メニピポ さん プロフィール

  •  
メニピポさん: 日本遺産一覧・訪問ブログ
ハンドル名メニピポ さん
ブログタイトル日本遺産一覧・訪問ブログ
ブログURLhttps://japan-heritage.localinfo.jp/
サイト紹介文日本遺産の一覧や所在地の他、訪問記を観光ブログとして紹介。
自由文日本遺産とは文化庁が地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーとして認定。遺産の一覧や所在地の他、訪問記をブログとして紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 37日(平均7.4回/週) - 参加 2017/12/11 21:41

メニピポ さんのブログ記事

  • 『足利の日本遺産』観光ブログ②〜足利学校跡
  • 訪問日:2017年7月15日(土)前半のブログ記事(『足利の日本遺産』観光ブログ①〜足利学校跡)はコチラ。■足利学校跡入口で参観券(入学証)を購入して奥に進むと、最初にあるのがこの「学校門」です。足利学校で一番象徴的で有名な門かもしれないですね。 ちなみにこの独特の「學校」という扁額の文字は、明人の蒋龍渓が弘治元年(1555年)に来日した時の書を、 [続きを読む]
  • 国境の島 壱岐・対馬・五島 〜古代からの架け橋〜|日本遺産の歩き方
  • ■ストーリー※シリアル型 日本本土と大陸の中間に位置することから、長崎県の島は、古代よりこれらを結ぶ海上交通の要衝であり、交易・交流の拠点であった。特に朝鮮との関わりは深く、壱岐は弥生時代、海上交易で王都を築き、対馬は中世以降、朝鮮との貿易と外交実務を独占し、中継貿易の拠点や迎賓地として栄えた。その後、中継地の役割は希薄になったが、古代住居跡や城跡、庭園等は当時の興隆を [続きを読む]
  • 地蔵信仰が育んだ日本最大の大山牛馬市|日本遺産の歩き方
  • ■ストーリー※シリアル型 大山の山頂に現れた万物を救う地蔵菩薩への信仰は、平安時代末以降、牛馬のご加護を願う人々を大山寺に集めた。江戸時代には、大山寺に庇護され信仰に裏打ちされた全国唯一の「大山牛馬市」が隆盛を極め、明治時代には日本最大の牛馬市へと発展した。西国諸国からの参詣者や牛馬で賑わった往来である大山道沿いには、今も往時を偲ぶ石畳道や宿場の町並み、所子に代表される [続きを読む]
  • 尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市|日本遺産の歩き方
  • ■ストーリー※地域型 尾道三山と対岸の島に囲まれた尾道 は、町の中心を通る「海の川」とも言うべき尾道水道の恵みによって、中世の開港以来、瀬戸内随一の良港として繁栄し、人・もの・財が集積した。その結果、尾道三山と尾道水道の間の限られた生活空間に多くの寺社や庭園、住宅 が造られ、それらを結ぶ入り組んだ路地・坂道とともに中世から近代の趣を今に残す箱庭的都市が生み出された。迷路に [続きを読む]