みや さん プロフィール

  •  
みやさん: 植物 オヤジ
ハンドル名みや さん
ブログタイトル植物 オヤジ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/gould846
サイト紹介文日々出会う、植物たちの「たくましさ」と「美しさ」を再発見する、ハードボイルド・ボタニカルライフ。
自由文明石の小さな漁港から歩いて3分、ささやかな庭のついたマンションでうちの植物や他所の植物に癒されて暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 341日(平均7.0回/週) - 参加 2017/12/11 12:35

みや さんのブログ記事

  • 道すがら
  • 駅に向かう道すがら、通りに向かって咲く花たち。よく手入れされたお庭は見ていてきもちがいい。ご主人の愛情に一生懸命に応える草花。人と植物の間にはコミュニケーションが確かにあると思う。 [続きを読む]
  • 紀伊勝浦で銀杏など
  • 久し振りに紀伊勝浦に出張。得意先の社長といつものお店で会食となった。まずは季節もの、銀杏を食す。しみじみと美味しい。子供の頃はこの旨味がわからなかった。歳をとるのは全然悪くない。美味しいイカはとても美味しい。舌に残るまったりとした甘み。辛口の日本酒にあう。金目鯛。軽く炙りを入れてあるのがいい。香ばしさと深い旨み。鱈の白子をジャンク風にたこ焼きソースでいただいた。結構いい。なんか勿体無いが新しい味だ [続きを読む]
  • ディッキアの実生、その後
  • ディッキアの種を蒔いて2週間経った。実生が十ほどになっている。もう親株のようにトゲトゲの片鱗がでてきて面白い。ていうか、かわいくてたまらない。まだごま粒ほどの大きさ。カビがいくつか出てきたので消毒をする。種を蒔いて育てるなんて小学生の頃のアサガオ以来だろう。半世紀近く経って再びそれを体験する。なんて楽しいのだろう。自分でないものに愛情を注ぐということ。結局自分の何かを育んでくれる気がする。 [続きを読む]
  • 東風吹かば
  • 博多2日目は太宰府天満宮へ。時節柄七五三のご家族が多く参道へと向かう。ここもインバウンドでいっぱい。日本語があまり聞こえない。というか、あちらの方たちは声が大きすぎ。御神木の大楠があちこちに。立派だ。ご本殿。あちこちに梅のデザインが散りばめられている。梅の花はデザインが素晴らしい。完璧なかたちだ。飛梅。放物線状の枝ぶりが美しい。満開の頃はさぞきれいだろう。東風吹かば にほいおこせよ 梅の花主人なしと [続きを読む]
  • 博多へ
  • 福岡にプチ旅行中です。柳川は文字通り柳と川の町。お堀を割って作った水路を小舟が通る。セイロで蒸した鰻重は美味。博多は都会ですが大きすぎず、いい街ですね。 [続きを読む]
  • 夜は魔法使い
  • 大阪は中之島。淀んだ川面も夜は美しい。昨日はこの時期にしては暖かく夕刻も17℃ほど。小さな観光船が橋を抜けると青い光が左右に割れて波立つ。しばらく見惚れてしまった。夜は魔法使いのよう。 [続きを読む]
  • ディッキアの実生
  • 10日前に蒔いたディッキアの種。植物用のLEDライトで夜間照らしていたが発芽の気配は無かった。今朝見ると小さな緑色のものがあるではないか。しかも2つ。やったあ。見事に実生が現れた。種から立派に発芽してくれたのだ。小ちゃな葉っぱが超かわいい??本当に「ウチの子」だ。大きくなるのが楽しみ楽しみ。 [続きを読む]
  • イオナンタ、開花す
  • チランジア イオナンタが続いて開花した。この時期に咲くのは珍しい。花の周りの葉が赤く染まってきれい。今年は大型の台風の影響で植物界にも異変が起きている。先日は和歌山の沿岸付近に桜の狂い咲きを見つけた。塩害のせいらしい。うちのチランジアたちもその時は外にいたのでその影響かもしれない。ここは海岸から2、300m程度なので。ともかくなかなか花をつけないチランジアが咲くととてもうれしい。数日で枯れてしまうのでい [続きを読む]
  • 渡り鳥 その2
  • 坪庭に出るとどこからか「ピッ ピッ ピッ」と乾いた啼き声が。小さな野鳥が電線にいる。カワラヒワかとレンズを向けるとジョウビタキだった。冬の渡り鳥。これは雌で彩りが控えめだ。冬越しのためシベリア方面から来たのだろうか。このシーズンはユリカモメに続いて二種目だ。二日目の朝も同じ所で啼いている。同じ個体だろう。あんな小さな身体で何千キロも飛んでここまで来たのだ。ゆっくりとそこで休んでほしいものだ。 [続きを読む]
  • 播磨灘の入日
  • 今日は夕焼けがきれいでした。そういえば今日は朝日も見てました。お日様はここ明石では6時22分起床、17時2分にお休みです。夜が長いわけですね。朝と夕暮れ時はびっくりするほど空と海がきれいな瞬間があります。数分から数十秒しか持ちませんが。だからよりいっそう美しいのかもしれません。 [続きを読む]
  • 種から自生する日々草
  • いつの間にか自生した日々草。鉢植えよりも葉っぱが大きく色つやがいい。最近の冷え込みにもめげず、花もまだ元気に咲く。こいつらの元はこれだった。鉢植えからこぼれた種。最初は何故種が飛んできたのか分からなかったが 鉢植えの花が衰え種を付けるのを見て合点した。この小さな一粒がこんなに大きな株に育つのか。なかなか感慨深い。写真中央に種とさや。マンションの箱庭ゆえ豊かとはいえない土壌に咲くひとむらの日々草。「 [続きを読む]
  • パートナー
  • 毎朝ゴールデン レトリバーと砂浜を歩く女性。犬の歩みに合わせているのかかなり速い。木切れを海に放るとじゃぶじゃぶと迷いなく取りにいく。犬も海が好きなのだ。犬に構い過ぎることがなくお互いが自立した感じがする。どちらもパートナーなのだろう。まるで会話をしながらジョギングをする友達のようだ。見ていて気持ちがいい。 [続きを読む]
  • 蕎麦屋で一杯、再び。
  • 昨夜は和歌山の老舗の蕎麦屋で一杯。創業昭和16年とはすでに76歳だ。多分今の若大将は3代目だろう。こちらは3回目。(以前の記事と再放送並みに絵が同じです)気に入ったお店で気に入った料理があるとそればかり頼む癖がある。安定の出汁巻。醤油の甘辛い味は昭和のものだ。天ぷらも何だかすごく旨い。ごま油の芳ばしさといい匂い。食感はカリッとサクッとして申し分ない。天つゆは出汁巻のものと同じ甘辛の醤油がベースだ。たまに [続きを読む]
  • DEEP PURPLE
  • さてさて今宵もRecord BAR のお時間です。(昨日の夜のことです(^^; )本日ゲットしたお宝レコードは3枚。荒井由実、Queen、そしてDEEP PURPLE。ユーミン、ミスリム。クイーン、グラーテスト ヒッツ。パープル、Deepest Purple。針を降ろすのが楽しみ〜。おお〜、懐かしい!ていうか、今でもかっこよすぎ。Black Night、イントロ最高。Highway Star、ギター圧巻、メロディ美し。Smork on the Water、何度聞いてもシビれます。何と [続きを読む]
  • 花鳥風月
  • はなとりかぜつき雨上がりの朝、いつものランニングコースを歩く。コスモスが風に揺れ、ユリカモメは空に舞い、セイルが風を捉える。西の空に少し欠け始めた月が白い。柔らかく暖かみのある白さがうれしい。 [続きを読む]
  • 住んでる
  • 美しいソテツ、でなくてかわいいカエル君。ずっと住んでるうちの子だ。個体識別ができないのが残念だが数匹庭に住みついている。ハードボイルドな植物どもを引き立て同時に癒しを与えてくれるいいやつだ。 [続きを読む]
  • カクタス ニシは超危険地帯
  • 和歌山市のはずれにあるカクタス ニシ。ただのビニールハウスに見えるがいやいやとんでもない危険地帯だった。最初のハウス。ドーンと一面のハオルチア‼?圧巻の迫力だ。何十種類あるのやら。次のハウス。こっちは部屋中ディッキアだらけ。植物の中で一番好きなやつらがぎゅうぎゅうに並んでいる。舞い上がってしまって息苦しい。呼吸を忘れていたのだ。大株から子株まで親族大集合。テンションマックス。深呼吸しなくちゃ。ここ [続きを読む]
  • 蓮の花
  • 蓮の花。ピンクからオレンジ、イエローへとグラデーションが美しい。姿形は清楚で凛とした気品があって思わず拝みたくなる。仏教などの宗教や信仰の象徴となるのももっともで人の感性は太古の昔から変わらないものだと納得した。 [続きを読む]