せつせ さん プロフィール

  •  
せつせさん: 節税(seesaa)
ハンドル名せつせ さん
ブログタイトル節税(seesaa)
ブログURLhttp://setu1-1ze.seesaa.net/
サイト紹介文節税の大切さ、お得情報、方法などを書いていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 6日(平均12.8回/週) - 参加 2017/12/06 08:27

せつせ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 節税
  • 税金に関しては会社任せで、自分で節税を考えるということはなかった。医療費も、自分が掛かったものだけでなく、同一所得で生活していれば控除がうけれるし、そのときの交通費も医療費扱いがされるらしい。母校への寄付なども、所得から控除されるので、きちんと領収書等を取っておけばよかったらしい。さらに、自営業を営んでおれば、そこでの経費として、電話代、新聞代、光熱費、部屋代等按分したものが認められる。自営業の利 [続きを読む]
  • 節税 車
  • 節税には中古の外車を買うのがいいらしいです。中古車の中でも外車、特に高級車がいい。高級外車が高値で販売できるからなんです。車は設備や機械などの固定資産に当たるため、すぐには経費になりません。法定耐用年数に応じて数年に分割して経費として計上していきます。ここで新車と中古車の大きな違いがあります。中古車は新車よりも法定耐用年数が短く短期間で経費として計上できるのです。車を購入した場合、一度に経費として [続きを読む]
  • 節税 ふるさと納税
  • 手っ取り早くできる節税が「ふるさと納税」ですよね。色々な「ふるさと納税」サイトも増えて、簡単に手続きができるようになりましたね。ふるさと納税は、本来は住んでいる自治体に払うべき住民税を自分の好きな自治体に寄付という形で納税します。すると翌年の住民税から控除が行われます。その年ではなく翌年からというのも注意が必要です。2年にまたぐということです。また住民税は満額控除されるわけではなく、 年収や家族構成 [続きを読む]
  • 節税 本
  • 私が読んだ節税の本の中で面白かったのは、この本でした↓経費で落ちるレシート・落ちないレシート・芸能人の「植毛」は本当に経費にならないの?・家賃・光熱費・食費などの生活費は?・ゴルフやキャバクラ代など接待の費用は?・マンガやCDやジーンズなどは?・家のリフォーム代なんてのも認められる?・チマチマした交通費はOK?できる限り税金を払いたくないフリーランスのライターと、アタマの柔らかい税理士さんとの会話形式なので [続きを読む]
  • 節税効果
  • 税金の世界は「知らない人は損をして、知ってる人が得をする」とはよく聞きます。相続税の税制が大幅に変わって、以前の税制なら課税対象にならなかった人が相続税を払う必要が出てきたため、住宅供給会社や不動産業者はチャンスとばかりに営業しているようです。新築で建てると完成まで元本の返済はないですが金利は支払う必要があることが多いので完成にまでに持ち出ししているため、入居付けが思ったほどよくないとすぐに家賃を [続きを読む]
  • 節税 英語
  • 節税は英語で【tax economy】(タックス エコノミー)というみたいですね。他には【tax avoidance】といった表現もあるようですね。これからの時代は、税金に関わる英語は知っておいたほうがいいかもしれないですね。 [続きを読む]
  • 節税 不動産
  • 節税のために不動産投資は有効なのでしょうか?調べてみると、不動産投資は有効ですが、いつの間にか資産を失う結果になるとよく聞きます。不動産投資は節税になりますが、甘い言葉を言いながら近寄ってくる人達には気をつけた方がいいですね。 [続きを読む]
  • 節税とは
  • 節税とは、法(租税法)の想定する範囲で税負担を減少させる行為である。つまり、法律で許してる範囲の行為であれば払う税金を少なくしてもいいということです。法律は一般人には、非常に分かりにくいです。↓そこで、やっぱりプロの税理士さんに頼みましょう。 [続きを読む]
  • 節税 法人
  • 「節税のためには法人化した方がいい」と言われますが具体的にいうと何がお得なのでしょうか?!まず、個人の税率は最大で55%、法人で最大約40%。税率だけ見てもちがいますね。法人化すると事業主であった自分が会社から雇われるという形式をとることができるようになるので、給与所得控除が受けられるということです。「青色専従者控除」というやつです。会社の法人税率と個人の税率をみながら、バランスをとって一番、低い税率 [続きを読む]
  • 節税対策
  • ふるさと納税は、効果的な節税対策になります。寄附した金額は、寄付金控除額の2,000円以上を越した分は翌年度の税金から引いてもらえるので10万円寄附すれば、翌年の税金が9万8000円控除されます。簡単ふるさと納税は↓こちらからどうぞ [続きを読む]
  • 節税
  • 節税とは難しく言うと「法(租税法)の想定する範囲で税負担を減少させる行為である」だそうです。節税を行うためには、自分から進んで調べたり勉強しないといけません。しかし、やはり経験や知識の差で払う税金が大幅に変わっていきます。そこで、税理士さんの登場です。いい税理士さんというのはその辺をよく理解しているからこそ、重宝されます。こちらは↓無料で税理士さんを紹介してくれます。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …