nin さん プロフィール

  •  
ninさん: 登山TV – TOZAN.TV
ハンドル名nin さん
ブログタイトル登山TV – TOZAN.TV
ブログURLhttps://tozan.tv
サイト紹介文登山を中心とした山に関する動画サイトです。登山口から山頂まで、登山のすべてを公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 253日(平均5.4回/週) - 参加 2017/12/08 12:34

nin さんのブログ記事

  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/百間平から百間洞山の家へ
  • 再生時間イベント00:26:05百間洞山の家のテント場00:30:38掛け橋00:31:38百間洞山の家に到着標準コースタイム 0:45実測タイム 0:35 78% [ + 0:10 ]百間平から百間洞山の家へ百間平の壮大な平原はすぐに終わり、再び稜線歩きになる。百間洞山の家に向かい、大きく高度を下げて、森林限界付近まで下りる。道は歩きやすいが、急な下りであるため純粋につらい。赤石岳方面からくる場合、テント場は小屋の手前に位置する。エリアがい [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/赤石岳から百間平へ
  • 再生時間イベント00:01:32赤石岳避難小屋00:03:55悪沢岳方面00:04:19道標00:22:38道標(標柱)。ここから大斜面のトラバース。00:31:24大斜面下コル。ここから馬の背。00:53:48百間平に到着標準コースタイム 1:30実測タイム 1:00 67% [ + 0:30 ]赤石岳から百間平へ赤石岳からは視界が一気に広がり、正面に聖岳を見ながらの登山道が続く。南アルプスの深南部らしい大きく雄大な稜線歩きが楽しめる、この周回ルート屈指のポイント [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/小赤石岳の肩から赤石岳へ
  • 再生時間イベント00:05:10悪沢岳・千枚岳方面00:10:35小赤石岳山頂00:17:43東尾根分岐(赤石小屋、椹島方面)00:29:49悪沢岳方面00:30:55赤石岳山頂に到着標準コースタイム 0:55実測タイム 0:40 73% [ + 0:15 ]小赤石岳の肩から赤石岳へ小赤石岳の肩から先は快適な稜線歩きが続く。すぐ先に形の良い小赤石岳が見える。小赤石岳付近まで行かないと赤石岳は見えてこない。山頂を勘違いしやすいポイントだと思う。小赤石岳をすぎて [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/大聖寺平から小赤石岳の肩へ
  • 再生時間イベント00:01:22悪沢岳00:05:37悪沢岳と滝雲00:12:21滝雲がさらに発達00:17:58西側の雲海00:24:51悪沢岳00:37:53小赤石岳の肩から富士山・悪沢岳を見渡す00:38:32小赤石岳の肩に到着標準コースタイム 1:00実測タイム 0:42 70% [ + 0:18 ]大聖寺平から小赤石岳の肩へ大聖寺平からは小赤石岳の肩に向けて本格的な登りがはじまる。登山道はガレ場の急登だが歩きやすく、斜度もほぼ一定だ。最後だけはすこしつらい。稜線の [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/荒川小屋から大聖寺平へ
  • 再生時間イベント00:04:48道標00:21:44大聖寺平(標柱)00:24:48大聖寺平(標柱)標準コースタイム 0:40実測タイム 0:30 75% [ + 0:10 ]荒川小屋から大聖寺平へこの日も雲はあるものの昨日よりはだいぶ晴れている。荒川小屋を出て10分ほどは木々に囲まれた狭い登山道を歩く。その後は南アルプスらしいスケールの大きい稜線歩きへと変わっていく。左奥に迫力のある赤石岳の一部を見ながら徐々に高度をあげていく。歩きやすく、ま [続きを読む]
  • Garmin InReach Exproler+ のレスキュー保険を選ぶ
  • Garmin InReach Explore+ を購入し、衛星通信契約を締結し、さあ使えるぞ!となったところでもしもの時には当然レスキュー費用がかかります。レスキュー関連では日本でも多くの山岳保険がありますが、Garmin InReach Explore+ 保有者向けには安価な保険が用意されています。もちろん条件はありますが、Inreach があれば場所を特定できるため、捜索活動がほぼ不要というのが大きいのではないかと思います。今回はこのレスキュー保険 [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/中岳から荒川小屋へ
  • 再生時間イベント00:04:28前岳、高山裏避難小屋方面分岐(道標)00:14:55鹿除けの扉00:18:42鹿除けの扉00:27:01道標(地図の標柱)00:43:15荒川小屋に到着標準コースタイム 1:05実測タイム 0:45 69% [ + 0:20 ]中岳から荒川小屋へここからはほぼ下りのみ。前岳、高山裏避難小屋など、三伏峠方面との分岐で稜線から降り、斜面をトラバースするように荒川小屋まで高度を下げて行く。道は悪くないが、長くそれなりに急な下りが続く [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/悪沢岳(東岳)から中岳へ
  • 再生時間イベント00:18:00コル付近00:18:41景色を見渡す00:22:20景色を見渡す00:47:28中岳避難小屋00:50:48中岳に到着標準コースタイム 1:10実測タイム 1:00 86% [ + 0:10 ]悪沢岳(東岳)から中岳へ悪沢岳からは少し細くなった尾根を下る。少しザレているものの、特に問題もなく歩けるし、危険も感じなかった。コルまで降りると中岳まで少しずつ登って行く。登りは少し大きな石のガレ場を登る。斜度はそこまでない。山頂は少し [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/丸山から悪沢岳(東岳)へ
  • 再生時間イベント00:25:54悪沢岳に到着標準コースタイム 0:35実測タイム 0:28 80% [ + 0:07 ]丸山から悪沢岳(東岳)へ丸山から悪沢岳に向かって最後の登りを歩く。丸山からの道はどっしりとした稜線歩きで特に危ないところはない。ガレ場は多いが、全体的には快適な南アルプスの稜線歩きだ。椹島からの累積標高はすでに2,000mを超えている。とても長く、さすがに疲れる。本来は赤石岳、聖岳が見えるはずであるが、残念ながら雲 [続きを読む]
  • Garmin InReach Exproler+ の端末アクティベーションと衛星通信契約の進め方
  • Garmin InReach Explore+ ですが、そのままではただのGPSの地図端末と変わりなく、衛星通信についての契約をすることによって他の携帯のSMSやE-mailとのやり取りが可能になります。SOSもできないので契約をしないと事実上この端末のメリットは皆無です。前回は InReach Explore+ のメリットやデメリット等を概観しました。今回はこの衛星通信契約の進め方について実際の画面を含めて解説します。どのように契約するか気になってい [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/千枚岳から丸山へ
  • 再生時間イベント00:05:29ロープ00:06:44ロープ00:12:29斜面を吹き上げられる霞00:36:55丸山に到着(道標)標準コースタイム 0:55実測タイム 0:45 82% [ + 0:10 ]千枚小屋から千枚岳へ千枚岳からはアルプスらしい稜線歩きになる。丸山までの道は一部はやせ尾根になっているものの、危険を感じそうなところはロープああるため特に問題はない。あいにくの雲で展望はなかったが、ここも展望は良いはずだ。丸山までの標高差は150m程 [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/千枚小屋から千枚岳へ
  • 再生時間イベント00:07:05ロープ00:12:20紅葉がはじまっている00:22:24二軒小屋方面との分岐00:27:01木の階段00:28:08道標00:36:54道標00:37:07千枚岳に到着標準コースタイム 0:50実測タイム 0:40 80% [ + 0:10 ]千枚小屋から千枚岳へ千枚小屋で休憩し、再び悪沢岳に向かって登り始める。標高はだいぶあげてきたが、まだまだ樹林帯が続く。千枚岳の少し手前でやっと森林限界になってくる。登りはきついものの、千枚岳までの道は [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/駒鳥池から千枚小屋へ
  • 再生時間イベント00:07:21看板(木馬道の解説)00:09:55道標00:13:38看板00:20:58点在する木の階段00:29:46看板(標高2,500m 7/7)00:31:34千枚小屋に到着標準コースタイム 0:50実測タイム 0:35 70% [ + 0:15 ]駒鳥池から千枚小屋へ駒鳥池からまた緩やかな登りがはじまり、森の中をひたすら歩く。いつのまにか樹木の雰囲気も変わり、一般的な樹林帯のような雰囲気になる。金属のネットが出てきたら千枚小屋はあと少しだ。小屋の [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/蕨段から駒鳥池へ
  • 再生時間イベント00:04:47判別困難な看板00:07:35看板(標高2,100m 5/7)00:50:40看板00:58:11駒取池に到着(ベンチ・道標)標準コースタイム 1:25実測タイム 1:00 71% [ + 0:25 ]蕨段から駒鳥池へ蕨段からは少し斜度が緩やかになる。登山道は少し小さな石が増えてきた。動画の後半部分は「美しい森」となっている部分で、白樺のような木が登山道に映える。駒鳥池は小さい。 清水平から蕨段へ駒鳥池から千枚小屋へ [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/清水平から蕨段へ
  • 再生時間イベント00:02:06複数の道標00:32:01蕨段に到着(道標)標準コースタイム 0:45実測タイム 0:30 67% [ + 0:15 ]清水平から蕨段へ清水平からは再び登りが始まる。歩きやすい土の登山道だが、かなりの急登だ。ピークとなっている蕨段は樹林帯の中で見晴らしは良くないが、少し広くなっているため休憩には適している。 小石下から清水平へ蕨段から駒鳥池へ [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/小石下から清水平へ
  • 再生時間イベント00:13:46ベンチ00:15:01林道を横切る(道標)00:48:51清水平に到着(ベンチあり)標準コースタイム 1:15実測タイム 0:50 67% [ + 0:25 ]小石下から清水平へ小石下からほんの少しだけ下がった後、清水平まではひたすら緩やかな登りが続く。途中、林道を横切るポイントがあるが、看板もあるため、特に問題はないだろう。道はまさに樹林帯という感じの鬱蒼とした木々の中を歩く道が続く。清水平では水の補給も可能 [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/鉄塔下から小石下へ
  • 再生時間イベント00:05:02ロープ・梯子00:09:46道標00:12:26木の足場00:15:18階段00:18:06林道出合00:18:56道標・金属の階段(登山道への入り口)00:35:13小石下に到着(ベンチ・道標)標準コースタイム 1:10実測タイム 0:40 57% [ + 0:30 ]鉄塔下から小石下へ鉄塔下から少し下り、再び登る。道自体はこれまでと大差ないが若干歩きやすくなっている。一度林道に出て再び登山道に復帰するが、道標・看板がしっかりあるため迷わず [続きを読む]
  • 悪沢岳・赤石岳・聖岳周回/椹島ロッジから鉄塔下へ
  • 再生時間イベント00:04:00千枚岳登山口00:04:52滝00:08:10ベンチ00:09:46吊り橋00:32:40階段00:41:06鉄塔下に到着標準コースタイム 1:05実測タイム 0:45 69% [ + 0:20 ]椹島ロッジから鉄塔下へ椹島ロッジまでの苦しく長い自転車での移動を終えて、悪沢岳(荒川三山)に向かって歩き始める。車道沿いに進み、鉄橋の手前の千枚岳登山口から登り始める。登山道は細いが、分かりやすい。大きな岩も多く、足を大きくあげて進まなくて [続きを読む]
  • 木曽駒ケ岳・空木岳/乗越浄土から千畳敷へ
  • 再生時間イベント00:01:39階段00:08:10道標00:11:14ベンチ00:12:52剣ヶ池周辺00:14:31丸太と石の階段が続く00:16:26千畳敷ロープウェイに到着標準コースタイム 0:50実測タイム 0:30 60% [ + 0:20 ]乗越浄土から千畳敷へ千畳敷への下りも景色は最高だ。登山道はよく整備されているため、危ないところはないが狭い。狭いながらも登りと下りが同じルートになるため、思うように進まない。千畳敷ロープウェイ駅まで最短ルートを選択 [続きを読む]
  • 木曽駒ケ岳・空木岳/木曽駒ヶ岳から乗越浄土へ
  • 再生時間イベント00:04:31道標00:10:21中岳山頂00:14:42宝剣山荘00:16:08乗越浄土に到着標準コースタイム 0:50実測タイム 0:25 50% [ + 0:25 ]木曽駒ヶ岳から乗越浄土へ山頂でやっと見えた北アルプスを満喫し、千畳敷に向かって降りる。復路は中岳を登る。小さなピークのため、登りは短い。ただ、大きい岩が多い。宝剣山荘まで降り、人の流れのまま乗越浄土の分岐へ。道標がふたつもあるため、見落とすことはないだろう。 宝剣岳 [続きを読む]
  • 木曽駒ケ岳・空木岳/宝剣岳から木曽駒ヶ岳へ
  • 再生時間イベント00:00:13鎖00:01:58鎖00:05:28宝剣山荘と天狗荘00:05:57道標00:09:16中岳迂回ルート(破線)00:14:30合流(駒ケ岳頂上山荘付近)00:20:10宝剣岳を振り返る00:21:35御嶽山00:22:24木曽駒ケ岳山頂に到着標準コースタイム 1:15実測タイム 0:35 47% [ + 0:40 ]宝剣岳から木曽駒ヶ岳へ宝剣岳からの鎖場は短く、そして鎖もしっかりしているので問題はないが高度感がすごい。渋滞していなければ5分程度で抜けられる。2 [続きを読む]