山下龍也 さん プロフィール

  •  
山下龍也さん: サラリーマン作家 山下龍也
ハンドル名山下龍也 さん
ブログタイトルサラリーマン作家 山下龍也
ブログURLhttp://y-tatsuya-business.sblo.jp/
サイト紹介文いちサラリーマンがネット書籍に挑戦!
自由文ふとしたきっかけから、サラリーマン目線のビジネスネタを書籍化することを始めました。有名な企業家でも、雲の上の経済人でもないからこそ、身近な会社員、ビジネスマン・ビジネスウーマン目線の書籍を細々と書き続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 77日(平均10.2回/週) - 参加 2017/12/09 00:29

山下龍也 さんのブログ記事

  • 久しぶりにアニメの話。お薦めの泣けたアニメ★
  • 公私の切替スイッチの1つとして鑑賞するアニメなんだけど、はまってしまうと、次から次へと色んな種類に手を出してしまう。以前にお気に入りを紹介した記事を書いたこともあったけど、過去記事30代サラリーマンの勝手にアニメランキングhttps://blog.sakura.ne.jp/cms/article/edit/input?id=181889383今回は、前回とは別の視点で、「泣けるアニメ」の個人的なお薦めを紹介してみたい。【niconico】プレミアムなら終了した番組 [続きを読む]
  • サラリーマン作家最新作!細々と(笑)発売中★
  • サラリーマン作家 山下龍也として2018年に最初に執筆した作品が今月リリースされた!今回は、出版社側からの意向もあって「時間術」がテーマとなっている。仕事って、自分の時間をいかに管理、コントロールできるかで、成果が大きく変わってくるもの。・なぜかいつもバタバタしている人・ちょっとしたトラブルで流れが乱れる人・とにかく人より仕事が遅い人・そんな人たちを部下に持つ人こんな人たちに読んでもらえたら、少し [続きを読む]
  • ハラスメントは被害者保護視点。そして被害者に上下は関係ない
  • 人事異動、決算発表、企業の春は忙しい。そんな中で、大手のトップ人事が一部で話題となっている。執行役員がセクハラ発言 同席社長は辞任https://mainichi.jp/articles/20180216/k00/00e/040/327000c中身については、なんとも情けない内容。社長を辞任にまで追い込む結果となった執行役員はもちろん退職しているらしいが、稚拙極まりない、執行役員ってそんなもの?と言いたくなるようなお粗末な発言が並んでいたようだ。。。今 [続きを読む]
  • 下げ止まり?仮想通貨不安はひと段落?それでも信頼できる場所で
  • 一般の人では想像もできないような金額がいとも簡単に流出したということで話題になった仮想通貨。昨年が異常な跳ね上がりを見せていたとはいっても、代表されるビットコインは昨年の最高値の半分以下の価格にまで落ち込みを見せた。。。ここに来て、数日間は上げ基調が続き、1BTCあたりが100万を越えた価格でやや安定してきたか?どんなものかって興味と世間が騒ぐ理由を知りたくて、支障のない小遣い範囲で仮想通貨に挑戦 [続きを読む]
  • 春の嵐は激しく・・人員計画3つの過ち。。。俺のとこだけ?
  • 企業に吹き荒れる春の嵐人事異動この時期に限らず、会社は人事を組むために人員計画を立てるものだと思うが、時代を知らぬ、世間を知らぬ経営陣は、ここでも過ちをおかしてしまう。当然だが。。この春に、俺の会社で人事に影響した過ちは大きくは3つ。①募集人数<応募人数採用計画を立てて、募集人数を決める。そして、その数を確保できる前提で人員計画を立てるという。なんともおめでたい失態。。。募集人数以上の応募があって [続きを読む]
  • 作家活動1月のランキング!著者別は。。。
  • 毎月の楽しみの1つになっている電子書籍の出版でお世話になっている出版社「まんがびと」さんの月別ランキング。1月の成績が発表されました!著者別ランキングと書籍別ランキングがあるのだけれど、特に楽しみにしているのが著者別ランキング。実際に何名くらいが出版しているかは明かされていないのだけど、毎月100位までが公開されている。毎月1冊のペースでリリースしているから、毎月新作を出していることになるのだけど [続きを読む]
  • 「日経くらい読め!」というが、上辺だけ知って何になる?
  • サラリーマンなら、特に30代以上なら一度くらいは言われたことがあるのでは?「社会人なら日経くらいは読め!」日経新聞は、サラリーマンのバイブルのように言われていた時代があったらしい。長年サラリーマンをしているが、日経の記事に救われたこともなければ、日経を読んでなくて恥をかいたこともない。「今の日経平均を知っているか?」これも同じで、景気の大きな流れを知る意味では1つの参考数値かもしれないが、それ以上 [続きを読む]
  • 苦戦が続く冬季五輪 〜日本人は自国評価が甘い・・・〜
  • 夏冬問わず、オリンピックの度に耳にする「メダルラッシュに期待」という言葉。今回の冬季五輪に関しても、メダル20個、メダル30個などと、開幕前からテレビや雑誌ではメダリストを予想して、「今回はメダルの期待大」というお決まりのフレーズを繰り返す。ブログ村 サラリーマン日記ブログそして、今回の冬季五輪は開幕したのだが。。。メダルの数は伸びていない・・・金メダルに至っては。。。ただ、これさえも毎回のことで [続きを読む]
  • 100記事を突破!ということでもっと自分らしく
  • 実は、この1つ前の記事で100記事を達成していた(笑)思いつきのように始めたけど、何となく日課になって、でも書きたいことだけを書いていたら意外と早く100記事に。もともと書くということが嫌いじゃないし苦にもならないから、自分の中で驚きはあんまりないのだけれど、明確にブログの目標を持っているわけでもないのに続いたことについては正直驚き。ただ、ここまで書いてくると、やっぱり少し無理している部分がある気 [続きを読む]
  • 何かと話題の仮想通貨。やらなきゃわからん!だから始めてみました。
  • ここ数年、徐々に拡散していって、先日のニュースで世間の話題の中心に躍り出た仮想通貨。賛否両論、いろいろな意見が出ていて、実際に得した人も、大損した人もいて、それでも、将来性があるという人もいれば、一時のバブルで長くは続かないと言う人も。なんだかんだ言われてみたって、実情がどうなのかなんて、実際に経験してみなきゃわからない。ってことで、微々たる物ながらホンの少し足を踏み入れてみることにした。学生のバ [続きを読む]
  • 何かと後手に回る無能経営。。高齢化はわかりきっていた。
  • 「少子高齢化」この言葉って、いつくらいから耳にするようになっただろう。わからなくなるくらい前から言われ始めた日本の実情と、将来の予測。日本の社会の将来がそうであるのならば、その縮図である企業にとっても同様のことが起こるということくらいは容易に想像がついて当然のこと。のはずなのだが。。。その場を、その時を最重要視する無能な経営陣には、5年、10年先の姿を描くなどということは、口にはすれど、イメージす [続きを読む]
  • 批判で生きようとする評論家に賛同はできない
  • 大きな事件があると、しばらくはその話題でテレビやマスコミは目をひこうとするもの。そして、専門家かどうかもわからない、「経済評論家」という便利な肩書きの人たちがコメンテーターとして、そのニュースに対してさまざまな意見を述べている。そもそも「経済評論家」というものが、何を専門としているのかが曖昧すぎて、あまり彼らの言うことに興味を持てないのだけれど、特に納得いかないのが、世の中で起こる様々なことに対し [続きを読む]
  • いよいよ冬季五輪が始まる★早速のレジェンド登場!
  • 毎回、なぜか夏季五輪ほどの盛り上がりが見られないのが冬季五輪。今回は、開催地含めて、もっと話題に上がるのかと思っていたけど、相変わらず。そんな中でも、注目選手はたくさんいて、今回はメダルの期待も高いらしい。メダルや成績を超越して、既に「伝説」となっているのが、スキージャンプの代表選手、葛西紀明選手。8回目の五輪出場ということ、ジャンプで45歳という年齢で第一線で戦い続けてるということ。成績やメダル [続きを読む]
  • 癒しの時間、コーヒータイム★目指すはMyBrend☆
  • 公私の切替にアニメ鑑賞を使っている。それとは別に、プライベートタイムにもビジネスタイムにも癒しの時間は必要。その癒しに使っているのがコーヒータイム。昔からコーヒーは好きだったのだけど、ここ数年で、そのコーヒーが大きく変わった。自分の中でのコーヒーへのこだわりが強くなったということ。これまでは、インスタントコーヒーでも缶コーヒーでも、コーヒーでさえあればある程度の癒しをもらうことはできたし、コーヒー [続きを読む]
  • 春の嵐が間近!会社に訪れる人事の嵐
  • 日常生活では、まだまだ大寒波の話題が続いているけど、サラリーマンにとってもう1つの嵐がすぐそこまで迫っているそんな人も少なくないのでは?サラリーマンに訪れる春の嵐!人事異動気が気でないという人もいるだろうし、発表を心待ちにしている人もいるかも。最近は、労働組合が力を持ってきたこと、若年世代に遠距離転勤を敬遠する人が増えたことなどもあって異動エリアが制限されている企業も多いみたい。【カフェロイヤル公 [続きを読む]
  • シリーズ制覇アニメ!「マクロス」シリーズ
  • 公私の切替にアニメ鑑賞を使っている。この方法を切替の気分転換に使い始めて3年ほどになるかな。シリーズ完全制覇したアニメもいくつか出てきた。?『マクロス ゼロ』(2008年)?『超時空要塞マクロス』『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』(2009年 - 2010年)?『超時空要塞マクロス Flash Back 2012』(2012年)?『マクロスプラス』(2040年)?『マクロス7』(2045年 - 2046年)?『マクロス ダイナマイト7』(204 [続きを読む]
  • 世の経営陣へ 〜己が裸の王様であると胸を張れ〜
  • 偉そうなタイトルにしてみたけど(笑)なんか、一般企業の経営陣って器に問題のある人も少なくないのかな。。。そう思っているって話。サラリーマンであるから、一番身近な経営陣となると自分の会社となる。これに関しては、間違いなく言えること。器が小さい。。。『経営とは孤独なもの』『経営者とは孤独との闘い』そんな言葉をよく聞くけど、それってごく一握りの有能な経営陣に言えることで、そこら中にある企業の経営陣って、 [続きを読む]
  • 最新作の発売日決定!テーマはトラブル対処法★
  • さて1月に今年初の入稿を済ませた作品の発売日が決定しました。時間の使い方でトラブルに負けない自分をつくる〜ペース配分があなたを救う〜出版社の【まんがびと】さんには、書籍ページのトップでも紹介してもらえて、ありがたいかぎりです。今回の中身について少し説明すると、仕事でのトラブルは避けられないもの。でも、同じトラブルに遭遇しても、パニックになる人もいれば、普段と変わらぬ表情でペースで対処する人もいるの [続きを読む]
  • 他人の不倫を騒いで何を得る?売上や視聴率という富?
  • いつまで続くのか?この不毛なネタ・・・誰が誰に恋愛感情を持とうが自由で、それが、芸能人であろうが、既婚者であろうが、それに関して周りが何かをいうことなんて余計なお世話だろう。テレビや雑誌などのマスコミに上がるのは当然ながら、有名人や芸能人となるが、これもおかしな話で、世の中には、数え切れないほど、そういう人はいるわけで、記事を書いている人の周りにも、テレビでコメントや批評している人の周りにだって、 [続きを読む]
  • 板ばさみの日々。それがサラリーマン生活。
  • 中間管理職という立場がある。上司と部下の板ばさみにあるという損な役回りと言われることの多い立場。でも、仕事をしていると、中間管理職に限らず、常に板ばさみの日々を過ごしているそんな気になることがある。ようは、それをどう受け止めて、どのように対処して、自分を維持するのか。中間管理職が損な役回りに見られるのは、その板ばさみを苦痛に感じている人が多いからだと思う。それは、社内という狭い世界での板ばさみで逃 [続きを読む]
  • これぞプロ!小さなプライドより実益を。
  • 仕事をしていると、小さなプライドの為に自分自身の成長やチャンスの時を逸してしまっている人って少なくない。本人は無自覚であったり、意識していたりさまざまだと思うけど、小さなプライドが自分自身を救ってくれるケースってあまりないように感じる。そんな中で、サッカー日本代表でW杯を戦いたいという選手たちの動向には見習うべき点が多いように感じている。代表常連から当落線上の選手まで、数ヵ月後に迫ったW杯に向けて [続きを読む]
  • 1月の作家活動。サラリーマン作家は今年も継続!
  • 去年の年末に、このブログをはじめて、サラリーマン作家としての活動と、なんでもないサラリーマンでも本を出すことができるってことを書いてる。今年に入っても、もちろん作家活動もサラリーマン生活も続いているわけで、そんな中でのサラリーマン作家としての1月の活動結果はというと。。。【電子書籍】新作発表部下を動かすたったひとつの魔法の言葉〜やる気を引き出すモチベーション会話術〜部下を動かすたったひとつの魔法の [続きを読む]
  • 「〇〇の人」ってイメージは根強い(笑)
  • なんか、ドラマの中とかのイメージと違って、いつも新鮮なんだけど、山田孝之は“ジョージアの人”!?自虐「なくなったらただの人」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000089-spnannex-ent確かに、イメージ強い。。。芸能人って何か代表作ができると「〇〇の人」とか「〇〇に出てる人」って言われ方をすること多いけど、実は、一般人についても同じだと思ってる。会社の人のことを、色んな例えで会話に登場させるこ [続きを読む]