sakura さん プロフィール

  •  
sakuraさん: さくらの散歩日和
ハンドル名sakura さん
ブログタイトルさくらの散歩日和
ブログURLhttp://sakurano.me/
サイト紹介文ひょんなことからご近所暮らしとなった母。脳梗塞、心筋梗塞、介護…向き合いながら暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 165日(平均0.7回/週) - 参加 2017/12/08 15:48

sakura さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 5月
  • 5月も半ばを過ぎている。前回の更新が3月。バタバタと毎日を過ごしている。パソコンの前にゆっくりと座る時間がない。HPを更新するときはやはり誰もいないときにゆっくりと向かいたいし、ソコンはリビングにおいてあるからなかなか自由にはならない。仕事が休みの息子はたぶん昼過ぎまで寝るだろう。だから今は一人。自由時間。……あれから変わったこと。母の所にほとんど毎日通うのが億劫になってきていた。でも行かなきゃ。そ [続きを読む]
  • 海旅行に行ってきた。家から2時間位の所。夫の母とともに出かけた。何度も訪れたことがあるところだけれど波打ち際まで行ったのは初めて。旅行に行くときに遠くから海を眺めることはよくあるけれど久しぶりに歩く砂浜はなんともいえず心地よい。波打ち際にいって波を眺めていた。確かに祝日も仕事の我が家にとってお疲れさん旅行ではあるのだけれど、すごく落ち込んでいたとか疲れていたとかそんなことは全然なくて。不思議なのだ [続きを読む]
  • 祝ってくれてありがとう。
  • 3月になった。あれほど寒かった季節が春?と感じるようになってきた。今日はあいにくの雨だけれどそこそこ暖かい日だ。6日が母の誕生日。仕事があるので日曜日に母の所へプレゼントとケーキを持って出かけた。少し大きめの斜め掛けバッグを買っておいた。ナイロン製の軽いもの。脳梗塞をしたのであまり重くなく肩に負担もかからないものがいいかな…と思って。普段の母はポシェットのようなものをかけてお財布と保険証類しか入れて [続きを読む]
  • 心の距離
  • 前回の投稿から一か月。年末から体調を崩していた夫。家族経営の自営業はてんてこ舞い。夕方からの仕事の前に母の所に寄る。適当な食事しかしていないであろう母に野菜がたくさん入ったおかずを届ける。ただそのためには余分に1時間、時間を作らなくてはいけない。この生活を続けていると時々さぼりたくなる。毎日のことだから結構大変なのだ。デイサービスに行く日はお休みにしているけれど。時々用事があって行けないときもある [続きを読む]
  • はや1か月
  • はや1か月2剤飲まなくてはいけない薬をほぼ8か月1剤しか飲んでおらず、再度ステントを入れることになった母。あれから一か月以上過ぎた。寒さなどによって体調の波はある。それは主に脳梗塞からの麻痺。手がしびれて思うように動かないこと。足が思うように上がらないこと。たくさん不満はあるようだがこうして今生活をしていられることにはとても感謝をしている様子。「難しいと言われていたのがストンと入ってね〜。」「先生が来 [続きを読む]
  • 帰宅(*^^)v
  • 帰宅(*^^)v新たなステントを入れるための入院をした母。入院の当日は同じ病室には他に誰もいなくてのんびりと過ごせたようでした。夕方から点滴の管が入り少し不自由そうでしたが、明日のカテーテルの時間が朝1番と決まりとても喜んでいました。午前中にカテーテルが終われば、昼ごはんは食べられるし、誰かがお見舞いにきている間にカテーテル後のベットで動いてはいけない拘束時間が終わります。話し相手がいる方が「あそこが痛 [続きを読む]
  • 明日から
  • 明日からステントの定着の検査で入院し、新たな血管の狭窄がみつかりもう一度ステントを入れることになった母。11月中旬の検査入院から今までは母にとっては今までにない位落ち込んだ大変な時期でした。週1のデイサービスでは何かあったらいけない…と勝手に思い込んで体操もせず、マッサージだけ受けて帰ってきたとか。また、買い物なども何かあったらいけないから…と思い込んで一切出かけず、私からしてみれば全く動かない方が [続きを読む]
  • 落とし穴
  • 落とし穴脳梗塞発症後に小さな心臓の痛みを訴え病院に行き、心臓の血管が細くなっていることがわかりました。脳梗塞で入院し、ようやく退院して新たな生活を始めたところでしたのであらあら…という感じでした。今年の3月に2度、ステントを血管に入れる治療を行いました。カテーテルで治療をするのですが、カテーテル後の6時間動いてはいけない時間があったり、導尿の管が嫌だったり、何よりも血栓が脳に飛ぶかもしれないもう一度 [続きを読む]
  • 母の脳梗塞と心筋梗塞
  • 母の脳梗塞と心筋梗塞車一辺倒の母が電車に乗って我が家を見に来る…といいだしました。一緒に暮らし始めた妹家族とうまくいかずに…。私は新幹線の駅まで迎えにいったのですが、駅に降り立った瞬間に母は足が動かなくかり脳梗塞を発症しました。そのあと、救急搬送されて2か月半ほどの入院をして、私の家の近くで現在は一人暮らしをしています。ほぼ毎日顔を見に母のところに出かけます。インスタントのコーヒーいれてもらい、持 [続きを読む]
  • 母の葛藤
  • 母の葛藤夏が終わるころ母はリハビリ病院を退院しました。退院の前日に1度だけ担当してもらったリハビリの先生に言われたこと、その言葉で母は私の家にも寄らずに新しい母の住まいになる賃貸のハイツに行きました。リハビリの先生に「退院したらどうするの?」と聞かれ、「娘の家ですこしゆっくりしてから……」と言いかけたらたたみかけるように、「それはダメですよ。」「すぐ自分の家に帰ってください。」「布団の上げ下ろしも [続きを読む]
  • 入院中の母
  • 入院中の母こちらに来て3日後に近くの脳神経外科に行きました。今思えば脳神経外科に行ってよかった。MRIを撮影後に救急車で大きな病院へと向かったのですから。救急車を待つ間に母はただ事ではない…と感じたようでストレッチャーに乗りながら私に「証券や通帳は台所の流しの下の引き出しにあるから…。」と叫んだのでした。私と言えば気が動転してすっかり聞いたことを忘れていましたが…。母の治療は点滴での治療でした。点滴の [続きを読む]
  • 母と私のご近所暮らし 始まりは
  • 始まりは2年ほど前に「家を建てたので一度来たら?おいでよ。」と母を誘いました。先延ばしになっていたのを「きっかけがないとおばあちゃん来ないから。早くしないと後悔するよ。」娘に背中を押されてでした。色々とわけがあり疎遠になって10年くらい。それ以前から転勤族の妻だった私は良い思い出のない実家へは上の子のお産の時以外ほとんど帰りませんでした。その年の3月頃に妹が離婚をして実家に戻ってきました。同居の方 [続きを読む]
  • 家 族
  • 三女が友達から紹介をしてもらった…と話を始めた。大学時代の友人からの紹介。ここ数年転職や何やらでそんな話は1つもなかったのでへぇ〜という感じ。水面下ではちょこちょこ紹介や合コンをしていたようだけれど中々気の合う人がいないのだとか。紹介を受けた人はウェブデザイナーらしく娘は仕事の安定性や学歴や年収やあれやこれやと気にしている。高校時代の中の良い女子が集まっては鍋パだのランチだの居酒屋だので色々と話を [続きを読む]
  • *軌 跡*
  • なかなか思い出せない自分のことを振り返ってみたくなった。少しずつ文にしていきたいと思っている。長年苦しんだ母との関係が変化しているのだと思う。書くのが嫌になるまで思い出してみようと思う。今日まで57年。色々なことがあった。あの頃の私とは違う。辛くて辛くて大変な時もあったけれど今はとても落ち着いているから。思い出してみたいと思えるようになった。今日がその一歩。<*軌 跡*のページへ>FacebooktwitterHat [続きを読む]
  • おすそ分け
  • 夕飯を作るときに少し多めに作っておいて母におすそ分けをします。一人暮らしでなかなかごはんを作る気になれないという母。食べてくれる人がいてこその料理なのかな…とも思います。色々な材料が入る料理は一人暮らしの人にとってはなかなか大変だと思います。色々なものを揃えると結構お金もかかるし、少ない材料ではなかなか売っていません。自分で作ると数日それを食べなきゃいけない…とぼやいていたことも。手足に麻痺がまだ [続きを読む]
  • カレー変遷
  • 我が家はカレーをよく作ります。カレーは疲れた時にも簡単に作れるから。お鍋にどんどん野菜やお肉を入れていくだけなので私にとってはとてもありがたくて。バウンドテニスをやってきた後、夕方から仕事があるので短時間でも眠りたい。そんな時にはカレーにします。カレーは翌日も食べられるし……翌日の方が美味しい位(^^♪夫や長男は三食、カレーでも大丈夫な人だし。昔は牛肉の塊を買ってきて圧力鍋で柔らかくして贅沢なカレー [続きを読む]
  • 過去の記事 …