mokmok8 さん プロフィール

  •  
mokmok8さん: もくもく学習帳
ハンドル名mokmok8 さん
ブログタイトルもくもく学習帳
ブログURLhttp://mokmok8.hatenablog.com/
サイト紹介文年長の息子と父の勉強の具合を書いています。たぶん中学受験します。
自由文2011年生まれの息子はもうすぐ小学生です。子どもと勉強すること、学習方法や教材を調べたり、進捗を管理したりするのはとても楽しい。中学受験が近づけば楽しいなんて言ってられないんでしょうけど、まだしばらくは気楽にやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 149日(平均2.4回/週) - 参加 2017/12/07 05:41

mokmok8 さんのブログ記事

  • 小学校入学までにできたこと、できなかったこと
  • いやはや、どうにもドタバタでいけません。気がつけば入学式も無事おわり、晴れて息子も小学生です。母子手帳の予防接種の記録などを見返す機会もあったりして、生まれた頃のことを思い出すとしみじみしますね。さて、ブログを始めて間もない頃、こんな記事を書きました。小学生になりましたので、その結果を見てみます。生活リズムを崩さずに、小学校の生活時間に徐々にシフトする。想定外のアレコレがあったわりに生活リズム [続きを読む]
  • 観覧車を真横から見る
  • 建物の隙間から見えた観覧車が、ちょうど真横でした。父「お、あれ観覧車かぁ。見てごらん」子「ホントだ。横から見るとタワーみたい」父「そうだねー。あれ?あれ動いてる?」子「止まってる?いや動いてるよ」父「ホント?なんか止まってるように見えるけど」子「いや動いてるって」父「そう?まるで止まってるみたいだね」子「あっ!あれじゃない?飛行機が見える時と同じじゃない?」父「え?なにそれ?」子「あの、飛行機は、 [続きを読む]
  • やってしまった
  • 泣かせてしまいました。反省です。できないことについて叱ったことはありませんが、ダラダラして真面目に取り組まなかったり、ひとの話をきていなかったりするときには叱ることがあります。昨日の朝はあまりにもだらしない状態が続いたので、つい大きな声を出して泣かせてしまいました。あーあ、やっちゃったよ。申し訳ない。怒らないようにすることは、少しずつできるようになってきたと思ってたのになぁ。もっと親の成長が必要 [続きを読む]
  • 学習の進捗(年長3/18)
  • 進めている教材の進捗状況です。リトルくらぶジュニア予習シリーズ さんすう 1年上 第3回 終了ホームワークはほぼ日付どおり市販教材ゆっくり学ぶ子のためのさんすうドリルA ー 32/84ページ諸々の事情で何もできない日が度々あって、なかなか進んでいません。ジュニア予習シリーズの算数も週末にはこなせず、小分けにして平日の朝に進めました。これとホームワークの日付がずれすぎないようにするのとで、時間的には [続きを読む]
  • パラリンピックが好き
  • 山本篤選手、1回戦敗退は残念でした。次の種目では頑張って欲しいです。平昌オリンピックは息子と大いに楽しみました。特にスピードスケートが素晴らしかったですよね!で、今度はパラリンピックです。地上波ではほとんど中継されないので寂しいですが、ニュースなど見て応援しています。2年前にNHKスペシャルの「ミラクルボディ」でドイツの走り幅跳びのマルクス・レーム選手を見て以来、息子はパラスポーツにも関心を持って [続きを読む]
  • リトルくらぶの添削が返ってきました、そして生活リズムが崩れがち
  • リトルくらぶの添削課題、間違った箇所があるのを知りつつそのまま送ったのですが、キレイに丸付け&コメントをいただいて返送されてきました。間違ってた所については「お父さん知ってたの?」と若干うらめしそうな顔をされてしまいましたが、まあ次がんばってください。今はどんどん失敗してくれ。コメントを色々書いてくださって、よく褒めてくれていましたが、息子が一番反応したのはイラストでした。「先生、絵うまくない?」 [続きを読む]
  • ヒーローものが苦手
  • 仮面ライダーも戦隊モノもダメです。ウルトラマンも。そういえばアンパンマンすら見てませんでした。苦手みたいです。なんかハラハラするのが嫌みたいなんですよ。やっぱり悪いやつが暴れたり、ヒーローがピンチになったり、必ずありますよね。それが嫌い。あと悪役が悪巧みをしてる場面とかもダメみたい。なんかほら、基地というかアジト(いまどき言わないか)というか、その悪役たちの暗い感じの世界で、幹部たちが対抗心むき [続きを読む]
  • ジャンケンの「グリーンピース」
  • 『子どものための発達トレーニング』を読んでから、息子とちょっとしたゲームや遊びをするときに少しだけ注意力やワーキングメモリといった側面に意識を向けています。で、この本には注意の持続や選択的注意のトレーニングとして「あとだしジャンケン」が載っていたのですが、息子が幼稚園で覚えてきたのが「グリーンピース」。僕は知らなかったのか忘れてたのか、どっちにしろ遊び方をわかってなかったのですが、息子に教えても [続きを読む]
  • 学習の進捗(年長3/5)
  • 進めている教材の進捗状況です。リトルくらぶジュニア予習シリーズ こくご 1年上 第2回 終了ホームワークはほぼ日付どおり市販教材ゆっくり学ぶ子のためのさんすうドリルA ー 30/84ページカタカナの練習はほとんど進んでいません…。ジュニア予習シリーズの国語は、語彙(名詞、動詞)を問う内容でした。名詞では「こたつ」「つきみだんご」が(知ってはいても)出てきませんでした。動詞では「(ごはんを)よそう」「 [続きを読む]
  • サイフォンの原理をお風呂で実験
  • 『おさるのジョージ』が好きな息子と、Amazon ビデオで一緒に見ていたら、ジョージがプールの水を抜くためにサイフォンの原理を使う話がありました。長くつなげたストローでジュースを飲んだときに、テーブルの下から飲んでたら吸わなくても勝手に出てきたことに気づいて、それを応用します。なんという賢いサルでしょう。戦慄を覚えます。で、さっそく息子と再現です。ストローは息子がもっと小さかったときにねだられて、たい [続きを読む]
  • 新一年生:リトルくらぶを1ヶ月やってみた感想
  • 2月のホームワークも無事終了し、リトルくらぶをはじめて1ヶ月が経ちました。添削課題はまだ戻っていませんし、おまけの課題は残っていますが、それでも大体の様子はわかってきたと思います。 ジュニア予習シリーズは、1回分取り組むのに30〜40分くらいでした。平日の朝にやるのは難しいので、基本的に週末に取り組むようにしています。それなりの難易度だと思いますが、就学前ですから、理解が困難というよりは丁寧さや根気が求め [続きを読む]
  • ボードゲーム初心者の息子と「穴掘りモグラ」で遊ぶ
  • 先日の記事でボードゲームでもやってみようかな、と書いていましたが、早速一つ購入してみました。私もあまりボードゲームってやってきていないので(人生ゲームとかモノポリーくらい)、どちらも初心者。あ、一応どうぶつしょうぎとかよんろのごはやっています。でもこのへんは典型的なボードゲームっていう感じとは違うような…。そんなわけで、そもそもどんなタイプのボードゲームがこの世に存在しているのかさえよくわかってい [続きを読む]
  • 学習の進捗(年長2/26)
  • 進めている教材の進捗状況です。リトルくらぶ添削課題終了ホームワークはほぼ日付どおり市販教材ゆっくり学ぶ子のためのさんすうドリルA ー 27/84ページ中断している教材はひとまず省略です。添削課題は「先生に丸つけしていただくからね」ということで取り組んでもらいましたが、まさかの所で間違いが…。直させたくなるのをグッと我慢してそのまま出します。ホームワークは追いつきましたが、2月は日付通りに終了しそう [続きを読む]
  • 多段階の指示がある課題に苦戦
  • リトルくらぶの算数のホームワークで、少し指示が複雑な課題に苦戦しました。内容的には10の補数なのですが、上段に10、下段に10以下の数とマーク(☆など)が書かれた枠がならんでいるマークには隣の数と「あわせて10になる数」が入るので、その数を考える回答欄はマークの並んだ表になっており、該当する数を書き込むさらに、1〜9の数とひらがなを対応させた表(「1→い」など)があるので、数をひらがなに置き換える並んだひら [続きを読む]
  • 読書『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』
  • 先日書いた話で触れた本を読みました。今の AI がどんなに進歩しても「シンギュラリティ」は来ない、しかし確実に人間と競合して仕事を失う人が多数出てくるだろう、特に教科書をマトモに読むことができないままでは AI に代替されてしまう、という著者の危機感が伝わる本で、一気に読みました。AI vs. 教科書が読めない子どもたち作者: 新井紀子出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2018/02/02メディア: Kindle版この [続きを読む]
  • 学習の進捗(年長2/16)
  • 進めている教材の進捗状況です。ジュニア予習シリーズさんすう 第2回 終了こくご 第1回 終了ホームワークはそれぞれややビハインド市販教材(メイン)ゆっくり学ぶ子のためのさんすうドリルA ー 24/84ページなぞらずにうまくなる子どものカタカナ練習帳 ー 2/46文字(中断)市販教材(サブ、いずれも中断)なぜ?どうして?かがくのお話1年生 ー 18/36話算数ラボ10級 ー 15/128問ジュニア予習シリーズは2月分は終了 [続きを読む]
  • 普通の子どもは教科書が読めてない
  • AIで東大合格を目指す「東ロボくん」のプロジェクトで知られる新井紀子のインタビューを読みました。AIの研究の中で、子どもたちの読解力が深刻な状態だということが見えてきているという話です。前著『コンピュータが仕事を奪う』が非常に興味深くて、少し前から注目している研究者です。そういえば『計算とは何か』は途中で積読になってるなぁ…コンピュータが仕事を奪う作者: 新井紀子出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発 [続きを読む]
  • 学習の進捗(年長2/3)
  • 進めている教材の進捗状況です。ジュニア予習シリーズさんすう 第1回 終了こくご 第1回 3/7枚ホームワークはそれぞれほぼ日付どおり市販教材(メイン)なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳 ー 終了なぞらずにうまくなる子どものカタカナ練習帳 ー 2/46文字ゆっくり学ぶ子のためのさんすうドリルA ー 21/84ページ市販教材(サブ)なぜ?どうして?かがくのお話1年生 ー 18/36話算数ラボ10級 ー 15/128問2月か [続きを読む]
  • 太陽が広い
  • (朝)子「おとうさん、太陽が広い、って言う?」父「え?いや、言わないね。太陽は大きい、だろうね。うーん、でももし太陽に降り立つことができたら、太陽は広い、って言えるかも」子「そんなことできないよ。熱くて」父「そうだね。広いっていうのはさ、こう、ひらけてる感じで…例えばボールが広いって言う?」子「言わない。大きいって言う」父「だよね。カタマリに対して使う言葉じゃないよね、広いって。たとえばこの冷蔵 [続きを読む]
  • 「早くしなさい!」を禁止
  • 遅い。遅すぎる。何もかも。息子はマイペースです。という話をすると、たいてい「ウチもそうなんですよ〜」と返ってきますが、いやいやいや。ホントすごいんですから。皆と一緒に何かするときに「ウチの子だけ完全に別行動しとる…」という場面に出くわしたのも1度や2度ではありません。大きくなるにつれてずいぶん普通になってきましたが、それでも急ぐってことがなかなかできません。まあギリギリ人様に迷惑はかけないように [続きを読む]
  • リトルくらぶ初日
  • ジュニア予習シリーズの算数の第1回を息子と一緒にやってみました。30分くらいで大過なく終了。ホッとしました。届いた教材を見て難易度がちょっと気になったので他の通信教材のカリキュラムもググってみたのですが、やっぱり新1年生の4月号(4月スタートが多数派で、リトルくらぶの2月スタートは早めのようです)では「10までのかず」とか「20までのかず」とかになってるのが多いみたいです。なんだけど、今回やった算数の課題 [続きを読む]
  • リトルくらぶの教材が届きました
  • ちょっとした文具のセットと教材(ジュニア予習シリーズとホームワーク)が届きました。わくわくしますねー(僕が)。まず利用方法のハンドブックと、今回分の解答と解説(指導書)に目を通しました。声掛けのポイントや、課題の意図、ヒントの出し方のアドバイスなどが記載されていて頼りになりそうです。しかしコレなんだか結構難しくないッスか…最初がこのレベルなの… 大丈夫かな…。なんとなく最初はもっと楽に入っていく [続きを読む]
  • 『なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳』終了
  • 昨年12月からスタートした教材が最後まで行きました。なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳作者: 桂聖,永田紗戀出版社/メーカー: 実務教育出版発売日: 2012/07/24メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見るていねいに文字を書く習慣をつけるという目的で導入したものですが、その目的にはとても合っていたと思います。また、小人さんたちのアクションが面白くて、とても楽しんで取り組むことができま [続きを読む]