Ikemen-ChoiwaruJijii さん プロフィール

  •  
Ikemen-ChoiwaruJijiiさん: 『英語は3語で伝わります』ジジイが実力を付けた本
ハンドル名Ikemen-ChoiwaruJijii さん
ブログタイトル『英語は3語で伝わります』ジジイが実力を付けた本
ブログURLhttps://3wordsenglish.jimdo.com
サイト紹介文イケメンチョイワルジジイによる『会話もメールも英語は3語で伝わります』の実践的詳細レビュー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 144日(平均1.6回/週) - 参加 2017/12/12 10:32

Ikemen-ChoiwaruJijii さんのブログ記事

  • 関係代名詞や関係副詞の最大メリットを本当に分かって使ってる?
  • Sponsor Link 関係代名詞って知ってますよね?それでは関係副詞はどうですか? 文法だけで理解していても使っていなければ無駄ですよね。使っていないのは、使うメリットを本当に分かっていないからではないのか。『英語は3語で伝わります』を読むと、関係代名詞を使うべき場合とそのメリットが分かる。 この本では関係副詞については触れていないが、使う目的としては同様に考えていい。 [続きを読む]
  • 副詞の位置に迷わない3語で伝える英語【伝えたい優先度】が決め手
  • Sponsor Link 名詞以外なら何でも修飾できる、超便利な副詞をもっと使うべきだ。特に動詞を修飾する副詞は、結論を担当する重要な動詞の表現を豊かに演出してくれる。 なんとなく使っている副詞だが、位置で迷うことがある。「修飾する言葉の近くに置く」という曖昧な説明では、理解できたように思っても、ケースバイケースで迷いがなくならない。 そもそも「名詞以外なら何でも修飾できる [続きを読む]
  • 現在完了形の理解を妨げる原因は1つの原理を3通りに解釈するからだ
  • Sponsor Link 現在完了形は1つの考え方で理解できる。そんな簡単な理解を妨げているのは、「大きなお世話」のごときの3通りの解釈だ。 1、経験 2、完了 3、継続 といった現在完了形を巡る「親切な解説」が、返って理解の妨げになっている。 英語はもっと原理的に、もっとシンプルに考えるべきだ。『英語は3語で伝わります』の現在完了形の解釈はシンプルでスッキリしている。1つの原理だ [続きを読む]
  • 3語で伝える英作文練習【10歳の壁から貧困家庭の子どもを救え】
  • Sponsor Link SVOの3語で伝える英語の練習や便利な他動詞の習熟には、使う他動詞を限定して繰り返し使ってみるのが良い。 同じ英作文でも、日本語の文章から英訳するのではなく、他動詞から英語を作っていくという方法も面白そうだ。あらかじめ先に使う他動詞を決めておく。 その日のニュースを題材に、指定した他動詞を使って、感想を英語で表現してみたい。指定した他動詞とは関係なさそうなニュース [続きを読む]
  • 3語で伝える英語を鍛える英作文練習【LINEはバカと暇人のもの】
  • Sponsor Link 英語を最短で身につける方法は、「SVOの3語で英語を表現する」練習を徹底的に繰り返すことだ。 S(主語)V(動詞)O(目的語)の3語で英語を表現することを意識して、より具体的に、より短く表現することに集中する。 その鍛錬には英作文がとても適している。視覚的にも文を推敲するのに都合が良いからだ。無駄や分かりにくい部分を何度でも修正することが出来る。 英作文で自 [続きを読む]
  • 3語で伝える英語を鍛える方法はいかに短く英作文出来るかの工夫だ
  • Sponsor Link S(主語)V(動詞)O(目的語)の1つの文の形だけに絞ることで、「速く」「簡単に」「分かりやすい」英語を作ることができると『英語は3語で伝わります』では説明されている。 頭で理解するだけでなくて、「実感」で感じるためにはアウトプットするのが手っ取り早い。話し相手のいない私には、「英作文」をするのが一番簡単な方法になる。 でも、日記やメモよりも、毎日のニュースを題材 [続きを読む]
  • Need,Require,Wantの違いと米朝開戦の可能性100%に見た英語の大原則
  • Sponsor Link 『英語は3語で伝わります』では他動詞に力を入れて説明されている。S(主語)V(動詞)O(目的語)のたった1つの形で英語をマスターするために、他動詞は必須のアイテムだからだ。 英語は使わないと覚えないし身に付かない。この本の中で著者が紹介しているいくつかの「便利な他動詞」を参考にしながら、SVOの3語で伝える英語の感触を味わってみることにする。 SVOの3語と他動詞を意識す [続きを読む]
  • 反対語を知れば1度の努力だけで2倍以上の英語の表現力が手に入る!
  • Sponsor Link 単語を多く知っていれば英語の強い武器になる。ただ、英単語を機械的に覚えるのは苦痛でしかない。だから、ほとんどが挫折を繰り返す。 『英語は3語で伝わります』の提唱する、S(主語)V(動詞)O(目的語)の3語に絞って英語を単純化する考え方は、少ない単語量でも、今ある英語力を最大限に発揮させてくれる方法だ。 それでも、単語を多く身につけておくことは、英語の表現力を高める [続きを読む]
  • 人間嫌いのあなたでも英語なら人に働きかける動詞で本音を伝えられる
  • Sponsor Link 人と接するのが苦手で、人間嫌いなあなたは、常に他人から距離を置いて、出来るだけ関わらないようにしてるはずだ。 言葉でも態度でも、他人に働きかけるような表現を、いつも意識して抑えている。私がそうだから。 人を傷つけるような言葉はもちろん、驚かせたり興味を持たせるような言葉も使わないようにして、まるで空気のようにひっそりと生活していることだろう。 でも、英 [続きを読む]
  • 初歩の基本の動詞すら使い倒せないのに英語の上達を目指す愚かさよ!
  • Sponsor Link 「初歩の基本の動詞だけでも相当な英語の表現ができるのに、使い倒すことが出来ないから、単語不足と勘違いしている悲劇」 他人の悲劇は喜劇に見える。しかし悲劇の主人公には、闇の中から抜け出す方法が分からない。主人公の間違った葛藤は、端(はた)からは愚かに見える。 「どうして表現したい言葉が英語で思い浮かばないのか?」「もっと単語の数を増やさないと駄目なのか?」あなた [続きを読む]
  • whenを動名詞に変えるだけであなたの英語は短く分かりやすくなる
  • Sponsor Link 日本語でも英語でも、文は長くなるほど分かりにくくなる。苦労して長い文を作っても、返って分かりにくくなるのだから止めた方がいい。 『英語は3語で伝わります』の著者も、いかに伝わりやすい文を、いかに短く表現できるかを模索している。 学習英語の常識を疑って、どこに無駄がないか、もっと短くできないか、もっと伝わりやすくならないかと苦労した成果を教えてくれている。 [続きを読む]
  • えっ!まだあなたはifなんて長くて分かりにくい文を使っているの?
  • Sponsor Link 「ifなんて長くて分かりにくくて面倒なものは使わない!」って信じられる? 文は長くなるほど、作るのが面倒で、伝わりにくくなる。だから出来るだけ文は短いに越したことはない。 しかし「if」を使わなければならない時は仕方がないのか?当然、文が長くなってしまう。 でも、「if」を使わなくて済む方法があったとしたらどうだろう?しかも、ぐっと文も短くなってしまうとした [続きを読む]
  • あなたの英語を格段に明確な表現に改善する「具体的な伝え方」とは?
  • Sponsor Link 自分の英語が分かりやすくて伝わりやすくなる簡単な方法はないだろうか? 「分かりやすくて伝わりやすい」とはどういうことか?それは相手に鮮明なイメージを伝えられることに違いない。 「鮮明なイメージ」を呼び起こすにはどうすればいいか?それは「具体的な言葉」を使うことだ。そうするだけで、あなたの英語は各段に明確な表現に改善される。 『英語は3語で伝わります』の [続きを読む]
  • 否定を肯定に変えるだけであなたの英語は分かりやすく力強くなる!
  • Sponsor Link 「こんなこと、私には無理です。出来ません」と否定するか、それとも「はい、出来ます」と肯定するか。 本当に出来ないことは、実はそれほど多くはない。本当のところは、出来ないのでなくて、「やりたくない」のだ。それは能力ではなく消極的な性格から来ている。 消極的な性格は否定的な選択を繰り返す。同じ能力を持ちながら、異なる結果を人生にもたらすことになる。 言葉は [続きを読む]