せつせ さん プロフィール

  •  
せつせさん: 節税(seesaa)
ハンドル名せつせ さん
ブログタイトル節税(seesaa)
ブログURLhttp://setu1-1ze.seesaa.net/
サイト紹介文節税の大切さ、お得情報、方法などを書いていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 150日(平均1.4回/週) - 参加 2017/12/06 08:27

せつせ さんのブログ記事

  • 節税 ふるさと納税
  • ふるさと納税は、住民税や所得税のような税金の代わりになるものではありません。税金を納めているように思われそうですが、法律上は自治体など団体への寄附金として扱われます。寄附金控除が適用されるのは所得税と住民税で、ふるさと納税によって所得税と住民税を節税することができるのです。ですが、ふるさと納税をしても、自動的に税金が返ってくるわけではありません。税金の還付には確定申告が必要で、寄附を証明できる書類 [続きを読む]
  • 節税 本
  • Amazonで売れ筋ランキング上位の節税本です。根本的な「なぜ?」を解決してくれる、フリーランス必携のロングセラー!フリーランスのライター兼イラストレーターである著者が税理士から講義をうけて、理解する過程をわかりやすくまとめた1冊です。フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。 [続きを読む]
  • 節税効果
  • 減価償却を活用できてこそ、節税効果がでる税法と企業会計原則のズレという点で忘れてはならないことに、減価償却の問題があります。〓企業がその期中だけではなく、5年とか10年とか一定期間にわたって使用する資産を分割して費用計上していく会計上の方法です。対象になるのは自社が所有している工場や事務所の建物、機械や車両、備品など。土地や金融資産、書画骨董なんかは時間とともに価値が減じていくわけじゃありませんから [続きを読む]
  • 節税 英語
  • 英語のスキルがビジネス上必要な場面もあるかと思います。楽天やファーストリテイリングが社内の英語公用語化に取り組んでいるのは有名な話です。こうした背景もあり、英会話学校に通うサラリーマンが急増しているようです。仕事のスキルを磨くための費用を使った際に、「特定支出控除」という制度を活用すれば、節税になる可能性があります。「特定支出控除」は、サラリーマンに特定の支出が生じた場合に、それを所得から差し引く [続きを読む]
  • 節税 不動産
  • 不動産投資を行うことで、個人所有では所得税・住民税、法人所有では法人税の節税につながることもあります。しかし、不動産投資には多くのリスクとデメリットがあり、容易に購入してしまうと大きな損失につながりかねません。①不動産の減価償却によって、所得税・住民税あるいは法人税が軽減される②不動産投資は保育料まで節約できる③不動産投資≒不動産経営なので、経営に関わる経費を計上できる④個人では5年以上、法人では [続きを読む]
  • 節税とは
  • 節税対策をすることは、大事です。払わなければならないものを見直すと控除を受けられ、節税になる場合があります。①生命保険料控除「生命保険」「個人年金保険」「介護医療保険」のそれぞれ最大4万円、合計12万円が所得税から控除される。②雑損控除災害や盗難、横領などで資産の損害を受けた場合一定の所得控除を受けることができる。③寄附金控除国や地方公共団体、特定公益増進法人などに「特定寄附金」を支出した場合。「ふ [続きを読む]
  • 節税 法人
  • 法人の節税を考えた場合、個人事業主やサラリーマンに比べて選択肢の幅が広いのが実情です。選択肢の幅が広いことはもとより、節税で効果のある金額も大きくなる傾向にあります。法人の経営者にとっては、お金をいくら法人に残しておけるのかが最大の争点になりますので、節税の方法についても真剣です。法人の節税の方法としては、経費を計上する方法が一般的ですが、単に浪費するためだけに経費を使うのではなく、次のビジネス展 [続きを読む]
  • 節税
  • 一番簡単にできる節税は、ふるさと納税だと思います。→利用意向NO1!ふるさと納税サラリーマンでも確定申告の際に提出すれば節税になることがたくさんあります「生命保険料控除」「扶養控除」「医療費控除」「譲渡損失の損益通算および繰越控除」など、たくさん控除がうけれます。 [続きを読む]
  • 節税 車
  • 車の購入を会社の経費としてできれば、節税対策にもなってプライベートも充実する車を経費にしたい場合は、中古車の方が断然早く原価償却できる会社で普通自動車を買った場合、その車は資産となり、減価償却した分だけが損金になります。普通自動車の法定耐用年数は6年なので、6年かけて損金として落としていくことになります。結構長いです。中古で買った場合は、法定耐用年数の一部が経過しているので、使える年数は短くなります [続きを読む]
  • 節税 ふるさと納税
  • すぐできる節税が「ふるさと納税」です。比較的簡単に手続きが進められるようになりました。ふるさと納税は、本来は住んでいる自治体に払うべき住民税を自分の好きな自治体に寄付という形で納税します。すると、翌年の住民税から控除が行われます。その年ではなく翌年からというのも注意が必要です。こちらからシュミレーションできます→控除シミュレーションわかりやすいふるさと納税サイトです [続きを読む]
  • 節税 本
  • Amazon節税関係のレビューの評価順で検索すると、下記の本が出てきました。説明文を読んだだけでも興味深い内容です。相続に向けた具体的対策をやさしく書いた実用書(新税法対応)。まずはこの一冊があれば、相続について、その手続きについてしっかり理解することができるはずです [続きを読む]
  • 節税効果
  • 節税効果とは、費用が税金の計算で税法上の損金として認められることで、課税対象となる利益が減少し、企業が負担する税額が少なくなる効果のことをいいます。 損金算入された場合は経費として収益から控除できるのでその経費分だけ課税対象所得を減らされるので、 納める税金が費用×税率分少なくてすむのです。 しかし、税金を少なくすると聞くと脱税まがいの裏技なんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、 れっきとした減 [続きを読む]
  • 節税 英語
  • 節税は英語で【tax economy】(タックス エコノミー)といいます。ネット通販などで海外のものを買い物したりできる時代ですから、税金に関する英語などは知っておいてもいいかと思います。 [続きを読む]
  • 節税 不動産
  • 面白い本を見つけました。サザエさんの「花沢不動産」をご存知でしょうか?かつおくんの同級生の花沢さんの実家です。内容は、不動産よりは節税テクで特に相続税に関したお話ですね。磯野家の相続入門 - 節税は「花沢不動産」にきけ! (中公新書ラクレ) [続きを読む]
  • 節税とは
  • 節税とは、法の想定する範囲で税負担を減少させる行為である。「節税」と聞くと会社経営者や個人事業主だけができると思っている人は少なくないが、源泉徴収されているサラリーマンも節税をできる対象者なんです。収入から必要経費などを引いた所得から、基礎控除、配偶者控除などの所得控除を差し引き課税対象となる課税所得が決まる。つまり、この所得控除の金額が多ければ多いほど課税所得が少なくなり節税につながります。 [続きを読む]
  • 節税 法人
  • 節税のためには法人化した方がいい。具体的に何がお得なのでしょうか?税率が変わります。個人の税率は最大で55%、法人で最大約40%なのである地点を超えると法人化した方がお得になるのは間違いないのです。うまく税の仕組みを生かすとお得になる場合が多いです。まず法人化すると、給与所得控除が受けられるということです。青色専従者控除といいます。つまりは、会社の法人税率と個人の税率をみながら・・・低い税率になるバラ [続きを読む]
  • 節税対策
  • ふるさと納税は使って、返礼品をゲットしながら、税金の還付も受け取るというラッキーな手法なんです。ふるさと納税は、返礼品狙いで「ふるさと(地方自治体)」を決めて、そこへ寄付します。寄付金を送付するということ。寄付金のお礼として返礼品を贈ってくれます。さらに!寄付金の証明書を送ってくれるので、それを持って確定申告をすると住民税とかが自分の住民票のあるところから還付されます。村おこしとか地方発展のための [続きを読む]
  • 節税
  • 税金に関しては会社任せで、自分で節税を考えるということはなかった。医療費も、自分が掛かったものだけでなく、同一所得で生活していれば控除がうけれるし、そのときの交通費も医療費扱いがされるらしい。母校への寄付なども、所得から控除されるので、きちんと領収書等を取っておけばよかったらしい。さらに、自営業を営んでおれば、そこでの経費として、電話代、新聞代、光熱費、部屋代等按分したものが認められる。自営業の利 [続きを読む]
  • 節税 車
  • 節税には中古の外車を買うのがいいらしいです。中古車の中でも外車、特に高級車がいい。高級外車が高値で販売できるからなんです。車は設備や機械などの固定資産に当たるため、すぐには経費になりません。法定耐用年数に応じて数年に分割して経費として計上していきます。ここで新車と中古車の大きな違いがあります。中古車は新車よりも法定耐用年数が短く短期間で経費として計上できるのです。車を購入した場合、一度に経費として [続きを読む]
  • 節税 ふるさと納税
  • 手っ取り早くできる節税が「ふるさと納税」ですよね。色々な「ふるさと納税」サイトも増えて、簡単に手続きができるようになりましたね。ふるさと納税は、本来は住んでいる自治体に払うべき住民税を自分の好きな自治体に寄付という形で納税します。すると翌年の住民税から控除が行われます。その年ではなく翌年からというのも注意が必要です。2年にまたぐということです。また住民税は満額控除されるわけではなく、 年収や家族構成 [続きを読む]
  • 節税 本
  • 私が読んだ節税の本の中で面白かったのは、この本でした↓経費で落ちるレシート・落ちないレシート・芸能人の「植毛」は本当に経費にならないの?・家賃・光熱費・食費などの生活費は?・ゴルフやキャバクラ代など接待の費用は?・マンガやCDやジーンズなどは?・家のリフォーム代なんてのも認められる?・チマチマした交通費はOK?できる限り税金を払いたくないフリーランスのライターと、アタマの柔らかい税理士さんとの会話形式なので [続きを読む]
  • 節税効果
  • 税金の世界は「知らない人は損をして、知ってる人が得をする」とはよく聞きます。相続税の税制が大幅に変わって、以前の税制なら課税対象にならなかった人が相続税を払う必要が出てきたため、住宅供給会社や不動産業者はチャンスとばかりに営業しているようです。新築で建てると完成まで元本の返済はないですが金利は支払う必要があることが多いので完成にまでに持ち出ししているため、入居付けが思ったほどよくないとすぐに家賃を [続きを読む]
  • 節税 英語
  • 節税は英語で【tax economy】(タックス エコノミー)というみたいですね。他には【tax avoidance】といった表現もあるようですね。これからの時代は、税金に関わる英語は知っておいたほうがいいかもしれないですね。 [続きを読む]
  • 節税 不動産
  • 節税のために不動産投資は有効なのでしょうか?調べてみると、不動産投資は有効ですが、いつの間にか資産を失う結果になるとよく聞きます。不動産投資は節税になりますが、甘い言葉を言いながら近寄ってくる人達には気をつけた方がいいですね。 [続きを読む]