Hiro さん プロフィール

  •  
Hiroさん: 再生〜書のようなもの〜
ハンドル名Hiro さん
ブログタイトル再生〜書のようなもの〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/livedaiza_101918aiza-aizahiro0722/
サイト紹介文2つの難病を得て、四肢が麻痺! 上手く動かない手で書き、考える。前向きに生きるための言葉探し!!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 293日(平均1.9回/週) - 参加 2017/12/05 01:19

Hiro さんのブログ記事

  • 図像印も、彫ってみた!
  • 【無聊にまかせて】 2018/09/25 笑顔で いれば きっと みんなを 笑顔に できる◇世間には意味もなく笑い惚けている人間もいれば、上手く笑うこともできない人間もいる…。◇手足の痺れはヒドくなり、気持ちが塞ぎがち…なこの頃。小さな印と、図像印も彫ってみた。◇先日(9/01)アップしたように、手作り印床を発見したせいか…また、いつの間にか、こんなモノを彫っていました。 *自作 [続きを読む]
  • 金澤翔子〈感謝〉展を観て☆
  • 【童心…金澤翔子の書】 2018/09/20 何もできない 私の身体 できるのは 思いを吐露する ことくらい 誰かのために 役立っているのか 少しでも 私は…◇金澤翔子さんの展覧会を観るのは、今回が3度目。彼女の書には、尽きぬ魅力を感じている…。 *『金澤翔子 伝説のダウン症の書家』表紙. ◆今回は…上の本『金澤翔子 伝説のダウン症の書家』から数点の作品を選んで、彼女と [続きを読む]
  • “御茶ノ水”という街
  • 【今も、大好きな街】 2018/09/15 御茶ノ水 学生時代から 何度となく訪れた 大好きな街 今、楽器を弾くことは できなくなったけれど それでも、つい 行きたくなって しまう街◇先月と今月、1年ぶりに上京して「御茶ノ水」を訪れ歩いた。◇かつて…文学の道に進もうと考え、ミュージシャンに憧れた私。今は昔…そんな思いから、何度となく訪れたのが“御茶ノ水”の楽器店・“神保町”の古本屋。◇日本 [続きを読む]
  • 善悪も清濁も…どちらも☆
  • 【良いことも悪いことも】 2018/09/10 思い起こせば 心の痛む ことばかり 良いことも 悪いことも 全部 ひっくるめて 私 ◇思い起こせば…私の中の過去・記憶は、心の痛む事〜過誤〜ばかり。“良いこと”などほとんどなくて…小さなシクジリから大きな事件まで、人に迷惑をかけ傷付け、自分自身も損なうような事が多かった。"若気の至り"では済まされそうもない…そんな事ばかりだったように思 [続きを読む]
  • 純粋な心、無垢な命!?!
  • 【まっすぐな命、まっさらな心】 2018/09/05 なにも くわえない けずらない ありのまま だから まっさらで きれいな心 だから まっすぐで うつくしい命 ◇“手付かず”の“無垢の命”なんて、あるのだろうか? 生まれたままの赤子は、そんな存在なのだろうか?◇ヒトは…母胎に小さな光が灯された瞬間から、すでに不浄なものに晒されているのかもしれない、濁世に足を踏み入れているのか [続きを読む]
  • 小さな印を彫ってみた。
  • 【無聊にまかせて】 2018/09/01◇小さな印を、10ほど彫ってみた。小さな空間、わずかな時間だけれど…そして、完成度の低いモノしか作れないが、細事を忘れ集中することができる…。◇左上の〈ひ〉は、古いゴム判子のゴムを剥がして木の部分に彫ったモノ。左下の印は、最近発見したモノ。古くて小さくて、ちょっと読みづらいですが…紫檀に〈ヒロ〉と彫ってあります。どちらも、縦横3?ほどの印。◇右側の〈あ〉は、4?角ほどの [続きを読む]
  • 欲望“礼讃”して…どうする気だ!?
  • 【それじゃ…ただの欲望亡者だろ!】 2018/08/30 金・かね・カネの世の中に 似合いの彼奴等は 欲望亡者 金・かね・カネの世の中で 加担するのは金儲け CMソングをがなり立て ご主人様に尻尾振る 飼犬みたいに媚を売る 金・かね・カネの世の中は 欲の尽きない亡者ども 欲望礼讃してござる◇先日…とある人気バンドのライブをテレビで見た(聴いた)。◇ただの“欲望礼讃”の叫び声としか思えない [続きを読む]
  • 「和」という字を書く☆
  • 【“造形”トレーニング!?】 2018/08/25◇娘から依頼のあった「和」という字を、書いてみた。 *自作書①〈和〉.◇上の書(のようなもの)は、1ヶ月ほど前に書いたもの。トーゼン、“和”は“輪”を連想させるので…こんな感じのものを15枚ほど書きました。◇この日(8/19)は…楷書から隷書、滲みやシワ、墨の濃淡まで…筆を変え、いろいろ試しながら50枚ほど書いてみた。 *自作の書②〈和〉◇ [続きを読む]
  • これが…自分の身体!?
  • 【自分の現状を受け入れる】 2018/08/20 これが 自分 これが 自分の身体 こんなはず じゃなかった 自分の身体 でも 今 これが … 上手く動かない この身体が 自分の身体◇「失ったものにしがみ付くな」と言われても、不自由になった自分の身体は…未だ受け入れがたいのが現実。“何故こんなことに?!”…と考えてしまう。◇手術から1年が経過し…どれだけ考えても、失った機能は戻らない [続きを読む]
  • 再生…祈りの造形!?!
  • 【祈ること、形造ること】 2018/08/15 遠くて 手の届かないもの とても 実現できそうも ないこと そこへ 少しでも 近づこうと わたし達は 祈る ◇ここのところ…縄文時代の造形活動〜“土偶”〜についての報道が続いている。東京国立博物館で開催されている〈縄文〜1万年の美の鼓動〉展のためらしい。 *自作スケッチ〈合掌土偶①〉墨+水干絵具.◇あの時代…“自然の猛威 [続きを読む]
  • 何でもない…命をつないで
  • 【何もしない生、何もできない命】 2018/08/10 何も できない 不自由な 身体 だけど その どこかに 心が宿り その心が わたしを 生かしている ◇仏典に登場する“蜜蜂”のように、花の色と香りを損なわない〜自分の痕跡を残さない!?〜生き方ってあるのだろうか? そんな生き方…できるのだろうか、それは尊い生き方なのだろうか?◇ひとつ…この世に生まれる前に、闇から闇に葬られた命たち [続きを読む]
  • 寝たきり歌人“遠藤滋”!!
  • 【どうにもならない身体】 2018/08/05 何度も なんども 受け入れようとした 自由に動かない この 自分の身体 せめて 片手だけでも せめて 片足だけでも フツーに動いてくれたら… いつまでも 諦められない 私◇自分の身体が不自由になって、ほぼ1年。まだ、諦め切れない私です。??「こんなはずじゃなかった、という考えは捨てなさい。こんなはずなのだから……」 [続きを読む]
  • 根無し草〜?デラシネの唄
  • 【気まぐれな、気晴ら詞?!】 2018/07/30 あいつの胸には ナイフ傷 癒えることない 深い傷 遠いあの日の ひと言が 遠いあの日に 振り上げた 手が… あいつの心の エレジーは 歌うことない 恨み節 ◇先日、ますます痺れのヒドくなった手で落書きをしていたら…ヘンなもの〜詩? 詞!?〜ができてしまった。 ★ 気晴らし更新 ★ になっしまいますが…根無し草=?“デラ [続きを読む]
  • 苦痛の正体?![2]静かに逝く…
  • 【静かに、安らかに逝くために】 2018/07/25 今だけじゃなくて 過ぎ去ったことを 振り返って悔やむ まだ来ない明日を 思い煩う 解決できない 天災や 遠くにいる 他人のことまで 心配する 人間って 不思議だね!? ◇ある人は「人生に無駄はない」と言う。また、ある人は「痛い激励」だと言い「試練」だとも言う。また、さらにある人は「苦痛は和らげることができる」などと言う。◇みな [続きを読む]
  • 苦しみの正体って?
  • 【苦しみはなんのために】 2018/07/20 苦しみは 何のために あるのだろう 悲しみは どこから 生まれるのだろう 半世紀生きて 今も謎◇「自分だけがどうして?」「この苦しみは、いつまで続くのだろう?!」何度、そんなふうに考えたことか…。◇身体が自由に動かない以上に…ほぼ、苦痛に耐えるだけの生活がツラい。何をしていても、何処にいても…身体的苦痛が消えることはない。「苦痛を分かち合うことは [続きを読む]
  • 一本の白い道を行く。
  • 【未来へつながる道】 2018/07/15 この世から かの世へ つながる 一本の白い道 怒りの火をしずめ 貪りの心をおさえて 歩いて行こう 一本の白い道◇“輪廻”は断ち切るべきもののように語られることが多いけれど…巡り巡って、またこの世に生まれるかもしれないという考え方には救いがあるようにも思う。◇モチロン…次の世、自分が何に生まれ変わるかは分からない。虫けらや牛馬に生まれるかもしれないのだけ [続きを読む]
  • 上手く動かない両手で[2]
  • 【祈ることができる】 2018/07/10 上手く 動かなくなった わたしの両手 だけど 少しだけ上手に 祈ることが できる ようになった◇頚椎・頸髄の手術以来、上手く動かなくなった私の身体、とくに四肢。それまでできていたことが、ほとんどできなくなった。痛みや痺れもあり…座っていても立っていても、寝ていても辛い。⇒6/10にアップした言葉(下)の修正版。??愛しすぎるということがないのと同様 祈 [続きを読む]
  • 一行三昧ということ☆[2/2]
  • 【今できることを[2/2]】 2018/07/05 一行三昧 遠回りもして 寄り道もした 今 ここにいて できる ひとつだけの こと◇“ひとつのこと”を一所懸命にする。“何でも”精一杯励む…。どちらも、大人達から言われてきた言葉だったように思う。◇私は、そんな大人達の言葉を真に受けて…“何でも”、“一所懸命”取り組むタイプの少年だったように思う。時には大人達や周囲から、「多芸は無芸」などと揶揄 [続きを読む]
  • 一行三昧ということ☆[1/2]
  • 【今できるひとつのことを[1/2]】 2018/06/30 一行三昧 遠回りもした 寄り道もした けれど 今できる ひとつの ことを◇“ひとつのこと”に集中する…それは、私には難しいこと! 「多芸は無芸」「器用貧乏」などと嘲笑されながらも、やりたいことをあれこれやってきた。“螻蛄才”アーティストと自嘲もしつつ…。⇒アーティストなど…それだけでも烏滸がましいのだけれど。◇昨年の2度の手術以来…障 [続きを読む]
  • 祈ること、願うこと☆
  • 【祈ることしかできなくて】 2018/06/25 とおくにあるもの とても できそうもないこと 菩薩のように 自分のことは 後回しにして 祈る◇しなければならないこと、やりたいことは多い。逆に、何もしたくないと思う、鬱状態のような時もあるけれど。◇今、ほとんど無力な自分の中で…アンビヴァレントな感情が、いつも鬩ぎ合っているようだ。余計なモノを振り払って…せめて、祈ることができればと思う。 [続きを読む]
  • ちっぽけな快楽!?☆
  • 【より楽しむためには】 2018/06/20 より豊かな 愉しみを 知るためには それ以前の 修練が必要 すぐ手にはいる ちっぽけな 愉しみに ご用心 ◇"楽しむ"こと・"愉しい"ことが大流行りである。素人でも初心者でも楽しめるのはいいことだと思う。そのことに異存は無いのだけれど…二流三流のアスリートなどが“楽しめばいい”などと言っているのを聞くと、興醒めしてしまう。◇私達は夢みる [続きを読む]
  • 絶望が坂道を下る?☆
  • 【もう、止められない?!】 2018/06/15 もう 止められない のか この坂道を 転げ落ちて 行くだけ なのか◇日に日に、症状は悪化してゆくようだ。痛みに耐え続けることは、きっと自分を消耗してゆくこと。これが、治る見込みのない難病なんだ…と絶望的な気持ちにもなる。 誰か 止めてくれ この坂道を 転げて行く オレの 身体を◇処方された薬を飲み、指示された運動はしている。が、改善・ [続きを読む]
  • 大自然の植物に学ぶ
  • 【大地に咲く花のように】 2018/06/05 桜のように いさぎよく 向日葵のように にこやかに 野菊のように つつましく◇今の病気を得、自由に出歩くことができなくなってから…ごく近所の散歩だけれど、そこでさまざまなモノと出逢うようになった。◇そこでは、今まで気付かなかった小さな植物たちの生命の営みに、よく出くわす。◇最近は足取りも遅くなりがちで、途中で休むことも多くなった。が…命のサ [続きを読む]
  • 今の自分にできることは☆
  • 【できること、すべきこと】 2018/05/30 今の自分に できること こんな自分でも 何か すべきことが あるはずだ まだまだ 諦めるな こんなものじゃ ないはずだ◇今の自分にできることは、あるんだろうか? すべきことはあるんだろうか? ショージキ、何も見えてこないのだけれど…。◇手足の痺れはヒドくなり、身体も少しずつ悪くなっていくようだ。当然、内科的にも衰弱し悪化していくことに [続きを読む]
  • 絶望から再生へ
  • 【本当に、何もできない!?】 2018/05/25 何もできない なんて 言っているが まだ片目が 見えるじゃないか 左手が 動くじゃないか 何でも言える 達者な 口だって あるじゃないか◇そう言われてみれば、そのとおりなのだ。“絶望”に、正当な根拠などなかったのか??◇NHK-Eテレの《100分 de 名著》のテキストを買い、神谷美恵子さんの『生きがいについて』について勉強している。◇神谷さんがハン [続きを読む]