防災担当の農家 さん プロフィール

  •  
防災担当の農家さん: 生産備蓄(防災担当の災害対策ノート)
ハンドル名防災担当の農家 さん
ブログタイトル生産備蓄(防災担当の災害対策ノート)
ブログURLhttp://seisanbichiku.hatenadiary.jp/
サイト紹介文生産備蓄は、防災と減災、そして避難所運営について、情報を提供していきます。
自由文兼業農家の防災担当者が、農業と災害対策について語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 34日(平均13.0回/週) - 参加 2017/12/13 19:24

防災担当の農家 さんのブログ記事

  • 防災 アクアポニックス ホンモロコ
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。アクアポニックスの水槽に、ホンモロコの投入です。■ホンモロコは琵琶湖原産の魚です。鯉の仲間で、体長は大きくなると、15センチくらいになります。埼玉県では、休耕田を利用した養殖が盛んで、年間20トンのホンモロコを出荷をしています。関西が本場ですが、関東にも広がりつつある魚です。 ■生産備蓄では、なぜ、ホンモロコを使うのでしょうかそれは、災害が発生した時に、使っ [続きを読む]
  • 防災 消滅する給油所
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。 ガソリンスタンドが、毎年減っています。そのことを、防災の視点から見ていきます。 this.kiji.is■消滅する給油所給油所の数は、ピークの1994年の約6万か所から、2016年の約3万か所に、半減しています。 理由としては、車に乗る人の減少とエコカーの普及、そして消防法の改正に伴う、地下タンクの改修の義務化などです。 今後、電気自動車が普及すれば、さらに給油所は減少して [続きを読む]
  • 防災 非常用電源 その3
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。昨日は、非常用電源の地震対策について話しました。今日は、稼働時間です。 ■非常用電源の稼働時間 大震災が発生した後、停電になることは予測しておかねばなりません。そして、命を助けるために、72時間の電力は確保しておく必要があります。 電話も携帯電話も使えなくなった時、頼りになるのは、衛星携帯電話です。 しかし、衛星携帯電話も、電池が切れてしまえば動きません。衛 [続きを読む]
  • 防災 非常用発電機 燃料 その2
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。毎日ブログを更新しております。右側のプロフィールの下に、読者になるボタンがあります。よければ、読者になってくれるとありがたいです。今日は、非常用電源の地震対策についてです。 ■非常用電源の地震対策災害による停電時に、なくてはならない非常用電源です。しかし、地震の対策をしていない、市町村が、約2割あります。 これが問題です。 例えば、東日本大震災の時、福 [続きを読む]
  • 防災 非常用発電機 燃料
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。消防庁が、「地方公共団体における業務継続性確保のための非常用電源に関する調査結果」を発表しました。 これは、都道府県や、市区町村が、非常用電源用の燃料をどれだけ備蓄しているかです。詳しくは、こちらに記載されています。http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h29/12/291201_houdou_1.pdf ■行政の非常用電源の燃料備蓄量気になったのは、市町村の約1割が、非 [続きを読む]
  • 防災 防寒 ダウンジャケット
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。 寒い日が続きます。今日は、防寒服の話です。 ■ダウンジャケットの使い方寒い時、防寒服を着ます。ダウンジャケットを、使っている人も多いでしょう。軽く、防寒力が高いダウンジャケットは、冬の必需品です。 ダウンジャケットは災害時においても、とても役に立ってくれます。 ただ、とても残念な使い方をしている人が、とても多いのです。 ■ダウンジャケットの正しい着用方法 [続きを読む]
  • 防農福連携 ビニールハウスその2
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。現在、防農福連携に向けて、作業をしております。 ■アクアポニックス設置に向けて現在、アクアポニックス設置に向けて作業中です。 ソーラーシェアリングの下に、新たにビニールハウスを設置して、農作業を行う事例は、ほとんどないので、問題を一つ一つ解決しながら、進めております。 とはいえ、試作一号機の経験があるので、木工作業ははかどっております。 ■作業効率作業台の [続きを読む]
  • 防農福連携 ビニールハウス
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。今日は、農家らしいことをします。 ■生産備蓄郊外型 試作機ソーラーシェアリング下でのビニールハウスが、出来上がりました。太陽光パネルの影が、しま模様になっています。 半陰性のサニーレタスを栽培するため、半分は太陽の光が入るように設計してあります。 今回の試作機は、太陽光パネルとの取り合い、そして、状況の確認のために施工しました。そのため、幅3.6m、長さ5 [続きを読む]
  • 防災 緊急地震速報 その2
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。www.sankei.com■一時騒然? だけ? みなさんは、この記事を読んでどう思われたでしょうか? 緊急地震速報が鳴り響く中、携帯電話を取り出して確認する。総理大臣が、悠然としているから大丈夫、そう考えるかもしれません。 緊急地震速報の目的は、地震来るまでの「数秒」を利用して、身を守る行動を行う。シェイクアウトは、まさに、そのためのものです。 本来であれば、総理大臣 [続きを読む]
  • 防災 緊急地震速報
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。 ■緊急地震速報昨日、関東地方に、緊急地震速報が流れました。職場で、シェイクアウト(地震の揺れに備えろ)ができたのは、私ともう一人だけでした。 緊急地震速報が流れたときの、職場の状況です。あ、何か音が鳴っている。気にせず、仕事だ。3割。これは何だろう。顔を見合わせる。2割。緊急地震速報だ、スマホ確認、5割。 おいおい、身を守ってくれよ。防災担当の農家はため息 [続きを読む]
  • 防災 防災備蓄倉庫 食料 その4
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。寒い日が続きます。水道が凍ってしまい、とても難儀しております。今年の冬はとても厳しいです。 ■賞味期限25年のクラッカー25年保存可能なクラッカーがあります。一缶4000円程度で、10食分のクラッカーが入っています。http://www.sei-inc.co.jp/lineup/l-cracker1食分に割り返すと400円です。一日三食として、1200円です。 避難食の一人一日あたりの予算が、1000円から1500円 [続きを読む]
  • 防災 防災備蓄倉庫 食料 その3
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。今日は、防災食料の話です。■防災備蓄食料防災担当の農家は、防災備蓄食料にも、関係しておりました。 おいしい防災食などの、高い防災食は、一食材が500円くらいします。 一食ではありません。一つのおかずが500円くらいです。 高い防災食を入れると、一食、1000円くらいになってしまいます。 避難所で、避難者を300人と考え、それを3日分となると、2700食、 [続きを読む]
  • 防災 防災備蓄倉庫 食料 その2
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。 今日は、防災備蓄倉庫に入っている食料についてです。 ■防災食みなさんは、防災食として、どんなものを思い浮かべるでしょうか?昔からある乾パンでしょうか。それとも、最近増えているアルファ米でしょうか。 最近、おいしい防災食が、たくさん発表されています。○○シェフ監修の防災食!!地域の特産品を使った防災食。いろいろなものが、発売されています防災担当の農家も、 [続きを読む]
  • 防災 防災備蓄倉庫 食料 その1
  • みなさん、おはようございます。防災担当の農家です。元旦にもかかわらず、ビニールハウスを作っておりました。おせち料理を食べ過ぎた後は、体を動かすと楽しいです。 ■防災食災害時の食事が話題になっています。行政が出している、レシピ集です。災害時の楽々レシピ集/高槻市ホームページ 防災担当の農家は考えます。 こんなにできない。 災害時に現地に行った人に話を聞けば、よくわかります。流通が遮断した現地には、食 [続きを読む]
  • 2018年の目標
  • みなさん、あけましておめでとうございます。防災担当の農家です。新年を迎えるのにあたり、3つの目標を作りました。 ■生産備蓄生産備蓄を、都市部に一か所、2018年12月31日までに設置する。現在の生産備蓄に、太陽光発電、蓄電池、販売所を設置したものを、都市部に設置する。生産備蓄のコンセプトは、平常時には、ご近所に皆さんに、おいしい野菜と宅急便の一時預かり所に、そして災害時には、生活用水と野菜と災害支 [続きを読む]
  • 農業 今年の締めくくり
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。今年一年、ありがとうございました。そして、来年もよろしくお願いします。 ■いま、畑はお休み中です。畑に作物があるのは、4月から11月くらいまでです。12月から3月、畑は休んでいます。準備期間として、緑肥を育てることもあります。でも、そこまでやっているのはごく一部です。畑や田んぼには、かならず空いている期間があります。空いている期間で発電するソーラーシェアリング [続きを読む]
  • 防災 防災備蓄倉庫 発電機まとめ
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。今日は、発電機のまとめです。 ■発電機まとめ学校や公民館などの、公共避難所は、長時間稼働できるディーゼル発電機が一番です。最近は、屋外に設置する、非常用の中型発電機が整備されつつあります。 ■自治会や団地などの防災備蓄倉庫こちらも、大災害時の燃料供給を考えれば、ディーゼル発電機です。だだし、小型のディーゼル発電機でも、ガソリン発電機の倍の値段です。小型ディ [続きを読む]
  • 防災 防災備蓄倉庫 その5
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。昨日は、ガソリンエンジン発電機について話をしました。今日は、ディーゼルエンジン発電機です。 ■ディーゼルエンジン発電機のメリット 長時間運転ディーゼルエンジン発電機は、連続運転を前提に作られています。だから、避難所で一週間、連続運転ができます。ディーゼルエンジンはマラソンランナーなのです。 ガソリンエンジンは、短距離ランナーです。長期間の連続運転には向い [続きを読む]
  • 防災 防災備蓄倉庫 その4
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。昨日は、軽油について話しました。今日はガソリンエンジンの発電機についてです。 ■ガソリンエンジンのメリットガソリンエンジンのメリットは、価格が安く、軽く、始動性が良いことです。 ガソリンは燃えやすいもの。燃えやすいものを爆発させるのですから、瞬発力はあります。 ですから、自動車エンジンのように、小型化して軽量化したり、高出力を出すのに、向いています。価格も [続きを読む]
  • 防災 防災備蓄倉庫 その3
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。昨日は、防災備蓄倉庫の発電機について話しました。今日はその続きです。 ■発電機の燃料 軽油編ガソリンは扱いにくい燃料です。それに対して、軽油は扱いやすい燃料です。 ■軽油は、定年が近いおじさんのようなものです。 ・なかなか燃えません。(軽油はなかなか火が付きません) 例えば、ロウソクに軽油をかけると、ろうそくの火が消えます。ガソリンは燃え上がります。 ・一 [続きを読む]
  • 防災 防災備蓄倉庫 その2
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。昨日は、防災備蓄倉庫について話をしました。今日は、防災備蓄倉庫の中身についてです。 ■防災備蓄倉庫に入っているもの 発電機最近は、発電機が入っている場合が多いです。 東日本大震災では、計画停電が発生し、みなさん、大変苦労しました。そのためか、防災備蓄倉庫に発電機を入れる例が増えました。 最近の発電機は、高性能低価格化が進み、気軽に購入できるようになったこと [続きを読む]
  • 防災 防災備蓄倉庫 その1
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。今回は、防災備蓄倉庫の話です。 ■だいたい、防災備蓄倉庫はこんな感じです。学校とか公民館、市役所の片隅にひっそりと置かれています。 ■災害時だけの防災倉庫だけでは、もったいない。防災備蓄倉庫は、絶対に必要なものです。ただ、災害が起きる時まで、利用しません。 「防災施設も、日常的に使いましょう」 防災担当の農家はそう考えます。 日常使っていないと、機器が壊れ [続きを読む]
  • 防災 連絡するためには、〇〇にやること。
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。今日はクリスマス・イブです。たくさん、伝えることがある日です。そんな時でも、防災担当の農家は、防災について話します。今回は、災害時の連絡方法にです。■連絡するためには、すぐにやること。最近は、メールやSNSでの連絡が増えていますが、直接話せる電話も大切な通信手段です大地震が発生すると、緊急連絡回線を確保するために、通信会社は通信回線に制限をかけます [続きを読む]
  • 防災 備えあれば患いなし
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です。備えあれば患いなし。防災で、よく語られる言葉です。■備えあれば患いなしこの言葉の語源は居安思危(こあんしき)であるとされています。そして、居安思危 思則有備 有備無患と続きます。解説すると、「居安思危」安きに居りて危うきを思う「思則有備」思えばすなわち備えあり「有備無患」備えあれば患いなしとなります。平常時に、どんな危機があるか考える。 [続きを読む]
  • 防災 避難所の役割 その4
  • みなさん、こんにちは。防災担当の農家です前回は、情報収集提供の拠点について話しました。今回は、私の行っている、生産備蓄システムをについて話します。■生産備蓄システム生産備蓄システムは、避難者に野菜と水を提供する物資供給場所、そして、情報の収集提供拠点と物資の受け取りを組み合わせたものです。指定外避難所が問題になるのは、避難者の情報を行政が把握できないこと。そして、行政が避難者に対して、情報を伝 [続きを読む]