NaOBON さん プロフィール

  •  
NaOBONさん: NaOBON
ハンドル名NaOBON さん
ブログタイトルNaOBON
ブログURLhttp://5inch.blog.jp/
サイト紹介文あたしを知っている人はするどい
自由文気ままに生きています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 64日(平均1.4回/週) - 参加 2017/12/10 14:15

NaOBON さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • セックスの方法論
  • セックスには大きく分けて二つあると、あたしはボスから教わった。「してもらうセックス」と「してあげるセックス」だ。あたしは職業上、後者の「してあげる」ことを念頭にセックスを行ってきたが、客によってはあたしが「してもらう」喜びを与えてくれることもあった。どう... [続きを読む]
  • カイヤ
  • カイヤは家に帰って行った。あたしは、一人部屋に取り残された。また一人になっちゃった。昨日、あたしはカイヤを男にしてあげた。カイヤは、何度もあたしを貫き、その都度、たくましくなっていった。そして、さわやかに去って行った。「もう会わない方がいいよね」そう言っ... [続きを読む]
  • 少年 (3)
  • カイヤのペニスは十二センチほどの立派なもので、ちゃんと剥けていた。そしてサクサクとした下萌えで飾られている。「あんた、いくつなの?」「十七」「すごいね。これ」「ちいせぇだろ」「ううん。おっきいよ」「ふん。そんなこと言って、たくさんの男を連れ込んでんだろ?... [続きを読む]
  • 少年(2)
  • カイヤは寝る時、私と離れて寝る。あたしはベッドで、彼はリビングのソファで寝る。「ねえ、こっちにおいでよ。一緒に寝ようよ」と誘うが、はにかんで「いい。ここで」って言う。私は、今日こそはという覚悟で、「さみしいから、一緒に寝て。お願い」と、めいっぱい、子猫の... [続きを読む]
  • 少年 (1)
  • 家出少年なんだろうか?あたしは、その汗臭いハイティーンらしき男の子が妙に気になった。ズボンはたぶん学生ズボンだと思うが、ひざっ小僧が破けている。「あんた、喧嘩でもしたの?」「いいや」「ひどい格好…そのポロも汗染みだらけ」「おとといからシャワーもしてねぇ」... [続きを読む]
  • 横手の男(続)
  • 有吉のペニスは曲がっていた。あたしは多くの男性を見てきているが、このように湾曲しているものは知らない。だから印象に残っていたのだ。「ああ、これこれ」そういって、彼のペニスをなぞるように指を滑らせる。「なんだよ、これこれって」「このカーブ、すごいよね…いな... [続きを読む]
  • 横手の男
  • お盆に帰省してセックスをするというのも「バチ当たり」を犯しているようで妙に燃える。ずっとまえに、親類の告別式で遠縁の手癖の悪い男に言い寄られて、喪服のままでセックスをしたときもすごく感じてしまった。その男とは以後、何度か街で会ったけれど、もはやマンネリ化... [続きを読む]
  • シェヘラザードに
  • 座るようにつながった…男はゴージャスな皮のソファのような座り心地で、濡れそぼった私の秘肉を押し開く。彼は足が不自由だった。だから、私が終始リードして事に及ぶ。松崎征士郎と名乗った五十がらみの男性は、戦場カメラマンだという。銃創が体のあちこちを貫き、悲壮な... [続きを読む]
  • サーファーに抱かれる
  • あたしフェラチオを褒められた。別に練習したわけじゃないけれど、場数を踏めば、その辺の奥様よりはうまくなる。ただ、あたしの舌技が男の人にとっていいものなのか、ダメなのかが自分ではわからない。フェラチオって、ペニスを好きにならなければ上手くならないんじゃない... [続きを読む]
  • スナメリ
  • その男は「スナメリ」を想起させた。剃り上げられた青い頭と、滑らかな白い肌。陰毛も剃っているのか、まったくつるつるだった。年の頃は二十代前半だと思う。あたしは無口な「スナメリ」に舐められ、翻弄された。「スナメリ」はなかなか挿入してくれなかった。亀頭のピンク... [続きを読む]
  • 先輩すごい
  • あたしの知人というか先輩に片岡智恵子という人がいる。御年六十二歳だ。なのに、すっごくセックスに奔放で、何人かセフレを持っているの。ビジュアルは地味なおばさんなんだけど、やっぱ、五十代にしか見えない。お化粧すれば四十後半でもイケるかもしれない。旦那さんを早... [続きを読む]
  • 倫人
  • うつぶせに寝ているあたしの上に、そっと倫人(みちひと)がかぶさってくる。「なぁに?」「ナオはそのまま寝てな」「なにすんのよ」「このまま入れる」そうだ。あたしは足を閉じているから、下付きのあたしならそのまま臀部の肉を割ってペニスを滑り込ませることはできるだ... [続きを読む]
  • オナニスト
  • 射精の状況で男性の満足感が異なるらしいことを木村元(はじむ)から聞いた。木村は五十過ぎの自称「物書き」で、たまにあたしをコールする。書いたものを見たことがない。訊いても教えないのだ。彼は「オナニスト」でもあった。さまざまなオナニーの方法を経験し、器具を開... [続きを読む]
  • 過去の記事 …