mokmok8 さん プロフィール

  •  
mokmok8さん: もくもく学習帳
ハンドル名mokmok8 さん
ブログタイトルもくもく学習帳
ブログURLhttp://mokmok8.hatenablog.com/
サイト紹介文年長の息子と父の勉強の具合を書いています。たぶん中学受験します。
自由文2011年生まれの息子はもうすぐ小学生です。子どもと勉強すること、学習方法や教材を調べたり、進捗を管理したりするのはとても楽しい。中学受験が近づけば楽しいなんて言ってられないんでしょうけど、まだしばらくは気楽にやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 149日(平均2.4回/週) - 参加 2017/12/07 05:41

mokmok8 さんのブログ記事

  • 低学年の間の語彙力
  • 最近読んだ論文小学校低学年児童における読書量、語彙力、文章理解力の関係(PDF)によると、 近年の研究は、読書量という要因が語彙力と文章理解力の発達に極めて大きな影響を与えることを示している。Senechal(2006)は、親による本の読み聞かせという読書の前段 階と言える習慣が幼稚園児の語彙力に特に強く影響することを明らかにしている。このことは、これまで知られていた以上に早い時期から読書が語彙力を促進する関係が [続きを読む]
  • 雪玉をお風呂につけてみる
  • 久しぶりの大雪です。手のひら大の雪玉をいくつか作って、お風呂に持ち込んで息子と遊びました。お湯につけると一瞬で溶けますが、溶け切る前に取り出すと、小さな穴がたくさん空いたような感じで、スポンジ状というか、スカスカになりました。なんとなく氷を溶かすのと同じように表面から溶け始めて小さくなっていくようなイメージがありましたが、違うんですね。握ったときに密度が均一になってなくて、ゆるい箇所から溶けていく [続きを読む]
  • 学習の進捗(年長1/21)
  • 進めている教材の進捗状況です。メイン教材なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳 ー 44/46文字ゆっくり学ぶ子のためのさんすうドリルA ー 16/84ページサブ教材なぜ?どうして?かがくのお話1年生 ー 17/36話算数ラボ10級 ー 13/128問4つともやると20分くらいかかりますね。リトルくらぶが始まったら、また変わると思います。 [続きを読む]
  • 意外と侮れない『おさるのジョージ』
  • NHKで放映しているアニメ『おさるのジョージ』を息子が気に入っていて、よく見ています。子供向けのテレビ番組はいろいろ面白くて、つい見すぎてしまうこともあって注意が必要ですが、『おさるのジョージ』は私も一緒に見ていて案外いい番組だな、と感じています。皆さんもご存知だと思いますが、「黄色い帽子のおじさん」と一緒にくらすサルのジョージが、人間をまねていろんなことをする話です。ジョージはほぼ人語を解するし [続きを読む]
  • 新1年生の通信教育として「リトルくらぶ」を選びました
  • ゆっくりしたペースで家庭学習を始めています。教材や問題集の品定めをするのはとっても楽しいのですが、親だけで進めるのは負担も大きいしリスクもあると思っています。教科や単元のバランス、学習の順序やタイミング、長期的な勉強のペース配分などをすべて自分で組み立てるのは非常に難しいと思うのです。それができる人はいいのでしょうが、最適な形でやれるかというと僕には無理です。子どもの様子をよく見て対応するという点 [続きを読む]
  • 学習の進捗(年長1/12)
  • 進めている教材の進捗状況です。記録としてこういうのときどき書こうかな、と。メイン教材なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳 ー 41/46文字ゆっくり学ぶ子のためのさんすうドリルA ー 10/84ページ算数は最後の引き算ではじめて間違えました。サブ教材なぜ?どうして?かがくのお話1年生 ー 13/36話算数ラボ10級 ー 6/128問なるべく大きく構えてゆっくりやるように意識したいと思います。あと、そろそろ通信教育を決 [続きを読む]
  • 世間の教育論とつきあう
  • 子どもとどんなふうに勉強していこうかなとか、どんなうまいやり方があるかなとか、ネットの記事やら本やらをあれこれ読んだりしますよね。でまあ、よく経験豊富な塾講師の人とかが書かれるようなものってたくさんありますけど、ああいうのって付き合い方が難しいなぁ、と感じています。というのは、経験から「低学年のうちはこうしたほうがいい」とか「受験期には親はこうするべき」みたいな話って気付かされることも多いし説得力 [続きを読む]
  • テレビの近くに地図帳を
  • ひらがなの練習と計算の朝学習を続けています。週末などはつい長めにしてしまいがちなので、注意しながら進めたいと思っています。さて、先取り学習というとやはり漢字と計算がよく挙げられていますが、国語・算数のほかにも理科と社会がありますよね。あまり先取り的な話は出てこないように感じます。理社は基本的に暗記物なので、学年が上がってから詰めていけばいいという感覚のようです。でも機械的に暗記するのって大変じゃ [続きを読む]
  • もうすぐ一年生、とりあえずこんな感じの家庭学習
  • 年末年始でやや生活リズムが崩れ気味で、100%毎日とはいきませんが、できる範囲で学習を進めています。年明けからやっているメニューはこんな感じです。ひらがな1〜2文字。文字を覚えるというよりは、正しい鉛筆の持ち方を意識して、姿勢よく丁寧に字を書く習慣をつけることを目的にしています。あまり注意しすぎるとイヤになるので塩梅をみながらやっています。教材はこちら。なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳作者: 桂 [続きを読む]
  • 勉強は勉強、遊びは遊び
  • 我が家の家庭学習時間は、1日15分程度です。土日などで長い日でも最大で30分。もっとやれそうな雰囲気でも、それ以上はやらないようにしています。平日はもちろん物理的に時間がありませんし(睡眠時間の確保は最重要事項なので)、土日は習い事もあることを考えると、遊んだり出かけたりする時間を確保する必要があります。僕が「お外大好き」なので、休日はだいたいどこかに連れ出しています。よく「遊びながら学習する」とか [続きを読む]
  • 理想的な漢字教材を探す旅
  • ひらがなの練習のペースを考えると、やはり入学前までにカタカナが一通り練習できればまあいいかな、という雰囲気です。まだまだ「鉛筆で字を書く」こと自体の練習という面も大きいですし、持ち方もまだ気をつけていないとクセが抜けていないので、引き続き丁寧にやりたいと思っています。といいつつ、書店で漢字教材を物色しています。もー教材探しってホント楽しいねー(笑)息子の特性と我が家の事情、僕の考え方を総合すると [続きを読む]
  • 足し算引き算、水道方式、タイル
  • 息子に計算を教えるのによい方法をあれこれ考えています。碁石で数の構成を理解する - もくもく学習帳立方体つみ木で数の構成トレーニング - もくもく学習帳トランプで補数のトレーニング - もくもく学習帳まだ初歩的な足し算引き算ですから、やってるうちに慣れるのは間違いないんですが、その先にもつながるようなうまい教え方があれば取り入れていきたいわけです。それで調べていて、「水道方式」と呼ばれる方法があること [続きを読む]
  • 公文はたぶん息子には向かない
  • ひと様のブログなんか読んでると、多いですよね、公文。低学年のうちに中学数学の範囲やってるとか、すごいなーと思います。低学年で公文やって計算の範囲を終了しておいて、4年生から塾というのがある種の王道みたいに言われることも多いですし、効果はかなりありそうです。てもたぶん、息子には向かないと思います。与えられた課題を作業として淡々とこなす、ということは彼には難しいと思うのです。息子はムラっ気があって [続きを読む]
  • 20日は「はつか」と読む、そこから暦の話
  • 数日前、息子に暦の話をしました。子「今日はなんにちだっけ?あ、『にじゅうにち』だ」私「そうだね。でも20日は『はつか』というんだよ」子「はつか?」私「そう。10日は覚えてる?」子「とおか!じゃあ30は?」私「それは『さんじゅうにち』でいいんだ。『みそか』っていう言い方もあるんだけど、いまは普通使わないね」子「みそか…あっ、おおみそか!」(ピコーン!)私「そうそう、昔の暦、暦っていうのはカレンダーのこと [続きを読む]
  • 学習のペースメーカーに、通塾と通信教育を考える
  • さて、朝の短い時間でのお勉強を続けています。なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳でひらがなを2文字(これで10分近くかかります)と、数の構成トレーニングを5分程度です。昨日の朝は身支度が済むと自分から教材や鉛筆を持ってきてくれました。進歩です。こういう少しの進歩がとても嬉しいです。身支度についても「食べて」「歯磨きして」「着替えて」と言いまくっていたのを改めて、まず指摘する回数を大幅に減らして [続きを読む]
  • トランプで補数のトレーニング
  • まだまだ数の構成のトレーニング中です。少しずつ慣れてきてはいますが、もっと即答できるレベルに持っていきたいです。で、つみ木や碁石のほかに、トランプを使ったトレーニングをしています。これは主に補数のトレーニングに使っています。特に10の補数(2に対して8、4に対して6、のように足して10になる数)というのが、繰り上がり/繰り下がりの計算に重要ということらしいので、10の補数を特に多めに練習しています。やり方 [続きを読む]
  • 立方体つみ木で数の構成トレーニング
  • 昨日はひらがなの練習(1文字。涙)と、「ひき算の基礎」1枚(6問)をまずやりました。引き算のペーパーでは、問題を音読させることで「自分で読んで解答する」ことの導入にしているつもりです。これだけで10分強。時間かかるなぁ。残りの時間は、受験でずっと使ってた立方体つみ木で数の構成のトレーニングをしました。積んであるつみ木の数を数えるとかそういう課題の練習に使うやつですね。で、碁石でやってるのと基本的には同 [続きを読む]
  • 興味を持てる題材で音読に慣れる
  • 読み聞かせはずっとやっていて今も就寝時に読んでるんですけど、自分で読むことはほとんどしてきていません。なんか世間には「家に本がたくさんあれば自然と本に手を伸ばすように…」みたいな話がありますが、息子には当てはまらない様子。子供の本も普通にあるし、親は本棚を置く壁が足りなくて片付かなくてヤバイくらいなんですけど、まあ息子はいまのとこ自主的に読むことはないです。まず、あんまり「お話」に食いつかないん [続きを読む]
  • 碁石で数の構成を理解する
  • 足し算、引き算の練習って簡単に考えていたんですが、やってみると意外にいくつもの段階を積んでいく必要があるんだなーと。で、こちらの記事がとても参考になりました。オリジナル教材 「就学前に準備できること:算数(計算が早くできない)」 | こぐま会9は5と4、とか、7は3と4、とかいう数の構成が結構大事らしいということがわかります。で、小学校受験で残ってた教材を使って始めたのですが…ひとりでとっくん69 たし算の [続きを読む]
  • 『なぞらずにうまくなる子どもひらがな練習帳』を試す
  • はい届きました。なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳作者: 桂聖,永田紗戀出版社/メーカー: 実務教育出版発売日: 2012/07/24メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る予想どおりウケはいいです。もともと息子は数字の「5」の書き方を「おしりをかいて(1画目)、フタをする(2画目)」とか言ってたので相性はいいですね。よろこんで「すべり台だー」とか言いながら書いてます。時間はかかります [続きを読む]
  • ひらがなの練習
  • 多少の寝坊をしてもなんとか朝15分くらいの勉強を続けています。6:00に起こして、しばらくウダウダしてからトイレに行ったりして、6:30頃から朝食。息子は食べるのが遅くて(ただでさえゆっくり食べる上に、考え事したり食べずにおしゃべりしたり)少しの朝食でも30分くらいかかります。身支度して、勉強して、習い事の練習をして、8:00前後に家を出て幼稚園へ(朝夕は延長保育)という流れ。これ、4月には30分ほど前倒しにしなけ [続きを読む]