shima さん プロフィール

  •  
shimaさん: 30代初産目指して不妊治療
ハンドル名shima さん
ブログタイトル30代初産目指して不妊治療
ブログURLhttp://babyshima.seesaa.net/
サイト紹介文妊娠から流産を経験し、タイミング→人工授精→体外受精とステップアップしました。日々の出来事を綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 144日(平均0.7回/週) - 参加 2017/12/12 12:07

shima さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 掻爬手術の後も激痛が続く
  • 収縮剤を飲むと子宮が収縮することによって痛みが出るとネットでの口コミを読んでいましたが、その通りで、結構声に出すくらい唸って痛い時がありました。ただ、五日間分の薬を貰ったので、これを飲み切ったら痛くないだろうと思っていました。しかし、そうはいきませんでした。飲み終わったあとも痛みは続き、手術自体もとても痛い思いをし、その後もこんなに痛みが続くなんてなんて辛いんだろうと嘆いてました。ネットで調べると [続きを読む]
  • 妊活中はマカも飲もう
  • 葉酸とともに教えてもらったのがマカです。マカは全く情報を知らなく、その上男性が飲むものだと思っていました。精力剤の成分によく使われているイメージのあるマカですが、南米ペルーのアンデス山脈、標高3,000m以上の土地で栽培されるアブラナ科の多年生植物です。女性も飲むといいとのこと。女性ホルモンを増やし、アミノ酸やミネラルなど栄養面が豊富です。マカにはホルモンバランスの乱れを改善して、生理不順などの生理の悩 [続きを読む]
  • 妊活中は葉酸が必要
  • 妊娠を意識するまで、葉酸が必要などとは知りませんでした。友人から聞いて初めて知りました。妊娠を希望する方は葉酸を妊娠する数ヶ月前くらいから飲んでいると良いと言われています。妊娠する前からもそうですが、妊娠初期にも必要です。葉酸は、お腹の中の赤ちゃんが健やかに成長していくために欠かせない栄養素です。妊娠前から葉酸を摂ることで、「神経管閉鎖障害」と呼ばれる赤ちゃんの奇形のリスクが低下することがわかって [続きを読む]
  • 手術当日③ 帰宅後の様子
  • タクシーで帰りましたが、空きっ腹なのも後押ししてか車酔いで気持ち悪くなりました。折角気持ち悪くなくて喜んでいたのですが。看護師さんから初めは消化のいいものを少し食べてみて、大丈夫そうなら少しずつ食べていってくださいと言われていました。病院では大丈夫と思っても、食べ物を入れたら戻す人もいるとのこと。車酔いが少し落ち着いたら、やはりお腹がすいた感覚が戻ってきました。結局私は大丈夫で、徐々に食べていきま [続きを読む]
  • 手術当日② 麻酔が効いてない?!夢か現実か
  • 前回の続きです。ベットで横になっていると、点滴を打ちに看護師さんがやって来ました。人生初の点滴なので緊張です。ただ、どうやら血管が細くて打つところを悩んでいる様子。左腕の曲げるところの関節の静脈に打つことになりました。動かないように固定するため、肘が曲がらなくなるので、本当は避けたいようですが、血管が細いので仕方ない様子。がっちり固定されて動きにくいですが、しょうがないですね。そして、刺された周辺 [続きを読む]
  • 稽留手術当日① ラミセルの痛みは激痛だった
  • いよいよ手術当日の様子です。手術の前夜0時から絶食をし、当日の朝7時以降は絶飲となり水も飲んではいけません。朝いつも起きると喉がカラカラな私には、なかなか辛いものがあります。聞くと、喉をガラガラとうがいのようにするのは良いらしいのでそれだけでも喉が潤って良かったです。旦那さんは休んでくれると言ってくれましたが、大手術でもないですし、わざわざ忙しい時に仕事を休んでもらうのもと気が引けて断り続けました。 [続きを読む]
  • 手術前に激痛が訪れる
  • 手術日より数日前から痛みがあり、段々と痛みが激しくなりました。声を出して唸らずにはいられません。波があって少し楽になる時もありますが、痛みは横になっても向きを変えても全く減りません。生理痛とは全然違い、ギューっと締め付けられるような継続した強い痛みです。中からえぐられるような激痛がやってきます。横になってうめき声をあげながら、ひたすら耐えます。お腹も張っています。旦那さんもどうしたらいいか、あたふ [続きを読む]
  • 稽留流産と掻爬手術について
  • 診断されたのは稽留流産です。稽留流産とは胎児の心拍が止まってしまうなど死産となり、そのまま体の外に排出されず、子宮内にとどまっている状態のことをいいます。そして、今回する予定の掻爬手術(子宮内容除去手術)は日帰りで行われるとのこと。静脈麻酔を使った全身麻酔の手術です。子宮口を広げて、膣から子宮の中を掻き出す手術です。ただ、この手術、子宮の中を見ながらではなく、先生の感覚で掻き出すそうです。場合によ [続きを読む]
  • ついに流産の手術を勧められる
  • 重い足取りで病院に行きます。待ってる間も妊婦さんに囲まれて何となく居心地が悪い気がしました。ついついお腹の大きい人を目で追ってしまいます。なんでだろう。なんで私はあの姿になれないんだろう。グッとくるものがありますが、ダメダメ、冷静になろうと平常心を保ちます。エコーで確認をして、遂に手術を勧められました。自然流産のことも聞きましたが、放っておくと変に出血をしたりそれによって感染したりするので良くない [続きを読む]
  • 流産を言い渡される
  • 翌週になり覚悟を決めての内診です。結果はやはり大きさに変化はなく、心拍も確認出来ませんでした。残念ながら流産ということになります。あまりに早い結果で、幸せから突き落とされた感じはありますが、それでも冷静に受け止めるしかないと思っていました。そもそも初期の流産は運命みたいなもので、私達がどうこうということではないと聞いた事があったので、ポジティブに捉えよう!と言い聞かせていました。子供が出来る身体な [続きを読む]
  • 心拍が確認できない
  • 初めての病院では5wで胎嚢が無事確認できました。食べつわりが既に始まっていて、少しお腹が空くだけで気持ち悪くなりました。ずっと食べ続けていたような気がします。特に寝る前が苦しくて、歯を磨いているので食べたくはないのですが、それでも気持ち悪いので何かを入れて寝るようにしてました。ただ、日中は何かものを入れれば少し気持ち悪さが和らぐのですが、何故か夜はあまり気持ち悪さが減らない事もあり、その時が結構辛か [続きを読む]
  • 5w胎嚢の確認が出来る
  • 初めて産婦人科に行きます。問診票では細かく記載することがありました。それにしても待合室では人が多くて、待ち時間も長そうです。旦那さんにも付いてきてもらいました。尿検査もあるためお手洗いにも行き、血圧と体重も測ります。ドキドキの診察では、初めてのエコー検査です。カーテンが上半身と下半身の間にあり、少し恥ずかしさを和らげられるなと思いました。患者は何をしているかお医者さんの手元など見えません。器具を入 [続きを読む]
  • 初めて産婦人科に行くのに緊張したのを思い出す
  • 今まで生理の周期も順調で、婦人科にかかったことが一度もありませんでした。初めての産婦人科をどこにしようか悩みました。やはり女医さんの方が最初はいいなと思いましたが、ネットで検索してもあまり無いものですね。物凄く遠かったり、曜日が不明だったり。結局仕方なく、通いやすい病院に決めました。初めての産婦人科はとても緊張しました。股を広げて見せるってなかなか勇気がいります。でもどの妊婦さんも経験してることで [続きを読む]
  • 初めての妊娠
  • 結婚して3か月くらいで、すぐ妊娠することができました。夫婦ともに子供が欲しいと思っていたので、とても嬉しかったです。母親からは自分がすぐできる体質だったので、すぐできると思うよと何の根拠もなく言われていました。私と親とは違うでしょと心の中で思っていましたが。。。(人それぞれなので関係ないですよね)私は生理がだいたい周期通りにくるので、生理が遅れていることにもしかして・・・という思いがあり、初めて薬 [続きを読む]
  • ブログをスタート
  • 初めまして。夫35歳、妻34歳の夫婦が出産を目指して妊活をする不妊治療のブログを書いていこうと思います。35歳には一人目を出産したい!という目標があります。妊活中はネットで皆さんのブログを拝見して、参考にしたり励まされたりしているので私も記録がてら書こうと思いました。宜しくお願いします。↓↓↓こちらを押してもらえると嬉しいです。にほんブログ村ブログランキング参加しています。上のバーナーを1日1回 し [続きを読む]
  • 過去の記事 …