ロッカ さん プロフィール

  •  
ロッカさん: ふつうのまいにち
ハンドル名ロッカ さん
ブログタイトルふつうのまいにち
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/xuehua_2501
サイト紹介文夫の海外赴任に帯同中、小学生の息子がひとりいます。日々のつぶやき、読書感想などを記録しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 12日(平均9.3回/週) - 参加 2017/12/07 16:24

ロッカ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 小杉健治『隠密同心 幻の孤影1』
  • 迷い度★4 変装度★1 続編期待度★2若い隠密同心、佐原市松が主人公のシリーズ4冊目。隠密同心とは、現代で言うところの公安警察官です。通常任務の同心(今で言う刑事)とは別で、情報収集や潜入捜査が専門です。同じく隠密同心だった父親より小さい頃から仕込まれ、父の死とともに職務を引き継ぎました。前章では見事に初任務をこなしましたが、釈然としない結末と、自分の職務の孤独な闘いに虚しい気持ちを持ってしまいま [続きを読む]
  • あざの耕平『東京レイヴンズ 15 ShamaniC DawN』
  • 前日譚度★5 飛車丸度★4 続編期待度★4シリーズ15巻目。実に2年ぶりです。いよいよ過去、夜光の話がきちんと語られます。夜光と飛車丸のことはちょくちょく出来ていましたが、今回はさらに相馬、大連寺、そしてあの人も登場して来て、これからどう最初のところに繋がるのか・・・それにしても、話が始まった時はコンがこんなにキーパーソンだとは思っていませんでしたね。ただのマスコットというか萌え担当だと思っていま [続きを読む]
  • アクティブラーニングと謎の引き算
  • 小学校は2020年度から本格的にアクティブラーニング導入の見通しだそうです。「アクティブラーニング」、近頃たびたび目にします。子供の教育に関するサイトとか、通信教材や習い事の宣伝とか、あちこちで目にするようになりました。受動的な学習ではなく、能動的な学習を、という感じでふんわり理解していますが・・・合ってますかね?私たちの頃は、授業と言えば、先生が前で説明し、教科書を読み、黒板をノートに書き写し、 [続きを読む]
  • カイロ・レンは中二病
  • タイトルは、先日我が家で話合われた末、出された結論です。だって、仮面必要ないのにかぶってるし、部屋はあんなだし、完全にやられていますよね。息子もあいつはヤバイ呼ばわりです。さて、あと半月ほどで今年も終わりです。年末年始に日本に一時帰国するととてもお金がかかります。飛行機代は高いし、宿泊施設は特別料金です。行楽地は混んでいるし、甥や姪に会えばお年玉を渡さなくてはなりません。でも、一昨年も昨年も日本に [続きを読む]
  • 竹村優希『丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。』
  • ホラー度★4 タイトルがラノベ度★5 続編期待度★3角川文庫ながらタイトルがラノベっぽいので手に取った一冊。内容はタイトルの通りですが、思っていたよりも面白かったです。丸の内の大手不動産会社に就職した澪、持ち前の能天気さで20年以上スルーしてきた強い霊感を見抜かれ、訳アリ物件担当部署へ配属されます。担当するのは幽霊の出る物件で、部長の次郎の他には部員は澪だけ。別部署の高木が次々持って来る案件に新入 [続きを読む]
  • さくらんぼ計算?
  • 私は昭和に学生時代を過ごしました。子供が小学校に入ってから、教育の内容というのは変わっていくんだな、と実感しています。子供が幼稚園年長の時、幼稚園で教育に関する講演会があり、そこで「これから小学校でお子さんが習うことと、皆さんが習ったことでは、違うことがたくさんありますので驚かないでください」と聞かされていました。驚かないでくださいと言われていましたが、いざ子供が入学してみると驚愕です。漢字の書き [続きを読む]
  • 忘れ物対策の遺伝子
  • 小学4年生の息子、とても面倒くさがりで、整理整頓という四字熟語は彼の頭の中にはありません。学校のカバンの中はいっぱい物が秩序なく入っていてぐちゃぐちゃ、お便りは折れているはマシな方で、蛇腹状態も珍しくはありません。なんてだらしない!と本当にイライラします。私には弟がいるのですが、彼はとてもしっかりした人で、子供の頃こういうことはありませんでした。弟が少数派で、小学生男子ってこんなものなのでしょうか [続きを読む]
  • 牧秀彦『月華の神剣 壬生狼慕情』
  • 幕末度★3 神剣度★2 続編期待度★3シリーズ1作目。平安の昔から伝わる、持つ者を天下人とする太刀を巡る物語です。主人公は刀を守る神社の息子ですが、父親を殺されて京都へ向かうことになります。時は幕末、ちょうど京に発つ浪士組と共に行動することになりますが・・・メインは、剣術を磨くのみでろくに神官としての修業をしてこなかった主人公が、道中で清河八郎やのちの新選組メンバーと出会い、様々な経験を経て成長す [続きを読む]
  • 海外駐在妻ブログ事情
  • 現在、夫の海外勤務に息子と帯同して2か国目、通算4年目です。ブログ村の駐在妻カテゴリーを覗くと、前の国も今の国もたくさんブロガーがいらっしゃいます。生活情報、グルメ情報、お出かけ情報、便利情報・・・とてもためになるし、本当によく参考にさせてもらっています。が、実はひとつだけ、「すごく知りたいのにほとんど出てこない」情報があるのです。それは、「小中学生に関する情報」です。日本人学校のこととか、塾、習 [続きを読む]
  • 麻見和史『屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香』
  • 記者度★4 探偵度★3 続編期待度★3シリーズ1作目、大手新聞社から小さなCSチャンネル会社に転職した女性が主人公です。転職初日、死体遺棄事件が発生、いきなり取材活動が始まります。麻見さんの他作の警察物とは違い、記者目線なのが新鮮です。警察物だとよく、記者って記事を書くためなら何でもやるみたいな、何となく悪い人で描かれることが多いですが、この作品の主人公は好印象です。テンポよく話が進んで、とても読み [続きを読む]
  • 内藤了『首洗い滝 よろず建物因縁帳』
  • 呪い度★4 お仕事度★2 続編期待度★3シリーズ2作目。今回は地図にない、隠された滝を巡る”呪い”のお話です。建物にまつわる因縁を祓うことを専門とする人達の話なのですが、今回は建物ではなかったです。前作同様、怖くて、とても面白かったです。このシリーズ、雰囲気も好きなのですが、どうも主人公春菜のキャラクターが好きになれません。そこが残念なのですが・・・でも、次も読みます。 [続きを読む]
  • 相場英雄『リバース』
  • 「総員、着手せよ」度★5 反撃度★3 続編期待度★4警視庁で詐欺事件を扱う捜査二課を描くシリーズ3作目です。前作最後でバラバラになってしまった西澤たち各メンバーのそれぞれの話が描かれます。東日本大震災後の福島を絡めながら話が進み、最後に全員である大きな案件に取り組みます。このシリーズは三冊続けて読むのがお勧めですね。これで終わってしまうのかな・・・みんなのその後が気になるし、ぜひシリーズ続けてほし [続きを読む]
  • 何人か見抜くスキル
  • 先日、以前の赴任地での息子の同級生親子が今の赴任地に来る機会があり、一緒にこの地の観光地に行きました。今は年末年始前のオフシーズンで、人も少なくてゆっくり観光できて良かったです。普段は日本からの観光客も多い地ですが、やはり圧倒的に中国からが多いため、どこに行ってもまず中国語で話しかけられます。また、私も友人も少しは中国語が出来るため反応してしまい、訂正するのも面倒でそのまま中国人の振りをしてました [続きを読む]
  • サンタクロース10歳の壁
  • 今年ももう12月。小学生母たちの間では、サンタクロースの真実について話題になる時期となりました。我が家の息子はもう昨年の段階で真実に気づいてしまったので、気楽です。上限何円までだからね!とか言えるし、期限を気にして買いに走らなくても良いし、言動に気を遣うこともありません。今まで毎年他のお母さんたちとそういう話をしていて思うのが、サンタクロースの真実についても10歳の壁があるのではないか、ということ [続きを読む]
  • また始めてみます
  • 今まで何度かブログをやっていましたが、ふとまた始めようかと思い立ちました。小さい頃から日記の類は続かない性分・・・今回も果たしてどうでしょうか。現在、夫の海外赴任に帯同中です。小学4年の息子を育てています。夫はゲーマーでアニメもマンガも好きなおじさん、私もゲーム少々・アニメマンガもまだ見ているおばさんです。そんな我々の間に生まれた息子、1%くらいは非オタの可能性もありましたが、どうやら順調にオタク [続きを読む]
  • 過去の記事 …