岡崎展久塾 さん プロフィール

  •  
岡崎展久塾さん: 岡崎展久塾
ハンドル名岡崎展久塾 さん
ブログタイトル岡崎展久塾
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/k_sakura_net-okazaki_nobuhisa/
サイト紹介文アエラ・ウイッズ・キッズや朝日新聞に掲載されたカリスマ講師の塾。 浜松町と調布の国語専門塾。
自由文アエラ・ウイッズ・キッズや朝日新聞に取材掲載されたカリスマ家庭教師が塾を開きました。 浜松町と、調布に2017年に開校した、個別塾です。 国語に特化した、国語専門塾です。御三家や難関校の 読解・記述をメインに、文法やことわざなど、国語のすべてを扱います。 もちろん、古文や漢文もオッケイ。中学受験から東大の二次試験までオッケイ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供432回 / 192日(平均15.8回/週) - 参加 2017/12/10 01:56

岡崎展久塾 さんのブログ記事

  • たまには
  • 記述だけのレッスン、してみたいな・・・・^^岡崎展久塾のお申し込みは、ホームページからお願いします。岡崎展久 ホームページ・浜松町・豊洲・調布・天王洲・中学受験http://happy-juken.jimdo.com/」 [続きを読む]
  • 銀本のやり方のコツ
  • 難しい文章は避ける。やってわかんないのは、飛ばす。そのうちできるようになります。岡崎展久塾のお申し込みは、ホームページからお願いします。岡崎展久 ホームページ・浜松町・豊洲・調布・天王洲・中学受験http://happy-juken.jimdo.com/」 [続きを読む]
  • 巣鴨中学2016年の問題・・・椎名誠
  • 風紀が厳しいとかで、生徒に敬遠されて最近は、人気が落ち気味な巣鴨中学。風紀が厳しい学校のほうがいいと思いますが・・・^^・・・・・椎名誠の問題文・・・かつてはあれほどはやった椎名誠。最近は見ませんね。最近は重松清ばっか・・・あんまり好きじゃなかったが、なぜかというと似非文学だから。あれほど引っ張りだこだった東大の脳科学者も脱税指摘されてからはあまり見なくなりました。・・・・アジアの貧しい地域に行く [続きを読む]
  • 速読は必要か・・・・・・
  • 慣れると早くなるのでご心配には及びません。6年生の12月まで行くと過去問に入り、時間を決めて過去問をやるので見違えるほど早くなります。それまでは精読がカギです。岡崎展久塾のお申し込みは、ホームページからお願いします。岡崎展久 ホームページ・浜松町・豊洲・調布・天王洲・中学受験http://happy-juken.jimdo.com/」 [続きを読む]
  • 記述の要諦
  • 平易な言葉で書くことです。やさしい言葉で書く。難しい言葉で書いたって、えらくもなんともありゅあ、しません。完全に理解出来たらやさしい言葉で書けるはず・・・難解な熟語や外国語を使うということはわかってない証拠です。馬鹿なんです。コンプライアンスとかガバナンスとか言ってるやつはあほです。ハイ、僕も時々使います。面倒なので・・・若いうちは使わなかったかな・・・記述の「要諦」なんてダメですね^^ [続きを読む]
  • 国語偏差値45から60へ急上昇!・・・ママさんメールから
  • 「ママなび」有難うございました。 拝読した直後に、四谷の国語・社会の受講を止めて、ナビ通りに進めました。結果、苦手な国語偏差値が45から60まで上がるなど順調に推移しております。重ねて御礼申し上げます。先生の代わりに宣伝したい気持ちです。・・・・良かったですね^^僕もうれしいです。偏差値45から60なんて驚異ですね。岡崎マジック^^ [続きを読む]
  • 敬語は大事
  • 敬語が大事なのは、視点を変える訓練になるからです。仕事でも研究でも大事な要素です。相手を知ることは、大事です。相手が人間であれ、自然であれ、研究対象であれ・・・相手の立場に立つ。今回日大の学長が、マスコミの囲みで理事や、理事長に対して敬語を使いました。身内には、謙譲を使います。まるで何も知らない新入社員のようです。この大学はダメですね。緊張してたのか?緊張すればするほど、敬語は使うような気がします [続きを読む]
  • 説明できたら、わかったということです。
  • 国語で、説明すると、理解の程度がわかります。言葉にできないということは理解してないということです。それがわかっている生徒も先生もそんなにいません。岡崎展久塾のお申し込みは、ホームページからお願いします。岡崎展久 ホームページ・浜松町・豊洲・調布・天王洲・中学受験http://happy-juken.jimdo.com/」 [続きを読む]
  • ママなびのおかげで合格しました・・・お母様のメールから
  • お久しぶりです。ご報告がおそくなりまして申し訳ありません。以前「ママなび」購入時、メールにて連絡をとっていた□□と申します。今年受験でした。5年の夏休みから塾なし家庭教師週一でこちらに相談にのっていただきながら○○中学に合格しました(△△中学は落ちました、が後で聞いたところ○○のほうが偏差値があがってきているとのことびっくりしています)とても楽しく通っています。この「ママなび」の書いてある通りしか勉 [続きを読む]
  • 熟練の指導・・・
  • 家庭教師歴40年弱です。全部わかっているので安心してお任せくださいね。学力がいまいちな生徒から中位で伸び悩んでいる生徒、御三家東大クラスまで全部指導できます。細かい知識から、スケジューリング迄ご指導できます。定期考査・内部受験そしてガチな受験まで方法論があります。中学受験・高校受験・大学受験・・・また、毎年担当しているのでリアルな情報もあります。合格・目標目指して頑張りましょう!岡崎展久塾のお申し込 [続きを読む]
  • 日大藤沢の問題・2015銀本
  • もうすぐ小学校を卒業の恭介が主人公。恭介は結構な暴れ者でへそ曲がり。私立中学に入学が決まっていてクラスの好きな女の子と別れるのがつらくてしょうがないのです。クラスメートから、サイン帳を渡されても「てやんでい」とか、彼女と別れるつらさが裏返っての逆切れ。唯一の生きがいは彼女がトン汁が嫌いで給食の時、彼女にトン汁をいっぱいもって、嫌がられること・・・男子は好きな女子には意地悪して歓心を買いたいのです。 [続きを読む]
  • 幸田露伴の孫と、養老孟司の文章・・・日能研全国模試
  • 1番・幸田露伴の孫のエッセイ小学生の男子にはつかみづらいと思います。2番・・・養老孟司の文章A=Bは、動物にはわからない。(養老孟子の文章もよくわからないです^^)知能検査は、Aと、Bが同じかどうかを測ります。それが人間・知性です。動物は、感覚的な感性で生きているもので、人間とは違うということを繰り返し主張されていますが、それが何か・・・・?と思ってしまいます。これの要点をまとめろと言われて大人でも困っ [続きを読む]
  • 施設の哀しい話・・・お父さんお母さん・2014早稲田実業
  • まあ、むつかしい文章です。勝手に端折ってるからわからない。場面転換も、登場人物もいきなりなので、わかりづらい文章です。これで、もう一問もやって、50分はきついな。・・・・交通事故で両親を亡くした主人公は叔父叔母に引き取られますが虐待を受けて、施設に逃げます。叔父叔母のうちで主人公は、連れ子の継子です。ご両親に育てられたお子さんにはその苦労はわからないと思います。僕もわかりませんが父は、幼少期、連れ子 [続きを読む]
  • わかんないことは先生に聞くべきだ。
  • お稽古事で、そう叱られました。日本の文化で、わからなくて師匠に聞けるはずがないのです。僕は、先生がお金を取っているならわからないなら先生が原因を追究してできるように理解させて向上させるべきだと思っています。絶対にわかったほうがいい。出来たほうがいい。原因もわかんないで「だめだだめだ」なんて、おまえの頭が悪い・おまえの聞き方が悪い、お前の耳が悪い、そんなことはお金もらって許されるはずがないと思います [続きを読む]
  • 大学受験もやりますよ^^
  • 今や中学受験に特化してしまいましたが英語・漢文・古文・現代文・記述・小論文・世界史・日本史は、熟練の技があります。良かったら、岡崎展久塾来てくださいね。文系大学ならどこでも入れてあげますよ。繰り返し勉強術の秘術をお教えします。英語・・・・・・・・・・・・・全国2位古文漢文現代文・・・Z会一級日本史・・・・・・・偏差値70世界史・・・・・全国一位数学も、1・2、A・Bまでは医学部まで、指導できます。何人か [続きを読む]
  • 答えを見て指導してはいけない。
  • 国語の記号も、結構ややこしいものがります。抜き出しも、見つかんないときもあります。塾の先生は答えを見てから、授業します答えに合わせて、説明します。答えがあるなら、説明は簡単です。大事なのは答えを導き出す過程の考え方です。先生がたまに答えを間違えても、考え方がわかれば生徒は伸びていきます。先生もちゃんと読めば間違える可能性も減りますがパッと、一読して答えが完全に合うことなんかなかなかありません。答え [続きを読む]
  • 東北大震災の爪痕・・・逗子開成2016の問題・鎌田 實
  • 津波で父母が死んだ。死んだのは残念だが、「家で死にたい」が口癖だったからせめてもの救いだ・・・・夫婦二人で一緒に死んでるから寂しくないだろう・・・津波で父母と息子と娘が死んで夫婦だけ生き残った。父母に対する悲しみは徐々に癒えるが子供に対する思いは消えない。守ってやれなかった・・・鎌田は医師で被災地に入っています。死を前にして、どうしようもない現実と向き合います。人間はいずれは死にますがそれは、皆忘 [続きを読む]
  • 成蹊中学の問題・・・素直な男の子たち・有吉 玉青
  • 同級生が死にます。目立たない男の子でした。担任が、号泣します。女子も泣きます。男の子たちは違和感を覚えます。死に色々な意味が付きます。いい子だったから、早く召された・・・葬式ではちゃら子が、涙を振り絞りますが翌日にはケロッと、新曲の披露をします。担任も、泣いてたはずが、クイズ出したりします。変な奴だ。男の達は、ある日気が付きます。彼の死に意味はなかった。偶然死んだんだ。可哀想に・・・その瞬間哀しく [続きを読む]
  • 血沸き肉躍る文学・・・つまんない物はつまんない
  • そういってあげると子供は落ち着くと思います。詰まんないものはつまんない。文学ってもっと、ドラマチックです。ドラマチック天国・・・たいして面白くないのに持ち上げるから子供は混乱します。つまんない物はつまんない。シェークスピア・・・つまんないですね。みな裸の王様です。正直こそ、文学の源・・・もしくは、「シェークスピアわからない」と正直に言いましょう。岡崎展久塾のお申し込みは、ホームページからお願いしま [続きを読む]