robo223 さん プロフィール

  •  
robo223さん: roboとの毎日 2
ハンドル名robo223 さん
ブログタイトルroboとの毎日 2
ブログURLhttps://robo8888.exblog.jp/
サイト紹介文アスペルガーのroboは中学2年生です。夢はロボット作りです。2Eの特性も考慮して育てています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供320回 / 319日(平均7.0回/週) - 参加 2017/12/05 11:55

robo223 さんのブログ記事

  • 8回目の定期試験の勉強
  • roboの学校は、もうすぐ中間試験です。定期試験も8回目にもなると、さすがにroboも慣れて来た気がします。今回は各教科で、どんな勉強が必要なのか、ずいぶん把握していますし、テスト範囲が発表されたものから、どんどん私に知らせてくれます。1年生の頃のトンチンカンぶりとは、ずいぶん違って来ている気がします。全体的な計画は、私が立てるにしても、本人が全体を把握している状況で取り組ませるの... [続きを読む]
  • 将来のことを話す効果
  • Benesseのサイトに、親に「勉強しなさい。」と言われている子よりも、親に「将来の話し」をしてもらっている子の方が、勉強時間が長い、という調査結果が出ていました。「勉強をしなさい!」と言われても、ただうるさいだけですが、自分の将来に必要なことだと思えば、勉強をするのは嫌だな、と思っていても、やってみよう!と思えるのだと思います。一般のお子さんでも、そうなのですから、発達障害のある... [続きを読む]
  • roboが自分で選択する
  • roboが小さい頃は、快・不快だけを判断するような低い意識レベルを使った判断が多く、その判断に基づく行動に走らせず、出来るだけ、意識レベルの高い理性的な判断力を発揮して行動させるように工夫していました。しかし、最近は、理性的な判断力がずいぶん高まりましたし、また、その行動をなぜ選択するのか、ということを、ある程度説得力を持って説明することが出来るようになって来ました。ですから、私も... [続きを読む]
  • 1年単位でみると成長がわかる
  • 先日、roboの学校でプレゼン発表会があって、見に行きました。去年も見に行ったのですが、同じ状況だけに、roboの様子の違いがはっきり分かりました。まず、プレゼンの最中、去年はまだズッコケているところがあって、会場からクスッという笑い声が聞こえていましたが、今年はなかなか落ち着いていて、ずいぶん自然なプレゼンになっていました。また、休憩時間、去年は、私のところに来て、私がママ友さん... [続きを読む]
  • 定時制工業高校進学の可能性を探る
  • roboの中学生活も半分が過ぎましたので、一応、roboを今のまま中高一貫校の高等部に進学させるか、または、他の選択肢はないかと考えてみました。今の学校に不満があるわけではないのですが、高校3年間は、もっと有意義な時間の使い方があるのではないか、と考えてみました。そこで浮上したのが、公立の定時制工業高校の機械科という選択肢です。そのメリットは、次の点です。①自宅から30分... [続きを読む]
  • 太り止まったはず…
  • roboに障害があると分かって、私は子育てに専念しようと思って仕事を辞めました。それから、もうすぐ10年が経ちます。そして、仕事を辞めてからというもの、私は毎年ほぼ1キロずつ太り続け、昨年にはとうとう8キロ程体重が増加してしまいました😭丁度、中年太りの時期も重なったのだと思いますが、仕事を辞めた影響は大きかったようです😖昨年の夏頃、あまりに体重が順調... [続きを読む]
  • 宿題は音楽を聴きながら!
  • 英語の選抜クラスに入ってからというもの、ほぼ毎日たくさんの宿題が出るようになって、アップアップのroboです📝👓?試験勉強や普段の家庭学習は、だいたい6時から1時間弱ぐらいやって、その後、ピアノを20分くらいやって、夕飯になります。宿題は夕飯の後、8時くらいからやり始めます。ほんの少しですが、英語以外の教科も、もちろん出ますので、短くて30分、長い時... [続きを読む]
  • ちょっとした良いところ
  • roboには、これといった特別な才能というようなものはないのかもしれません。ただ、将来はロボットを作りたい!という夢があって、それに向かってささやかな努力をしているということ、それから、人の気持ちを和ませてくれるような言葉を言えるところは、roboの良いところかな、と思っています。夢があるから、苦手なことも、少しは頑張ってみよう!と思えます。また、将来を思い描くことは、robo自身、日々... [続きを読む]
  • 今までのストレスが解消された
  • roboは以前、「僕は生まれてから、1度も絵がうまく描けたことがないんだ😒」と言っていました。その言葉に私はひどく悲しい気持ちになっていました。しかし、夏休みの美術の宿題で、ポスターを描いた時、色々な建物を描き、「僕、初めて絵が上手く描けた😀」と喜んでいました。おそらく、集中力、協調運動能力などが伸びて来て、やっとイメージ通りのものが描けるようになったのだ... [続きを読む]
  • オタクの聖地デビューか?
  • roboが学校の図書館でロボット作りについて書かれた本を借りて来ました。roboはその本が大変気に入りましたので、アマゾンの古本で購入しました。すると、その本には、プログラミングして動く二足歩行ロボットのことが色々書かれていて、しかも、それらのキットやパーツを売っている秋葉原のショップのことも紹介されていました。それで、roboはその店に行って、まずは、自分でも作れそうなロボットの... [続きを読む]
  • グレン・グールドのことを話す
  • 最近、roboはあらゆる面で成長を見せ、私もずいぶん楽になって来ました。しかし、その一方で、roboは今までとは違う悩みを自身の中で抱えるようになってしまいました。それは、潔癖症がひどくなり、細菌の感染などを意識するようになってしまったことです。夜中も起きて手を洗ったり、満員電車を降りた後、除菌シートで全身を拭いていたりします。また、特定の友達がよく触って来ることにストレスを感じていたり... [続きを読む]
  • 意識レベルのコントロール
  • roboは最近、ずいぶん自己理解が進んで来た気がします。自分の容姿にしても、自分の実力にしても、ずいぶん客観的な判断を下せるようになって来ています。先日、roboの心理状態を知りたいと思って、「今、頭の中に浮かぶことを絵に描いて、そこに言葉をつけてみて!」と言ってみたところ、嬉々として立体的なロボットの絵を描き、「これは、僕なんだ。僕だからシンプルなんだけど、オプションを付ければ、強くな... [続きを読む]
  • 自習が出来るということ
  • roboは小学生の頃まで、ほとんど自習が出来ませんでした。自習をすると、途中、意識が途切れて、ボンヤリして手が止まってしまうからです😅??小学校2年生の頃は、声掛けがないと、漢字の練習を2回続けて書くことすらできないくらいでした。それから、だんだん意識を保つ時間が長くなって行って、小学校6年生の後半くらいから、やっと、私が一緒に取り組まなくても、少しは自分で課題を進められ... [続きを読む]
  • その時々に応じたサポートの仕方
  • roboが中学校に入学したばかりの頃、roboは、折り畳み傘を持つことがあまり好きではありませんでした。三つ折りにする折り畳み傘を畳むのが、不器用なroboには面倒くさかったようです。しかし、中学校は、電車に乗って行くので、雨が午後から降りそうな日は、通学バックの中に折り畳み傘を入れて行かざるを得なくなりました。そして、しょっちゅう折り畳み傘を使うようになったので、折り畳むことに、... [続きを読む]
  • 個別のニーズに応じた学習が理想
  • roboは、最近とみに、家庭学習を嫌がらなくなりました。その理由は、色々あると思いますが、例えば、次のようなことが考えられるかな、と思います。①勉強のスタイルに慣れて、楽になった。②勉強の時に使う脳が鍛えられて、楽になった。③先取り学習で、新鮮な内容の勉強が出来る。①については、とにかくコツコツ取り組ませて来たことが、実を結んだのかな、と思います。②につい... [続きを読む]
  • 勉強の方がマシなのだそうです
  • roboの学校のママ友さんとお話しをしていて、その息子さんが、格闘技🥋の部活に燃えているとうかがいました。家でも、勉強はそっちのけで、型(カタ)のYouTubeを観ているそうです。そう、うかがって私は、なんだか男の子らしいし、健康的でいいなぁ、と思いました😌?家に帰ってからroboにその話しをしてみると、roboは、「僕は、格闘技をやるくらいなら、ま... [続きを読む]
  • 中間試験の勉強を始めました
  • roboは学力面で少し余裕のある学校に入学しました。社会性や実行機能、運動能力の低さだけでも大変なので、せめてメインとなる勉強は、あまり苦労しないで済むようにしたかったのです🏫??しかし、こちらの学校の学習ペースだと、大学受験対策が心配なところです。一般のお子さんなら、高校3年生くらいになって、ぐんぐん追い上げることも可能ですが、隠れディスレクシアのあるroboにはそれは... [続きを読む]
  • 「純のかけら」があるから
  • 樹木希林さんのお嬢さんが、胸を打つ弔辞を述べられていました。心に響くお話しばかりで、私もテレビを観ながら、涙してしまいました。お嬢さんも、複雑な家庭環境の中、辛い思いをたくさんされたことと思いますが、お父様である内田裕也さんとのことについて、「なぜ、このような関係を続けるのか。」という質問をされたそうです。それに対して、希林さんは、「お父さんには、純のかけらがあるから。」と答えられ... [続きを読む]
  • 思春期特有の複雑な悩み
  • roboがまだ小さい頃、療育センターの講座にママ友さんに誘われて、よく参加していました。ある時、中学2年生のアスペルガーの息子さんを持つママさんが、講師の先生に質問をしていました。息子は、自分の顔がカッコ悪いと悩んでいます。しかも、私達、親二人が東大卒なので、勉強がそれほど出来ないことも悩んでいます。自分はダメな人間だと落ち込んでいますが、どうしたらいいのでしょう。先生の答え... [続きを読む]
  • ライフワークとしての子育て
  • 子供が大学生ぐらいになれば、地方だと子供が都会の大学に通うために家を出て行ったりもしますし、子育ても一段落すると思います。しかし、発達障害のある子の場合、例え1人暮らしをしたとしても、半永久的に親はアドバイスしたり支えたりしなければならないと思います。もちろん、だんだん距離は取るようにしなければなりませんが。となると、私の子育ては一生終わることはなく、ほとんどライフワークとして楽し... [続きを読む]
  • たくましくなりました!
  • roboが1人で学校に電車通学するにあたって、私が1番心配していたことは、電車が止まってしまうなど、不測の事態が起きた時のことでした。不安症のあるroboですから、冷静に対処することが難しいのではないかと思ったのです。しかし、その事態は突然起こりました。先日roboの学校のある駅を含む数駅の間で登校中電車が動かなくなってしまったのです。その事実を私は母からの電話で知り、大焦りしてr... [続きを読む]
  • 限局性恐怖症そのものです(;_;)
  • リタリコ発達ナビによると、不安症には、いくつかの種類があるようです。限局性恐怖症・社会不安症・パニック症・全般不安症・広場恐怖症・不安分離症・選択性場面緘黙です。その中でも、限局性恐怖症の症状が、あまりにroboの状態に合致しているので、驚いてしまいました。限局性恐怖症◆症状 高い所が怖い高所恐怖症や犬や虫といった生き物、注射針や血液など、特定のものや状況に出くわすと... [続きを読む]
  • お迎えしている方が他にも!
  • 先日、roboの学校のママ友さんとお話ししていたら、私以外にも結構、自宅の最寄り駅まで息子を迎えに行っている方がいらっしゃることがわかりました。と言っても、そういう方は、自宅から駅までバスを利用しなければならず、車で送り迎えしているということですが😌🚗しかも、ご主人は送り迎えせず、息子さんだけ送り迎えするそうです。笑やはり、地元の公立中学校に通えば楽... [続きを読む]
  • 微妙な表情の読み取り
  • 先日、お弁当用のご飯を炊き忘れて、roboの登校後、お弁当を作って学校に届けました🍱→🏫すると、丁度、新しく準指定になった通学リュックが届いて、注文をしていた子達がリュックを受け取っているところでした。新しいリュックの袋を抱えている子達は、なんだか嬉しそうな表情をしていて、とても微笑ましく感じました。すると、roboも家に帰って来て私に「みんな、リ... [続きを読む]
  • 熟睡が何よりの幸せ
  • 日中は、まだまだ汗ばむ気候ですが、朝晩は、ひんやりとした空気が気持ちの良い季節になりました。毎年、この時期、私にとって1番嬉しいことは、夜ぐっすり眠れることです。夏はクーラーをつけてもつけなくても寝苦しくて、夜中に何度も起きてしまいます。それが、今時期は、クーラーなしでも快適な温度になるので、本当に幸せです。朝、起きた瞬間、「あー、ぐっすり眠れたぁ😆」という爽快感か... [続きを読む]