くれはくれは さん プロフィール

  •  
くれはくれはさん: 切迫早産入院→一男一女のワーママ育児
ハンドル名くれはくれは さん
ブログタイトル切迫早産入院→一男一女のワーママ育児
ブログURLhttps://ameblo.jp/kure8kure8/
サイト紹介文切迫早産の記録→無事出産した4歳差兄妹の共働き育児。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 198日(平均4.1回/週) - 参加 2017/12/07 09:10

くれはくれは さんのブログ記事

  • 子どもの数を考える10〜年齢編
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.31更新)アメンバー申請受付チュー 個人的な脳トレ子数シリーズ子どもの数を考える1〜向き合う意義と手法の必要性子どもの数を考える2〜リスクの可視化子どもの数を考える3〜リスク対応の種別と代償子どもの数を考える4〜妊娠経過編 子どもの数を考える5〜妊活編 子どもの数を考える6〜住宅編 子どもの数を考える7〜日常編子どもの数を考える8〜お金編子どもの数を考える9〜仕事編 各 [続きを読む]
  • 地震対策と義母の思ひ出
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.31更新)アメンバー申請受付チュー 地震か…。健康で走ったり避難所生活もなんとかなる人ばかりではない。切迫で安静中の妊婦、ギャン泣きする乳児を抱えたママ、もし避難となったら…わが身に重ねて考えてしまいますね。 子数シリーズの冒頭に例として引用しましたが、やはりニュースを見ていると、何かしら地震対策は必要だと思った。 備蓄品か。今の家に引っ越す直前に、義母が大 [続きを読む]
  • 子育てママのワークショップに参加
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.31更新)アメンバー申請受付チュー 先日、リン太の保育園の玄関に並べられているチラシの中から目にとまったイベント。区と近隣の大学院の研究室とで共催している、育児中のママ向けの2日間のワークショップ。 気になったので、思い切って参加することにした無料だし! 社会復帰予定がない育児中の人向けのコースと、育休復帰・再就職希望者向けのコースがあり、後者を希望。託児枠 [続きを読む]
  • 子どもの数を考える9〜仕事編
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.31更新)アメンバー申請受付チュー 個人的な脳トレ子数シリーズ子どもの数を考える1〜向き合う意義と手法の必要性子どもの数を考える2〜リスクの可視化子どもの数を考える3〜リスク対応の種別と代償子どもの数を考える4〜妊娠経過編 子どもの数を考える5〜妊活編 子どもの数を考える6〜住宅編 子どもの数を考える7〜日常編子どもの数を考える8〜お金編↑ワク? 私の会社という狭い世 [続きを読む]
  • 糖質負荷検査に行ってきた
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.31更新)アメンバー申請受付チュー 今日は、産後しばらくしてから行う糖質負荷検査の日。前日の夜9時から絶食。 前回の産後はリン太の預け先がなく、エルゴで抱えて行ってとんだ目に遭ったので、今回は問答無用でクレ夫を休ませ、搾乳した母乳を残してチズ子を託した。妊娠中でも産褥期でもないのでタクシーではなくバスを乗り継いで大学病院へ。 検査前に採血→サイダー飲む→30 [続きを読む]
  • 子どもの数を考える8〜お金編
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.31更新)アメンバー申請受付開始しました。とりあえずお気軽に申請してください 個人的な脳トレ子数シリーズ子どもの数を考える1〜向き合う意義と手法の必要性子どもの数を考える2〜リスクの可視化子どもの数を考える3〜リスク対応の種別と代償子どもの数を考える4〜妊娠経過編 子どもの数を考える5〜妊活編 子どもの数を考える6〜住宅編 子どもの数を考える7〜日常編↑枠をつけてみた [続きを読む]
  • 生後100日になった!
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.31更新)アメンバー申請受付開始しました。とりあえずお気軽に申請してください 早いもので、今日で生後100日になったチズ子お食い初めは今週末に。お宮参りでもらった歯がため石も添えてみよう。 笑顔と喃語が可愛すぎです喃語なんて、親バカ耳を通すと、普通に話しているように聞こえる(笑) お風呂のときは「オフロ」 お兄ちゃん好き?と聞けば「うん、すきー」 もっとおっぱい [続きを読む]
  • 子どもの数を考える7〜日常編
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.31更新)アメンバー申請受付開始しました。とりあえずお気軽に申請してください もう個人的な脳トレと化してますが、どしどしいきます。 お金に関することは別項目に含むとして除外して、日常生活、行動範囲、育児キャパ等に関わることですね。ぼやっとしたカテゴリな分、リスクを割り出すのが難しかったので、これではかなり不十分かも… 全般的には、リスク保有できるかどうかがモ [続きを読む]
  • 子どもの数を考える6〜住宅編
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.31更新)アメンバー申請受付開始しました。とりあえずお気軽に申請してください 先日の記事で怒りをぶちまけたところ、「競馬予想2018年」とかなんとかいうアカウントから読者申請が来ました。 即、却下。一体どうなっているのか では、ようやくクレ夫のくだらん集会が終わりPC奪還できたので、進めます。結構書くのが難しくなってきましたが、やはり脳は使わないとサビついていく [続きを読む]
  • 真夜中の怒り
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.14更新) アメンバー申請頂いた方、ありがとうございます1人もいなかったらどうしようと思ってました引き続き、興味のある方はどうぞお気軽に申請してください さっそく、限定記事のアップを試してみようと思ってたんですが…いらいらを吐きます クレ夫が趣味のイベント日(仲間と集まって競走馬の1年間の成績で賭ける)で、まだ帰ってきません年1だけだし、他に家族おいて出払う [続きを読む]
  • 3ヶ月!&アメンバー記事について
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.14更新) 先日25日で、チズ子は3ヶ月になった ダダ漏れだったウンチは、まとめてするのがすっかり上手くなって、同時にお尻の荒れもおさまった ところが入れ替わりに、おでこなどの皮膚がガサガサムケムケになってしまい…ベビーオイルや退院時にもらった馬油を塗ってみてもイマイチ。 そこでこれを塗ったら結構よくなったので、沐浴後に塗るようにした。 桶谷式では、殺菌効果があ [続きを読む]
  • 忍び寄る飼育問題
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.14更新) 毎週土曜に、近所の整骨院に骨盤ケアに通っている。週一でほんの30分ちょい、チズ子と離れる唯一の時間。 骨盤はいい具合に戻ってきているらしく、「一人目の出産前よりいい位置に戻ると思いますよ!正しくケアしていけば、出産は骨盤の歪みをリセットできる機会でもあるので」と言われて、イエーイ!!って感じ これがウワサに聞く、「産んで、ますます綺麗に」ってやつ [続きを読む]
  • 子どもの数を考える5〜妊活編
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.14更新) このカテゴリについては、「何をもってリスクとするか」が分かっているようで分かっていなかったので、改めて整理してみた。内容としては、基礎体温と海外製の排卵検査薬(にこちゃんマークが出るやつ)を使った自己流タイミングで、1人目のときは、わりとすんなりできた。2人目のときは、できることはできるけど、心拍確認後の流産を繰り返すことで長引いた。不育症検査も [続きを読む]
  • 子どもの数を考える4〜妊娠経過編
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.14更新) 眠い。いやあ眠い頭の芯が常にグラついてる感じです。 こういう時期こそ、何かとても素晴らしいアイデアが降ってきそうだと期待しますが、実際そんなことはないです。変なこと書いてても、この人は寝不足でどうかしてるんだな、くらいに思ってください あと、語彙力不足でモノの説明をする限界を感じて、アマゾンの商品を貼れるようにしてみました。テストしてみます。 これ [続きを読む]
  • たまには女子会
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.14更新) 先週めでたく、リン太の右腕のボルトを無事撤去手術完了した。ギエー。将来リン太がグレたときに親の苦労を伝えるために保存しておこう… ※リン太の骨折事情はコチラ⇒32w6d 息子くんまで入院が決まる…  手術した日の話はコチラ⇒33w2d 切迫妊婦の小児病棟付き添い記↑ここからですからね〜ボルト長かった経過観察のための通院は残っているけど、ようやくヒトヤマ越えま [続きを読む]
  • 児童館デビューと育休中の上の子あるある
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.1更新) チズ子と一緒に、児童館の乳幼児クラブに行ってきた リン太の通う保育園の上の階にある児童館。ちょっと面白い作りになっていて、道路から橋を渡って入口がある。その橋の下から広がるのが、リン太の保育園の園庭(半地下な高さで橋の上から見下ろせる)。 保育園は、産休から育休となり短時間保育に切り替え。ところが少し前に、「保育園行きたくなあい」と登園拒否気味に 同 [続きを読む]
  • 子どもの数を考える3〜リスク対応の種別と代償
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.1更新) GWも終わり…目立ったことはできなかったけど、家族4人で近所の公園に散歩に行ったり念願かなって、妊娠中に近所にオープンした焼肉屋のランチにも行けた27w5d 妊婦の1人焼肉…↑5カ月前の話か…もう大昔のような気がする。 チズ子は幸いおとなしくしててくれたけど、寝入るときに必ずグズるので、まだまだどこでもお出かけとはいかないかなぁ リスクへの対応は、以下4択 [続きを読む]
  • 子どもの数を考える2〜リスクの可視化
  • このブログと登場人物の紹介はコチラ(2018.5.1更新) 頭で「難しいだろうなあ」と思っているだけでは、なかなか全体像が見えていなかったりするので、まずは書き出してみましょう、ということで。 不安要素(「リスク」と言ってみる)を末端からガンガン書き出してから(ブレスト)→グルーピングしていき、問題の大項目を見つけていくという方法もあるけど、 例)早産の不安、ウテメリンやだ、安静しんどい、上の子の預け先悩む [続きを読む]
  • 子どもの数を考える1〜向き合う意義と手法の必要性
  • このブログと登場人物の説明はコチラ(2018.5.1更新) ちょくちょく整えつつ。書き進めますぜ!小難しいタイトルになってしまいましたが… 「自分の子どもは何人がよいのか」 答えが出ないままなんとなく年取っていく気配がする。〇人ほしいけど、不安で踏み切れないかも。もう〇人でいいと決めているけど、よくよく考えてみると一抹の疑問が消えていない。なんかダンナが合意してないっぽい。イメージだけであんまり深く考えた [続きを読む]
  • いらいらすること
  • 私は今、リビングのソファで就寝している。最小限の動作で夜間授乳できるよう、チズ子をバスケットに入れてソファの下に置き、時計の位置からティッシュボックスの位置から、工夫をこらして編み出した体制だ。 退院当初は、家族4人で寝室に寝ていた。しかし、チズ子があまりにも夜間に泣き止まず母乳拒否を繰り返すので、リン太も「うるさすぎる!」と起き出すし、クレ夫の仕事に支障をきたすわけにもいかないしで、苦肉の策を取 [続きを読む]
  • 2ヶ月になった!(寝相アートあり)
  • 閑話休題。2日前にチズ子は2ヶ月になりました! 仁義なき授乳バトルに明け暮れた、生後0ヶ月主役のリン太に振り回されて終わった感のある、生後1ヶ月 リン太ネタはもうね、書き切れないくらいあるんですが、今回はおいといて生後2ヶ月は、もっとこう、ゆったりとチズ子の成長に向き合えるといいな〜と思う 寝てるかギャン泣きしてるかだけだったのが、機嫌よく起きている時間も増えてきた。手足の動きも力強くなり、つぶらな [続きを読む]
  • 出産後に考える子どもの数の話
  • PCで、とあるエクセルデータを開いて仰天した。 そこには、将来の妊活スケジュール(妄想全開Ver.)が落とし込まれていた。横軸に一カ月ごとに進み、産んだ子ども、産んでない子どもの月齢までもが記載されている。 2018年4月時点で… 第1子⇒4歳8ヶ月第2子⇒2歳6ヶ月第3子⇒0歳4ヶ月 え?なんだっけコレ?? リン太とチズ子の間に、2歳児が存在していることになってる…参考:キャサリン妃の出産スパ [続きを読む]
  • 一ヶ月児抱えて整形外科へ
  • 夜間授乳生活に昼寝は必須…土日はなかなか昼寝ができない…特に日曜はクレ夫が資格試験で終日出かけていたので、2児の世話でなかなか疲れている… 明日月曜は、ようやく昼寝できるかも!チズ子様さえタイミングよく寝てくれれば!と期待していたのに… 日曜の夜、リン太が階段から転落した。なんでやね〜ん!! まだ右腕にボルトが入っているリン太。※リン太の骨折事情はコチラ⇒32w6d 息子くんまで入院が決まる…  [続きを読む]
  • 子育てと地域のつながり
  • チズ子は4500g級に成長顔つきはぷっくり、退院時にブカブカだったロンパースはジャストサイズになり新生児用オムツもそろそろきつくなってきた…買いすぎたかな? そういえば、新生児室で4400gのベビーを36時間かけて経腟分娩したって人がいたけど…無理無理、リームーですよこのサイズを産めとは母はみな偉大なり。 子どもができると、独身で賃貸住まいだった頃とは違って地域のつながりを意識する機会がなきにしも [続きを読む]
  • 整骨院で骨盤の産後ケア
  • 歩いていると、出産で開いた骨盤の、右側の一番出っぱっている部分が…痛い、とまで言わないけど、どうにも違和感を感じる… 右側だけってのが、なんかすごい嫌な感じ…骨盤のゆがみか…? そこで、近所にいい感じの整骨院があったので、土曜の授乳の合間に行ってみた すると衝撃的なことに、足の長さが左右で1?違っていたことが判明骨盤の不均等ぶりが足につながり…ということらしい。 妊娠に関係なく、結構昔から、靴のすり [続きを読む]