nin さん プロフィール

  •  
ninさん: 登山TV – TOZAN.TV
ハンドル名nin さん
ブログタイトル登山TV – TOZAN.TV
ブログURLhttps://tozan.tv
サイト紹介文登山を中心とした山に関する動画サイトです。登山口から山頂まで、登山のすべてを公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2017/12/08 12:34

nin さんのブログ記事

  • 冬の霧島・高千穂峰/御鉢から高千穂峰へ
  • 再生時間イベント00:03:11景色を見る00:03:53御鉢を覗き込む00:06:07景色を見渡す00:08:34景色を見る00:10:35祠00:14:11来た道を振り返る00:18:27道標が続けて見られる00:21:16景色を見渡す00:24:55高千穂峰に到着標準コースタイム 0:50実測タイム 0:45 90% [ + 0:05 ]御鉢から高千穂峰へ風が強い中、山頂に向かって御鉢沿いに進む。ピークはふたつあるように見えるが、一つ目のピークは登らずに進むため、基本的には登りが続く [続きを読む]
  • 冬の霧島・高千穂峰/高千穂河原登山口から御鉢へ
  • 再生時間イベント00:00:19高千穂河原登山口00:04:16看板00:04:21ベンチが頻繁に見られる00:05:54案内図・道標00:10:41案内図・道標00:12:15道標・看板00:21:51立て札00:22:05景色を見渡す(新燃岳)00:32:32来た道を振り返る00:38:16景色を見渡す(新燃岳)00:40:50御鉢に到着標準コースタイム 1:00実測タイム 0:45 75% [ + 0:15 ]高千穂河原登山口から御鉢へ新燃岳が入山できないため韓国岳からの縦走はできない。そのため、高 [続きを読む]
  • 【山行スタイル・加入済み保険別】登山保険・山岳保険の選び方
  • 少しずつ山にはまってくると気になってくる登山保険の存在。私がはじめて登山保険に加入したのは雪山に行き始めるタイミングでした。それまでは自宅の火災保険に付属している個人責任賠償保険のみです。登山で保険が必要なパターンとして2つの類型があります。自分や家族のための保険(遭難や自分の怪我)と他人を傷つけたときのための保険(責任賠償保険)です。主として登山保険というテーマで語られるときは前者、特に遭難につ [続きを読む]
  • 冬の霧島・韓国岳/韓国岳登山口からえびの高原荘へ
  • 再生時間イベント00:00:16看板00:02:05山頂を見る00:02:46景色を見る00:04:31石碑?00:07:24道標00:10:09道標00:12:22テーブルとベンチ00:14:53看板・道標00:16:29道標00:16:45山を見る00:16:51建物00:17:19道標標準コースタイム 0:20実測タイム 0:20100% [ 0:00 = ]韓国岳登山口からえびの高原荘へ登山口からバスの発着所となっているえびの高原荘へは色々なルートでたどり着ける。全体的に美しい景色が広がっているため、余裕が [続きを読む]
  • 冬の霧島・韓国岳/韓国岳避難小屋から韓国岳へ
  • 再生時間イベント00:02:09道標00:03:19階段が続く00:11:33道標00:15:19景色を眺める00:21:16植物観察00:25:29景色を見る00:26:07道標00:28:05テーブル状の物00:28:43来た道を振り返る00:29:05道標00:34:44ロープ00:35:04道標00:36:00韓国岳に到着標準コースタイム 1:00実測タイム 0:45 75% [ + 0:15 ]韓国岳避難小屋から韓国岳へ韓国岳避難小屋からは木道の階段に沿って山頂へと進む。最初の方は比較的緩やかだが、徐々に急にな [続きを読む]
  • 冬の霧島・韓国岳/大浪池休憩所から韓国岳避難小屋へ
  • 再生時間イベント00:00:53案内図・大浪池の分岐(道標)00:01:18大浪池00:02:17テーブルとベンチ00:04:10景色を見る00:07:23道標00:08:01テーブルとベンチ00:10:19池を見る00:12:00道標00:12:41道標00:13:06霧島市方面00:13:33池を見る00:15:17道標00:20:16テーブルとベンチ00:20:47看板00:32:40道標00:39:25韓国岳避難小屋に到着標準コースタイム 0:50実測タイム 0:45 90% [ + 0:05 ]大浪池休憩所から韓国岳避難小屋へ大浪池の [続きを読む]
  • 冬の霧島・韓国岳/大浪池登山口から大浪池休憩所へ
  • 再生時間イベント00:23:59大浪池休憩所に到着標準コースタイム 1:00実測タイム 0:25 42% [ + 0:35 ]大浪池登山口から大浪池休憩所へ登山口は通り沿いの分かりやすい場所にある。登山道はよく整備されており、大浪池休憩所までは石畳の道が続く。ところどころ凍っているため、滑りそうで怖い。上りではあるが、緩めの登山道のため準備運動としてもちょうど良い。大浪池休憩所は外観は普通の建物であり、珍しいように思う。大浪池 [続きを読む]
  • 冬の大菩薩嶺/丸川峠(丸川荘)から丸川峠駐車場へ
  • 再生時間イベント00:39:49道標00:50:15丸川峠駐車場に到着標準コースタイム 1:15実測タイム 1:00 80% [ + 0:15 ]丸川峠(丸川荘)から丸川峠駐車場へ丸川峠からは左右を雪に挟まれた道を進む。雪がそれなりにあるのは丸川峠付近までで下りるに連れて雪はほとんどなくなっていく。ほぼ尾根沿いの道のため分かりやすい。 大菩薩嶺から丸川峠(丸川荘)へ [続きを読む]
  • 冬の大菩薩嶺/大菩薩嶺から丸川峠(丸川荘)へ
  • 再生時間イベント00:30:55看板00:33:30道標00:33:51杭とロープが続く00:35:50丸川荘に到着標準コースタイム 1:00実測タイム 0:40 67% [ + 0:20 ]大菩薩嶺から丸川峠(丸川荘)へ大菩薩嶺から丸川峠に向かってゆっくりと高度を下げて行く。雪はそれなりに多いが良く踏まれている。道も細いが分かりやすい。ロープで仕切られたエリアが見えてきたら丸川峠は近い。ここではコーヒー等を飲むこともできる。 大菩薩峠から大菩薩嶺へ丸 [続きを読む]
  • 冬の大菩薩嶺/大菩薩峠から大菩薩嶺へ
  • 再生時間イベント00:01:30石碑00:06:21大菩薩峠・大菩薩湖00:08:15大菩薩湖・甲州市方面00:09:32賽の河原避難小屋、富士見山荘跡方面分岐00:11:00景色を見渡す00:15:54景色を見渡す00:21:44標高2000mの標00:28:40雷岩分岐(道標)00:33:26大菩薩嶺に到着標準コースタイム 1:05実測タイム 0:40 62% [ + 0:25 ]大菩薩峠から大菩薩嶺へ大菩薩峠から大菩薩嶺方面への分岐となる雷岩までは森林限界の稜線歩きのような景色が味わえる。 [続きを読む]
  • 冬の大菩薩嶺/福ちゃん荘から大菩薩峠へ
  • 再生時間イベント00:00:21案内図00:03:48道標00:06:32案内図・建物00:22:58看板・埋もれかけのベンチ00:28:23看板 00:33:51介山荘00:34:58大菩薩峠に到着標準コースタイム 0:50実測タイム 0:40 80% [ + 0:10 ]福ちゃん荘から大菩薩峠へ福ちゃん荘から先もほぼ舗装路と変わらないような道が続く。道は分かりやすく、急登もない。そして良く踏まれているため夏とほぼ変わらない感覚で歩くことができる。じわじわと高度を上げてい [続きを読む]