ゼニゲバ さん プロフィール

  •  
ゼニゲバさん: トルコリラ運用日記
ハンドル名ゼニゲバ さん
ブログタイトルトルコリラ運用日記
ブログURLhttp://torukonyusumatome.blog.jp/
サイト紹介文トルコリラ/円長期運用でロスカットを喰らって再度資産形成中のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供357回 / 346日(平均7.2回/週) - 参加 2017/12/11 11:07

ゼニゲバ さんのブログ記事

  • トルコ・ロシア友好関係をアピール
  • ロシアとトルコを結ぶガスパイプラインの海底部分が完成したそうで完成式典が行われました。完成式典にエルドアン・プーチン両大統領が出席してお互いに「協力の証」「信頼出来るパートナー」と親密ぶりをアピールしています。トルコは資源がない国なのでトルコ経済にとっては必要なんだと思いますが西側の国やアメリカはトルコとロシアが近づきすぎると面白くないはずなのでエルドアン大統領は東西どちらに着くつもりなのかよくわ [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/11/16
  • 鉱工業生産[前月比][前回]-1.1% [予想]+0.3% [結果]-2.7%鉱工業生産[前年比][前回]+1.7% [予想]+1.5% [結果]-2.7%原油安などの影響でトルコリラ/円は21円台を回復してるのですが指標の方はパッとせず市場予想を大きく下回っています。それよりも今日は驚いたことにトルコが2016年のクーデター未遂の首謀者だと主張してアメリカに引き渡せと要求をしては拒否されていたギュレン師の引き渡しを検討しているとのニュースが [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/11/12
  • 経常収支 「前回」+18.6億USD「予想」+19.4億USD「結果」+18.3億USD市場予想よりは低い数ですが2か月続けての黒字となっています。トルコは慢性的に経常収支が赤字だった国なので、もしかするとトルコリラは、そろそろ底堅くなってくるかもしれませんね。それから昨日フランスのマクロン大統領の主催で各国首脳を招いた夕食会があったそうです。アメリカのトランプ大統領とエルドアン大統領も同席していて二人が談笑していたよう [続きを読む]
  • トルコリラ/円2018/11/5~10
  • 先週のトルコリラはアメリカがイランへの制裁としてイランからの石油の輸入を各国に禁止したのですがトルコは制裁から免除されたことで両国間の関係改善が期待されてトルコリラ/円は21円台まで上昇していたのですがブルームバーグ社に最弱の新興国通貨と言われたり格付け会社のムーディーズ社に2019年のトルコ経済が縮小する見込みと発表されたために売り込まれ残念ながら20円80銭付近で市場は終了しました。せっかく上昇ムードだ [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/11/05
  • 消費者物価指数[前月比] 「前回」+6.30%「予想」+2.50%「結果」+2.67% 消費者物価指数[前年比] 「前回」+24.52%「予想」+25.00%「結果」+25.24% 消費者物価指数[コア][前年比] 「前回」+24.05%「予想」+25.05%「結果」+24.34% 生産者物価指数[前月比] 「前回」+10.88% 「結果」+0.91%生産者物価指数[前年比] 「前回」+46.15% 「結果」+45.01%市場予想を上回っているのでいい結果とはいえませんが前回までが酷 [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/11/01
  • 製造業PMI「前回」42.7「結果」44.3前回と比べると改善しているんですが、この指標は50より上なら景気改善50より下なら景気悪化という指標なのでトルコの製造業はまだ苦しんでいるようです。昨日はトルコ中銀のチェティンカヤ総裁がトルコのインフレ率の見通しを18年+13.4%。、19年+9.3%だったのを18年+23.5%、19年+15.2%に引き上げると発表しました。理由としてトルコリラ安にのせいで輸入コストが跳ね上がったと言っている [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/10/31
  • 経済信頼感(前回)71.0(結果) 67.5貿易収支(前回) -24.5億USD(予想) -19.0億USD(結果) -18.7億USD貿易収支が市場予想を上回る改善となっています。トルコリラ高で輸入量が減っているのでは?と思ったりもするんですが悪化するよりはましですよね。ここ最近パソコンが不調でこのブログを更新できていなかったのですがブログ更新が止まっている間に来ていただいた皆様本当にすみませんでした。新しいノートが届いたのでボ [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/10/16
  • 鉱工業生産[前月比] 「前回」+3.5%「予想」 -2.4% 「結果」-1.1% 鉱工業生産[前年比] 「前回」+5.6%「予想」 +1.0% 「結果」+1.7% 住宅価格指数[前月比]「前回」 +0.65% 「結果」+0.20% 住宅価格指数[前年比] 「前回」+10.48% +9.86%昨日の更新を忘れていました。すみません。結果の方なんですが鉱工業が市場予想よりはマシなんですがIMFなどが言うようにトルコの景気減速を感じさせる結果となっています。鉱 [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/10/15
  • 失業率「前回」10.2%「結果」10.8%失業率は少し悪化しています。トルコリラには影響がないようで19円前後での値動きと今週は静かなスタートとなりました。先週末のブランソン牧師の解放でもう少し上昇するかな?と思っていたので期待外れでしたね。市場の目はもうトルコ中銀がインフレ悪化を止めるために政策金利をあげられるのかどうかに移っているのかもしれません。トルコにあるサウジの領事館でサウジの反政府よりのジャーナ [続きを読む]
  • ブランソン牧師釈放決定
  • 昨日のトルコで行われたブランソン牧師の身柄を巡る裁判の結果は3年1か月の懲役刑でした。ただ拘留期間が2016年10月から長かったので今後服役する必要がなく釈放となりました。トルコリラは裁判の開始前は釈放の噂が流れてジワジワと上昇していたのですが実際に釈放が決定するとトルコリラは何故か売られたようですね。市場クローズ時には19円台でした。今回の釈放でアメリカとの関係改善に向かって欲しいところですね。 [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/10/11
  • 経常収支 「前回」-17.5億USD「予想」+25.0億USD「結果」+25.9億USDトルコの経常収支は大幅改善で三年ぶりの黒字となりました。今週のトルコリラはアルバイラク財務相がインフレ対策としてトルコリラ安に苦しむトルコの小売業者などに10%の値下げを要求するなど強力なインフレ対策をドヤ顔で発表し市場に呆れられたり、トルコ経済の立て直しのために契約したアメリカのコンサルタント会社マッキンゼーをエルドアン大統領の鶴の一 [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表18/10/03
  • 消費者物価指数[前月比] 「前回」+2.30%「予想」+3.40% 「結果」+6.30% 消費者物価指数[前年比] 「前回」+17.90%「予想」+21.10%「結果」+24.52%消費者物価指数[コア][前年比]「前回」 +17.22% 「予想」+19.31%「結果」+24.05% 生産者物価指数[前月比]「前回」+6.60%「予想」+6.00%「結果」+10.88% 生産者物価指数[前年比]「前回」+32.13%「予想」+39.61%「結果」+46.15%全部が予想を上回る悪化となっていま [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/10/01
  • 製造業PMI[前回] 46.4 [結果] 42.7この指標は50が基準で50以上なら改善、以下なら悪化という指標なので残念ながら先月よりもさらに悪化してしまいました。トルコは輸出国なので製造業が落ち込むと痛いところですね。先週末にドイツのメルケル首相とエルドアン大統領が会談してシリア情勢やテロ対策、トルコ国民のビザの自由化について話し合ったそうなんですが会談後の会見でエルドアン大統領がジャン・デュンダルというドイツ [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/09/28
  • 貿易収支 「前回 -59.8億USD「予想」-25.0億USD「結果」-24.2億USD市場予想よりも赤字が縮小しています。トルコの輸出が好調なんですがトルコリラ安の影響で輸入が極端に減っているんじゃないか?と思ったりしています。今日のトルコリラ/円ですがトルコの大手銀行が返却期限が迫っていた外貨建ての借金の借り換えに成功したことで債務危機懸念が後退したことで一時19円台まで上昇していたのですが午後に入って失速してしまい18 [続きを読む]
  • トルコ経済指標2018/09/27
  • 経済信頼感「前回」83.9 「結果」71.0先月に続いて悪化しています。この指標は100以上なら良好、以下なら駄目だという指標なんですが先月と先々月のたった二か月で20%も下落してしまいました。まあトルコのインフレ率とトルコリラ安を考えれば仕方がないですね。現地で生活している方々は気の毒ですが。先日書いた国連総会でのエルドアン大統領の演説はやんわりとアメリカを批判する内容だったようです。幸いトルコリラは下落せ [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/09/24
  • 景気動向指数[季調済]「前回」96.3 「結果」90.42 設備稼働率    「前回」77.8%「結果」76.2%今更ですが昨日の指標です。昨日は指標よりもアメリカのポンペオ国務長官がトルコで軟禁状態のブランソン牧師が今月中にも開放される可能性があると言ったそうでトルコ・アメリカ両国間の緊張が少しマシになったようでトルコリラは一気に上昇しています。今日はこれから国連総会でエルドアン大統領が演説を行う予定です。どんな [続きを読む]
  • トルコリラ/円週間まとめ2018/09/17~22
  • 今週のトルコ指標鉱工業生産[前月比][前回]-2.1% [予想]-1.0% [結果]+3.5%鉱工業生産[前年比][前回]+2.8% [予想]+1.2% [結果]+5.6%失業率[前回]9.7% [結果]10.2%住宅価格指数[前月比]「前回」+0.90%「結果」+0.65%住宅価格指数[前年比]「前回」+10.53%「結果」+10.48%住宅販売[前年比] 「前回」+6.9%「結果」-12.5%消費者信頼感指数[前回]68.3 [結果]59.3指標はこんな感じで鉱工業以外は散々な結果でした。消費者信 [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/09/20
  • 消費者信頼感指数[前回]68.3 [結果]59.3当然の結果なんですが大幅に悪化していますがトルコリラのチャートへの影響はないようでトルコリラ/円は現在18円近くまで上昇しています。多分これから発表予定のトルコの中期経済計画の発表の期待が高まっているんでしょうね。FXニュースを見ているとエルドアン大統領が「自由市場の原則を順守する」と発言したとの報道があったようです。さて後は婿殿の発表する経済計画が中身のあるもの [続きを読む]
  • トルコ経済指標2018/09/19
  • 住宅価格指数[前月比]「前回」+0.90%「結果」+0.65%住宅価格指数[前年比]「前回」+10.53%「結果」+10.48%住宅販売[前年比] 「前回」+6.9%「結果」-12.5%昨日は指標発表がある事を忘れていたので昨日の住宅価格もまとめて更新します。トルコリラ安・インフレ率上昇のの影響もあって住宅価格は高くなり生活は苦しくなって家を買う余裕はなくなっているみたいですね。海外の不動産投資家にとっては安く買い叩けるので美味しい [続きを読む]
  • エル閣下!お願いだから要らんことをいわないで!
  • 昨日の下落の原因はエルドアン大統領の発言だったようです。エルドアン大統領は野党が持っている銀行の株式を政権に引き渡すよう主張しているようです。ちょっと言っている意味が解らないんですが市場はエルドアン大統領が介入することを嫌ってトルコリラ売りに繋がっているようです。エルドアン大統領が話すとトルコリラが下落するのでホントに暫らく口にチャックでもしてほしいですね。エルドアン大統領はまともな事もしていまし [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/09/17
  • 鉱工業生産[前月比][前回]-2.1% [予想]-1.0% [結果]+3.5%鉱工業生産[前年比][前回]+2.8% [予想]+1.2% [結果]+5.6%失業率[前回]9.7% [結果]10.2%鉱工業は予想よりも随分と良い結果なんですが失業率が10%を超えてしまうという微妙な結果となっています。トルコリラの方は朝からほとんど値動きが無かったようなんですが欧州勢が参戦する時間になるとトルコリラ売りが優勢で18円を割り込んでしまいました。まさか政策金 [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/09/14
  • 経常収支 「前回』-30.4億USD「予想」-18.0億USD「結果」-17.5億USD前回よりも大幅に改善して予想よりも良い結果となっています。トルコは観光客が増える夏場は経常赤字が減る傾向があるらしいので今後秋から冬にかけては、また悪化していくかもしれませんね。まあ毎年の事なのでそのあたりは、あまり気にしなくてもいいかも。さてトルコリラですが昨日の政策金利引き上げの影響で今日もトルコリラが買われて現在18円半ばでの値動 [続きを読む]
  • 遂に政策金利発表!どうなるトルコリラ!
  • トルコ中銀政策金利[前回] 17.75% [予想] 21.00% [結果] 24.00%以上の様に市場予想を上回る6.25%となりました。発表前にエルドアン大統領が利上げ政策を取ろうとするトルコ中銀を非難するコメントがあってトルコリラが売られていたので本当に大丈夫かと不安だったんですがトルコ中銀がやってくれました。トルコリラ/円は利上げ発表を受けて一時18円台半ばまで上昇し現時点で18円を挟んだ値動きをしています。もし利上げが無け [続きを読む]
  • トルコ経済指標発表2018/09/10
  • GDP[前期比][前回]+2.0% [予想]]+0.5% [結果]+0.9%GDP[前年比][前回]+7.4% [予想]+5.3% [結果]+5.2%トルコリラ/円は今日も上値が重く17円を割り込みそうだったのですがGDP が発表されると少し持ち直したようです。ロシア・アメリカとの関係が微妙なのでビックイベントである政策金利発表までこのあたりで踏み止まってほしいところ。17円を割り込むと一気に下へ向かってしまいそうな気がします。トルコ中銀が本当に利上 [続きを読む]