NEETdeGenève さん プロフィール

  •  
NEETdeGenèveさん: スイス・ジュネーブの(無職)生活
ハンドル名NEETdeGenève さん
ブログタイトルスイス・ジュネーブの(無職)生活
ブログURLhttp://neetdegeneve.blog.fc2.com/
サイト紹介文何もしないのが贅沢。スイス・ジュネーブで専業主婦をしながら充実した引きこもり生活を送っています♪
自由文コミュ障気味のOLが念願の専業主婦生活をスタート。そこは海外、スイス・ジュネーブ。
英語もフランス語もしゃべれなくても、ご近所づきあいしなくても、日本人グループに入らなくても、引きこもりとして楽しく暮らしていけます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 40日(平均4.2回/週) - 参加 2017/12/14 00:17

NEETdeGenève さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 個人的にスイスに持ってきて良かったもの
  • スイス・ジュネーブに暮らすにあたって、日本から持ってきて良かったもの、などを諸先輩方に聞いてみたり、ブログを検索したりして自分なりにも用意してきた。他の人が紹介しているものは漏れなく自分にも当てはまる。(日本のラップ、日本の薬、生理用品、スリッパ、ユニクロヒートテック、ホッカイロ、本だし、お茶漬けの元、乾物など)しばらく生活してみて、超個人的な、持ってくればよかった!というものをあげてみる。一般的 [続きを読む]
  • おうちで飲むショコラショー 覚え書き
  • まだまだ冬です。チョコレートが美味しいスイス・ジュネーブ。カフェにもショコラショーがメニューにある。「ショコラショー」というこの響きの特別感。ココア、ではなく、ホットチョコレート、よりもなんかすごく上質でおしゃれな雰囲気を漂わせる、フランス語マジック。しかし、駅のキオスクとか空港のカフェとかで注文して出てくるショコラショーとは、エスプレッソマシンから勢いよく出てきたホットミルクの紙コップに、溶かす [続きを読む]
  • スイスのおすすめチーズ
  • せっかくジュネーブに住んでいるんだから、チーズフォンデュなどのスイス料理をたくさん食べているのでしょう、と思われがちだけど、食べてない。夫がチーズフォンデュ嫌いだから。自分はチーズは好きかっていうか、好きの方向に2メモリ触れるくらい。実際のところ、チーズ用の味覚が特には育っていない自分にとって、チーズって美味しいけど、別になくてもいいくらいの食材なんですよね。でもやっぱりチーズが美味しいでしょう、 [続きを読む]
  • 表情の衰え
  • 表情筋が如実に衰えていくのを感じる。好んで引きこもる専業主婦です。加齢とともに、衰えた表情筋が重力に耐え切れず下がってきて、頬の肉がだるだるになっていきます。毎日同じ顔で表情乏しく生きていますが、なんか世間ではそれはいけてない生活のように言われているようですね。でも仕事をしていたときは一日のうち10時間ぐらい、他人に囲まれて表情を作ってるわけですよ。辛かったなあ。表情を作ることもそうだけど、感情につ [続きを読む]
  • ジュネーブ空港のアリタリアの扱い
  • まだ引き続き空港関係の話。しかもアリタリア。スイス・ジュネーブの空港では、アリタリアはどうもLCC、格安航空会社と同じ扱いの様子。一応イタリアを代表する会社だと思うんだけど。チェックインカウンターも遠いし、他の格安航空会社との共同カウンターになっている。搭乗口も何かすごい遠い。すごい遠い上に、飛行機に乗るまではバスに詰め込まれて移動する。最近ではほとんどの航空会社のボーディングは、カウンターじゃなく [続きを読む]
  • オーバーブッキングの思い出
  • 引き続き空港トラブルの思い出。欠航ではないけれど、オーバーブッキングをやられたこともあった。そのときまでオーバーブッキングというものの存在を知らなかった私たちにとって、あんまりにも悪びれずに「席がないです、オーバーブッキングです」と説明してくるアリタリアに、かなりポカーンとさせられた。えっ何、この人たち謝らないの? そう。謝らないのです。去年くらいに何かアメリカの話がニュースにもなって一躍有名にな [続きを読む]
  • 空港トラブル 海外の空港で運航がキャンセルになったら
  • 旅行が好きで、スイスに来てからもこれ幸いとばかりに、ヨーロッパ諸国を旅行しまくってます。ヨーロッパ内の移動でもやっぱり飛行機を利用している。飛行機に乗る機会が増えるにつれ、予想外の飛行機トラブルの経験も一緒に増えてくる。ので、いつか乗った飛行機のパイロットがうつ病で乗客もろとも墜落、とか、乗った飛行機にテロリストが同乗していて乗客もろとも爆発、とか、そんな目に合うんじゃないかとどきどきしてる。乗れ [続きを読む]
  • 計画を立てるのが好き
  • 何もしない引きこもり専業主婦です。スイス・ジュネーブに来てしばらくしても、やっぱりけっこういろんな人に「昼間何してるの?」と聞かれるけれど、堂々と「何もしてないですー」とは言えない、へたれの無職ニー太郎です。そういうときは「家事してる」と答えると、だいたいの人は(どこか納得しないながらも)引き下がるのですがね。こないだ日本の実家に一時帰国したとき、実親からも「あんた何してるの?」としつこく聞かれた [続きを読む]
  • 義両親の滞在 2人以上の人と過ごすということ
  • 1人暮らしと二人暮らしの年数が長くなると、複数人で生活するということがとても新鮮。自分とそれ以外の人、以外の人が会話に入ってきたりして、会話の流れが変わったりする。滞在中の義両親とも、お茶やコーヒーを淹れながらたくさんおしゃべりをした。そのとき我が家には夫が手放したがっている黒い色のモカエキスプレスというビアレッティ社のコーヒーメーカーがあった。それを持って帰って日本で使っていただくために、夫は海 [続きを読む]
  • 義両親の滞在 否応なく鍛えられるこの感じ
  • 何度も書いてきたとおり、自分、引きこもりニート主婦なんで、ジュネーブの観光地も良く知らないし、フランス語もコミュニケーションもできるだけ避けて生きてるんです。しかし、どんな言い訳をしても、今回初めてジュネーブに来る夫の御両親たちよりも、私の方がジュネーブにおいて先輩であることは間違いがない。初っ端の空港にて。ジュネーブで初めてタクシーに乗った。英語の通じなさそうな運転手に、住所を告げて、荷物をトラ [続きを読む]
  • 義両親の滞在 準備をする
  • ジュネーブに来て1年弱経った頃、夫の両親が遊びに来ることになった。当初お二人ともホテルに泊まる・・・と言っていたけれど、ジュネーブのホテル代が高そうなのと、みんなでどこかに出かけようとなったときに待ち合わせるのが面倒なので、我が家に泊っていただくことにした。夫の両親たちはとても気さくな人柄で、しゃべる相手を緊張させないので尊敬している。(自分が真逆の、人を緊張させるタイプ。)また、2人だけで海外旅行 [続きを読む]
  • ジュネーブの通販事情と関税の話
  • 東京で働いていたころは、日用品の買い物や、仕事用の服や靴下などを買いに出かけるのが非常に面倒くさくて、ほぼ通販で賄っていた。宅配ボックス付きのマンションだったので、医薬品から化粧品から靴、下着、オフィス服、鞄、野菜までなんでも注文していた。すごく便利だった。ここジュネーブでは、郵便局は荷物を無料では再配達してくれない。最寄りの保管している郵便局まで取りに来い、ということになる。はじめの頃、東京感覚 [続きを読む]
  • ニート天国
  • 何をするにも面倒くさい。前世はナメクジかなんか、あまり動かない虫だったんじゃなかろうか。性根がニート。仕事をやめて専業主婦になってから夢のニートひきこもり生活が始まった。苦手な家事はあるけれど、料理は頑張る。好きだから。洗い物は機械がやってくれる。ありがたい。面倒くさいのは家事労働ばかりじゃない。仕事に行かなくて良いのと、ここがヨーロッパ、ということで、毎日お風呂に入らなくても何とかなるというのが [続きを読む]
  • カロリー計算ダイエットの成功とリバウンドの記録
  • 冬になって、冬用のズボンをはいてみたらものすごいぱっつんぱっつんになっているという衝撃の体験を経て、自分で自分のためだけにカロリー制限ダイエットを決意。使った材料をグラムで測って、毎日1000キロカロリーに抑えるということをやってみた。一日中家にいて、自分の作る料理だけ摂取すれば良いという無職専業主婦だからこそできる、手間のかかるダイエット方法です。これは日本に一時帰国するまで2週間続いた。そのか [続きを読む]
  • フルータリアンダイエットの失敗の記録
  • 夫が突然、フルータリアンをやってみると言い出した。毎日毎食フルーツしか食べない生活をするのだという。まじでか。体がデトックスされて良い感じになって、やせるらしいので、じゃあ私もやる!ということで、さっそく普段の食事をフルーツに総入れ替えしてみた。以下、フルータリアン生活の感想。主婦の立場からすると調理をしなくて良いので、洗い物がたまらない。楽だなあという感想よりも、食洗機使いの我が家からすると、そ [続きを読む]
  • 糖質制限ダイエットの失敗の記録
  • スイスに来てから太ったような気がして、ダイエットしたいかも、という気になってきた。ただし、私も夫も体を動かすことが嫌いなので、運動によるダイエットは最初から考えられない。食事を工夫してどうにかしようということになって、今はやりの?炭水化物抜きの食事というのをやってみることにした。何日かやってみたけど、厳しい。特にコメ大好きの夫は、白米がないとどんなおかずも美味しくないようで、毎日鬱々とした暗い顔で [続きを読む]
  • ドラマを見るべし
  • フランス語を教えてもらっている先生から、テレビでフランスのドラマを見ると上達する、ということを教えてもらった。テレビでの字幕の出し方も教えてもらった。でもねー、これが見ないわけですよ。まず、ドラマの時間帯がわかんないし。調べないし。たまにつけると、結構、字幕なしの番組も多い。夫はテレビ嫌いだし、音を出すものをうるさがるので、テレビを見るならひとりで家にいる時間帯になるんだけど、いくらインターネット [続きを読む]
  • 断水があった
  • ある日の平日の朝、水道の蛇口をひねったら水が出なかった。トイレは流した後だったからびっくりした。台所も出ない。夫は顔を洗えずに出勤していった。ジュネーブ在住の人のブログでもアパートが突然断水になるというのを読んだことがあった。知識として知ってはいたけど、初めて断水を経験すると、うちの部屋だけに何か問題があるんじゃないかと動揺した。今月の家賃の支払い遅れが原因になっているのだろうか、とも思った。だと [続きを読む]
  • そうはいっても
  • ものすごく例外的なことだけど、たまに外に出たくなる時がある。あれとあれが買いたいからどこどこに行かないと、とかそういう理由なしに外に出たいときがある。そういう時は、インターネットでジュネーブの美味しいレストランなどを検索する。次に行ってみたいと思うレストランの場所を調べる。そして、そのレストランの近くのコープだとかミグロだとかのスーパーをグーグルマップで探す。最後に最寄りのバス停を調べる。家からの [続きを読む]
  • 何もしない時間
  • 専業主婦でずっと家にいるからと言って、その時間すべて家事をやっているのかというとそんなことはない。できない。じゃあ家事以外の時間は全部語学の勉強時間にあてているのかというと、そんなこともない。できない。むしろ語学の勉強はどうしても後に後に後回しにされていって、夜12時を回った後にしょうがなく少しやるくらい。それも毎日ではない。何をやっているのかというと、だらだらインターネットしてる。一日合計5時間ぐ [続きを読む]
  • 増殖するモカエキスプレス
  • ビアレッティのモカエキスプレス、3杯用と6杯用でコーヒー生活を始めたわけですが、使ってみると6杯用ってちょっと多すぎる。私も夫も2杯ずつ飲んだら十分。3杯目は少したぷたぷになる。1人だけが飲むときも同じ。3杯は多い。2杯がちょうど良い。ビアレッティのホームページを検索すると、2杯用というのと4杯用というのがあるらしい。でも私の足で行ける範囲のジュネーブのスーパーでは3杯用と6杯用、たまに9杯用というもの以外見 [続きを読む]
  • 海外のラーメン屋・覚書き
  • 完全な覚え書き。リヨンではyomogi、djizanに入ってみた。この二つはわりと近い地域にある。Yomogiは、社員食堂のラーメンみたいで美味しい。餃子はスーパーのチルドっぽい感じ。Djizanはスープが美味しい。麺がもうちょっと太麺で噛み応えがあればもっと良かった。餃子はイケてない。オスロで入ったのはSapporo Ramen Barというお店。Mathallenという、再開発されたっぽいおしゃれエリアにある。北海道の西山ラーメンを使っており [続きを読む]
  • ラーメン歴
  • スイスに来てしばらくは、現地の物で生活しようという謎の決意をしていて、近所のスーパーで手に入るものだけで料理を作ったりしていた。パン、パスタ、リゾット。チーズ、ハム、ソーセージ。最初の1〜2週間はほぼ毎日パスタとパンを食べていた。そのうち、日本から持ってきた醤油などの調味料を使って、和風パスタとか作り始めた。そろそろ白米が恋しい・・・となるかと思うと、はじめに恋しくなったのはラーメンだった。味噌汁 [続きを読む]
  • 過去の記事 …