きじとらこ さん プロフィール

  •  
きじとらこさん: 猫 ときどき こぎん
ハンドル名きじとらこ さん
ブログタイトル猫 ときどき こぎん
ブログURLhttp://4tabby.blog.fc2.com/
サイト紹介文猫、趣味のこぎん刺し、その他のこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 175日(平均1.7回/週) - 参加 2017/12/06 21:03

きじとらこ さんのブログ記事

  • 土曜日のこと。仕事に行くとき、また神社に寄ったらとわが亡くなった時なぐさめてくれた?猫に会いました。9キロ以上の巨大猫なんて失礼なこと書いたけど、2回目に見たらそこまでは大きくない。でも、うちのタッチよりは大きいから7キロくらいかな?上から見ると、ツチノコのよう。もう1匹キジトラが近くにいて、警戒はしていたけど指をクンクンしてくれました。神社の方がお世話しているそうなので、オヤツやご飯はあげられないけ [続きを読む]
  • 昨日がとわの火葬の日でした。駅から職場へ向かうとき、ちょうど火葬が始まる時間になって涙が止まらなくなってしまったので、人目を避けるため途中にある神社へ行きました。今の職場に転職して3年目。あるのは知っていたけど、初めて行った神社。猫が3匹いました。最初は警戒して逃げていたけど、そのうちの1匹がすり寄ってきてナデナデさせてくれました。なでているうちに悲しみがこみあげてきて、座り込んで号泣してしまったけ [続きを読む]
  • 昨日の夜、とわが息を引き取りました。今週も通院予定で、まだまだ生きてもらう予定だったので気持ちの整理がつきません。お寺に送っていった後、今週診察予定だったので行けないことと、亡くなったことを伝えるために病院に。看護師さんもかなりビックリしていました。夜、病院から花束が。花を食べるバカチンたちのせいで、せっかくの花束はお風呂に飾ることになりました。せっかくいただいたのに、ごめんなさい…。 [続きを読む]
  • 八王子古本まつり
  • 八王子古本まつりに行ってきました。今日の収穫。南総里見八犬伝、ちゃんと読んでみたかったんだ〜。でも、読書は通勤時か昼休み中。これを通勤電車で読むのか?腕のトレーニングになるかも。はちねこブースで欲しかったカレンダーとねこあつめのぬいぐるみ。娘がねこまたさんだというけど、しっぽがひとつなので調べてみたらゆきねこさんでした。本だけでなく、レコードも出品されていてもっとゆっくり見たかったな。来年はひとり [続きを読む]
  • やっちまった…。
  • 今日がんばれば、明日から四連休。早めに起きて何かしよう、と5時半起床。猫達にご飯あげて、お水替えてさあ、自由時間だ!と思ったらしまちゃんがトイレひっくり返してくれました…。ま、こんなもんだよね。 [続きを読む]
  • 猫の神様。
  • とわの診察終了。今日は新しく入った女医さんの診察。病気をする前と何ひとつ変わらない状態であることを報告。また薬を2週間分出してもらって、次の診察時に血液検査。その後は投薬で様子見になるのかな。「猫の神様」というのは、ぽんちゃんが亡くなった後に読んだ東良美季さんの本の題名。とわの病気がFIPかもしれないと言われたとき「なんでとわまでそんな病気なの?まだ若いのに。猫の神様なんていないんだ」と思ったけど薬 [続きを読む]
  • そろそろ1か月。
  • とわが発病してからもうすぐ1か月。今はタッチを追いかけるくらい元気になっています。あのヨロヨロしていたのは何だったんだろ。もしかして治っちゃった?とか思いたいけど、まだ気は許せません。しっかり投薬して様子を見ないと。今年の冬はとわ以外のみんなは病気知らず。いつも血尿が出るクーも平和に過ごしました。と思ったら、しまちゃんのカビがあったっけ。健康って大切。 [続きを読む]
  • 晴れのちビール。
  • ここのところ気分が落ち込みがちで悪いことばかり考えてしまっていました。食事を作るのも面倒で「ネコだったらカリカリでいいのに」と思うこともしばしば。家族がいるので作らないわけにもいかず商店街の魚屋さんやお肉屋さんのお惣菜にお世話になっています。今日は久しぶりの晴天。一日仕事の予定だったけど、午後から休みになったので駅から歩いているうちに「昼ビールでもして元気だすか」とコンビニでビール購入。帰宅後、家 [続きを読む]
  • 新しい場所で。
  • かかりつけの動物病院には、院長先生ともう一人若い男性の先生がいました。若い方の先生を最近見かけないなぁと思っていました。でも、退職されたのですか?とは聞けず半月。ネットで調べてみたら、別の病院に勤務されていました。写真が好きな先生だったので、点滴をしている時にカメラの話をしたり先生が飼われていた猫ちゃんの話をしたり。ぽんちゃんもお世話になりました。奥さんより長く暮らした猫ちゃんを1月に亡くされたと [続きを読む]
  • 春眠。
  • 団子にはなっていないけど、みんなで寝ている姿を見るのはしあわせ。一緒に昼寝できると、もっとしあわせなんだけど。今日はとわの診察日。午前中に預けて、午後から診察。お迎えの時間を電話で連絡いただけるとのことだったけど、午後の診察が始まっても電話がない。とわが急変した?検査の結果が悪いとか?ドキドキしながら病院に電話したら、手術が長引いて電話できなかったとのこと。心配しすぎ。血液検査の結果は特に問題なし [続きを読む]
  • 新学期。
  • 今日から新学期。クラス替え&新担任で親子ともどもドキドキだったけど、仲良しの子たちと同じクラス&新担任は初の女性の先生で、テンション高めの娘。環境の変化に弱い子なので、一安心。昨日、留守番中にクレヨンしんちゃんのプリンを作ってくれました。プリンというよりババロアという味だったけど、おいしかったです。とわは抗体検査の結果が出て、一昨日受診してきました。抗体価は1600倍。FIPが疑われるとの結果。蛋白 [続きを読む]
  • かなりのショック。
  • うちには猫のトイレが4つあります。ひのきチップを使っていたのだけど、カスがこぼれるのでデオトイレの抗菌消臭サンドに替えました。一昨日の夜、飲んでいる時に抗菌消臭サンドが届いたので酔いにまかせて、猫砂交換&トイレシート交換。で、今朝シートを交換しようとトレーを引いたらなんと!裏返し。二日分のシッコが裏返しのシートの上にタプタプ…。今度からシート交換はしらふですると心に決めたのでした。今日の強風で、桜 [続きを読む]
  • とわのオマケ。
  • 水曜日の診察時。肛門腺から茶色い液を出したと話したら「肛門腺を絞りましょう」と先生。とわのお尻に向かって絞る仕草数回のち「わかりませんでした…」普通の猫は、持ち上がったしっぽを目印に肛門腺を絞るのだけど、そのしっぽが持ち上がらない…。肛門はあるけど、肛門腺がわからないとのことでした。しっぽに見えるこの黒い部分、実はしっぽじゃないのです。 [続きを読む]
  • 3回目の受診。
  • 今日は朝、夫がとわを病院に連れて行ってレントゲンや血液検査をして、夕方私が迎えに行くことに。本当なら井上涼の印象派ナイトに行く予定だったけど、とわの方が大切だよねってことで、泣く泣くあきらめた娘。いつかテレビで放映するといいね。とわの方はというと・レントゲンでは明らかな異常は認められず・血液検査では炎症・腫瘍の項目で数値が高いものがいくつかあるFIPの可能性もあるので、検査を追加し結果待ちとなりまし [続きを読む]
  • 歩けない。
  • 一昨日の話。昼過ぎにソファでくつろぐとわに、いつも通りむぎゅっとした娘。いつもはされるがままなのに、この時はギャッと怒って肛門腺から液を出して逃げ、その後、右の後ろ脚を引きずって歩くようになりました。歩いているうちに足がもつれて転んだり。初めはびっくりして腰を抜かした状態なのかと思ったのだけど、時間がたっても治らない。大事じゃないといいんだけど。開院の時間をドキドキしながら待って病院へ。神経学的な [続きを読む]
  • サクラサク。
  • あっという間に満開になりました。22日に修了式を迎えた娘の通知表はサクラチルという感じでしたが。もうすぐ高学年。気持ちを入れ替えて、がんばってもらわないと。一学期の成績表、悪かったら習い事全部やめてその時間は全部塾!と言ったらがんばります!と娘。結果はともかく、まずは勉強するクセをつけないと。春休みの生活態度、しっかり見てるよ。昼寝しないで見てる、かも。 [続きを読む]
  • まだまだおこちゃま。
  • 最近、毛布の一部が濡れていることが何度かありました。匂いを嗅いでみると無臭。いったい何だろう?と不思議に思っていましたがその謎が解明されました。昨日、昼寝をしていた時。ルルも一緒に寝ていて、毛布をフミフミしていました。フミフミしながら、毛布をモグモグしていたのです。原因はこれだったのか。おかあさんを思い出しているのかな。暴れん坊だけど、まだまだおこちゃま。娘のほっぽに湿疹ができたので皮膚科へ行った [続きを読む]
  • 松本清張。
  • ソフトボールでキャッチャーをしている娘。昨日の練習で6年生のボールを受けた時、はじいて顔に当ててしまい、鼻血と唇から血が出てしまったそうです。仕事から帰って娘の顔を見たら、上唇が腫れていてちょっと笑ってしまいました。本人も唇の腫れを気にしていて「大丈夫?治ってきた?」としきりに聞くので「石原さとみみたいだよ」と慰めました。「石原さとみとか、松本清張みたいかな。あとは俺物語の猛男くんとか」と言ったら [続きを読む]
  • 楽しいこと。
  • 昨日、娘にいきなり「お母さん、今日楽しいことあった?」と聞かれました。特に何もなかったので「何にもないよ」と答えてから、これじゃいけないと思い「楽しいことはなかったけど、イやなこともなかったよ」と付け加えました。何かあったかなと思い返しても、吐き主不明のキャットフードのゲ〇を4回くらい掃除したとか、職場に派遣で来た人が、数年前に一緒に働いていた人だったとか、飯能で買ったひもかわうどんがおいしかった [続きを読む]
  • スケバン刑事
  • 娘に付き合って、閉店セールをしている古本屋さんに行ってきました。付いている値段の2割引きということでまあ、そんなにお得な感じはしないのだけど古い漫画が多かったので、思わずお店中グルグル回ってしまいました。そんな中で見つけた「スケバン刑事」1巻から22巻。1冊100円。花とゆめに連載されていた当時、タイムリーに読んでいたわけではないけど高校の時、友達が持ってきたのを借りて授業中夢中になって読んでいたことを思 [続きを読む]
  • すでに3月。
  • ルルと、とわがきて早2か月半。もうすっかり馴染んで「うちの猫」という顔しています。うち一番のビビり屋さんで、新入りになれるか心配だったクーとも仲良く眠るルル。通勤途中にkindleで大佛次郎の『猫のいる日々』を読んでいます。昭和中期の鎌倉で、たくさんの猫とと暮らす日々。猫のことを愚痴りながらも、好きな気持ちが文章に表れていて残りあと数分というところまで来ているのですが、読み終えるのがもったいないような感 [続きを読む]
  • 模様だと思ってた。
  • しまちゃんにカビが生えて、その発生原因として疑われたルル。うちに来た時からあった、左耳のゴマ粒大の白い部分。先生がここが疑わしいということで、薬を塗っていたところその白ゴマが消えました。さすが獣医さん。模様だと思っていました。黒白ネコだから、モノクロフィルターで加工してもあまり変化のないルル。イケメン度、ややアップ?週末にチクチク。これで何を作ろうかな。この色の生地はどんな色の糸も合いそうで刺すの [続きを読む]
  • ついに出ました。
  • しまちゃん、真菌出ました…。そうですか、あなたも皮膚病ですか。全く外に出ないうちの猫たち。原因は新入りのルルととわの可能性が高いということで二匹も急遽診察に。まずはとわ。ひととおり診ていただいて、今のところ怪しい部分はなさそう。「私じゃないわよ。ベー」次はルル。「ボ、ボクですか?」明らかな病変はないけど、怪しいところがあったので予防的に薬を塗ることに。犯人はおまえか?他のネコにもうつるし、人にもう [続きを読む]
  • 真菌かも?
  • 昨日、しまちゃんの受診に行きました。ストレスでのハゲは、お腹などをなめてできることが多いけどしまちゃんの場合は耳の後ろで、なめることはできない場所。ハゲの感じがカビっぽいかも?ということでハゲ部分の毛を少し抜いて、皮膚をこすり培養へ。皮膚が露出したした部分にプレパラートをスタンプして顕微鏡で見た結果、カビは見られないとのこと。あとは培養の結果待ち。とりあえず抗生物質の注射と消毒。もしカビなら、しま [続きを読む]