下総コータロー さん プロフィール

  •  
下総コータローさん: 腰痛が消える3ステップ
ハンドル名下総コータロー さん
ブログタイトル腰痛が消える3ステップ
ブログURLhttps://ameblo.jp/yotu3s/
サイト紹介文慢性腰痛で悩んでいるあなたへ「読んで治す方法」を伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 342日(平均0.6回/週) - 参加 2017/12/05 17:05

下総コータロー さんのブログ記事

  • 腰痛を基準に物事を決める必要はない
  • 下総です。今日は、「腰痛や坐骨神経痛に主導権を握らせない。自分の進路は、自分の本心に沿って決めること」という話をしていきます。■本心に背いて進路を決めると後々モヤモヤするようになる最近、岩崎恭子さんの不倫騒動が話題になってましたよね。1992年バルセロナ五輪、競泳平泳ぎで当時14歳にして金メダルを勝ち取った岩崎さん。ちょうどそのとき私は深夜、テレビでプロレス中継を観ていて、ニュース速報で「岩崎恭 [続きを読む]
  • 自分の身体にはダメ出しではなく“ヨイ出し”を
  • 「自分の身体に“ヨイ出し”をすることで体調が上向いていく」慢性腰痛や坐骨神経痛に悩んでいる人の性格で、真面目、神経質、完璧主義、自分に厳しい、といった特徴があります。「だんだん良くなってきた気もする、けど、まだ中腰の体勢になると痛みが出る。だから、徹底的に治療しないとダメだ。ったく、いつになったら治るんだ?弱くてポンコツな体だなー」てな感じで、完全に痛みが取れないと納得がいかない、些細な症状も気 [続きを読む]
  • 慢性腰痛は「治す治さない」の問題じゃない
  • 腰痛が治る治らないに焦点を当てるのではない。「自分らしく生きること」に焦点を当てよう。-------------------------------------下総です。慢性腰痛を治したいなら、「腰痛治療から手を引くことだ」とこれまで再三再四伝えてきました。『腰痛が消える3ステップ』でも、「北風と太陽」の話を用いて伝えましたよね。手術したり、注射したり、矯正したり…腰に焦点を当てた治療は、北風そのものだと。北風を与えれば与えるほど、 [続きを読む]
  • 整形で処方されるサインバルタの危険性
  • 下総です。激暑となっておりますがいかがお過ごしでしょうか。さて今日は「サインバルタの危険性」について話をしていきます。慢性腰痛で整形外科を訪れると、サインバルタという薬を処方されることがあります。※出典:医療総合サイトQLifeこの薬、私だったら絶対手を出さないです。サインバルタというのは、抗うつ剤です。抗うつ剤の作用は麻薬と同じ。飲み続けるとやめづらくなる。薬なしではいられなくなる。サインバルタを服 [続きを読む]
  • 慢性痛克服のポイントは脳
  • ご無沙汰しております。下総です。 昨日の晩、NHKで放送された「ガッテン」、見ましたでしょうか?「痛みを“脳”で克服! 慢性痛治療革命」というテーマでした。 脳で克服…長引く腰痛や坐骨神経痛の改善で、ポイントとなるのは、やはり「脳」なんです。痛みの原因は患部にあるのではなく、脳にある。 脳には「側坐核」という「痛みを鎮める部位」があります。『腰痛が消える3ステップ』や今までのブログでは「DLPFC」と [続きを読む]
  • 腹筋背筋よりも効果的な筋トレとは?
  • 下総です。今日は「筋トレのビッグ3が腰痛改善に効果的」という話をしていきます。以前、「腹筋背筋を鍛えて腰痛が緩和されたと感じるのは、 『筋肉の鎧が作られた』 というイメージの問題だ」という話をしました。「筋肉の鎧が作られた」というイメージを持ち、自分の体に対する自信を得た、自信を持ち、腰痛を恐れなくなることで、脳の痛みを鎮める部位(DLPFC)が正常に働くようになった、という話。この話は言い換えれば、「 [続きを読む]
  • 柔らかいマットレスはNG?
  • 下総です。今日は「ニュートラルな視点を持つことの重要性」について話していきます。「マットレスが柔らかいと腰痛になりやすい」「柔らかいソファーに長時間座っていると腰痛になりやすい」世間的にはよくそう言われますが、『腰痛が消える3ステップ』などを通し、腰痛の性質を正しく学べば、これも「気持ちが大きく関わっている」と知ることができます。「マットレスが柔らかいと腰痛になる」世間一般で常識的にそう言われて [続きを読む]
  • 安静という麻薬
  • 下総です。 今日は、「安静にすると後で苦しむことになる」という話をしていきます。 「腰痛は安静にするといい」というアドバイスをときどき耳にします。 しかしこれは、腰痛改善における誤った常識の一つ、刷り込みの一つです。 自宅でじっとする、 入院する、 そうすることで多くの慢性腰痛患者は、「休んでいるのになかなかよくならない」と不安を募らせていきます。 不安やうつ症状が要因となり、脳が痛みを敏感にキャッチ [続きを読む]
  • あなたの子が腰痛になったら
  • あけましておめでとうございます。正月でもいつもと何ら変わらぬ日常を過ごしている下総です。今年も1年…1年後にこのブログを書き続けているかどうかわかりませんが、よろしくお願いいたします。さて今年1発目は、「腰痛の子がいたら『何かにガマンしているのかな?』と気づいてあげること」という話をしていきます。少し前に、「腰痛は老化現象ではない」という話をしました。世間的には「齢をとるほど腰痛になりやすくなる [続きを読む]
  • 腹筋背筋を鍛えれば腰痛はよくなる?
  • 下総です。今日は、「『体幹を鍛えて腰痛改善』も気持ちの問題」という話をしていきます。「体幹が弱いから腰痛になる」「腹筋・背筋を鍛えれば腰痛は緩和される」「腹筋背筋がコルセット代わりとなって脊柱が安定する」一般的にはそう言われています。病院、整骨院、ジムなどでも、“腰痛対策”として勧められますよね。私もセラピストとして駆け出しのころは、腰痛のお客さんに「体幹筋の強化」を勧めていました。その頃はまだ [続きを読む]
  • ブラック労働と慢性腰痛の共通点
  • 下総です。今日は、「潜在意識を知れば、焦らずに腰痛を改善できる」という話をしていきます。「腰痛を正しく理解しても、なかなか痛みが消えない」という声をときどき耳にします。「慢性腰痛は、体の構造異常によって起きているのではない。『感情』や『腰痛に対する誤った考え方』が原因となって起きている」このような『腰痛が消える3ステップ』で伝えた話や、ブログで繰り返し伝えていることを、頭ではちゃんと理解しても「 [続きを読む]
  • 齢だから腰痛になる?
  • 下総です。今日は、「『齢だから』は通用しない時代になってきている」という話をしていきます。腰痛は「老化現象」というイメージがあります。「齢だから腰が痛くなるのは仕方がない」ともよく言われます。そう医者に言われ、サジを投げられる人もいます。確かに、齢をとると腰椎は変形してきます。椎間板はつぶれ、背骨がゆがんでくる、誰だって年齢を重ねれば、だんだんとガタがくるものです。しかし、腰椎が変形したからとい [続きを読む]
  • 放っておく勇気
  • 下総です。 今日は、「腰痛は自信をもって放っておきなさい」という話をしていきます。 「ヘルニアをほっとくと大変なことになる。 一生下半身がマヒする。排泄障害が起こる。 だから一刻も早く処置をしなければならない」 腰痛関連のサイトやSNSの掲示板を見ると、よくそういった書き込みを見かけます。 これは言い換えると、 「白髪をほっとくと大変なことになる。 認知機能がマヒする。記憶力障害が起こる。 だから一刻も早く [続きを読む]
  • 頑固オヤジは腰痛になりやすい
  • 下総です。今日は、「頭を柔らかくすると、腰痛にも時代にも対応しやすくなる」という話をしていきます。私は、よくネット上で慢性腰痛患者の相談にのります。相談者の大半は、「腰痛の正体」を知らない人です。その中に時折、頭の硬い人がいます。「骨、関節、筋肉…体の構造に悪い部分があるから腰痛が起こり慢性化する」という考えから抜け出せない人に、ときどき出くわします。名目上は「相談」でも、結局「腰痛体操でどうに [続きを読む]
  • 病名にハメられてはいけない
  • 下総です。今日は、「病名にハメられてはいけない」という話をしていきます。先日、日本のスパコン(スーパーコンピュータ)開発の第一人者として知られる齋藤元章さんが「助成金をだまし取った」との疑いで逮捕されるというニュースがありました。齋藤さんが関わってきたスパコンが現実的に動き出せば、世界は一変すると言われています。仕事、お金、病気、寿命、戦争…現在世の中に当たり前に存在するものがなくなると言われて [続きを読む]
  • 治したいなら治そうとしてはいけない
  • 下総です。 今日は、「腰痛を治したいなら治そうとしないこと」という話をしていきます。 あなたに好きな人ができたとします。 「どうしてもつき合いたい」と感じる人ができた、 そこで、「好き」という思いが強いばかりに、次のような行動をとったとします。 チラチラ目で追う。 用もないのに毎日LINEなどでメッセージを送る。 妙にやさしくしたり、高価なアクセサリーなどのプレゼントを贈ったりする。 こうした行動をとる [続きを読む]
  • 整体は行く意味がない?
  • 下総です。今日は、「『腰痛を正しく理解している整体院』なら行く価値がある」という話をしていきます。「ほとんどの腰痛は、腰椎の変形や体のゆがみといった体の構造的な異常によるものではない。普段抱く『感情』や『腰痛に対する誤った考え方』が症状を引き起こし慢性化させている」そのように腰痛を正しく理解すると、「そうだったのか。今まで月に2回整体に通ってたけど、もう行ってもしょうがねえな」という方向に切り替 [続きを読む]
  • 腰痛ベルトとの付き合い方
  • 下総です。今日は、「腰痛ベルトからは“徐々に”離れていくこと」という話をしていきます。これを読んでいるあなたは、今まで腰痛ベルトやコルセットを愛用してきたのではないかと思われます。「守り神」として、長年使ってきたのではないかと。しかし腰痛を改善させたいなら、今後は外して生活する必要があります。以前は、「腰痛ベルトを着けると安心」というマインドセットだったでしょう。今後は「丸腰でも安心」というマイン [続きを読む]
  • ギックリ腰を追いかけてはいけない
  • 下総です。今日は、「ギックリ腰を追いかけてはいけない」という話をしていきます。「1年に1回、2年に1回…ギックリ腰を定期的に繰り返す」よくそのような声が聞かれます。重いものを持った瞬間、スポーツの最中で、くしゃみをしたとき、以上のようなタイミングでグキッとやってしまう。痛みが起こっている最中は、「こりゃ、一大事だ」「大変なことになってもうた」とパニックになります。1、2日歩けなくなったり、這って移 [続きを読む]
  • 腰に負担がかからない仕事を選ぶべきか?
  • 下総です。今日は、「仕事を選ぶときは、腰痛を基準にするのではなく『自分の意思』を基準にすること」という話をしていきます。腰痛を患って仕事を辞めてしまった、しばらくたって「また働こうか」となった、再就職するとき、「この仕事は腰に負担がかからないだろうか?」普通はそう考えると思います。仕事を選ぶ際の最重要・最優先基準が「腰」になるかと思います。確かに、「仕事中またあの激痛が走ったらどうしよう?」と考え [続きを読む]
  • 慢性腰痛の根治療法とは?
  • 下総です。最近は一気に寒くなってきましたね。冬に近づいている今日このごろ。さて今日は、「腰痛の根治療法とは何か?」という話をしていきます。Yahoo知恵袋を見ていたら、こんな質問を見つけました。「いろいろ治療院を巡った結果、自分には鍼が合うと感じました。ただ、鍼は効くけど根治療法ではないような気がして、根治療法をうたっている整体院へ行ってみました。しかしその整体院へ行った次の日、痛みがぶり返してきたん [続きを読む]
  • 完治させようとしてはいけない
  • 下総です。今日は、「『よくわからない』を許容すれば腰痛は治っていく」という話をしていきます。「病院で処方された薬を服用しても治らない」「レントゲンやMRIを撮ったが、異常が見つからない」「お尻を押すと痛い箇所がある」「よくなったと思ったら、突然痛みがぶり返す」「いったいいつ治るの?」腰痛が起こると以上のように、「よくわからないこと」「ハッキリしないこと」がたくさん出てきます。 そこで、その「よくわ [続きを読む]
  • 「ヘルニアを患う」という幻想
  • 下総です。今日は、「ほとんどの椎間板ヘルニアは腰痛と無関係」という話をしていきます。病院へ行って、椎間板ヘルニアだと診断されると、少なからずショックを受けるものです。「とうとう俺も腰痛持ちか…一生この痛みと付き合っていかなきゃならないのか…」と落ち込んでしまうものです。しかも、白衣を着た医者に言われる、眉間にしわを寄せた深刻そうな表情で告知される、といった要素で、恐怖が助長されます。で、本人はこう [続きを読む]
  • ゴルフは腰痛を悪化させるか?
  • 下総です。 今日は、「好きなスポーツは腰痛があっても続けたほうがいい」という話をしていきます。 ゴルフ、バスケットボール、パワーリフティング… あなたが長く続けてきたスポーツ、大好きなスポーツがあったとします。 腰痛を発症して以来、そのスポーツを「だましだましやってきた」かもしれません。 もしくは、 「健康な身体が第一。腰に負担がかかるから、もういい加減やめたほうがいいのではないか?」 といったように、 [続きを読む]
  • 腰痛の人で一番多い職業とは?
  • 下総です。 今日は、「腰が痛くてもできる限り仕事に行くこと」という話をしていきます。 「腰痛が一向によくならないのは、今の仕事を続けているから」 「仕事を一定期間休めば改善するはず」 「今の仕事を辞めて、腰に負担がかからない仕事を探そう」 慢性腰痛患者は以上のように考えてしまいがちですが、すべて勘違いです。 仕事を休んだり辞めたりすることで、逆に症状は悪化していきます。 腰痛改善で大事なのは、 「腰が痛く [続きを読む]