山下龍也 さん プロフィール

  •  
山下龍也さん: サラリーマン作家 山下龍也
ハンドル名山下龍也 さん
ブログタイトルサラリーマン作家 山下龍也
ブログURLhttp://y-tatsuya-business.sblo.jp/
サイト紹介文いちサラリーマンがネット書籍に挑戦!
自由文ふとしたきっかけから、サラリーマン目線のビジネスネタを書籍化することを始めました。有名な企業家でも、雲の上の経済人でもないからこそ、身近な会社員、ビジネスマン・ビジネスウーマン目線の書籍を細々と書き続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2017/12/09 00:29

山下龍也 さんのブログ記事

  • 忙しいときほど。。。
  • 何もなくても気が急いているそんな12月なうえに、繁忙期。仕事に終われるようなことはないけど普段の数倍忙しいことに変わりはない。忙しいから、仕事ばかりになる。これってこの上ない悪循環で、忙しいときほど、気分転換や息抜きって必要。何も考えずにゆっくり過ごすも良し。だけど、忙しい時期って、ゆっくりしてると仕事のことを考える。だから、何か仕事とは切り離せることを。ちょっとした非日常みたいな過ごし方や好きなこ [続きを読む]
  • ちなみに去り際とは難しく。。。
  • ここ数年、常に頭の片隅にあるサラリーマン引退。知ってか知らずか、毎年のように何かしらの思いとどまらせるような出来事が起こる。正直に言ってしまえば、会社の仕事のことならば、誰かが欠ければ、誰かがその役割りを担うもので、たいして気にする必要はないと思っている。代わりの務まらないような人が欠けたとしても、誰かが何とか引き継いで、それなりの形で回るのが企業という組織だと思っている。その上で、引退を思いとど [続きを読む]
  • 今年も沢山のダウンロード感謝します☆
  • 2018年が残り1ヶ月をきった。今年は勇んでスタートしたサラリーマン作家活動だけど、結局は出版数を増やすにはいたらず。。。それでも、「書きたいことを書く!」という面では、それなりに納得のいくものをリリースできた。ちなみに、各電子書籍書店で著者紹介ってされてるんだけど、アマゾンだと現役サラリーマンの目線から現代の企業の抱える問題について考察し、独自の視点から疑問や不満を形にすることを提案し、企業へ対し指 [続きを読む]
  • やはり不思議な「新地」という料亭街
  • やはり不思議でしかたない。大阪に今でも残る「新地」と言われる料亭街。世間一般的にいう風俗街だ。やってることは、ソープランドと変わらない。短時間でありながら、実物指名のスタイルのせいか、金額は、大衆ソープの2倍ほどの値段になる。何をする場所かは、誰もが知っていながら、法に裁かれることのない不思議な世界だ。そう思っているところに、さらに謎を深めるニュース。「スーパー玉出」創業者逮捕 暴力団側から売春収 [続きを読む]
  • 時代は変わる。。。過去のヒーローはいつか去る
  • これまでにも、幾度も経験してきた感情。時代は移り変わるもの。わかっていながら実感は薄い。それなのに、妙に実感することがある。自分自身の好きなもの、好きな人、好きなことそれに関わること、人に変化が生まれることだ。好きな芸能人や、一時代を築いた有名人が引退する、子どもの頃に見ていた役者さんが亡くなる。そして、長年サッカーをしてきたから、そこに関わることになると、その感情はより大きなものとなる。最近は、 [続きを読む]
  • 10月度売上ランキングは28位!
  • 9月のランキングで数ヶ月ぶりにベスト30から脱落していた出版社のランキングだけど、10月はギリギリながら28位でベスト30に返り咲き。上位陣の安定感はすごくて、同じ素人作家としては尊敬に値すると思っている。ビジネス書籍というジャンルが一般的な需要としてどうなのかはよくわからない。上位陣の中には、シリーズものとしてのリリースをしている人もいる。シリーズものは、それはそれで書き続けられる凄さを感じてい [続きを読む]
  • ふと思う。。ワークタイムとアフターワーク
  • かつて、仕事終わりの時間を「アフター5」と表現した。最近になって「アフター6」という表現を使った書籍や記事が出回っている。知ってのとおり、「アフター5」とは17時以降のことをさす。多くの会社の定時の仕事終了時間は17時で、その後の時間のことを仕事終わりのプライベートタイムとして表現していた言葉だ。ところが、17時で仕事を終えて、プライベートに入れる人ってどのくらいいるのだろう?その疑問が「アフター6」へ [続きを読む]
  • 体調管理と健康管理
  • 体調を管理するというのは、社会に出ると当然のことと言われる。健康を管理するというのは、体調管理と似ていて実は全く違うものだと思っていて、健康の管理は体調の管理よりも難しいのかもしれない。例えば、世の中には持病を持っている人が沢山いて、その人たちは、健康管理という面では、できているなんて言えないと思う。先天性の場合はしかたない面もあるが、そうじゃない場合は持病を持っているという時点で健康ではないのだ [続きを読む]
  • そろそろ長編ものに挑戦?それとも他ジャンル?
  • サラリーマン作家のデビュー作から3年目を迎えようとしている。今年も1年、無事にサラリーマン作家としての活動を続けてこれた。無名の素人の書いた本を読んでくれる人がいるというのは、何冊書いても嬉しいもので感謝している。身近な人には、意外と公表していないからダウンロードしてくれている人の多くは全くの見ず知らずの人ということになる。サラリーマン作家としてのデビュー作!あなたの周りのリーダーたちはどっち?素 [続きを読む]
  • 褒め言葉にならない分身説、影武者説(笑)
  • 今の時代、会社のことをSNS上で書くというその行為自体がNGという見方もある。ただ、会社が何も問題がないのであれば、不特定拡散のSNSほどの宣伝力を持った場はないと考える事だってできる。一方で、イメージや感想というのは、個人差の部分も大きくて、結果的に加害者となる人にとってごく普通の行動、発言であっても、その一部だけをクローズアップして公開されると、ただの問題発言、問題行動となってしまうケースは少 [続きを読む]
  • 出版社内9月度ランキングは36位
  • 最近リリース頻度が下がっていしまっているから、当然のことながらランキングも大幅ダウン(笑)7月、8月と20位以内をキープしていたのだが、今回の9月のランキングでは36位に後退。9月にはリリースができなかったということも大きな影響があるにしても、やっぱり素人作家の現実は厳しくて、新作をリリースしなきゃ、売上というのはあがってこないということ。朝がつらい原因は「休息の質」が原因かも!?【初回980円】ネ [続きを読む]
  • 学ぶべきは先輩からではなく、後輩から☆
  • 会社という組織で、何かを学ぶのは先輩から。確かに一般的で、そんな成長をしてきている人の方が断然に多いのだと思う。だからこそ、一定のところまでくると頭打ちになって成長らしい成長ができなくなる。経験だけでは成長は止まってしまう。新しいものは、新しい世代が持ち込むものだから。若手が活躍できる会社を集めました!休息サプリ「ネムリス」86%OFFの980円で始められるチャンス※このキャンペーンは他のページからリンク [続きを読む]
  • サラリーマン作家のネタ元ごとに書籍紹介☆
  • やっぱり一番多く聞かれる質問。。それが「どうやったら書くネタが思いつく?」って質問。前にも書いたことがあるけど、サラリーマンという会社勤めをしている人にネタに困ることはないと思っている。あとは、それを自分の言葉で表現できるかどうか。この部分については、書くということに慣れているかどうかっていう部分が影響はしてくると思うけど。ネタという考え方については、1ヶ月や1週間に1つくらいは、何かしらのネタは [続きを読む]
  • 歴代チャンピオンの復帰が続く!
  • 日本のボクシングが2つの団体に新たに加盟して、日本人世界チャンピオンは過去と比較して多数を維持しているのだけど。。。ボクシングが盛り上がっているかというとそうとも言えない。ボクシングファンであっても、「なぜ?」というような選手が世界タイトルに挑戦するケースも少なくないのも要因の1つか?盛り上がりにかけると、よく言われるのが「スター選手不在」ということだが、現在はそうではないだろう。101%のプライド [続きを読む]
  • 大丈夫か?大阪の。。。
  • 次から次へと出てくるもので。。。1つ出れば便乗して騒ぎ出すのは日本のマスコミの特徴なのかもしれないけど、ネタがそれだけあることに驚きを覚える。MBS 番組宣伝担当の男性社員が女性社員を盗撮被害女性が被害届「落し物管理システム」に”100回以上”アクセス、詐欺容疑で逮捕の大阪府警巡査電車で酔って寝ていた女性にわいせつ行為容疑で大阪市職員の43歳男を逮捕WordPress・EC-CUBE簡単インストール機能対応!レンタル [続きを読む]
  • サラリーマン作家!8月度ランキング☆
  • 毎月恒例のランキングが発表された。まんがびとさんの著者別ランキングの8月の結果。19位前月からは、3ランクダウンだけど、トップ20をなんとか維持できた。とは言っても、サラリーマン作家の辛いところで、9月はリリースできずに終わりそうな雰囲気。現在執筆中の新作は、恐らく10月の初旬になりそうだ。9月のランキングは厳しいかな。【最新作】なぜか期待させるリーダーの秘密 〜期待される人は空気が違う〜【人気作 [続きを読む]
  • 会社の変革って?経営層にはムリかも(笑)
  • 「旧態依然」この言葉って、その組織に属している人、特に、その組織の経営層は気づかないもの。気づかないというよりも、自分たちは変化していると思い込んでしまっているものだ。確かに、狭い範囲の小さなレベルでの変化は、どこの企業でもしているのだろう。そんなことじゃなくて、もっと大きな視点でも見たときに、結局多くの企業は10年前と比較して大して何も変わっていないということが多い。一生懸命に、方針だ政策だと語っ [続きを読む]
  • ペーパーバックという需要
  • 8月には2冊をリリースしたサラリーマン作家活動。そして、出版社の意向で7月からは紙版書籍としてアマゾンでのペーパーバック販売も開始されている。電子書籍としてのリリースを2年ほど続けているが、やはり、無名の素人作家の作品では、毎月のダウンロード数は限られたものになる。新聞にしても、書籍にしても紙媒体は衰退する市場と認識されている。たしかに市場規模の縮小は進んでいるわけで、俺自身も紙媒体での出版はあま [続きを読む]
  • 台風の爪あと。。。
  • 一晩明けても混乱は続いている。交通機関の乱れに停電の復旧遅れ。街中には落下した看板や倒れた木々。普段から関西の台風への警戒感の強さには驚きを感じていたのだが、これだけ後手に回る対応力では無理もないかも。最先端の発毛技術・再生医療由来の技術(名古屋・東京・岐阜)【メセル発毛HCR法】台風経験豊富な九州で育った俺には、関西の警戒心の強さは、滑稽ですらあったのだけど、どうしてよいのかわからない、だから、念 [続きを読む]
  • 7月度の出版社ランキング!16位☆
  • 初のペーパーバックもリリースされた7月の出版社のランキングが発表された。詳細情報は、まだ手元に届いていないから不明だけど結果は16位。過去2番目の好成績となった。あなたも危ないコトバ選びの落とし穴 そのコトバがあなたの価値を落としている!【電子書籍】[ 山下龍也 ]価格:323円(2018/8/22 18:54時点)感想(0件)アマゾンならペーパーバックも購入可能山下龍也 作品一覧7月の後半からは、過去の出版作品も続々とペー [続きを読む]
  • しばらくぶりに更新!
  • しばらく、こちらの更新が止まってしまっていた。その間にも、サラリーマン作家としての執筆活動は続けていたわけで、8月は、2冊リリースされる。1冊は、いつもお世話になっている出版社を通してのリリースとなるから、いろんな電子書籍を扱う書店で見てもらうことができる。そして、もう1冊は既にリリース済み!こちらは、Amazonでのみとなるけど、読み放題にも対応しているから、既に登録している人などは、無料で読んでもら [続きを読む]
  • 紙版での書籍初リリース
  •  私たちが毎日使う「枕」を「一般医療機器」として製品化した枕【The Pillow Beauty (ザ・ピロービューティー)】サラリーマン作家活動の最新作が、出版社の意向で初のペーパーバックでリリース。当然、想定して書いていなかったから、ページ数も60ページ弱で、文字の大きさも小学校の教科書くらい(笑)あなたも危ないコトバ選びの落とし穴 そのコトバがあなたの価値を落としている!あなたも危ないコトバ選びの落とし穴 その [続きを読む]
  • やっぱり復帰。。。
  • 少し前に、亀田3兄弟の興毅が限定復帰で話題となった。復帰戦兼引退試合が公式戦と認可されなかったこともあってか、「もう1試合」そう言って、賛否両論を巻き起こした。話題に事欠かない選手だったとはいえ、国内で試合ができない状態で引退した彼の復帰は、あまり予想していなかっただけに面白みがあった。【中古】 亀田興毅天下無双 その軌跡と生き様 / 原 功 / 徳間書店 [単行本]【ネコポス発送】価格:279円(2018/7/20 22:56 [続きを読む]
  • 精神論で人は集まらない
  • 一部の悪徳商法やマイナー宗教でもない限り「本気でやれば何とかなる」「もっと真剣にしないからだ」などという精神論で人は集まるわけがない。就職状況が、買い手市場から売り手市場に移りつつある。あるいは既に完全に切り替わったのかもしれない。策を持たない企業は、求人を出しても人が集まってこない。アルバイトも転職も派遣も。求人情報サイトWorkin.jp(ワーキン)!。本気だの真剣だのっていう精神論より条件なり売り込 [続きを読む]