読む]
  • NK18O−⑤ 渉成園〜二年坂〜高台寺、膏薬辻子
  • 菊陽町図書館からこんな本を借りて街歩きの参考にしました。著者は市田ひろみさん(写真はWikipediaより引用)  ●渉成園 「真宗大谷派の本山・真宗本廟(東本願寺)の飛地境内地。東本願寺の東方約150メートルに位置し、ほぼ200メートル四方の正方形をなす。面積3.4ヘクタール。また、周囲に枳殻(カラタチ)が植えてあったことから、「枳殻邸」(きこくてい)とも通称される寛永18年(1641年)、徳川家光から東本願寺に寄進さ [続きを読む]
  • NK18O−④ 藤田嗣治展〜白川沿い散策〜佛光寺
  • 今回の旅行は街歩きを楽しむのがメインでした ●没後50年 藤田嗣治展 岡崎公園にある京都国立近代美術館でちょうど藤田嗣治展が開催されていたので立ち寄りました。東京と京都のみの開催だったので、旅行先で観ることができてグッドタイミングです。  藤田は東京美術学校卒業後、1913年に渡仏。すぐに第一次世界大戦に遭遇し困窮するが戦後は独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などで名声を得ます。1931年から南北アメリカ [続きを読む]
  • NK18O−③ 京都・時代祭
  • 旅行期間中に京都三大祭のひとつ、「時代祭」(他二つは葵祭&祇園祭)が開催されるので観覧することにしました。行列の通過を全部見ると2時間かかるので、インターネットでスタート地点の御所前有料観覧席を予約しました。 桓武天皇が794年(延暦13)に長岡京から平安京に都を移された日を“京都の誕生日”として毎年10月22日に開催されますが、来年は即位礼正殿の儀と重なるため、10月26日に変更となるそうです。写真でわかる [続きを読む]
  • NK18O−② 京都の宿【お勧め!】
  • 帰国中の10/19〜25に家内と京都旅行に行ってきました。私がタイ大好き人間であるように、家内は京都大好き人間です (=^・^=) このうち、3泊は京町家「雅」の宮木邸の一階部分を借りて宿泊しました。このスタイルは3年連続となり、町家を借りることで子供達も泊まりに来て一緒に過ごすことができます。今回は、残念ながら全員が一堂に揃うことはできませんでしたが、長男(四日市在住。1・2泊目)、次男(浜松在住。1泊 [続きを読む]
  • NK18O−① 乗り継ぎ・大阪での過ごし方
  • 一時帰国(10/8〜11/6)の出来事について数回ほど記事をUPします。シリーズNK18O=NK(日本帰国)−18(2018年)−O(10月:October) 今回の日本帰国往路は台風25号の影響で沖縄経由便をキャンセルし、エアーアジアで関西国際空港に飛び、高速バスで熊本に戻りました。 ・エアーアジア・XJ612便 ドンムアン空港/午前0時55分発→関空/午前8時40分着 ・夜間高速バス・サンライズ号 大阪駅前/午後10時20分発→武蔵丘バス停 [続きを読む]
  • ベーリンに安着
  • 午前0時35分スワンナプーム国際空港着のピーチMM989便で無事に戻ってきました。ベーリンの生活はあまり目新しいことがないので、しばらくは日本滞在中の出来事をブログにアップしていきたいと思います。 先ずは、毎回温かく送り出してくれる家内に感謝 m(__)m写真はタイ帰国前日の夕食。 ●福岡空港国内線ビルが改装中です いろいろ綺麗になっています。出発までの時間を有効に使う為、コンセントを設置した椅子・テーブル [続きを読む]
  • チェンライ・チェンマイ旅⑥ お勧め・市内バス
  • チェンマイで空港や駅から市内へ、或いはホテルから観光地へ行くのにタクシーやトゥクトゥクに乗車して、短い距離なのにちょっと高いなと感じたことはないでしょうか? タイ語が話せないので運賃交渉はできないし、ソンテオは行き先がわからないので諦めていました。 しかし、今回の滞在中、市内バスにいろいろ乗ってみて非常に便利だと感じたので“お勧め”します。先ずは、スマホに下記のアプリをインストールして下さい。 自 [続きを読む]
  • チェンライ・チェンマイ旅⑤ ハリネズミカフェ
  • チェンダオ生徒寮昼食会からチェンマイに戻り、ホテルで汗を流しコーヒーでも飲もうと、ホテルの道向かいのカフェに入りました。 店の雰囲気が、何か変・・。 向こうの壁際に大きな水槽のようなものが置いてあります。 ↑ ハリネズミでした ヽ(^o^)丿 西洋人の親子が入店して来ました。 店員さんが話しかけていましたが、店の中央の囲いに通路を通って小さな動物を送り込みました↑ 今度は、モルモットでした。 子供が餌で [続きを読む]
  • チェンライ・チェンマイ旅④ 戦没者慰霊祭・生徒寮昼食会
  • 3日は台風情報を見ながら帰国便の変更などでバタバタしていました。帰国期間が1ケ月なので生鮮食料品などを計画的に消費し冷蔵庫は空にしたのに、急に滞在が4日伸びたので買い出しに行ったりしました。 ところで、8月に行ったチェンライ・チェンマイの旅行記事ですが、③まで書いた後、中断していました。ブログは自身の備忘録を兼ねているので、遅くなりましたがこの機会に仕上げておきます (^^;今度の旅の主目的はタイトル [続きを読む]
  • 一時帰国(延期)
  • 6月中旬の日本出国から90日を過ぎたので、本日、一時帰国の予定でしたが・・・※日本出国から90日以降はクレジットカード付帯の海外旅行保険の保障期間が過ぎ、病気・ケガに対し無保険状態となるため、できだけ一時帰国しております。 スカイマークHPに、台風25号の影響から10月4日・沖縄=福岡便で「遅延、欠航、条件付運行」が見込まれるとの表示がありました。ピーチ便が沖縄まで運行されても、そこで足止めをくらっ [続きを読む]