FランKID さん プロフィール

  •  
FランKIDさん: FランKIDの正常なる非日常:P嬢に捧ぐ
ハンドル名FランKID さん
ブログタイトルFランKIDの正常なる非日常:P嬢に捧ぐ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/f_rank_kid
サイト紹介文とあるFラン大学生がパラス・アテネに見紛うべきP嬢に捧げて書き連ねる、格言、風刺、エトセトラ。
自由文とあるFラン大学生がパラス・アテネに見紛うべき麗しにして聡明なるP嬢に捧げて書き連ねる、格言、風刺、エトセトラ。

これを読み続けてくれる人には、この文章が当てはまるであろう。
字数の問題から、詳細はプロフィールに譲る。

https://blogs.yahoo.co.jp/PROFILE/Rx3z44w3RLRNeFwTREy19Iie8Q--
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 146日(平均0.4回/週) - 参加 2017/12/10 16:04

FランKID さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 格言4
  • 賢いフリがしたければ、難しいことを言えばいい。しかし、難しいことを言っているつもりがないのに難解だと思われるのであれば、それは真に賢いか、思考が混乱しているかのどちらかである。これは、時間をおいて読み返した時に、理解できるかで判断できる。 [続きを読む]
  • 格言3
  • Verum cur non audimus ? Quia non dicimus.(Publilius Syrus. Sententiae.)何故真実を耳にしないのか?誰も言わないからである。(プブリリウス・シルス、『格言集』)そうなる理由は、真実を言うべき人々が恰好ばかり付けるからである。Video barbam et pallium, philosophum nondum video.(Gellius. Noctes Atticae. 9. 2.)私は髭とマントを見ているが、未だに哲学者を見たことはない。(ゲリウス、『アッティカの夜』)しかし [続きを読む]
  • 格言2
  • 無知をさらけ出す一番いい方法は、知ったかぶりすることである。しかし、知ったかぶりする分野がマニアックであれば、9割以上の人は彼・彼女の博識を讃えるであろう。つまり、賢く見せたい愚か者にとって一番手っ取り早いのは、付け焼き刃でいいから何かのマニアになって見せることである。誰もが知ることで知ったかぶりすれば、すぐにその愚かさが見破れる人々も、マニアックな分野であれば、案外知ったかぶり発言を信じ込んでし [続きを読む]
  • P嬢について
  • P嬢はとても聡明、パラス・アテネと見紛うほどの御方…だった。パラスのように黄金のリンゴをめぐってアフロディテと張り合えるだけの美貌にも恵まれ、優れた才知は私にとって多くの刺激をもたらした。しかし、今思うと、彼女はただ早熟なだけだったのではないかと思う。早熟な人間は、同世代から見ると天才に見え、大人たちもその才を称賛して止まぬが、そのままではやがて同世代に追い付かれ、大人になった時には凡才になり下が [続きを読む]
  • 格言1
  • 参照する知識の偏りは、その人の無知を暴き出す。同じことばかり言う人間は、知的な意味では、一度話を聞けばそれきりで良い人間である。成長し続ける人間のみが、人を飽きさせない新たな話をし続けられる。但し、成長もしすぎると、一人だけ宇宙の果てまで飛び去ってしまうことになりかねないのでご注意を。 [続きを読む]
  • 風刺1:Fラン大学の講義の有様
  • この大学の学生は、何かあるとすぐツイッターで騒ぎます。本来さえずりを意味する場で、アヒルもビックリするほどガアガアと鳴き立てるのですから、救いようがありませんよね。講義中でも隙さえあればスマホやPCからツイートし、教授達をからかっているのですが、教授たちは教授たちで、好き放題して出席点だけはちゃっかり持って行こうとする後部座席の学生たちには、最早話しかける意図などないのです。教授たちは講義を予め用意 [続きを読む]
  • Fラン?
  • FランのFは何のFか?解釈例を示しておく(世俗的な正解を示すのではないことに注意)。1. FailureのF:ABCランクの輸入元であるアメリカでは、Fは落第、Failureを意味している。その評価を引き継ぐ場合。2. FoolishのF:要するに、Fラン大学とは、バカが集まる大学なのだから…。3. Fake/FraudのF:某国大統領DJT氏への敬意と共に。私が所属している大学は、山手通り・春日通り・目黒通りにそれぞれ面したキャンパスを持っている。 [続きを読む]
  • 簡単な自己紹介
  • 私はFラン大学生である。漱石・鴎外の小説の舞台にもなっている偉大なる大学を目指していたのだが、実際に入ったのは、こんな大学であった。・学生は飲み会とバイトとインカレサークルのことでいっぱい。・学業はシケタイ(試験対策委員)任せ。彼らが作ったシケプリ(試験対策プリント)にまとめられた、マニュアル化された知識を一夜漬けしてテストを乗り切る。・大学自身は世界大学ランキングのことばかり気にしている。・しか [続きを読む]
  • 過去の記事 …