DanKan さん プロフィール

  •  
DanKanさん: 尖ってるけど現実的な物件情報!!
ハンドル名DanKan さん
ブログタイトル尖ってるけど現実的な物件情報!!
ブログURLhttps://ameblo.jp/fs-shibuya/
サイト紹介文ダンカンさんのブログ「尖ってるけど現実的な物件情報!!」です。最新記事は「玉虫色の集合体」です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 7日(平均15.0回/週) - 参加 2017/12/04 19:49

DanKan さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • なかなかない設備というか、なんというか。。
  • 今回のテーマはペット!最近ではすっかり家族の一員という考え方が定着してその存在も大きくなっていってます。 で、今回はそのペットと一緒に暮らす上であるととっても助かる設備、というか、なんというか、が、ついてます? ワンフロア1住戸の完全プライベート空間。専用エレベーターも完備。これで荷物の多いお散歩帰りも楽ちん♪ 室内にも随所に工夫が。 わかりにくいですが、床から腰壁までは傷や汚れが付きにくい加工。し [続きを読む]
  • 番外編〜海外物件情報
  • 今回は海外から物件情報をお届けします。決して、ネタがなくなったからではありませんよ…きっと。。。 これ、賃貸物件です。博物館や美術館などではなく。 Light Cave=光の洞窟、という名前の物件。 その名の通り、光を美しく取り込む作り。 今の円相場でいうと家賃はおおよそ92,000円日本でいう管理費は5,000円もちろんペットは飼えます。 ゆったりしたワンルーム そろそろ限界なので場所を。 東京都府中市。最寄はJR武 [続きを読む]
  • プライド
  • 約300坪の敷地に27本の大木があります。わかりやすく言うと、森、ですね。小さな。その中に建物を建てます。ただし。木は1本も切ってはいけません。 はっきりいって、難題です。難題で、無謀です。 結果。 それを実現させてしまう。建築家の、プロの意地。 おそらく都内では、ふたつとない空間でしょう。各部屋からは、必ずと言っていいほど、木々が眺められます。 四季の移ろいを感じられる、贅沢な空間。 今回は この11 [続きを読む]
  • お待ちかね
  • とても個人的に、ですが。募集がかかる度にわくわくしている物件です。 世田谷区羽根木にある「亀甲新」 木を残し、そこにあるものと共生する。というコンセプトの元作られた元々ある木を切らずに、緑と共生できる新しい集合住宅のプロジェクト。構成される33戸の住宅は全て作りが異なります。約800坪の敷地に20年の構想期間の上完成しました。 1歩敷地に足を踏み入れたら、空気が変わるのを感じられます。 約50?のワンフロア [続きを読む]
  • 本気のバルコニー
  • たぶん、こういうのをルーフバルコニーと呼ぶんでしょうね。今まではすみませんでした。ちょっと広めのバルコニーが付いてるくらいで調子に乗ってしまって。。。 部屋は62?、ルーフバルコニーは63?僅差ですが、バルコニーの方が広いという。。。学校とまでは行きませんが、ああいう感じのちょっとした屋上を想像してもらった方がイメージしやすいと思います。 軽く走れるくらいの空間は広がっています。たぶんキャッチボール [続きを読む]
  • 玉虫色の集合体
  • という名のアパート「コレクティフ イリデッサン」 全5戸(そのうち住居用は3つ!!)しかありませんが、その全てのテーマカラーが異なります。アイランドキッチンの部屋。書籍が充実した部屋。パリの屋根裏風の部屋。 で、今回は「アイランドキッチンの部屋」に募集が出ました。 ここのもう一つの特徴がバスルーム。タイル張りで窓がある、ホテルライクな使用。そして1人暮らし向けの住宅には珍しい足を伸ばせるサイズのバスタ [続きを読む]
  • 福生幻想
  • 福生市にある米軍ハウス。 そこにはちょっとしたエピソードがあり…。時代は1970年(昭和45年)頃。 米兵だけでなく、日本人青年が好んで住むようになります。そしてそこから多くの有名ミュージシャンや小説家、画家等を輩出するという現象が起きます。これが俗に呼ばれる『福生幻想』。有名なところだと忌野清志郎や桑田佳祐、布袋寅泰などなど。。どこかで何かに影響しているかと思ったら、少しまた面白くなる。 ただし、建物 [続きを読む]
  • 変な間取り
  • 百聞は一見に如かずですので、早速。 はっきり言って、使いにくいと思います。笑でもこの形状にも意味があって…。そもそも土地が三角形というのもありますが。 1930年に竣工した「第一コスガビル」(旧両国ビルヂング)がモデルとなっています。 まずは今の物件の姿です。 で、第一コスガビルはというと。 場所は日本橋です。清杉通りと伝統的な問屋街の道が分岐する三角形の土地のところです。 室内はというと。。。 まず絶 [続きを読む]
  • くるくるくるくるくる。②
  • 螺旋階段第2弾!!今回も趣の異なる3つの空間がひとつながりに。 しかも今回は中間層がロフト、という変わり種 吹抜けに面していながら3方壁に囲まれているので籠れる空間に仕上がっているので趣味の部屋としても仕事部屋としても、寝室にしても良しです。 室内は木が多く使った味わいのある雰囲気。それをさらに螺旋階段を包む白い円柱が印象的に引き立てます。 最後。寝室にあたる地下階は広々しており、落ち着いた雰囲気でお過 [続きを読む]
  • 聖地☆東オク
  • 今回紹介するのはこれが自宅から眺められちゃう物件です。 これ、バルコニーから見えます。眼下に広がるは東オク 「尾久車両センター」の所属略号東京支社を意味する「東」と、尾久を意味する「オク」から構成される。国鉄時代にも使用された表記で、1969年3月の東京鉄道管理局分局により東京北鉄道管理局の管轄となり「北オク」1957年までは「東ヲク」と表記されてました。 貨物も電車も配置されてますが、客車が秀逸一気にい [続きを読む]
  • レコーディングできちゃいます♪
  • 今回は初ジャンル。防音室完備の物件紹介です。 楽器使用が相談、もしくは可能となっていても防音室であるケースは本当に稀です。弾いてもいい、というだけであって防音というわけではございません。 けれども今回は 部屋全体が防音室!しかも、約46?とかなり広め!!しかもしかも、渋谷も代官山も徒歩圏内!!!かなり特殊です。レコーディングスタジオとしてもお使いいただけます。 基本的に集合住宅ですので「音」には弱いです。 [続きを読む]
  • 生活感を削ぎ落として
  • いい意味でも、悪い意味でも使われるので一概には言えませんが「生活感のない部屋」に憧れている方はある一定の割合でいるように思います。 いろんな意味ですっきりしている部屋、というイメージでしょうか。 今回ご紹介する部屋はこちら。余計な装飾は一切なし。ほぼ白一色で統一された空間。 収納はもちろん、冷蔵庫、洗濯機、エアコン全て扉で隠すことができます。居室を入るとまず目に入るのがシンクが2つある、大きなカウ [続きを読む]
  • 立体交差する空間
  • 今日は学芸大学の新築物件の紹介です。縦への空間の広がりが面白い物件です。 基本的な構造は1K+ロフトですが全体を理解するには少々想像力が必要です。 一気にいきましたがいかがでしたか?平面図はこちら。 よくわかんない。。。という方に。 補足説明をします! 2階の天井高は最大で約4,200mm。窓が多く、階段部分の吹き抜けを通して1階まで照らしてくれます。ロフトはシングルサイズのマットレスを置ける幅がありま [続きを読む]
  • ありそうでないガレージ付きの物件
  • こういうの。車やバイク、自転車が好きな方はピンとくると思います。中々賃貸物件には珍しい装備です。 しかも今回ご紹介するのはリノベーション物件です。ただし一般的なそれとは少し異なりなるべく既存の状態を大きく変更せずに反対に、どうやって残すか、を考えたリノベーション。 目指したのは「昭和の古き良きデザイン」と「現代のデザイン」との融合。 特にこの窓ガラス。実は現在ではほとんど生産されていない希少品 [続きを読む]
  • 募集開始しました!
  • お待たせしました。待望のゴルフ練習場付き物件に空室がでました。 都会のビル群とグリーンのコラボレーション。これ、マンションの屋上です。しかも… 室内練習場。ちょっとスペースが余ったから作った感じのしないところがここのすごいところです。明らかに、明確な意図をもってゴルフ場付きの物件に仕上げてるところがすごいんです。 これが証拠の完成予想図。フラッグがまぶしい。 しかも設備もしっかりとしているという [続きを読む]
  • 過去の記事 …