兵庫県で転職支援をしている斉藤 さん プロフィール

  •  
兵庫県で転職支援をしている斉藤さん: 40代からの転職に失敗しないための転職術
ハンドル名兵庫県で転職支援をしている斉藤 さん
ブログタイトル40代からの転職に失敗しないための転職術
ブログURLhttp://from40tensyoku.hatenablog.com/
サイト紹介文40代からの転職が失敗してしまう前に知っておくべき正しい戦略と具体的な方法をお教えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 239日(平均1.6回/週) - 参加 2017/12/09 18:42

兵庫県で転職支援をしている斉藤 さんのブログ記事

  • 寝言でも会社批判はするな!40代が覚えておくべき職場ルール
  • どこの職場にも、いつもは上司の顔を伺って上司よりも先に帰らないくせに、上司が足早に帰った日や公休日にはさっさと帰ってしまう、いわゆる要領のいいタイプのサラリーマンがいますよね。でも40代の転職者達が彼らと同じ行動パターンを取ったら、どう評価されるでしょうか?役職はないにしろ、幹部として採用されたのですから、突発的なトラブルに対応できるようスタンバイしておくのが手だと、私は考えています。常に緊急事態を [続きを読む]
  • 40代は転職先で過去のルールは通用しないと理解すべし
  • 40代転職はどんなポジションでや年齢であったとしても、新卒と同じく自分は新入社員なんだと自覚しなければ、孤立して失敗してしまいます。元課長のプライドだとか、「 元部長の俺が何でそんなことやらなければならないのか? 」なんて胡坐をかいていると、どこに行っても上手くいくはずがありません。転職先で過去のルールは通用しない会社の風土、ルールや独自の文化は100社あれば100通りです。だから前職と全く同じ職場などあ [続きを読む]
  • 40代が転職先で失敗しないためのスキルは何と政治力?!
  • 40代以降の中高年が転職先で成功するためには、能力と経験、それに知識の3つが絶対必要です。しかし、それ以上に必要なものがあるのですが、みなさんはお分かりでしょうか?それは政治力です。もちろん政治力と言っても賄賂を渡すテクニックだとか、ゴマをすって這い上がっていくことなんかじゃありません。政治力とは一種のバランス感覚のことそれはバランス力とも人間関係力とも、コミュニケーション力と言ってもいいで [続きを読む]
  • 優秀なのにクビになる40歳代以降の転職の落とし穴
  • 40代でリストラされて内定をもらった8社のうち4社に入社して、うち3社で失敗してしまった原因は自分自身にあると今では思っています。ひとつは、新参者であるにも関わらず、会社に批判的態度を取ってしまったこともうひとつは、本音と建前の区別ができていなかった自分が原因だと猛省しており、転職支援をする際も、ある種のネタと化してしまいましたが、警告を放ち続けています。新参者なのに上から目線な中高年このタイプの [続きを読む]
  • 晴れて転職後40歳代が短期で離職する衝撃の理由
  • 内定ももらっていないであろう40代中高年に、是非知っておいて欲しいことがあります。転職活動中であっても、入社後のイメージトレーニングとして読んでいただければ幸いです。私は40代前半でリストラされて転職活動を行い、1年間で8社から内定をもらい、4社に再就職を果たしました。(うち3社は試用期間内に離職)私を含め、せっかく転職できたのに残念ながら辞めてしまった人のパターンは往々にして4つに分類できてしまいま [続きを読む]
  • 一緒に働いてみたいと思われなければ転職に失敗して絶望する
  • 自分には自覚がなかったのですが、大企業に勤務していた人間は「 人・物・金・ブランド 」全てが整っている環境で仕事できていることに無自覚過ぎ。40歳代でリストラされて転職活動をして初めて、「 自分はこの10年間恵まれていたんだな 」と自覚しました。場の雰囲気を作りだせる中高年中小零細企業に転職するという行為は、それらがない中で、上司や部下と折り合いをつける力がなくてはならない上に、ブランド力がなくて [続きを読む]
  • しゃべり過ぎる40代が採用面接で内定をもらない理由
  • 私自身反省しなければならないことなのですが、自分のことをあれこれしゃべり過ぎる人は、企業のトップに立つ人間にとって見苦しく映るようです。アピールポイントはさらりと流して、相手が食いついてくるように仕向けるスキルを学ばなくてはなりません。相手が食いつくぐらいが丁度いい「 ちょっと待ってください斉藤さん。そこのところをもう少し詳しく話してくれませんか? 」と面接官に言わせるぐらいでなければ、過去の [続きを読む]
  • 想定外の質問で焦りまくる40代は面接で失敗して絶望する
  • 「 面接で想定外の質問をされてしどろもどろになってしまった 」という40代転職者の声を聞くことがあります。私自身、10年以上も採用担当官として面接をする側の人間であるにもかからわらず、未だ面接をされる側は苦手で、なかなかうまく相手に伝えられません。面接時には様々な質問をされます。これは新卒の採用面接でも同じことなのですが、必ずしも質問に対する答えを要求されているわけではありません。模範解答のような [続きを読む]
  • 40代はネガティブな理由をポジティブ変換で面接を乗り越えろ
  • 「 なかなか面接までたどり着けない 」と嘆いておられる40代が多いのには驚かされます。私は、40代でリストラされて転職活動をした際、逆に面接まではたどり着けるけれども、面接を通過できないという悩みで辛かったです。なかなか面接までたどり着けない原因は、履歴書や職務経歴書の表現が悪いのが理由のひとつです。書類が通るようになると次は面接ですが、面接を通過するときの最大の鬼門が、前職・前々職を辞めた理 [続きを読む]
  • 40代はネガティブな理由をポジティブ変換で面接を乗り越えろ
  • 「 なかなか面接までたどり着けない 」と嘆いておられる40代が多いのには驚かされました。私は、40代でリストラされて転職活動をした際、逆に面接まではたどり着けるけれども、面接を通過できないという悩みで辛かったです。なかなか面接までたどり着けない原因は、履歴書や職務経歴書の表現が悪いのが理由のひとつです。書類が通るようになると次は面接ですが、面接を通過するときの最大の鬼門が、前職・前々職を辞めた理 [続きを読む]
  • 全く採用されない40代職務履歴書の盲点とは?
  • 40代後半でリストラされたA氏は1年間次の仕事を見つけることができませんでした。私は彼の履歴書をチェックしていて驚愕の文言を発見したのです。「 土日は少年野球のコーチをしています 」とPR欄に書いてあったのです。40代の転職者は、労働基準法を破ってまで朝から晩まで働けとは言いませんが、中小企業に入社して幹部として働く以上は、既存の社員よりも高い意識が求められます。なのに「 土日は少年野球のコーチを [続きを読む]
  • 40代になっても採用される職務履歴書の作成術
  • 転職支援をしている斉藤です。中高年の転職市場において「 書類さえも通らない 」と嘆く声をよく耳にします。書類さえも通らなければ、転職活動が滞り、やる気が失せ、結局転職自体を取りやめてしまう40代の中高年が少なからずいらっしゃいます。書類さえも通らないと嘆いておられる40代の履歴書は「 何にでも応募できる書類 」であることがほとんどです。そこで今回は、具体的なアドバイスとして、40代の転職希望者がミ [続きを読む]
  • 40代転職者でも採用されるWEB履歴書の作成方法とは?
  • 転職活動では、インターネットの求人サイトにWeb履歴書を作成し応募する必要があります。40代からの転職者の中には、求人サイトに掲載されている募集案件は若い人材が中心だという先入観を持っているひとがいますが、多くの求人が掲載されている求人サイトを活用しないようでは、転職は上手くいくはずがありません。40代転職者はWEB履歴書を工夫して採用に繋げるWeb履歴書で企業の採用担当者や人材紹介会社のキャリアカ [続きを読む]
  • 40代は職種別のアピールができなければ転職で失敗する
  • 中高年の転職では、応募職種が明確なことが多いため、それぞれの職種で求められる人材を分析してアピールしなければ書類選考すら通らず絶望してしまいます。特に40代からの転職では、実務面だけでなくマネジメント能力を求める企業もあるため、求められている人材と合致することを職務経歴書に記載するべきです。40代は求められている人材を考えアピールする管理能力ではなく、実務面を重視した募集であれば、管理能力を強調 [続きを読む]
  • 40代は職務経歴書の書き方を間違って絶望する
  • それでは、より具体的な職務経歴書の書き方を紹介していきましょう。職務経歴書の書き方は原則自由です。しかし下手に目立とうとせず、あなたの経験やスキルに合わせて、最も強みをアピールできる職務経歴書を作成してください。40代からの職務履歴書の書き方(年代式)職務経歴書の最もオーソドックスな書き方は、これまで勤務した企業を年代別に記載していく「 年代式 」でしょう。時系列で記載されているため、採用担当者 [続きを読む]
  • 40代転職者は職務経歴で強みを最大限にアピールせよ
  • 40代からの転職においては、長期間の職務経験があります。そのなかから応募企業へのアピール材料を見つけるために、職務経歴の棚卸をしっかり行う必要があります。繰り返しになりますが、これまでの職務経歴を詳細に羅列するだけでは、40代からの転職において採用担当者への十分なアピールが失敗してしまう恐れがあります。職務経歴の棚卸では、携わった職務経験だけではなく、実績や評価、褒められた事柄などを合わせて書き起 [続きを読む]
  • 未経験の職種への応募は40代からの転職が失敗する大きな原因
  • 転職支援をしている斉藤です。40代からの転職において、未経験の職種への転職は、一般的に考えた場合難しいと考えるべきです。40代からの転職で未経験の職種は原則論として失敗する未経験の職種では、入社後の一般教育が必要であり、一人前になるまで相応の時間がかかるため、40代からの転職希望者を教育するメリットがないと判断する企業が多いのです。給与面においてもこれまでの経験を生かせる職種であれば、一定の評価を [続きを読む]
  • 40代の転職では応募書類に興味を持ってもらわなければ絶望的
  • 転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤です。前回に引き続き、40代からの転職における応募書類の注意点について述べていきます。40代の転職で応募書類の誤字脱字は致命的40代からの転職者が、履歴書を書く際には、誤字・脱字・記載する年月には十分に注意してください。職務経験が長くなってくると、どうしても月日が経過している入社時期を誤って記載する方が多いのですが、それでは採用担当者への信頼を損ねてしまう恐れが [続きを読む]
  • 40代の転職では履歴書に興味を持ってもらわなければ始まらない
  • 転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤です。新卒で入社した会社にずっと勤めている方を除いて、40代なら誰でも一度は履歴書を書いた経験があると思います。採用担当者は履歴書から、自社で求める条件に合致するか否か、入社意欲があるか否かなど、書類選考の段階で様々なことを見極めます。40代からの転職においては、職務履歴書も大事な判断材料となりますが、職務経歴書に興味を持ってもらうためには、まず履歴書の記載 [続きを読む]
  • 40代からの転職では学歴や資格だけでは通用しない
  • 転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤です。新卒採用においては、実務経験という概念がないため学歴と専攻を重視するのですが、40代からの転職では学歴以外に実務経験で自社に見合うか否か見極められるのです。40代からの転職では、即戦力としての能力を見極めているため、学歴や資格についてアピールしただけでは、実務面での能力について懸念を抱かれることは間違いありません。40代からの転職が失敗して絶望する方の多 [続きを読む]
  • 40代女性の転職が失敗して絶望しないためには積極性が大事
  • 転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤です。人手不足が叫ばれる昨今、子育て等で現場を退いた30代・40代女性の現場への復帰が話題となっていますよね?結婚後ブランク期間があり、再就職する意思のある40代からの女性に対して、採用担当者は、求める実務能力があり、労働条件に対応できる人材かどうかをチェックしています。結婚していて子供がいたとしても、本来採否に影響するものではありませんが、採用担当者は、そ [続きを読む]
  • 40代の転職が失敗して絶望する典型的な特徴8 ジョブホッパー
  • 転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤です。明確な定義ではありませんが、半年や1年など短期間で転職し、転職回数が4回を超える転職者を、人事部は「 ジョブホッパー 」や「 転職ドリーマー 」と呼ぶことが多いと言えます。ジョブホッパーは、40代からの中途採用市場で敬遠されることがほとんどです。そもそも論として「 面接する時間も無駄だ 」と中途採用の募集要件に転職回数3回以内などという要件をつけて、「 [続きを読む]
  • 40代からの同業種転職が失敗して絶望する典型的な特徴
  • 転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤です。1000人以上規模の大企業から、100人未満の中小企業へ転職を果たした岩田さん(40歳)40代で大企業から中小企業への転職は驚きの連続転職してまず驚いたことは、アシスタントがほとんどいない状態で、営業マンがほとんどの庶務業務を兼務し営業・提案・契約・請求などの経理処理を行っているということでした。これではさすがに非効率だと考えた岩田さんが、事務系社員を増や [続きを読む]