せつっせ さん プロフィール

  •  
せつっせさん: 節税
ハンドル名せつっせ さん
ブログタイトル節税
ブログURLhttp://setu1-2ze.sblo.jp/
サイト紹介文節税について、お得な情報、方法などをかいていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 150日(平均1.4回/週) - 参加 2017/12/06 08:22

せつっせ さんのブログ記事

  • 節税対策 個人
  • 独立すると自分で確定申告して、自分で税金を払わないといけません。その際に何も知らないと、余分に税金を払うことになりかねませんからね。ちょっと知って、ちょっと行動するだけで支払う税金は少なくできます。①青色申告制度の活用②経費の計上③共済の利用経費を計上して節税する方法は、実際にお金を使わなければならないので、当然のことながらお金は減ってしまいます。お金を減らすことなく節税する方法としては、「小規模 [続きを読む]
  • 節税対策
  • 税金対策をする上でまず考えたいのが、経費の計上です。これまでも経費を計上してきたと思いますが、もしかしたら他にも、経費にできるものがあるかもしれません。実際に事業を行う上で仕入れた材料費などを経費にしている方がほとんどだと思いますが、それ意外にも、普段身近なところに経費にできるものが眠っている場合があります。例えば、家賃や車のガソリン代などは、プライベートでも使用していますが、事業をする上でも使用 [続きを読む]
  • 消費税 節税
  • 具体的な節税方法はこちら。①業務を外注化する②簡易課税を選択する③還付を受けるまとめ消費税の仕組みは、消費者から預かった消費税を事業者が納付する訳ですから、自分の努力で節税できるものではありません。ただし、消費税の仕組みをうまく利用すれば、負担を軽減させることはできます。届出要件、継続適用要件など気を付けて、計画的に節税効果を上げたいものです。 [続きを読む]
  • 不動産 節税
  • 減価償却費が節税効果につながるという。「新築物件を購入した初年度は、不動産投資による節税効果が見込めます。なぜなら、購入初年度は、大きな金額になりがちな登録免許税や不動産取得税が経費として計上できるからです。また固定資産税、借入金利、減価償却費をはじめ、修繕費や管理費、火災保険料、投資のために発生した交通費なども経費として計上することが可能です」初年度以降も大きな割合を占めることになるのが、建物の [続きを読む]
  • 相続税 節税
  • 相続税対策には「生前贈与」「生命保険」「不動産」の3つの主な柱があります。その他に・・・①養子縁組を活用した相続税対策②お墓や仏壇を生前に購入③海外移住で相続税がタダになるやっぱり専門的な税理士さんに。相続税対策の相談は相続税専門の税理士へ [続きを読む]
  • 医療費 節税
  • 医療費控除は、医療費10万円を超えることで所得税を下げることができますね。でも、この医療費10万円って意外とハードルが高いセルフメディケーション税制というのができました!医療費控除の特例です。新しく創設された医療費控除の特例であるセルフメディケーション税制では、年間1万2,000円以上対象です。「スイッチOTC薬」と呼ばれるもので、医療用から転用された医薬品が対象です。ガスター10、ロキソニン、パブロンなど1,555 [続きを読む]
  • 節税 個人事業主
  • 事業に必要な費用については経費算入することができます。自宅を仕事場としているのであれば、家賃や光熱費などをその利用割合に応じて経費算入できます。家賃などの場合には、全体金額の半数が限度ともいわれています。個人事業主なら青色申告会に相談に行くのがよいでしょう。どこまでならOKなのか、親身になって相談に乗ってくれます。 [続きを読む]
  • 個人年金保険 節税 
  • 個人年金保険とは、月々決まった保険料を積立し、60歳あるいは65歳から一定額の年金を5年、10年と受け取るような仕組みの保険商品です。金利があまり変わらない場合、預貯金で積み立てていくことに比べると、商品にもよりますが、個人年金保険で積み立てて行く方が最終的に受け取る金額は大きくなる可能性が高いでしょう。 [続きを読む]
  • お勧め 保険 節税
  • 法人保険の活用は節税にやくだちます。法人保険は、会社のキャッシュを守り、大きく増やしていくのに役立つもの、と考えた方が、上手に活用すれば、会社のキャッシュを最大化することに役立ちます。 [続きを読む]
  • サラリーマン 節税
  • 最近では、サラリーマンの方も節税に興味を持っている人が多くなってきています。一番簡単にできる節税は、ふるさと納税ではないでしょうか。ウェブからふるさと納税の申請をするだけで、翌年度の住民税から控除されます。ワンストップ特例制度という便利な制度もあります。↓こちらから簡単にできます。控除シミュレーション [続きを読む]
  • 所得税 住民税 節税
  • 節税の基本として、住民税と所得税を減らすことが一番簡単かと思います。住民税に関しては、「ふるさと納税」でお得に支払うことで節税する方が多いです。ふるさと納税は住んでいる地域に払う住民税を、ご自分の好きな自治体に寄付することで豪華な返礼品をもらうことができる仕組みです。所得税などの確定申告は3月までですが。ふるさと納税は年内12月31日までなので締め切りを注意してくださいね。 [続きを読む]
  • 節税対策
  • サラリーマンも節税対策を考える時代ですよね。「セルフメディケーション税制」と「確定拠出年金」がキーワードです。特にセルフメディケーション税制はサラリーマンも個人事業主も恩恵のありそうな税制です。日ごろ税金に関心のない人も、少し知識を得ると累積すれば車が買えるくらいの節税ができるかもしれない。サラリーマンの所得税の算出式1.給与の収入金額(年収)−給与所得控除=給与所得2.給与所得−各種所得控除=課税 [続きを読む]
  • 消費税 節税
  • 新会社を設立して消費税を免税される以下に記述↓ 新会社を設立した場合には、設立時(期首)の資本金が1,000万円未満なら、設立2期目までは、消費税は免除されます。 ただし、最初の6ヶ月で売上及び給与等の支払額が1,000万円を超えてしまうと、翌期に課税されてしまいます。 また、初年度に増資をして資本金が1,000万円以上となると2期目から課税されてしまうので、増資する場合には、2期目以降としましょう。 消費税の課 [続きを読む]
  • 不動産 節税
  • 収益物件を持っている人は、節税に敏感である。敏感でなければメリットをうまく享受できないから当然なんです。まず、不動産所得者の節税は大きく2つに分けて考えることができる。①不動産所得そのものの利益を少なくして節税を図ることである。コツコツと経費を計上することがポイントである。日頃から経費を意識してこまめに計上していくことが結果的に大きな差を生みます。②不動産所得をマイナスにし、そのマイナスと他の所得 [続きを読む]
  • 相続税 節税
  • 相続税についてわかりやすく書かれている面白い本を見つけました。こちらです↓磯野家の相続入門 - 節税は「花沢不動産」にきけ! 磯野家の相続入門 - 節税は「花沢不動産」にきけ! (中公新書ラクレ)節税テクについてわかりやすく書かれています。 [続きを読む]
  • 医療費 節税
  • 確定申告の時期になると気になるのが医療費の還付金。年間10万円を超えると医療費がもどってきます。年間10万円を超える医療費がかかったら確定申告で医療費控除を受けられる可能性が高いです。ここでいう医療費って、診察代金とかお薬代だけじゃなくって病院への行き帰りの交通費も含まれるんだそうです。しっかり計算に入れておきましょうね。 [続きを読む]
  • 節税 個人事業主
  • 個人事業主が支払う税金は「所得税」「住民税」「消費税」「個人事業税」の4種類です。個人事業主の所得税と法人の法人税。課税対象の所得が330万円以上になる場合には会社設立をした方が税率が低くなります。社員がいる法人は「所得の分散」が可能になることも法人のメリット。社会からの信頼が得られるという面を考えると会社設立の魅力は大きいです。 [続きを読む]
  • 個人年金保険 節税
  • 個人年金という言葉をどこかで聞いたことがありますでしょうか?この個人年金とは、あらかじめ、決めておいた年齢になった時から一定期間、あるいはまた一生涯に渡って年金を受け取ることができる私的年金のことをいいます。公的に加入している厚生年金や国民年金とは異なり、民間の保険会社が提供するサービスのひとつで、定期的に固定額を積み立てておいて、老後の生活に備えるというものです。。また、個人年金保険に加入してい [続きを読む]
  • お勧め 保険 節税
  • 節税以上に魅力的な保険の活用法「節税」目的での法人保険の活用をお考えになっていることと思います。法人保険は、会社のキャッシュを守り、大きく増やしていくのに役立つもの、と考えた方が、それぞれの保険の特徴やメリット・デメリットがよく見えるようになります。そして、上手に活用すれば、会社のキャッシュを最大化することに役立ちます。 [続きを読む]
  • サラリーマン 節税
  • ふるさと納税で、サラリーマンの方は、効果的に節税できるのご存じでしたか?実は、私も、最近、知りました。ふるさと納税って、実態としては納税ではなく寄附です。寄附すると、税金が控除されるわけですが、ふるさと納税の場合、控除される金額が、寄附金−2,000円です。30,000円寄附すれば、28,000円控除されるわけです。これは、課税対象額が減るのではなく、税金そのものから控除されます。ただし、控除額には上限があります [続きを読む]
  • 所得税 住民税 節税
  • ふるさと納税は納税と言うだけあって、地方自治体に税金を納めます。ふるさと納税に使用しているお金はもともと住民税や所得税で納税するお金なんです。住んでいる地域に支払う予定の税金を好きな地方自治体に納税するのがふるさと納税。そして、納税するとその地方自治体から素敵な返礼品をもらうことができるもちろん、ふるさと納税をした翌年の住民税は控除され、所得税は返金されるんですよね。なので、しないと損するだけです [続きを読む]
  • 節税対策
  • ふるさと納税は、効果的な節税対策になります。寄附した金額は、寄付金控除額の2,000円以上を越した分は翌年度の税金から引いてもらえるのです。毎年払っている地方税が高ければ高いほどふるさと納税の限度額も高くなります。例えば、30万円寄附すれば、翌年の税金が29万8000円控除されます。 [続きを読む]
  • 消費税 節税
  • 消費税の仕組みは、消費者からすると8%上乗せしてはらうだけですからわかりやすいですが、会社側から見るとわかりにくい部分が多いです。『4年間消費税を払わなくて済む方法』があります。消費税には免税期間というのがあります。開業して2年間は免税期間となるのです。前々年度の売上が、1000万円以上の人に、納税する義務必要が生じます。ということは、開業して2年間は消費税の支払いが免除されるのです。2年間の免税 [続きを読む]
  • 不動産 節税
  • 節税のために不動産投資は有効なのでしょうか?調べてみると、不動産投資は有効ですが、いつの間にか資産を失う結果になるとよく聞きます。不動産投資は節税になりますが、甘い言葉を言いながら近寄ってくる人達には気をつけた方がいいですね。 [続きを読む]
  • 相続税 節税
  • 相続税の対策をしてなかったことで・・・突然とんでもない金額の税金を払うことになるという、そんな話をよく聞きますね。数ある相続税の対策のなかでも一番簡単な「生前贈与」があります。まず、贈与とは「個人に対して無償で財産を譲ること」です。そして、当然ですがその贈与にも税金(贈与税)がかかってきます。しかしながら、贈与された財産が1年間(毎年1月1日から12月31日)で110万円以下の場合贈与税はかかりません。ただ [続きを読む]