さくら さん プロフィール

  •  
さくらさん: ひっそりと至福の時間 2
ハンドル名さくら さん
ブログタイトルひっそりと至福の時間 2
ブログURLhttp://tskiko.blog135.fc2.com/
サイト紹介文W不倫をしてもう10年以上過ぎました。 最後の恋愛になる事でしょう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 63日(平均3.8回/週) - 参加 2017/12/11 06:45

さくら さんのブログ記事

  • 悩み事
  • スーパームーンは一年に一度は見る事が出来るそうだただ、今月の31日の満月はブルームーンと言いもっと、希少価値の高い月夜らしい以前からの彼の家での揉め事が昨日、夫婦の間で再度、勃発したらしく喧嘩をしたらしい彼からラインが入る私も1月から目の回る忙しさに加えて職場での体調不良のスタッフのフォローと過酷な一週間だったやっと、ホッとした日の昼頃ラインのメッセージ「今日は午後も仕事なの?」その日は土曜日彼は奥 [続きを読む]
  • 出張中
  • 彼が珍しくアメリカへ出張している旅先からの写真か届いた知り合った頃は毎月のように海外へ出向いて居た彼必ず、聞いてくれるのはお土産はなにがいい?何をリクエストしたらよいのかも思いつかず何でも…と言えば本当に大した物が届かず時には無かった事もあり今思えば、笑える出来事今回も、何がいい?とは聞かれたが思い浮かばず何が届くのかはお楽しみ [続きを読む]
  • 消えたブログ
  • 彼と知り合って少ししてから綴り始めたブログも何回の更新をしているのか何度、閉鎖し引っ越し紆余曲折があり今、こうして彼の事を綴り続けられている以前、このブログの全盛期の頃にブログを通じて交流した方もいたりしてブログを読んだり励みになったりしていた印象に残ったのは不倫の末、結婚した方がいた知り合ってからつづっていたブログが内容が激しくなり思いのまま、離婚、結婚とあっという間の流れでビックリしていたそし [続きを読む]
  • 今年は…
  • 先日のデートの時彼が呟いていた言葉「さくらに何か言われると一週間ぐらい落ち込む」冗談のように言ってはいたがきっと、本音なのかもしれないと今更気が付いたお互い嫌な気持ちになるお付き合いはしたくはないと、私は一方的に思っていたし以前よりは怒ったり、なじったり、すねたりはしていないつもりだったが…。確かに彼がキャンセルしたり何かをすると嫌味を言っていたし過去の失敗を必ず引き合いにだしては嫌味を言っていた [続きを読む]
  • ひとりの時間
  • 何よりも大切にしているのはひとりの時間何気なく過ごす日常慌ただしく過ぎる毎日流されるように過ごしている中にふと足元の花が、キレイに咲いていた事に気がつくととても、幸せな気分になれると、同時に今まで気がつかなかった自分をなげくもっと、ゆとりを持とう私はひとりの時間が好きゆったりと噛みしめるように時間の経過を楽しむそれはそれはご褒美だから特別な場所やお買い物や時には空間今日は映画を観てショッピングをし [続きを読む]
  • 二度目
  • 二人での新年会デートの日彼は都内の高層ビルのレストランを予約してくれていたのでいつものように仕事を終えた彼と待ち合わせ逢瀬の時間をすごし待ち合わせ時間から4時間ほど経ってからタクシーで移動エレベーターを乗り換えるタイプのビル一度、41階でエレベーターを降りるやいなや彼が「おぉ〜こんなところで〜」と男性とあいさつを交わす数年に一度、彼といる時に彼は知り合いと遭遇する私はそそくさと距離をあけるが…エレベ [続きを読む]
  • たいせつなもの
  • 今年、初めてのデートいつもの駅は相変わらずの人混み横を向いて空を見ていた私の腕をぎゅっとつかみさっそうと登場横目で「今年もよろしく…」と照れくさそうにお互いご挨拶「さ、行こうか」迷いもなく彼は言う思っていた以上に熱く激しく愛し合いあっという間の二人の逢瀬いつもと変わらぬ笑顔と声とタクシーで向かうレストラン「前はいつもこんなにカッコいいところに連れてきてもらっていたわよね」周りをみれば外国人が多い向 [続きを読む]
  • ブログの再開
  • デートの時何かのきっかけで「また、ブログを書き始めた」と話した一度、閉じたこのブログ長い期間、彼との事を綴って来たので削除する事もせずかと、言って、書く事も思いつかず数年?放置たまにぽつり、ぽつりと更新してきたけど何かのきっかけでまた、再開しているいつまで続くのはわからないし書くことが思いつかなければストップすればいい彼は「どうして、ブログをまた、始めたの?何かきっかけでもあったの?」そう聞かれて [続きを読む]
  • ネクタイ
  • クリスマスプレゼントの話になった時何が良いのかわからないので「ネクタイは?」と聞いた毎日、使うものだしいくつあっても困らないだろうと思ったから「ネクタイはずらっとたくさんあるんだけど見慣れないものを付けると『いつ買ったの?』と絶対に聞かれるんだよね」と、言っていた彼私は過去に彼にネクタイを送った事がある確かにその後そのネクタイをみた事がなかった理由はこれだったんだ妻が夫のネクタイをしっかりチェック [続きを読む]
  • 今年、最後の
  • 2017年が後、数時間のうちに終わるいつもと同じ時間同じ空間なのに、区切りと言うだけで貴重な時間と感じる家族も集まりいつも以上に賑やかであり忙しく感じる今年はどんな一年だっただろうかたくさん旅行に行かれた金沢、福岡、宮古島、大阪、静岡、伊豆、青森…そして、彼と行ったセブ島来年も健康で過ごしたくさん旅行に行きたい彼とも穏やかに過ごす事が出来たならいつか、終わるとは覚悟はして居てもやはり、居なくなる事は考 [続きを読む]
  • 振る舞い
  • 彼と疎遠にな時にお友達に誘われたらほぼ、断らないだって、時間がたっぷりあるから今年は特に多かった彼との空白の時間とある方とお食事をご一緒させて頂いたよくわかっていなかったのだけど名刺を頂いて〇〇国際〇〇士事務所代表取締役社長〇〇「〇〇士」そのもののお仕事も知らなかったしかも、国際って事は語学も堪能な方?その方の振る舞いはどこかキザでもありストレート飾らないけど結構、クドイだけど、謙虚ご自分の自慢話 [続きを読む]
  • 新年会
  • 年が明けてのデートの約束は今年、最後のデートの時に「多分、大丈夫たと思うけど。」と言う控えめな約束の仕方私の家がちょっと落ち着かない事情があるためだどうやら、大丈夫そうこのところ、彼の忙しさから日頃のコミュニケーションがあまり取れないがつい、最近、移動中なのか珍しくマメにやり取りする事があったので月のデートのレストランを決めたい胸を伝えてやり取りは終わった最近は直前まで待ち合わせの時間も場所も工程 [続きを読む]
  • ピロー トーク
  • 愛し合った後のいわゆるピロートークが嫌いな人は居ないだろうこの時間に男女の差があるらしい運動の差があるのだから無理もない彼も私の上で果てた後の心臓の鼓動がとても激しい体力を使い果たし満足感に満たされた直後かたや女性は彼に愛されて何度とエクスタシーを感じる事が出来る行為の間のほとんどが受け身二人で同時に果てたとしても彼の方が疲労度が高いはず彼の左胸に手を当てるドクンドクンと言う鼓動が掌に伝わるじつと [続きを読む]
  • 好きなブログ 
  • 更新する度に欠かさず読んでいるブログが二つあるひとつはファッションについての考察が非常に深く私の無駄なお買い物欲を抑えてくれた「プチプラコーデ」とかなんとか言ってお気軽、お手軽なファッションを自撮りしている同世代の方のブログも多くある中自分に似合う服を吟味して大切にして、着こなし着回し時に古着も登場するしボタンを使ってアクセサリーを作成など他人とはかぶらず流行はさりげなく年齢なりの楽しさを満喫して [続きを読む]
  • 「否定から入らない」
  • 彼との会話話の冒頭で否定から入る事が多い先日、会った時に彼にとって直接伝えた以前から、思って居たし過去にも伝えた事がある話している相手の話題についての彼のコメントの冒頭は必ずと言ってもいいほどまずは否定その話し方はムスメを傷つけて居るんだと思う人の話を聞いたらまずは認めてあげるすごいね、よくやったねなどという言葉の後からあなたの意見を言ったらどうか?彼は常に優位に立って居たい人その負けん気の強さが [続きを読む]
  • サンタさん
  • 私の不倫を知っている人は数人本当なら居てはいけないのだけれどお酒を飲んだ時などや同じく彼氏のいる友達のまえだとつい、話してしまうその点彼のようなタイプは絶対に公言しない軽〜く、自慢げに話す男性とタイプも色々見てきているけれど絶対に言わない男性が圧倒的に多いハズで、ないとまずい私もFacebookの投稿で確信したと言う友人が居たりするのだけど…皆んな大人同士なので暗黙のルールは守ってくれてはいるし現在進行形 [続きを読む]
  • おまえ、可愛いな
  • 小学校からの同級生男性一人と女性三人で集まり忘年会このメンバーで集まるのは初めて気心知れた仲間のお喋りは尽きる事はなくずっと笑い皺が増える気がする今年の春に離婚した女友達今、離婚調停中の男友達国際結婚の末に離婚して10年以上経つ女友達幸せ(と、思える)既婚者なのは私だけ男友達の言う事はズバリと言い当てるからワリと素直に聞くことが出来るおまえのFacebookのプロフィール写真はいかにも不倫相手に撮ってもらっ [続きを読む]
  • スイッチ
  • 何かどこかでスイッチが はいるみたい寂しいモードのときの私は四六時中彼の事を考え頭から離れないそんな時に限って彼からの連絡もとても少ない更にモヤモヤとしてしまうそうかと思うとあんなに考えていた彼の事をまったく思い出さなくなる突然スイッチが入れ替わるようだ届くメッセージも心に響かないそして、返信する言葉が思いつかなくなるこれが、同じ人間なのかと思える程に自分でも不思議なスイッチ安心感不安感二つが拮抗 [続きを読む]
  • 突然の電話
  • 仕事が早く終わり午後の昼下がり自宅で過ごしていたら電話が鳴った懐かしい名前がそこにはあった本当に些細な要件だったけど声を聴くとほっとするお互い家族の近況を伝え合うどちらもおめでたい事が起きている事に微笑ましくもあり変化を受け入れた歳を重ねた大人同士電話の主の元彼はサプライズが好きな人だった元々、貧乏性な達なので期待もしていなかったから余計にサプライズに感じた事も多かったのかも頂いたプレゼントは今で [続きを読む]
  • 罪悪感
  • 彼と会う時はいつも、罪悪感がつきまとう彼はどうなのだろうか?朝、いつものようにテキパキと身支度を整えて会社に向かう明るい時間に理由を付けて私との時間を作る事以前まだ、知り合って間もない頃「まだ、皆んなは仕事しているのに、俺は」この言葉の裏にあるのは優越感なのか罪悪感なのか私は常に罪悪感との葛藤彼とあっている時に何も起きませんように。と思ったりする事もあるもしも、何か起きたなら二人でいなくなってしま [続きを読む]
  • 最後のデート
  • 今年、最後のデート彼からのクリスマスプレゼントが宅急便で届いた中は話して居たのでわかって居たちょうど、会う前日だったので頂いたストールを身につけて会う事が出来たもしかして初めてのお揃いかも知れない私からは会社で使うIDカードケースを今年のクリスマス彼の家は子供達は帰って来ないらしいお正月も奥様と水入らず?歳とともに環境の変化が起きてくるものだなとシミジミ思う今年、一年彼の忙しさたわけなんだろうか?噛 [続きを読む]
  • CM
  • https://youtu.be/h4s0llOpKrU「AND YOU, WHAT WOULD YOU DO FOR LOVE?」(で、あなたは愛のために何をするの?)この言葉て始まるディオールのCMが流れるとドキドキしてしまう僅かな時間の間に流れる男女の愛憎なまめかしいシーンや颯爽とした車のシーン現実ではあり得ないようなステキなシーンが次々と流れ恋人同士の愛を想像する事が出来るのだそして、曲もステキ愛を得るためにはなにかを犠牲にしなくてはいけないと言うのがテ [続きを読む]
  • 不倫会見
  • 最近、テレビでは週刊誌の記者の嗅ぎつけた不倫の暴露が多い年齢は私と同世代の既婚者がホテルから出てきた所を記者に見つかり騒がれている私達も当たり前のようにホテルを出入りしているので他人事ではないのだけどつい、最近も昔のアイドルであるご主人が奥様の不倫についての記者会見で話していた違うタイミングでは不倫をしていた妻がボロボロに泣きながら会見をしていた夫は終始、明るく信じているから。と妻の事を話し妻は主 [続きを読む]
  • 元彼
  • 先日のデートで丸の内の美術館で撮影出来たイラスト。シャノノアール。ポスターカリグラフィーなど少し志向の変わった展覧会で興味深いものだった12月、かなり以前に付き合っていた彼のお誕生日ふと、思い出してメッセージを送った一年に数回のメッセージのやりとりだけの関係SNSでのつながりもある彼とは一切、繋がってはいないのに流れてくるSNSは相変わらずのナルシストその安定具合は彼らしくもある家庭の事なども付き合ってい [続きを読む]
  • 物欲
  • ファッションの記事を毎日、更新している私とほぼ、同年代の女性の書くブログに出会ってから洋服の無駄買い衝動買いがめっきり減ったその方はファストファッションからブランドなどをしっかり吟味して大切に着ている手持ちの服をうまく、コーディネートして着まわしてバーニーズで欲しい物があったら暫く様子を見てセールになると安くて手に入れるとかオシャレな方はこうでなくては!と、思える目に付いた物を買い漁り流行りに惑わ [続きを読む]