ごん さん プロフィール

  •  
ごんさん: システムエンジニアを目指す人のためのブログ
ハンドル名ごん さん
ブログタイトルシステムエンジニアを目指す人のためのブログ
ブログURLhttp://ntblog.net
サイト紹介文SEを目指す皆さんに向けて、SEやIT業界の良いところ、悪いところを包み隠さずお伝えします!
自由文激務と言われ敬遠されがちなSEですが、IT技術が身近になったことで、近年人気が高まっています。
華やかな面ばかりではないIT業界、良い面も悪い面も知った上で、SEを目指して頂けるように、頑張って情報発信していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 6日(平均16.3回/週) - 参加 2017/12/05 16:17

ごん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • システムエンジニアの実態〜SEはスーパーマン?
  • 本日は、特に社内SEに関する話になります。皆さん、システムエンジニア(以下 SE)は機械のことなら何でも分かるスーパーマンだと思いますか?例えば、パソコンやプリンタが壊れたら、直せるイメージがありますか?SEは機械に強いわけではない正直に言います、SEは特別機械に強いわけではありません。機械ならなんでも直せる神様のような存在ではないのです。SEが専門としているのは、システムやアプリケーション、つまりソフトウ [続きを読む]
  • システムエンジニアの実態〜SEはかっこいい?
  • 突然ですが、皆さんはシステムエンジニア(以下 SE)にどのようなイメージを持たれていますか?白ニットなどのオシャレな普段着でスターバックスのカップを片手に、個人ごとに仕切られたデスクで優雅に仕事をしている・・・キレイなオフィスにはおもしろい形のソファがあったりジムがあったり・・・飲み物や食べ物はすべて無料で・・・高給取りで・・・おっと、だんだん私の願望が混じってきました(笑)上記のような、いかにも「 [続きを読む]
  • 依頼事項を確認し作業に取り掛かる
  • 以前の投稿「経緯や目的を考えて仕事をする」に引き続き、仕事をする上で大事なことをお伝えします。今回のテーマは「依頼事項を確認し作業に取り掛かる」です。皆さん、上司や同僚から、仕事の指示や依頼があった場合、どのようにその仕事を受けますか?言われたまま、その仕事を受けますか?(なんか、この入り見たことあるぞ・・)依頼内容の確認をする依頼を受ける際に、依頼内容を確認することが大切です。例えば上司から「こ [続きを読む]
  • 企業に所属してシステムエンジニアになる⑥
  • みなさん、こんにちは。本日で、連載「企業に所属してシステムエンジニアになる」は最後になります。最後は、採用から入社までにやっておくべきことについて、私の意見をお伝えしたいと思います。入社してからではできないことをやっておけ採用の現場では、よく「入社までにやっておくべきことはありますか?」と質問されることがあります。ぶっちゃけて言います、特にありません。(そんなことでいいのかと言われそうですが)とい [続きを読む]
  • 企業に所属してシステムエンジニアになる⑤
  • 採用説明会で目星をつけていた企業の説明を聞くことができたら、いよいよ採用試験の受験です。IT企業の採用試験ってどんなもの?IT企業と言っても、一般の企業と概ね同じような採用試験が実施されるところが多いようです。※全てのIT企業を受けたわけではないので、私の経験からのお話になることをご了承下さい。私が受けた企業は、下記のような試験内容が多かったです。1次試験SPI(またはそれに準ずる筆記試験)受験者の処理能力 [続きを読む]
  • 12月12日はダースの日・・ダースピナー?
  • エンジニアって、頭を使いますよね。難しい仕様を前に苦戦した私は、本日どうにも糖分が欲しくなってしまいコンビニに走りました。そこで目にした↓のキャンペーン・・・対象のダースを2個買えば、ハンドスピナーをイメージしたおもちゃ、その名も「ダースピナー」が貰えるという、コンビニではよくあるキャンペーンです。実は私、ハンドスピナーに興味があったのですが、結局ブームに乗らず、手に入れずじまいでした。そんな中、 [続きを読む]
  • 経緯や目的を考えて仕事をする
  • 今回は、IT業界に関わらず、仕事をする上で大切なことを紹介します。皆さん、上司や同僚から、仕事の指示や依頼があった場合、どのようにその仕事を受けますか?言われたまま、その仕事を受けますか?仕事の経緯や目的を考える仕事を受ける上で、経緯や目的を考えることは、非常に大切です。例えば、資料の印刷を頼まれた場合を考えてみましょう。「君、この資料を5部印刷しておいてくれるかな」と上司に言われたとしましょう。あ [続きを読む]
  • システム開発における工程と担当企業
  • 本日は、システム開発における工程と担当企業についてご紹介いたします。システム開発もモノづくりですので、工程が存在します。企業やユーザ企業の業界によって細かいところは異なりますが、概ね下記のような工程を踏んでいきます。①業務要件定義システム導入によって効率化したい業務を明確に定義します。現業務をのどの部分をシステム化したいのか、それによって現業務にどのような変化が生じるのかを考えます。主に、ユーザ企 [続きを読む]
  • 企業に所属してシステムエンジニアになる④
  • 前回の記事「企業に所属してシステムエンジニアになる③」では、自分がどのような役割で仕事をしたいかによって、受験すべき企業が異なってくることをお伝えしました。もういくつかの企業に目星が付けられましたでしょうか。目星が付けられたら、次は採用説明会に参加をしてみましょう!ということで今回は、採用説明会で確認しておくべき点についてお伝えしていきたいと思います。採用説明会には行くべきかこれはもう絶対行くべき [続きを読む]
  • システムエンジニアの秘密〜工数②
  • 前回は、システム開発における見積もりについてお話をしました。見積もりには「工数(人月)」という単位を使うんでしたね。まだ記事を見ていないという方は、こちらをご覧ください。さて、この「工数(人月)」という単位は、見積もり以外にも使われることがあるんです。それは、「社内での作業割り当て」です。だからSEは休めないシステム会社では、開発者は皆1ヵ月に1人月(20人日)分の作業を割り当てられます。考えれば当然で [続きを読む]
  • システムエンジニアの秘密〜工数
  • 本日は、連載「企業に所属してシステムエンジニアになる」を一時お休みして、IT企業で使われる「工数」という言葉について、ご説明したいと思います。工数とは?人が一定期間に働くことのできる労働力のことを指します。単位には「人月」や「人日」、時には「人時」などが使われます。例えば、人が1ヵ月に働くことのできる労働力を「1人月」、1日に働くことができる労働力を「1人日」という使い方をします。 そしてこの工数は、シ [続きを読む]
  • 企業に所属してシステムエンジニアになる③
  • 本日は、システムエンジニア(以下 SE)になるためには、どのような企業の採用試験を受ければ良いかについてご紹介します。世界にはIT企業が本当にたくさんあり、規模や事業内容も様々です。そんな中から、自分のやりたいことができる企業を受験し採用されることは、なかなか難しいものです。では、受験する企業を選ぶ上で何に気を付ければ良いのでしょうか?企業の立ち位置を確認する一口に「システムを開発する」と言っても、そ [続きを読む]
  • 企業に所属してシステムエンジニアになる②
  • 本日は、システムエンジニア(以下 SE)になるために学生のうちにすべきことについてご紹介いたします。前回の記事でご紹介した通り、現状IT企業は、即戦力となる人材を求めています。したがって、情報系学部とそうでない学部の学生であれば、情報系学部の学生が採用されやすい傾向にあります。これは、情報系学部の学生の方が、プログラミングやシステム開発の予備知識を持っており、入社後の教育に費やす労力や時間が少なく済み [続きを読む]
  • 過去の記事 …