雨ちゃん さん プロフィール

  •  
雨ちゃんさん: あみもの雨ちゃん
ハンドル名雨ちゃん さん
ブログタイトルあみもの雨ちゃん
ブログURLhttp://mrsraindrop.blog.fc2.com/
サイト紹介文まいにち編みたい。いつでも編みたい。 編み物、洋裁、絵本など 好きなことを綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 303日(平均5.8回/週) - 参加 2017/12/11 15:45

雨ちゃん さんのブログ記事

  • 果てしないとは知りながら。編み始めた作品。
  • 果てしなく遠い道のりとはわかっているのですが、編み始めてしまいました。オリジナル作品の大判ショールになる予定です。違う色で以前に編んだ作品です。オーガニックウールのモチーフつなぎの大判ショール ?iichiのギャラリーにとびます。この作品、すでにお買い上げいただいて今は手元にないのですが、あの時にも編みながらもまさかゴールにたどり着けるとは思っていませんでした。奇跡的にこのブルーのショールが編みあがっ [続きを読む]
  • 『毛糸ピエロ』で買った糸と作品計画
  • 『毛糸ピエロ』さん早い!おとといの夜に頼んでもう着きました。購入したのは<ソフトメリノ並太>。今編んでいる「編み込み柄のセーター」。最後の衿8段を残して糸が終わってしまったので買い足しです。そして送料対策というか、何というか。せっかく買うのだから一玉で終わるはずもなく。10%引きのクーポンが出ていたおかげもあって、一緒に買った毛糸がいくつかあります。これは<ヘンゼル>です。キッドモヘアとシルクで作ら [続きを読む]
  • 編み込み柄セーター。衿までいったところで。
  • 『ダルマパターンブック1』より編み込み柄セーターを編んでいます。身頃と袖を合体して、その後ヨークも全部編めました。今は衿を編んでいるところです。あともう少し。ところが。糸が終わってしまいました。(黄色い矢印)使っている糸は毛糸ピエロの<ソフトメリノ並太>です。本の指定糸は、ダルマの<シェットランドウール>。配色糸の白は2玉使用するらしいので、ソフトメリノ並太の白も2玉買いました。衿、あと8段なのに… [続きを読む]
  • 『C&S北欧てづくり散歩』からフード付きコートを作ります。
  • 図書館で予約していた『CHECK&STRIPE 北欧てづくり散歩』(集英社)。順番がようやく回ってきました。やった!北欧での旅の装いがテーマなので、シンプルでセンス良い作品ばかり。特に子供服が可愛いものが多かったです。私が作りたいのはこれ。フード付きコートです。軽く羽織れる一重のコート。ちょっと気になるのが、上の写真のモデルさん、袖をまくっているんですよね。袖、長いのかな?このコート、キッズサイズも載っていま [続きを読む]
  • パステルグリーンの帆布でトートバッグを作りました。
  • 薄いグリーンの帆布でトートバッグを作りました。文房具の黒いクリップは待ち針代わり。手持ちの太めのミシン糸を並べて、どの色にしようかと思案中。で、結局は無難に一番右の生成りにしました。パターンは『TANDEYの手作り帆布バッグ』(主婦の友社)から表紙のトートバッグです。下の写真では、おじいさまが持っている一番大きなバージョンです。裁断してアイロンをかけたらあとはひたすら縫うだけです。はい、出来上がり。外側 [続きを読む]
  • 編み込み柄セーター。編み込みは苦手だけど。
  • 『ダルマパターンブック1』より編み込み柄セーターを編んでいます。袖口は白い糸から編みだして、模様を入れたあとは地色の茶色でメリヤス編み。前後身頃と袖2本が編みあがって、ヨークに差し掛かったところで全部のパーツを輪に合体します。ここからはヨークを一気に編み上げていきます。いよいよ編み込み模様の本番。しばらくぶりの編み込みで、「あれ?どうやるんだっけ。」なんてとぼけてる自分が頼りない。そういえば、あん [続きを読む]
  • 鎌倉スワニーと『モネそれからの100年』展に行きました。
  • この日、横浜は雨模様。素敵な生地やさん、『鎌倉スワニー山下公園店』に行ってきました。入口です。その入り口から地下一階の売り場への階段途中のディスプレイ。お店の雰囲気出てるなぁ。実は3階のほうのウェア用の生地売り場にも行き、お安くなっていていい生地もたくさんあったのですが、心の準備ができていなかったのでそこでは買わずに地下一階へ。噂には聞く鎌倉スワニーさんですが、この日初めての訪問だったので、とりあ [続きを読む]
  • ふわふわぽこぽこの花のスヌードができました。
  • 今シーズンの秋物作品のスタートです。スヌードが出来上がりました。厚みのある花のモチーフをなげました。私の定番の作品です。使っている毛糸は、ウールとモヘアの糸。モヘアの毛足が長く、ふわふわとやさしい手触りです。上の写真は、出来上がったスヌードを二つに折って撮影しました。首の周りにぐるぐるっと二重に巻ける長さです。お天気のいい日にトルソーにかけて撮影して、準備ができ次第iichiとminneのMrs.Raindropのギャ [続きを読む]
  • サフランイエローのポップコーンクッション完成!
  • 『毛糸ピエロ』の「ニットアンジェ2018春夏」から編んでいたポップコーンクッションが完成しました。元気色のサフランイエロー。パプコーン編みの立体感と、丸いクッションの立体感で存在感がすごいです。中にはアベイルコマドリさんで買った、丸いヌードクッションを入れました。上の写真で左側に写っているのは、40?のフラットニットファスナー。カバーを外して洗えるように、ファスナーをつけました。ファスナーを開けるとこん [続きを読む]
  • 日暮里繊維街での買い物と美術館巡りの両立は難しい。
  • 先週、日暮里の繊維街〜上野を巡りました。美術館巡りにお得な『ぐるっとパス』の使用期限がきているので、繊維街で生地を買ったらその足で日暮里・上野の美術館を回ろうという目論見です。まずは生地も副資材も何でもそろう、『トマト』でナイロンのキルティング生地を買いました。110?幅で2.5m。キルティングのコートを作ろうと思って。茶色系の生地を買うつもりが、なぜか赤いチェックを手に取っていました。キルティング [続きを読む]
  • パピー<カテリーナ>のカーディガン、前後身頃が編めました。
  • 『ヨーロッパの手編み2017春夏』から編んでいる、からし色のカーディガン、後ろ身頃と前身頃が編めました。後ろ身頃。<カテリーナ>はシルク65%・コットン35%の上質な糸で、擬麻加工が施されています。擬麻加工とは、麻のような硬い感触と外観を与える加工のことらしいです。確かに、シルクコットンの上質感というよりも、ざっくりとしたナチュラルな風合いが主張してきます。”すごく柔らかいペーパーヤーン”と言われれば [続きを読む]
  • ぐるっとパスで上野散歩へ。
  • 楽しかった子どもの夏休みが終わり(…楽しかったとはいえ、ようやく自分を取り戻した気分です。)『ぐるっとパス』の有効期間が切れる前にと、上野散策に出かけました。今日は、ブラ雨ちゃん〜上野散歩編〜です。まずは国立西洋美術館。前庭にある、ブールデルの<弓をひくヘラクレス>とロダンの<地獄の門>のツーショット。西洋美術館では、常設展を観ていつものお気に入りの絵画たちに会い、西洋版画展示室を観て緻密な版画 [続きを読む]
  • ダイヤ柄のベスト完成!スマートでハンサムなできあがり。
  • 『世界の編み物2017‐2018秋冬』から編んでいた「ダイヤ柄のベスト」が出来上がりました。横から見たところ。前後の身頃の丈が違います。あ〜でも、これでは袖が邪魔して見えませんね。...袖をどけてと。裾のゴム編み部分に前後差をつけています。後ろ姿。後ろ身頃も総模様。袖がフレンチスリーブです。この袖は、身頃を編みながら両端にねじり増し目をして編んでいきます。やってみると簡単。白いシャツを出さないで着るかな。私 [続きを読む]
  • ふかふか毛糸で木の葉のマフラー編みました。
  • ふと思い立って、マフラーを編みました。急に編むことにしたのは、ここのところ編んでいた「ダイヤ柄のベスト」を編み終わったから。いきさつはこうです。ダイヤ柄のベストが編みあがり、その作品で使用した糸のスキー<UKブレンドメランジ>はパピー<ブリティッシュエロイカ>にそっくりな編み心地と質感。出来上がったトルソーにベストを着せていたところ、その日は湿気がすごかったものだから、編み地から立ち上る獣毛のにおい [続きを読む]
  • ダルマ<ウールモヘヤ>は見とれる美しさ。
  • 『毛糸蔵かんざわ』さんのネットショップで『ベストアイズコレクション』新刊と毛糸を購入しました。他のお店でも買える品物ですが、かんざわさんにしたのは、1000円引きのクーポンが発行されていたから。毛糸はダルマの<ウールモヘヤ>ばかりこんなにたくさん買ってしまいました。でも手に取ってみると、他の色も買えばよかったと。色番1の白。ふわっふわです。ダルマの<ウールモヘヤ>は10色展開。モヘヤ56%・ウール44% [続きを読む]
  • ダイヤ柄のベスト前身頃編みあがり。ワタシの悪いところ。
  • ダイヤ模様がきれいに出て気持ちいいです。『世界の編み物2017‐2018秋冬』(日本ヴォーグ社)から編んでいる、ベストの前身頃が編めました。スチームをかけて編み地を整えたところです。やっぱりスチームをかけたらかなり変わりました。下の写真で左側がスチーム前、右側がスチーム後です。模様が一回り大きくなって、すっきりとした見た目に変わっています。アイロンでスチームをかけるのは面倒なのですが、こうしてすっきりと模様 [続きを読む]