TERE! Maestro Paavo! マエストロ・パーヴォ万歳! さん プロフィール

  •  
TERE! Maestro Paavo! マエストロ・パーヴォ万歳!さん: TERE! Maestro Paavo! マエストロ・パーヴォ万歳!
ハンドル名TERE! Maestro Paavo! マエストロ・パーヴォ万歳! さん
ブログタイトルTERE! Maestro Paavo! マエストロ・パーヴォ万歳!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/paavolove1230
サイト紹介文N響はじめ世界的に大活躍する、マエストロ・パーヴォ・ヤルヴィのことを応援するブログです。クラシックや
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供243回 / 224日(平均7.6回/週) - 参加 2017/12/11 09:09

TERE! Maestro Paavo! マエストロ・パーヴォ万歳! さんのブログ記事

  • 奥田佳道先生の授業に初めて参加し、大感激!芝居仲間と、芸術談義。
  • またTwitterからの再録になりますがお許しください。きのうは早稲田大学演劇博物館のボランティアガイド・W氏と懇談。大変博識かつ研究熱心な氏の芝居に対する情熱を傾聴する。今月の歌舞伎座の獅童が実川延若そのものなのでふたりで驚く。舞踊のうまい役者論になり、亡き勘三郎と現・猿之助が共に俊寛と娘道成寺を演じたことに触れ、大いに盛り上がる。W氏との芝居論、経済論、音楽論は実に面白く、知的興奮に満ちたものとなり大 [続きを読む]
  • 芸術批評に求められるものはなにか?私なりの意見です。
  • ※Twitter、Facebookの再録になりますがご容赦ください。今後のブログの方向性ともかかわるが、パーヴォさんを応援する基本姿勢は変わらないものの、もっと幅広くクラシック音楽、歌舞伎、そのほかの演劇、芸術を多角的にとらえる内容にしていこうと考えている。音楽評論を生業とする以上は、パーヴォへの応援の仕方も今後は一線を画すべきであろうと思う。サイン会も今後はよほどのことがない限りは行かないと決めている。サイ [続きを読む]
  • 浅利慶太さん、逝く。
  • 私は実際に浅利慶太さんとお目にかかったことはないのですが、浅利さんの訃報に接して、いろいろ感じ入ることが多かったので、そのお話をさせていただきます。私が中学・高校まで演劇部に所属しておりました。そこで、先輩が大ファンであった、元・四季でいらっしゃる壌晴彦さん(じょう・はるひこさん、その当時は麦草平さんとおっしゃっておられました)にレッスンに来ていただいて、いろいろ教えていただいたのですが、その中に [続きを読む]
  • まりこさん、きみちゃん、もっちー、ざるさんに感謝!!
  • こんばんは!なんかきょうはとっても幸せでうれしい気分です!というのも!とうとう自由が丘で友達ができたんですよ(^^)/まりこさんと きみちゃん、もっちー、ざるさん、という4人のお友達です。ほかにもたくさんできました!とくにまりこさんは、とってもいろいろ親身に相談にのってくれて、やさしくてお姉さんのような存在です。私がちょっとグチをこぼしていたら、まりこさんがこう言ったの。「ちこちゃん、なんでもこれから [続きを読む]
  • パーヴォはいま、どこにいるのでしょう・・・?
  • 実はさっぱりわかりません( ;∀;) パーヴォはいま、多分・・・エストニアにおられるんじゃないかと思うのですが、あくまでも私の想像です。Instagramに、最近ストーリーズを発表されましたが、どこかの森で雨模様になっているのを映しておられたので、もうエストニアでパルヌ国際音楽祭の準備にはいっておられるのかな?と想像しています。正直いってさみしいです。パーヴォネタがないので、最新の、パルヌ国際音楽祭のポスター [続きを読む]
  • 「婦系図」という芝居について。日本の「一億総中流」という幻想の崩壊。
  • 先日、「四谷怪談」が苦手です、というお話をしましたが、もうひとつ、私の苦手・・というより、大嫌いな芝居があります。「婦系図(おんなけいず)」という新派の悲劇です。初めてみたとき、なんともいえずやりきれない思いをしたのを覚えています。この物語を他人事と思う世の中に、早くなってほしいと願うばかりです。婦系図とは、結婚する予定のカップルの、女性の側の系図、つまり親戚縁者に誰がいるかまで調べ上げた系図のこ [続きを読む]
  • ノット&東響の「ゲロンティアスの夢」短評
  • 私は実は、洗礼こそうけていませんが、カトリックを信じています。そだった学校が晃華学園といって、ずっとカトリックに基づく教育をしてきたので、しらずしらずのうちにそれがしみついたものと思われます。気が付くと、十字を切りますし、私の倫理観はおそらくカトリック的な価値観に基づくことに、最近は気づかされます。なぜこの話をしたかといいますと、きのうミューザ川崎で行われたジョナサン・ノット指揮の東京交響楽団によ [続きを読む]
  • 渡辺保先生の「源氏物語」評に納得です。
  • ほんとうに、こうしてみると、とってもお綺麗な海老蔵さんの光源氏なんですけどね・・・((+_+))きのう歌舞伎座夜の部「源氏物語」を見てまいりました。結論からいうと、うーん・・・・・ちょっと起伏がなさすぎて眠くなってしまうし、「源氏物語」としての一本筋の通ったドラマがみたかったですね。私が語るより、渡辺保先生が批評を載せておられますので、そちらをご参照ください。http://watanabetamotu.la.coocan.jp/REVIEW/BAC [続きを読む]
  • Twitterのつぶやきより〜もっと他者への関心をもってみよう♪〜
  • 私のすんでいるアパートでうれしいのは、いつもかわいらしい雀たちが、ちゅんちゅんと鳴いて、愛らしく並んでいるところです。心がとってもなごみます。都会にありがちなカラスやハトがほとんどいないのです。うれしいですね。いろいろ部屋のインテリアをまた変えることにしました。元夫が引っ越しでいろいろくれたのですが、置く場所がないのでまたちょっと断捨離を決行することになりそうです。生活はなるべくシンプルにしていき [続きを読む]
  • チケットぴあの「クローク」というシステムですが・・・。
  • こんばんは、かつらぎりょうです。きょうからひらがな読みでどうぞよろしくお願いいたします。きょうは朝はハローワークに行って、いろいろ仕事を探してきました。またいい案件が見つかって、申し込むことにしました。午後は既報通り、「エビータ」を東急シアターオーブで鑑賞。チケットぴあの発券システムが4月から変わったのを知らなくて、「クローク」というものができたのだと知りました。しかし、発券にかなり手間取り、実際 [続きを読む]
  • 私事で恐縮ですが(^_-)-☆
  • 私のペンネームですが、現在の漢字から、ひらがな読み「かつらぎ りょう」に変更することにしました。というのも、実は人生で占いに観ていただく機会ができました。何人かのかたにみていただいたのですが、名前に関して、この「かつらぎ りょう」にひらがな読みしたほうが、女性らしく、また、すぐに名前をおぼえてもらいやすくていいでしょう、というのが先生のお言葉だったのでした。さっそく名前を新たにこちらでTwitter等 [続きを読む]
  • きょうから本格的に音楽史のレッスン♪
  • 前項では、熱弁をふるって失礼しました!わたしがとうとう熱弁をふるったおかげなのか、それとも世間はやはりしっかり気づいていたのか、ずいぶんテレビでも安倍さんたちの飲み会のことが取り上げられていましたね。(よかった・・・まだまだマスコミには自浄作用がありますね!)とにかくこの豪雨の被災者のみなさまの心がすこしでもやすまりますように、と願うばかりです。さて、きょうは東京某所で、中野雄(なかの・たかし)先 [続きを読む]
  • 大事な話をします。日本の惨状についてです。前項の日本語訳です。
  • 前のところでお話した、エストニア語のメッセージ、いろいろ考えまして、ちょっと勇気がいるのですが、日本語訳を出させていただきます。いろいろなご意見もあると思いますが、私がいま、日本という国をながめていて、深く感じることです。ご了承願います。********************************************最愛のパーヴォ、こんばんは。いま、日本はようやく晴れて落ち着いたけれど、西 [続きを読む]
  • 浅草で一晩すごす。
  • いま、私は元夫の引っ越しのお手伝いをしに、浅草に来ています。元夫が横浜の家を売り払い、浅草に引っ越したので、そのお手伝いをしに来たのでした。うーん、すごくいま悩んでます。横浜は正直すごく・・・彼と一緒にくらしているとき、とても苦痛だったのですけど、浅草だと全然平気だし、とっても心が穏やかになれるのはなぜなんだろうと思うんです。お引っ越し作業自体もとてもたのしくできたし、和気あいあいとすることができ [続きを読む]