artyⅡ さん プロフィール

  •  
artyⅡさん: ほとんど一人旅Ⅱ
ハンドル名artyⅡ さん
ブログタイトルほとんど一人旅Ⅱ
ブログURLhttps://arty0417a.blog.fc2.com/
サイト紹介文前ブログ「ほとんど一人旅」の続きです。 ほとんど海外一人旅で撮った写真をお見せするブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供318回 / 346日(平均6.4回/週) - 参加 2017/12/10 03:01

artyⅡ さんのブログ記事

  • コヴェントリーの街並みと大聖堂の廃墟
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。昨日は時系列は無視してコヴェントリーのイベントでみた車たちの写真をアップしましたので、今日は町の様子の写真たちです。なんてないですが、比較的新しそうなビルの壁に写った青空と白い雲が気になってぱちり。やはりこのあたりもレンガの建物がたくさんあるようです。Cheylesmore Manor Houseと書いてありました。シンプルな木組みが美しいです。漆喰壁もちょっと古くな [続きを読む]
  • コヴェントリーでの車のイベント
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。6月3日今日も朝食のチョイスはイングリッシュブレックファースト風。パイナップル大好きです。この日はコヴェントリーに行くことにしました。チケットです。オフピークの往復運賃はとってもお得だと思います。なのでイギリス旅行をするとつい朝が遅めの出発になります(笑)。とはいえ、この日は日曜日だったので朝の制限はありません。これに乗ったんだと思います。車内は [続きを読む]
  • バーミンガムの運河
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。バーミンガムの中心部にある運河の写真の続きです。白い建物が気になってズーム。緑の建物とボートが素敵です。キャナルハウスと書いてありました。きっとパブとかもあるんでしょうけど、激混みだったので入っていません。この時間帯の日光の当たり具合が、この建物をより印象的にみせていると思います。角度をかえてもう一枚。そばまでやってきました。レンガと木のコンビ [続きを読む]
  • バーミンガムのお散歩、運河の方に歩いてみました
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。ボタニカルガーデンを堪能しましたので中心部に戻ります。やっぱり徒歩で戻ります。途中気になったモニュメントをぱちり。Googleマップでチェックしたら、教会だったようです。開いていませんでした。Peace Gardens Church近づいて下から見上げてぱちり。教会のまわりは Peace Gardenです。バラが植えてったのでしばし鑑賞。初夏だし結構きれいな状態で咲いていました。こち [続きを読む]
  • バーミンガムボタニカルガーデン3
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。今日までバーミンガムボタニカルガーデンで撮った写真です。小さな池もあります。水草などもたっぷり。爽やかな白いお花。水辺にかわいいお花達。間がのびた感じのお花のつき方ではどう撮ったらいいのかわかりません。思いっきり上から撮るのがいいのかな。この色合い大好きです。横から撮るとこんなになってしまいます。パープルもぱきっとしてよいですね。これはお花と花 [続きを読む]
  • バーミンガムボタニカルガーデン 2
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。昨日に引き続きバーミンガムボタニカルガーデンで撮った写真です。Japanese Gardenというエリアがありました。あまりこの手のにケチをつける気はないんですが、着物の方、なんか違和感あると思ったら左前です。日本っぽい画像を集めてきて編集したんでしょうけど、この方の着付けはイギリスでしたのかな?誰かチェックしなかったんでしょうか???そんなに広いエリアではあ [続きを読む]
  • バーミンガムボタニカルガーデン1
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。今日から3日間、バーミンガムボタニカルガーデンで撮った写真です。入り口付近にあった温室から見ていきましょう。バナナがなっています。実の重量って結構あると思うんですが、上向きになるんですね。これ、熟したら誰かが収穫するんでしょうか??花の名前は知らないですし、名札がついていても英語ではピンとこないものが多いので名前はチェックしていません。なのでほと [続きを読む]
  • バーミンガムに戻りましょう
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。ロイヤルエアフォースミュージアムで撮った写真をあと少しだけ。上から見た戦車です。下りてきて横からぱちり。冷戦時代に関する展示のコーナーです。車のコーナー。オースティンのマークついていました。これもミニかな。背景の通貨マークとこの車の展示たち。ぼんやりしていたので何の展示だったのか全くわからず写真を撮っただけです。戦闘機満載の重さがきつかったんだ [続きを読む]
  • ロイヤルエアフォースミュージアム3
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。今日もコスフォードのロイヤルエアフォースミュージアムで撮った写真です。昨日の後半から第二次世界大戦中の飛行機たちの写真でしたが、ここにもありました。桜花。Yokosuka Ohka, single-seat rocket-powered suicide attack aircraft前からもぱちり。かわいい名前がついているのになんとも残念な用途。これも桜花と一緒でよく見る気がします。Messerschmitt Me163B-1a [続きを読む]
  • ロイヤルエアフォースミュージアム2
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。今日もロイヤルエアフォースミュージアムで撮った写真です。シャープで格好いい建物です。ここからはいったはずなんですが、たぶんここはカフェとかショップとかで突き抜けて外の展示を見に行ったんだと思います。Hawker Siddeley Dominie T.1 (HS125 Serie 2) クルートレーナーと書いてありました。Hawker Siddeley Nimrod R.1  電子偵察機として使われたそうです。お [続きを読む]
  • 札幌での夕食&道庁の紅葉
  • 小樽のお散歩中です。暗くなってきたので戻ることにして駅に向かいました。つい撮ってしまうマンホール。暗くなってからなんで色が変です。何故にラッコ模様なんでしょう???やっぱり気になる鉄道ねた。旧手宮線です。北海道最初の鉄道だそうです。といっても線路が少しあってこの案内があるだけです。駅に戻ってきました。何やら鐘があります。説明があるみたいですね。全く気付かなかったので読んでいません。色合いと文字がい [続きを読む]
  • 小樽のお散歩
  • 羽田から千歳に向かいます。フライトは、8時発ですのでそれほど急がなくてもよいのですが、7時より前に空港に到着するシャトルバスに乗りました。チェックインも特に問題なく、ラウンジで時間つぶしした後搭乗しました。優先搭乗して誰もいないうちにぱちり。飛行機のお見送りで手を振っていただくと、つい手を振りたくなりますが、いい年して(笑)ちょっと恥ずかしいですし、手を振っても外からは見えないかなとか、葛藤しつつ眺 [続きを読む]
  • 銀座八丁神社めぐり
  • 今日も秋の国内旅行です。昨日は神奈川県の寒川神社でしたが、今日は銀座です。実はセミナーの日程が、11月1〜3日の銀座八丁神社めぐりと重なるのに出発の少し前に気付きました。ここのところ東京に遊びに行くことがなかったので、銀座には随分行っていません。こういう小さなお稲荷さんをお参りするスタンプラリーとかとっても楽しそうと、ぜひ行こうと思っていました。事前に情報を収集したところ、結構並ぶ場所もありますが、 [続きを読む]
  • セミナーさぼって寒川神社参拝
  • 秋の国内旅行、札幌&関東です。仕事関係のセミナーで関東方面に行くことになったのでついでに観光もすることにして、札幌経由で関東に向かい、札幌経由で福岡に戻ることにしました。1日半は一応出席しましたが、居眠りばかりでいまいち集中していなかったようです。反省。セミナーはあと1日あったんですが、な〜んとなく、内容が面白くなさそうだったので受けないことにして(それでいいのか???って自分でも思いますが)、これ [続きを読む]
  • 秋の国内旅行、札幌経由で関東へ&川崎大師さん
  • イギリス旅行記の途中で、ロイヤルエアフォースミュージアムの展示の記事にはいったばかりなんですが、ブログの編集がまた追いつかなくなりました。ミュージアムの記事なんて飛行機の説明書くだけなんですが、古い飛行機(笑)の気分にならないので、先日行ったばかりの国内旅行ネタを間に5日間はさむことにします。例年秋は、仙台の友達と鳴子温泉に行くことが多かったのですが、お友達の都合が悪くて行くことができません。ちょ [続きを読む]
  • ロイヤルエアフォースミュージアムに行きましょうー1
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。6月2日朝食です。イギリスなのでイングリッシュブレックファースト風のチョイスです。クロワッサンはちょっと違うかな(笑)。この日は、コスフォードのロイヤルエアフォースミュージアムに行きました。バーミンガムからはそんなに遠くありません。鉄道でコスフォードまで行って、徒歩10分って感じでしょうか。アクセスは悪くないと思います。オフピークのリターンチケット [続きを読む]
  • バーミンガム図書館
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。ちょっと順番が前後しますが、昨日とばしたバーミンガム図書館の写真です。このようにお花模様の美しい建物です。近づいて下から見上げてぱちり。大きいです。欧州最大の公共図書館だとか。図書館だからだれでもOKだと思いつつどきどきしながら入ってみました。ちなみにこの中にツーリストインフォメーションもあります。中は宇宙っぽいファンタジックな空間。最近はヒスト [続きを読む]
  • バーミンガム中心部のれんがの建物たち
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。St Chad's Cathedral を見たあと、美しい建物採集をしながら旧市街に戻ります。このランプの雰囲気好きなタイプ。ランプがあるあたりは窓ではないと思いますが、つるつる素材だったのかな?青空が写ってきれいです。素朴な建物です。斜めからもぱちり。イギリスではパブも凝った建物のが結構あってみるのも楽しいです。1階部分もかわいいですが、やっぱりこの文字がはいった [続きを読む]
  • St Chad's Cathedral
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。バーミンガム博物館を出て再び街歩きです。やっぱり赤茶色っぽい建物が多いなぁと写真を撮りながら歩きます。この交差点はそれぞれの角に似た建物がありました。角度をかえてズーム。上の建物もそうですが、レンガ部分だけでなく、上の方の装飾も凝っていると思います。でもなぜか装飾部分をズームしようとは思わなかったようです。これも同じ交差点で撮ったはずです。似た [続きを読む]
  • バーミンガム博物館&美術館 4考古学部門
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。今日までバーミンガム博物館&美術館で撮った写真です。考古学部門です。私の好きな中南米あたりのもの。現地でさんざん見ているんですが、好きな分野なのでついたくさん撮ってしまいましたし、またペルーに行きたくなりました。1100−1500年くらいのコロンビアの金製品です。コロンビアではスペイン征服の1000年くらい前から金の加工を行っていたそうです。左はコロンビア [続きを読む]
  • バーミンガム博物館&美術館3
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。きょうもバーミンガム博物館&美術館で撮った写真です。絵画部門です。展示室はこんな感じ。あまり真剣に見なかった気もするんですが、いくつか選んでみました。The Road with Poplars, 1922, by Maurice de Vlaminck なんてないですが、リビングとかにあったらよさそうです。The Guardian Angel (1625-1630年くらい), by Gioacchino Asserreto守護天使が善へ導こうと [続きを読む]
  • バーミンガム博物館&美術館−2 アイアンワーク
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。今日もバーミンガム博物館&美術館で撮った写真です。細かい美しい装飾品もいいんですが、この素朴なでもとても凝ったアイアンワークがたくさん並んでいたのにはテンション上がりました。もちろんこの手の装飾は実際に建物に使われているのを見る方がいいんですが、このように近くから良い状態のものを見ることができるのは楽しいです。シンプルですが味がある渦巻き模様。 [続きを読む]
  • バーミンガム博物館&美術館−1工芸品部門
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。バーミンガム博物館&美術館に行くことにしました。大きな博物館で、「バーミンガムの郷土史や自然史、考古学、民族史学など展示内容は幅広い」だそうです。入り口をはいると優雅な階段ホール。まず向かったのはカフェ。よく探せばきっと良い所があったんでしょうけど、博物館の閉館が17時とわりと早いので時間がかからなくていいかなと。Edwardian Tearoomsと書いてあった [続きを読む]
  • 美しいステンドグラスの聖フィリップ大聖堂
  • 2018年5月30日〜6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。バーミンガムをお散歩中です。ちょっとレトロっぽい素敵なパッサージュがあったのでぱちり。時計をズーム。これ、昨日の記事の最後の裁判所の時計と同じです。聖フィリップ大聖堂 St. Philip's Cathedralです。ドーム部分をズーム。近づいてぱちり。入り口はこちら、向かって右側のドアです。中はこんな感じです。美しいステンドグラスがあります。ステンドグラスについて [続きを読む]