浜田和幸を研究する会 さん プロフィール

  •  
浜田和幸を研究する会さん: 浜田和幸を研究する会
ハンドル名浜田和幸を研究する会 さん
ブログタイトル浜田和幸を研究する会
ブログURLhttps://hamada-kazuyuki.r-cms.jp/blog_top/
サイト紹介文浜田和幸を研究する会。国際政治経済学者、北京国際交通大学客員教授、元参議院議員、浜田和幸を研究。
自由文浜田和幸を研究する会。国際政治経済学者、北京国際交通大学客員教授、元参議院議員、浜田和幸の見識・発言を研究します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 257日(平均1.1回/週) - 参加 2017/12/11 10:17

浜田和幸を研究する会 さんのブログ記事

  • 浜田和幸がインドネシアの首都ジャカルタの危機を指摘 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の調査では、インドネシアで開催中のアジア競技大会の裏で、ジャカルタはとんでもない危機に瀕している。8月18日から9月2日まで、ジャカルタはスポーツ一色であろう。何しろ、日本からだけで1000人を超える選手団と関係者が参加。45カ国の代表団、メディア、応援団を加えると大変な数になる。ただでさえ交通渋滞がアジア最悪と言われるジャカルタでは、いたるところで大混乱が発生している。そのため、小学校も [続きを読む]
  • 浜田和幸はカジノを楽観視していない - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の意見は、「カジノで外国人観光客を日本に呼び込む」という政府の発想は時代遅れもはなはだしい。去る7月20日、参議院本会議で可決、成立したいわゆる「カジノ法案」(統合型リゾート実施法)であるが、カジノを取り巻く国際情勢を無視しており、現状では失敗が避けられないだろう。アジア地域でカジノが繁盛していたのはマカオ、シンガポール、カンボジアが御三家。しかし、カンボジア以外はいずこも集客が減り、収益 [続きを読む]
  • 浜田和幸はマジックで勝負を賭ける - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の研究では、北朝鮮の指導者は大のマジックファンだ。最近、その秘密が明らかになったのは先の南北首脳会談であった。というのも、北朝鮮のマジシャンが意外な活躍を見せたからだ。それは南北首脳会談が終了した後の夕食会での一幕。文在寅夫妻と金正恩夫妻が緊張気味で会食に臨んだわけだが、突然、一人の手品師が登場し、その場の雰囲気を一気に柔らげたのである。このマジシャンの男性はテーブルに座っていた韓国の代表 [続きを読む]
  • 浜田和幸の微笑み外交 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の考えでは、マッチョぶりが半端なく、強面のプーチン大統領である。去る3月の大統領選挙では史上最高の75%もの得票率で再選を果たした。笑いが止まらないはずだったが、イギリスで起きたロシアの元スパイ暗殺未遂事件の影響で、欧米各国から相次いで「ロシア人外交官の追放」措置を繰り出され、今や欧米との対立姿勢を打ち出さざるを得なくなった模様だ。既に200人近くのロシア人外交官が任地から追放されている。 [続きを読む]
  • 浜田和幸がイスラエルを訪問 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸は本年建国70周年を迎えるイスラエルを訪問した。アメリカのトランプ大統領が同国の大使館を現在のテルアビブから聖地エルサレムに移転することを発表したため、イスラエルでは歓喜の声が上がった。しかし、パレスチナ側では猛反発。大規模な抗議デモが繰り返され、死傷者が続出している。浜田は注目を集めるアメリカ大使館の暫定的な移転先であるエルサレムのアメリカ総領事館を訪ねたが、想像以上に古くて狭い上に、周 [続きを読む]
  • 浜田和幸の日露関係の提言 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の調査では、ロシアのプーチン大統領は日本が大好きである。その原点は柔道との出会いに他ならない。今でこそマッチョな男の代名詞のような存在だが、少年時代は背も低く、脆弱な体質だったため、不良たちからしょっちゅういじめに会ったという。何とか強くなりたいと思い、先ずはボクシングを習い始めた。ところが、すぐに鼻の骨を折ってしまい断念。次に試したのがサンバというロシア独特のレスリング風のスポーツ。しか [続きを読む]
  • 浜田和幸のロボット化 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の調査では、現在、産業用ロボットの分野では、日本の企業が世界市場でシェア第一位を確保している。2015年の世界のロボット関連の市場規模は710憶ドル。2019年には、その2倍近い1354憶ドルにまで拡大するとの予測も。安川電機、ファナック、川崎重工業、ヤマハ発動機、不二越など日本のメーカーが世界市場を席巻してきたが、近年、中国のロボットメーカーが日本を猛追中である。何しろ、自ら設計した理想 [続きを読む]
  • 浜田和幸の嵐の前の静けさ - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の調査では本年のノーベル平和賞は「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN、通称アイキャン)」に決まったが、その受賞を決定付けたのは、他ならぬトランプ大統領と金正恩委員長の「言葉のミサイル合戦」であった。6800発の核弾頭を保有する「核超大国」のアメリカと推定20発程度を保有すると見られる自称「新興核保有国」の北朝鮮の間では一食触発の緊張が高まっているからだ。それを食い止めようとの思いがあって [続きを読む]
  • 浜田和幸の落とし穴 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の提言する落とし穴「トランプ・プラザ・ホテル&カジノ」の社長を務め、トランプ氏のビジネスを最側近として支えてきたジャック・オドネル氏の見方が大いに参考になるだろう。同氏曰く「トランプ氏は自分の家族には全幅の信頼を置いている。絶対に裏切らないと信じているからだ。そこで家族をいつも重要なポストに配置する。アトランティック・シティのカジノもそうだった。トランプ・キャッスルの最高経営責任者に妻(当 [続きを読む]
  • 浜田和幸は注目株 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の注目株は駐国連大使のニッキー・ヘイリー女史(45歳)。下院議員を経て、サウスカロライナの州知事を2期務めた共和党の生え抜きだ。インド人の移民の娘だが、国連大使のポストを受ける際には、閣僚同等の扱いを条件にするようトランプ氏と直談判。大統領選挙では「トランプ反対」運動を展開したツワモノで、共和党内にも支持者が多い。しかも、浜田和幸の調査ではトランプ大統領がロシアや中国問題で歯切れが悪いのを [続きを読む]