浜田和幸を研究する会 さん プロフィール

  •  
浜田和幸を研究する会さん: 浜田和幸を研究する会
ハンドル名浜田和幸を研究する会 さん
ブログタイトル浜田和幸を研究する会
ブログURLhttps://hamada-kazuyuki.r-cms.jp/blog_top/
サイト紹介文浜田和幸を研究する会。国際政治経済学者、北京国際交通大学客員教授、元参議院議員、浜田和幸を研究。
自由文浜田和幸を研究する会。国際政治経済学者、北京国際交通大学客員教授、元参議院議員、浜田和幸の見識・発言を研究します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 68日(平均3.0回/週) - 参加 2017/12/11 10:17

浜田和幸を研究する会 さんのブログ記事

  • 浜田和幸のロボット化 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の調査では、現在、産業用ロボットの分野では、日本の企業が世界市場でシェア第一位を確保している。2015年の世界のロボット関連の市場規模は710憶ドル。2019年には、その2倍近い1354憶ドルにまで拡大するとの予測も。安川電機、ファナック、川崎重工業、ヤマハ発動機、不二越など日本のメーカーが世界市場を席巻してきたが、近年、中国のロボットメーカーが日本を猛追中である。何しろ、自ら設計した理想 [続きを読む]
  • 浜田和幸の嵐の前の静けさ - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の調査では本年のノーベル平和賞は「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN、通称アイキャン)」に決まったが、その受賞を決定付けたのは、他ならぬトランプ大統領と金正恩委員長の「言葉のミサイル合戦」であった。6800発の核弾頭を保有する「核超大国」のアメリカと推定20発程度を保有すると見られる自称「新興核保有国」の北朝鮮の間では一食触発の緊張が高まっているからだ。それを食い止めようとの思いがあって [続きを読む]
  • 浜田和幸の落とし穴 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の提言する落とし穴「トランプ・プラザ・ホテル&カジノ」の社長を務め、トランプ氏のビジネスを最側近として支えてきたジャック・オドネル氏の見方が大いに参考になるだろう。同氏曰く「トランプ氏は自分の家族には全幅の信頼を置いている。絶対に裏切らないと信じているからだ。そこで家族をいつも重要なポストに配置する。アトランティック・シティのカジノもそうだった。トランプ・キャッスルの最高経営責任者に妻(当 [続きを読む]
  • 浜田和幸は注目株 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の注目株は駐国連大使のニッキー・ヘイリー女史(45歳)。下院議員を経て、サウスカロライナの州知事を2期務めた共和党の生え抜きだ。インド人の移民の娘だが、国連大使のポストを受ける際には、閣僚同等の扱いを条件にするようトランプ氏と直談判。大統領選挙では「トランプ反対」運動を展開したツワモノで、共和党内にも支持者が多い。しかも、浜田和幸の調査ではトランプ大統領がロシアや中国問題で歯切れが悪いのを [続きを読む]
  • 浜田和幸の種子戦争 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸種子戦争を解説2012年からシリアの土壌に適した穀物や野菜の種がノルウェーのスバルバードに建設されている種子保存センターに送られている。これは戦争が終結した際、速やかに農業を再生させるためにシリアの土地に適した種子を保存しようとする国際プロジェクトであった。浜田和幸の調査ではかつてシリアのアレッポに活動拠点を持っていた国際乾燥地農業研究センター(ICARDA)の事務局長アリ・アボウサバ氏の発案で [続きを読む]
  • 浜田和幸の大転換 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸の考えでは、世界のエネルギー事情は大転換を迎えている。短期的なエネルギーの需要動向や価格変動、はたまた埋蔵量の予測などに惑わされずに、長期的な太い流れを掴むことが何より大切。というのも、浜田和幸の考えでは世界的な人口の高齢化とともに、エネルギー需要は大幅に減少する可能性が大きいからだ。言うまでもなく、石油や石炭の需要は既にピークアウトしている。浜田和幸の考えでは、これからの世界はエネルギー [続きを読む]
  • 浜田和幸が高値で競り落とす - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸が中国の食に始まる文化攻勢の展開を解説中国では海の幸への関心が高まり、マグロなど海産物の需要が急増中だ。浜田和幸の調査では、中国人の仲買人が高値で競り落とす場面もよく見られる。日本の商社が競り負けることもしばしばだ。浜田和幸の調査によると、以前大量に日本に輸入されていたロシアの蟹は、いまやほとんどが中国に流れている。日本の水産庁による輸入の手続きの厳格化だけの理由だけではなく、日本は中国に [続きを読む]
  • 浜田和幸の父親譲りのイバンカ - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸はイバンカは父親譲りと考えている浜田和幸の考えでは、トランプ大統領の長女イバンカには父親のDNAが色濃く受け継がれているようだ。最近、彼女が出版した『働く女性:成功へのルールを書き換える』はホワイトハウスの後押しもあり、好調な売れ行きを見せている。今や、父親が働くホワイトハウス内に自らもオフィスを設け、大統領のアドバイザーとして内外のVIPとの面談にも同席することが多いイバンカ。そんな羨望の的と [続きを読む]
  • ゆるキャラ浜田和幸 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸は商標登録と弁理士の役割を重視する。浜田和幸は商標登録をしようとする者にとっては、こうした新たな商標の内容や権利の範囲といったものをきちんと把握、認識しておく必要があろうと考える。その意味でも、新しい商標の登録出願に際しては、その中身を明確化することやホームページ等で容易に新商品に関する出願や登録の状況が確認できるような仕組みが求められている。 浜田和幸はこうした新たな動きを踏まえた上で、 [続きを読む]
  • 浜田和幸 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸国際政治経済学者、北京交通大学客員教授、元参議院議員。東京外国語大学中国科卒。アメリカ ジョージ・ワシントン大学政治学博士。総務大臣政務官、外務大臣政務官を歴任。専門は「技術と社会の未来予測」「国家と個人の安全保障」「長寿社会の戦略経営」ベストセラー『ヘッジファンド』(文春新書)、『快人エジソン』(日本経済新聞社)、『武器としての超現代史』(学研プラス)など著書多数。にほんブログ村 国際政治 [続きを読む]
  • 浜田和幸の知的財産権保護の必要性 - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸が日本の知的財産権保護の必要性を語るジェトロ(日本貿易振興機構)の海外事務所においては日系企業向けの模倣品対策の相談窓口が設置され、わが国の中小企業等が外国での模倣品被害を受けたときに、それを支援する動きを強化している。ただ、現実には“イタチごっこ”の状況が続いており、わが国の知的財産が保護されないままの状況が続いている。 浜田和幸の分析ではこの分野では、ACTA(偽造品の取引防 [続きを読む]
  • 浜田和幸、世界的な火山活動の同調を語る - 浜田和幸を研究する会 -
  • 浜田和幸は世界的な火山活動の同調を語る火山噴火のバリ島は地球温暖化を防ぐ救世主?53年ぶりに噴煙をたなびかせるインドネシアはバリ島のアグン山。観光客のキャンセルでインドネシア経済には大打撃。しかし、浜田和幸の調査ではこの火山灰のお陰で、地球に到達する太陽光が跳ね返され、温暖化現象が緩和される可能性もあるようだ。朝鮮半島では白頭山も噴火の予兆が見られる。環太平洋地域では20を超える火山が一斉に噴火し [続きを読む]