Voyager さん プロフィール

  •  
Voyagerさん: ブラックマンデーによろしく
ハンドル名Voyager さん
ブログタイトルブラックマンデーによろしく
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/blackmonday4649/
サイト紹介文米国株インデックスファンドを淡々と買い増すBLOG。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 196日(平均3.1回/週) - 参加 2017/12/10 15:30

Voyager さんのブログ記事

  • 美味しい話はないはずですが
  • 昨日は、職場の総会があり、気が進まないながらも参加してきました。そこで2年ぶりに会った同僚から聞いた話です。・転勤したため、通勤に便利な郊外の新築マンションを購入(4千万円)・併せて、都内に投資用ワンルームマンション(新築)を2戸購入(6千万円)・投資用ワンルームマンションは家賃保証あり。・合計1億円の借入。とのこと。「レバレッジかけてるけど、入居者が常に入っていれば、先々安泰だな。」との話をして、詳 [続きを読む]
  • 楽天VTI、つみたてNISAとジュニアNISAで約定(2018年6月分)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドをつみたてNISAとジュニアNISAで約定しました。私は毎月、私と妻と子供の証券口座で米国株インデックスファンドのみへ積立投資をしており、2018/6月分の積立実行になります。今回は、6/4の基準価額10,673円で136,666円分の約定となりました。直近高値である1/23の10,992円からは約3%安での買付となります。(5月に入ってからハイテク大型株中心に値を上げてきていますね。)私といえば、仕事 [続きを読む]
  • 楽天VTI、純資産総額125億円を突破。
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドの純資産総額が2018/6/8時点で125億円を越えました。株高もあり、設定来高値も更新しそうな勢いですね。最近はeMAXIS Slim等を始めとする超低コスト・インデックスファンドへの資金流入が顕著になっていますが、今後は投資対象の特色やコストに強みがないファンドはますます淘汰、整理されていくものと思われます。その分、魅力的なファンドへの流入(乗り換え)の動きも加速するはずです。そ [続きを読む]
  • 楽天VTIの純資産総額、110億円を突破。
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドの純資産総額が2018/5/14時点で110億円を越えました。最近はeMAXIS Slim等を始めとする超低コスト・インデックスファンドへの資金流入が顕著になっていますが、今後は投資対象の特色やコストに強みがないファンドはますます淘汰、整理されていくものと思われます。その分、魅力的なファンドへの流入(乗り換え)の動きも加速するはずです。その点、楽天・全米株式インデックス・ファンドにつ [続きを読む]
  • 好条件の賃貸物件にも落とし穴がありました
  • 以下の記事にて、好条件の賃貸物件に入居できた話をしましたが、実は落とし穴も一つありました。その落とし穴とは、給湯器が壊れていてお湯が全く出なかったことです。引っ越し日に合わせて、ガスの開栓の立ち会いをしたのですが、お湯が出ず、ガス屋さんから「給湯器が壊れてるかも知れないから賃貸会社へ連絡して下さい。」との宣告を受けました。早速、賃貸会社へ連絡して確認させたところ、給湯器は壊れており、交換の手配に一 [続きを読む]
  • 私がジュニアNISAを「残念」だと思わない理由
  • ジュニアNISAは2024年以降、新規の買付は出来ず、その時点での保有資産は、継続管理勘定に移行することになります。継続管理勘定では、子供が成人するまでは非課税での運用が継続されます。この継続管理勘定に移行できるのは、移行までに評価益が出ていても、80万円までが上限となりますが、私はそれを残念だとは思いません。0才の子の為に今からジュニアNISAでの投資を始めれば、最大400万円を15〜20年間非課税で運用することがで [続きを読む]
  • 「継続」こそが偉大な場所へと導く
  • ある日突然、偉大な場所へ到達することは出来ません。日々、一つ一つの努力を積み重ねて、初めて到達する事が可能となります。努力を継続できることが最も重要な才能の一つと言えるでしょう。イチロー選手と比べると次元が違い過ぎますが、インデックス投資にも似たような部分があるかも知れません。平凡の積み重ねが非凡な結果を生む。少々大袈裟ですが、いかなる相場の変動にも惑わされず、この道を追い求めて行きたいと、折に触 [続きを読む]
  • 好条件の賃貸物件に入居できた理由
  • そういえば、以前、引っ越しに伴い賃貸物件を探していたことを記事にしたのですが、続きを書くことをすっかり忘れていました。いくつかの物件を見て、最終候補を決めた段階で思わぬ展開があったのです。いくつか物件を見た後の最終候補の物件は、築年数は古いですが内装はそれなりで、間取りも十分でした。南向きで高階層からの見晴らしも良く、まずまずの手ごたえでした。日中は常駐の管理人さんがおり、管理も行き届いているよう [続きを読む]
  • 楽天VTI、つみたてNISAとジュニアNISAで約定(2018年5月分)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドをつみたてNISAとジュニアNISAで約定しました。私は毎月、私と妻と子供の証券口座で米国株インデックスファンドのみへ積立投資をしており、2018/5月分の積立実行になります。今回は、5/2の基準価額10,275円で136,666円分の約定となりました。直近高値である1/23の10,992円からは約7%安での買付であり、一括投資を選択しなかったことにより相場下落時の効果的な積立を実感できています。 (4月 [続きを読む]
  • 何故この国に投資しないのか
  • (株式の評価は、国の発展度合いだけで決まるわけではありませんが...。人口減少国の株価が長期的に右肩上がりとなった事例は未だかつてないのです。)我が国には喫緊の課題が山積しています。未曾有の少子高齢化、人口減少社会保障費の増大国の債務超過安全保障環境の変化食糧及びエネルギーの脆弱な自給能力これらは直ちに対処しなければ、国力の低下を招く大きな問題ばかりです。にも関わらず、国会で議論の中心になるのはつ [続きを読む]
  • 新業務、1カ月経過、感想
  • 転勤後、新しい職場、未経験の業務にて、1カ月が経過しました。転勤前の事前の情報からある程度は想定していたのですが、かなり厳しい状況です。何が厳しいかというと、私自身が未経験の業務にも関わらず、中間管理職として配置された本来すべき業務量に対し、要員数、要員のスキルが全く足りていない部下のやる気が全くない、成長も望めない(定年前等)前任者が休職していたため、負の遺産が多すぎる職場内でノウハウの継承がな [続きを読む]
  • 積立投資家が積立投資を辞めるとき
  • 一般的な方にとって最も親和性の高い投資方法である積立投資は、必然的に長期投資となりますが、目標の資産額を達成する前に、積立投資を辞めてしまう理由にはどのようなものがあるでしょうか。資産評価額の増減への動揺投資方針のブレ収入の減少、支出の増大想定しない、環境の変化大まかにはこんな理由に分けられると思います。信念をもって投資している場合は、相場の変動にも惑わされず、忍耐強く積立投資を続けられる可能性が [続きを読む]
  • ジュニアNISA口座で楽天VTIを買付
  • ジュニアNISA口座の開設が完了したので、早速入金し、楽天VTIを買付ました。ジュニアNISA口座は年間80万円までの非課税枠ですので、月7万円の積立投資を実行します。年間で考えると、7万円×12カ月=84万円ですが、NISAぎりぎり枠設定で、12月は3万円の買付となります。ジュニアNISAの買付可能期限は2023年までですので、今年は、80万円の枠は無理に使い切らずに、毎月7万円の定額投資をしようと考えています。投資用資金は、私の [続きを読む]
  • ジュニアNISA口座開設完了
  • 私には、0歳の子供がおり、ジュニアNISA口座の開設のための準備を進めていたのですが、先日ようやく開設完了しました。口座開設完了までに約5ヵ月もかかってしまいました。理由は、口座開設通知書(転送不要)が届くタイミングで転居したため、通知書が証券会社に差し戻されてしまったんですね。そこから、まず証券口座の住所変更を行い、証券会社へ電話連絡して、ようやく転居後の現住所へ口座開設通知書を再配達してもらえること [続きを読む]
  • 楽天VTIの純資産総額、100億円を突破。
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドの純資産総額が2018/4/24時点で100億円を越えました。順調に一つの節目に到達したことになります。純資産総額100億円の次の目標は、200億円、300億円ではなく、1000億円でしょう。何年後に達成するかはわかりませんが、今後も順調に純資産総額を積み上げていくことは間違いないと思います。最近はeMAXIS Slim等を始めとする超低コストファンドへの資金流入が顕著になっていますが、今後は投資 [続きを読む]
  • 楽天VTIの純資産総額、90億円を突破。
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドの純資産総額が2018/4/6時点で91億円を越えています。米国株式市場のボラティリティは増していますが、極めて順調に純資産総額を増加させています。純資産総額70億円を突破したのが、3/12でしたので、1カ月ほどで10億円増えたことになります。基準価額は3/12から500円ほど下落し、100,42円(4/6時点)となっています。最近はeMAXIS Slim等を始めとする超低コストファンドへの資金流入が顕著に [続きを読む]
  • 追加分の積立を実行(楽天VTI、2018年3月)
  • 3/23付の楽天・全米株式インデックス・ファンドの基準価額が直近高値から11%安となったため、追加の積立を実行しました。(相場下落時の私の積立投資増額ルールはこちらになります。)今回適用した追加積立のルールは、「直近高値からマイナス10%となった場合は、毎月の積立額を1.5倍とする」です。そのため今月は、毎月の定期積立額 約15万円+追加積立額 7万円=計約22万円の積立になります。※ジュニアNISAの口座開設が転居の関 [続きを読む]
  • 楽天VTI、設定来最安値に
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドの基準価額が3/23付で9,773円となり、設定来安値となっています。2018/1/23の設定来高値10,992円からは11%安になります。3/23のバンガードVTIの終値は、前日比2.1%下落しています。加えて、円高の進行も踏まえると週明け月曜日の楽天VTI基準価額は再度、設定来安値を更新すると思われます。この状況を受け私は早速、追加投資を実行しようと考えています。お読みいただきありがとうございまし [続きを読む]
  • 楽天VTIの純資産総額、80億円を突破。
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドの純資産総額が3/12付で81億円を越えています。2月の急落からの相場回復を受けつつ、極めて順調に純資産総額を増加させています。純資産総額70億円を突破したのが、2/22付でしたので、3週間ほどで10億円増えたことになります。しかも、基準価額は1/23付の最高値を回復していないにも関わらず、です。最近はeMAXIS Slim等を始めとする超低コストファンドへの資金流入が顕著になっています。今 [続きを読む]
  • 積立投資を続けられる幸せ
  • 昨年から投資を再開して、しばらく経ちました。以前、私は世界経済インデックスを対象として投資をしていましたが、とある理由により市場から一旦離れることとなりました。その理由については、単に損失を出したからなどではなく、私の生活上の大きな変化によるものでした。当時の私はまだ20代半ばでしたが、毎年の可処分所得から定額を積み立てて、何十年後には数千万円の資産を築くんだ、リスクなど自分には関係ない、と疑いもな [続きを読む]
  • 楽天VTI、つみたてNISAで約定(2018年3月分)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドをつみたてNISAで約定しました。私は毎月、私と妻の投資用口座で米国株インデックスファンドのみへ積立投資をしており、3月分の積立実行になります。今回は、3/2の基準価額9,963円で66,666円分の約定となりました。直近高値である1/23の10,992円からは約9.4%安での買付であり、一括投資を選択しなかったことにより相場下落時の効果的な積立を実感できています。 米国株式市場の続落とドル安円 [続きを読む]
  • 楽天VTIの純資産総額、70億円を突破。
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドの純資産総額が2/22付で70億円を越えています。相場の急落や円高を受けつつも、極めて順調に純資産総額を増加させています。純資産総額が50億円の節目を突破したのが、1/16日付でしたので、わずか1ヶ月足らずで20億円増えたことになります。しかも、基準価額は1/23付の最高値を回復していないにも関わらず、です。数少ないライバルであり、同時期に設定されたiFree S&P500インデックスは30 [続きを読む]
  • 楽天VTIの魅力とは
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドの純資産総額が2/16付で66億円を越えています。相場の急落がなければ2月中に70億円を超えるのは間違いないでしょう。今月初旬の米国株市場の急落を受けての解約は少なく、むしろ買場として、資金流入ペースが早まったのではないでしょうか。純資産総額が50億円の節目を突破したのが、1/16日付でしたので、わずか1ヶ月で16億円増えたことになります。しかも、基準価額は1/23付の最高値を回復 [続きを読む]
  • モノに囲まれる生活
  • 今日は引越準備のため、家にある荷物をダンボールへ詰めていました。仕事柄、転勤が多いため、なるべく荷物は増やさないようにしているのですが、やはり家族で暮らしているとどうしてもそれなりにモノが増えてしまいます。今回の引越を機に、不要なモノはかなり処分したのですが、それでも相当の荷物量となりました。その量たるや、ダンボールだけで60個を超えています。この他に、大型家具や家電、車のタイヤや自転車などがありま [続きを読む]