ぼちぼち《小田久一》 さん プロフィール

  •  
ぼちぼち《小田久一》さん: 《続》  ぼちぼち曖昧模糊な日々雑感
ハンドル名ぼちぼち《小田久一》 さん
ブログタイトル《続》 ぼちぼち曖昧模糊な日々雑感
ブログURLhttps://ameblo.jp/sikie5429/
サイト紹介文日々の出来事を天理教用語をなるべく減らし、一般的な用語で語ればどうなるか?を語ってみたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 171日(平均5.6回/週) - 参加 2017/12/06 17:03

ぼちぼち《小田久一》 さんのブログ記事

  • 日本は忖度の文化なのか?
  • 私は子供の頃から、捻くれ坊主でして、大人の揚げ足を取って、口答えをし、困った顔を見るのを楽しみにしていました。まあ、言わば、《天邪鬼のような性格》をしていました(今もですけど....)姫路市の南部に国道250号線があり、飾磨大橋(そんなに大きくはありません)がかかっています。私が小学生の頃は、その橋の近くにある天理教の教会に家族全員が住み込みとして生活をしていました。女性は特に住み込み生活は忙しく、私を [続きを読む]
  • 眠た〜い
  • 13時からおつとめ開始祭儀式から始まり、全てのおつとめ役割は地方。軽目の神殿講話をさせていただきましたが、正座で、座りっぱなし。我が家のワンコにとりましては、初めての月次祭でした。ワンコにとりましては、初めて見る顔が多く、走り回らないようにリードで繋がれ、ストレスが溜まってしまったのでしょう。かなりの時間、「ウー......」と唸ってました。夜、8時頃お下がり配り完了。それではおやすみなさい。 [続きを読む]
  • 月次祭祭文の模様替えをしてみました
  • 以前に月次祭祭文の投稿をしました時にコメントがありました。此れの神床にお鎮まり下さいます親神天理王命の御前に....」について違和感は感じませんか?「的な内容であったと思いますが、《親神様がお鎮まり下さるのはおぢば》であり?《ぢばの理を受けて、国々に名称の理が許され》?それぞれの《教会となった》わけです。細かく言えば、おぢばから許され、お鎮まり下さった場所は神床ではなく、お社の中かと思います。しかし [続きを読む]
  • 平凡な夕暮れ
  • 夕暮れにワンコにせがまれ散歩かなもらって来た頃は動くのも嫌がっていたワンコですが、だんだんと慣れて歩いてくれるようになり、今では小走りまでするようになりました。今日は近くのコスモス薬局まで、嫁さんはお買い物でした。私??とワンコ??は嫁さんのお供をさせていただきましたが、お約束の吉備団子??は買ってくれませんでした。 [続きを読む]
  • 鬱病、約八分咲きの頃のお話
  • この話を書くのに随分と時間がかかりました。いろんな登場人物が出て来ますので、どうしても個人攻撃になりがちで、冷静になるまで詳しく書けませんでした。たまたま、フェイスブックを見てまして、現在鬱病で悩んでる人がおられ、私なりの克服の話が参考になればと思い、投稿をすることにしました。古い話になりますが、私は約10年ほどの期間、天理教の勉強を専門にして(修養科、検定講習、専修科、詰所、教会住み込みなど)時 [続きを読む]
  • 食前に飲む薬は忘れ易い
  • 自慢では有りませんが、私はかなり雑というか、適当な男です。嫁さんはそんな私をかなりイラついているようです。糖尿の薬で「食前に飲んで下さい!」と言われている種類があるのですが、直ぐに忘れてしまい、食事をしながら『あ〜?? また忘れた????』と思うことが多くあります。そんな私の行動に呆れ果て、食卓に大きな伝言板を置かれることになりました。ヤクとは薬のことですが、これを見た人は不思議がります。息子は [続きを読む]
  • いろいろと変わりました
  • 我が家の玄関と駐車場は、いつの間にやら草だらけ。レンガとコンクリートの間から草がはえて来ています。ビフォーアフタービフォーアフターさて、我が家のワンコベッキーですが、繁殖を終えて、ヘルニアとなってしまい、里親として譲り受けた時は、ほとんど動こうとしませんでしたが、少しずつ足が丈夫になり、軽く走れるようになりました。譲り受けた日初めてのドライブ玄関周りを走るワンコスター約半月で、500グラムダイエット [続きを読む]
  • もうすぐ、母の日
  • 母が亡くなったのは平成23年7月13日です。今日、姉が、もうすぐ「母の日」ということで、感謝の気持ちを供えていました。亡くなって、今尚、感謝の気持ちを持ち続ける姉を尊敬致します。そして、何も考えてなかった私の心掛けを深く反省致します。 [続きを読む]
  • 言うは易し、行うは難しのお方
  • 過去のブログです。マツコデラックスさんが少し年配になったような方をタクシーのお迎えに行ってまいりました。この方は駅からもよくお電話を下さいます。多く買い物をされていますので、乗務員が毎回トランクに積み込み、エレベーターのない、マンションの4階まで運ばせていただきますが、今回はご自宅のマンションにお迎えに上がりました。お客様の荷物がありますと、「ホラッ!ボケっと見てないで、手伝ってよ!」と言われま [続きを読む]
  • おやさまのひながたが有難い
  • 本日、5月8日は瀬戸内海にある、天理教家嶋分教会に参拝させていただきました。5月は大教会巡教の月で、写真の先生がお話を取り次いで下さいました。お父さんが神戸の方で単独布教で道を伸ばされ、初代会長となられ、頑張っておられる中、列車と衝突する事故に遭われ、死亡者も出し、本人も重体となられました。少しずつ回復し、どうにかおぢば帰りをさせていただいた時に、教祖殿で長い時間ぬかずかれ、教祖と問答をされたそ [続きを読む]
  • お金の使い道は人それぞれ
  • 人はいろんなことに価値観を持ってるようですが、お金の使い方にも、それぞれの考え方が現れ、この目的の為には、支出は惜しまないクセに、この支出には非常にケチ臭い場合があるようです。 例えば、お酒なんかがそうですね。お酒はスーパーや酒屋さんで売ってますから、自宅で飲めるわけですが、中には歓楽街で飲みたい方がおられます。繁華街はお付き合いやムードという言葉で括ってますが、要は、お酒?素敵な女性の接待?カラ [続きを読む]
  • 心使いが変われば世界感も変わる
  • 《序》団体生活になりますと、全員と仲良く出来ず、『どうもリズムが合わない..』『気が合わない....』『その人が居るだけでイライラする...』と、言うようにストレスが溜まることがあります。そのような方とは、なるべく近寄らず、別行動をするに限りますが、どうでも避けられない組み合わせとなってしまうこともあります。いざとなれば、会社関係なら退職を考えたり、ご近所さんであれば引越しをすれば、何とかその場からは逃げ [続きを読む]
  • ワンコのドライブデビューとサプライズ
  • ワンコのベッキーを連れて佐用の三日月と平福に行って来ました。道の駅、三日月??はルピナス畑が有名ですが、もう少しで満開となる感じでした。メダカが3,000円で売っていました。狸もビックリです‼?その後、平福のシャクナゲの里に近寄りましたが、入場料が600円に怯み、駐車場からの撮影のみになりました。相変わらず、セコイ夫婦です。道の駅、平福で休憩しました。城跡が山頂に見えました。平福駅です。ローカル線を売り [続きを読む]
  • 喜び方はそれぞれ自由ダァ
  • ポストに投函されてました。電気代のお知らせです。冷暖房の経費がかからない季節となり、電気代がかなり安くなっています。先日、ジャパネットたかたでエアコンの特集があり、嫁さんに相談してみたら、扇風機が壊れたら考えるとのことです??六畳、56,800円、30回分割ありです。我が家は、非常に貧乏臭いことに一喜一憂していますが、喜び方は何でもありです。喜び上手でもありませんが、喜べる回数は増やして行きたいと思いま [続きを読む]
  • 姫路とお月様
  • 昨日のお月さんは綺麗でしたが、仕事中でもあり、姫路城と重なりそうな場所を見つけることが出来ないままに終わりました。姫路城という素材が素晴らしいだけに、いろんな組み合わせの美が感じられますね。 凄腕のカメラマンは、何処に行けばどうなるか?その時間帯も把握されてます。私も一年に数回、そんな場面に出くわしますが、その時はカメラが無かったりで??2点、了解を得まして、姫路城とお月様のコラボをシェアしました [続きを読む]
  • 我が家のワンコスター誕生
  • 次女が大阪にワンコを連れて行き、我が家は子供達がそれぞれ巣立ち、ワンコまで居なくなり、嫁さんが、寂しくて泣いてましたので、別のワンコを飼うことになりました。このワンコは、兵庫県の加西市にあるワンワン牧場で、繁殖犬(メス)として飼われていましたが、ダックス特有の足の短さから起こる、椎間板ヘルニアになり、手術を受け、繁殖が出来なくなり、里親募集をしているところに出くわしました。そのワンコを繁殖させる [続きを読む]
  • あなたはお母さんのことを理解出来てますか?
  • とある試験に参加した東京大学の学生たち。勢いよく問題用紙をめくるも、しばらく微動だにしません。中にはため息をついてペンが止まってしまった人も。正答率は33%。このテスト、一体どんな問題なのでしょうか。試験終了の合図とともに問題を解く手を止め、ペンを置く学生たち。 試験官は答案用紙を回収せず、「この試験の採点は自分で行ってください」と指示します。そして答案用紙を手に持った学生たちは、『ある人』に電話 [続きを読む]
  • 板の間のワックスがけをしています
  • 夏の前の清掃です。 汗をいっぱいかくと大変ですから、毎年、天気の良い5月前後に、神殿の上段部分にワックスがけをします。今年は3度塗りをしまして、乾く間に散髪屋さんに行って来ました。お昼ご飯はご近所さんからいただきました、チラシ寿司です。冷蔵庫で冷やしておいたので、冷んやり美味しいです。 [続きを読む]
  • 領収書を受け取る人の気持ち
  • 私はタクシードライバーです。お客様を目的地までお送りして、料金をいただくのが仕事です。お客様とはそのような関係ですから、あまり注文をつけることは良くありませんし、多少のことは笑って済ませるつもりですが、『それってどうよ??』という出来事もあります。お酒を飲むオシャレなお店から、若い男女をお送りしましたが、アッサリ目的地を言ってくれません。男女は仲良く話しながら、時々、私に方向を告げます。「そこ、 [続きを読む]
  • 結婚記念日を祝ってもらいました
  • 4月24日は私達夫婦の32回目の結婚記念日となります。先日、大阪に住む娘が前祝いをしてくれました。娘の彼氏が働くお店でご馳走してもらいました。食べるのに夢中で、殆ど撮影していません?田舎者の夫婦らしく、大阪道頓堀周辺を案内してもらいました。写真を撮っているのは、外人さんと田舎者だけのようです。食後のせいか、腹が出まくりです??ここが噂のグリコとれとれ、ぴちぴち、かに道楽??出世地蔵ですが、もはや、 [続きを読む]
  • タクシー内での会話に笑う
  • タクシーに男性2名、女性1名のお客様が乗って来られました。普通、誰かの彼女であれば、後部でペアで乗り、余った男性が前の助手席に乗ることが多いのですが、今回は女性が助手席に乗って来られました。珍しいパターンです。「私はあなた達の彼女ではない!」という意思の表れかも知れません。最初は他愛もない雑談だったのですが、とある女性の話題になりますと、助手席の彼女は突然に熱く語り出しました。女性「だからァ〜◯◯ [続きを読む]
  • 祭文の役目とは?
  • 自教会の祭文を投稿したフェイスブックにコメントが入りました。「祭文はたいがい、これの神床にお鎮まり下さる親神、と奏上されます。私はこのフレーズに違和感があります。これは私だけ?」  正直に申せば、「月次祭には、祭文を書かねばならぬ!」という雰囲気がありましたので、深く考えることもなく、そのまま現在も継承をしています。最初は「みちのとも」や、「祭文文例集」などをヒントにして、似たような祭文を書いて [続きを読む]
  • ヤマサ蒲鉾の芝桜と新宮町のちずちゃんの花園
  • 姫路の北部夢前町にヤマサ蒲鉾の工場に行って来ました。ここの特長は駐車場が無料、工場見学が無料、試食食べ放題、そして、芝桜見学が無料、足湯温泉(無料)まであります。無料という言葉に弱い方にはオススメです。詳細はこちら芝桜の小道|ヤマサ蒲鉾株式会社http://www.e-yamasa.com/special/shibazakura.html 続いては姫路の西北部、たつの市新宮町にあるちづちゃんの花園です。約210坪の休耕田に70種類もの花が植えられ [続きを読む]
  • 飾家分教会 四月の祭文とご案内の作成が出来ました。
  • 4月18日は天理教教祖が生まれた日で、本部ではお祝いを致しますが、私は仕事で参拝出来ません。恥ずかしながら、「おぢばの祭典に参拝出来ずに申し訳ないなあ??」と、強く思ったのは若かりし頃に1回だけでありました。慣れとは恐ろしいもので、いろんな理由が浮かんで来て、最近では「まあ、仕方がないかあ??」と申し訳無さも、そう感じなくなっている気持ちを反省いたします。参拝出来るに越したことはありませんが、届か [続きを読む]