かのん さん プロフィール

  •  
かのんさん: ススメ!アラカン女子
ハンドル名かのん さん
ブログタイトルススメ!アラカン女子
ブログURLhttp://www.arakanjoshi.com
サイト紹介文障害児と共に歩んで、気づけばアラカン。 何気ない家族の日常を料理とハンドメイドで綴ります。
自由文家族5人プラスワンコ1匹で暮らしています。
長女には重い障害がありますが、大切な事を日々教わっている気がします。
お料理やハンドメイド、DIYなども紹介していきます。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 44日(平均2.5回/週) - 参加 2017/12/08 17:34

かのん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • IKEAのウォールキャビネットを取付けるぞー!(後編)
  • さて、ウォールキャビネットを取付ける為に必要な道具ですが、壁の下地探知機と空洞にもネジが回せるアンカーなる物が必要になります。我が家は木造住宅で、キッチンの壁は化粧合板にクロスを貼った物。これはマンションも大抵は同じ構造だと思います。下地が入っている所に確実にビスを打ち込む為には、この探知機が役に立つのです。壁をトントン叩く事で聞き分ける…なんて私には無理やってみましたが、全部同じ音にしか聞こえな [続きを読む]
  • IKEAのウォールキャビネットを取付けるぞー!(前編)
  • 久々の更新です。かのん家のキッチンですが、ヤマハ(現在はトクラスという名称に変わりました)のシステムキッチンを使っています。…が、一つ不満な点が。それは、背面カウンターの上部に収納が無くて使いづらいんですお料理を作って盛り付けて…とりあえず背面カウンターにそのお皿を置いて…という使い方をするつもりが、いつもカウンターの上が物置き状態で…皿が置けん片付けておけば良いやん!とお思いでしょうが、片付ける [続きを読む]
  • Long long ago…クリスマスの朝
  • 『昔、昔・・クリスマスの朝になると子ども達がすごい勢いで階段を駆け降りて来る家がありました。3人の子ども達は皆ツリーの下に駆け寄ると、自分の名前の書かれたカードとプレゼントを嬉しそうに開けておりました。』それは毎年繰り広げられる我が家の恒例行事だった。「やっぱりサンタさんはいるんだね!」「サンタさん、いつ来たんだろ」長男は小学校の高学年になっても、まだそんな事を言っていた。その度にいや、いや、もう [続きを読む]
  • 父に教わったこと
  • 私の実家は銀座で関西割烹店を営んでいた。その店には生簀がありお座敷個室がいくつもある結構大きな店だった。京都の下鴨茶寮で板長をしていた父が念願叶って初めて出店したのがその店だった。母は女将さんをしていていつも粋な着物を着こなしお帳場に座っていた。その凛とした姿は子供心にも格好良くて…子どもが来るような所ではない…と父は考えていて私がその店に行って良いのは月に一度だけ、土曜の昼間仕込みの時間帯。 学 [続きを読む]
  • 麗しのル・クルーゼ
  • 私のキッチンには、お鍋がたくさんあります。ル・クルーゼが一番多いのですが、ここ数年でストウブも良いな…といくつか買ってみました。実際使ってみてわかった事があります。ストウブは、お鍋の内側が黒いので、多少焦げ付きができても気にしないで使えるので、超ラクチンに使い回せます。つい焦がしがちな炊き込みご飯やカレーには、ストウブを使ってしまいます。仕上がりは上々。でも…ね。やっぱりお菓子作りの下ごしらえには [続きを読む]
  • 空気を読まないということ
  • 昔から私は場の空気を必要以上に読んでしまうところがあります。これを言ったら気まずい空気が流れるんじゃないか…とか。そんなの間違ってる!と思っても何となく その場に流されてひとの意見に同調したり…ある日義父にこう言われました。どうして、自分の思った事をはっきりと言わないの?本当はもっと違う意見があるんじゃないの?…と。それはね、奥ゆかしいとか賢いとかそんな良いもんじゃないんだよ。あなたが自分の考えを [続きを読む]
  • 障害者を子に持つということ
  • 我が家の長女ひなには、重い心臓病と知的障害があります。彼女は、いわゆる重複障害者です。生後50日目に一度手術をし、再度3歳で心臓再建の根治手術に臨みました。幸い手術は成功しましたが、彼女には重度の障害が残りました。 小、中学校は地元の特殊学級、高校は特別支援学校に進み現在は、地域の知的障害者施設に家から通っています。そこで毎日機織りをしたり、ボールペンの組み立て作業をしたりして、わずかながらお給料をも [続きを読む]
  • 空気を読まないということ。
  • 昔から私は場の空気を必要以上に読んでしまうところがあります。これを言ったら気まずい空気が流れるんじゃないか…とか。そんなの間違ってる!と思っても何となく その場に流されて自分の考えを言わないでいたり。ある日義父にこう言われました。どうして、自分の思った事をはっきりと言わないの?本当はもっと違う意見があるんじゃないの?…と。それはね、奥ゆかしいとか賢いとかそんな良いもんじゃないんだよ。あなたが自分の [続きを読む]
  • キッシュの幸せ
  • キッシュ。久しぶりに家族のリクエストで焼きました。案外、冷蔵庫の中にある物で出来ちゃうんです材料は、ほうれん草、玉ねぎ、ベーコン、卵、生クリーム、パイシート、ピザ用チーズ。調味料だって、塩コショウがあれば基本、これだけ。あとは自分の工夫次第。ベーコンもブロックがない時はスライスを使って、ウィンナーソーセージを加えて食感を出したり、ほうれん草の代用として、ミックスベジタブルでも良いし。パイ生地も自分 [続きを読む]
  • 色覚異常って…異常ですか。
  • 昨日、TVの報道特集を観ていたら、色覚異常についてやっていました。色覚異常とは、ヒトの色覚が正常ではない事をさす診断名で、日本男性の約5%に見られる…との事。先天性である事が多く、母がその因子を持っているようです。昔は色盲と呼ばれていましたね。職業によっては、色覚異常が原因でなれないものもあるのですが。TVには、色覚異常と診断された3人の男性(その内1人は小学4年生)が出ていました。その方達は診断されるま [続きを読む]
  • 川床の話
  • 川床って書いて何と読むかご存知ですか?かわゆか?それともかわどこ?それ、どっちも正解です京都市の中心部を流れる鴨川で夏にオープンするのが、かわゆか川の上にお座敷がしつらえてありそこでお食事を楽しみます。 元々は老舗料亭が出店していたのが最近はイタリアンやカフェバーなど様々なお店があるようですよ。今はスターバックスもあるみたい。一方、貴船と高雄では、かわどこと呼びます。高雄は秋にもあるんですよ。紅葉 [続きを読む]
  • 自分に名前はありますか?
  • そういえば、かのんさ〜んと世間様から呼ばれなくなって久しい結婚した日から〇〇さんの奥さんって呼ばれるようになり、子どもを持った途端△△ちゃんのママになったいつしか名前で呼ばれる事が少なくなって。それを不思議とも思わず、夢中で走り抜けて来たような気がする。子ども達が小さかった頃は、それぞれを習い事や進学塾に送迎毎日がTAXIドライバー兼お弁当屋のおばちゃん兼カテキョの生活。あの頃は我ながらよくやったと思 [続きを読む]
  • 私って、もうアラカンなの⁉?
  • 今から10年ほど前に『アラサー』『アラフォー』という言葉がドラマをきっかけに流行りましたよね。当時は私も調子に乗って「まさに私、アラフォー世代です〜」なんて言ったりして。今思えば、何がまさになのか。40代ではあったけど、その時すでにアラフォーにはギリギリアウト。それから10年経ちふと気づけば、50代も半ばを過ぎました。自分でも驚きです私は、いつの間に大人になりそしていつの間にアラカン世代になったんだろ。中 [続きを読む]
  • 過去の記事 …