takevelo さん プロフィール

  •  
takeveloさん: takeveloのブログ
ハンドル名takevelo さん
ブログタイトルtakeveloのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/takevelo/
サイト紹介文シングルスをメインにテニスレッスンを受けています。トレーニングとして始めたボクシングにも夢中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 249日(平均10.4回/週) - 参加 2017/12/14 18:23

takevelo さんのブログ記事

  • 2回目フランステニスレッスン 1日目
  • 2年前に引き続いて受けた昨年夏の2回目のテニスレッスンを報告します。 まずは、過去1年間の日本でのテニス結果(ほぼ全敗)を報告、ミーティング。 コーチの感想。・去年よりも、全体的に安定感が増した。 バックハンドストローク・グリップを変える。左手のフォアで握り、右手は左寄りに。・打点を遠くする。肩越しにボールを見ながら、左腕を前に放り出し、左手のワイパースイングで打つ。・後ろ足を前足より前に出して打た [続きを読む]
  • ダブルスついていけるかな
  • 私はもともと男子ダブルスの中に入れてもらってテニスをしていた。だから、速いボールは平気。でも、女子シングルスをするようになって、久しい。またあのスピードについていけるのかな。 次回のレッスンは、選手レベルの3人男子の中に入ってダブルスをします。3人とも指導者です。 背伸びしても、無理しても、私は私なんだから、食らいついていく気持ちと、リラックスして集中力を保ち、上手い人の打つタイミングや打点の取り方 [続きを読む]
  • フランステニスレッスン 5日目最終日
  • この日は、昨日の試合を振り返って。 技術・フォアハンドこれからは常にスピンボールを打って欲しいと、コーチに言われた。スピンの打ち方の復習。 ・アプローチ打ったボールを追いかけるようにして、前に出る。相手の正面に立つ。 ・サーブ来年は、スピンサーブを教える。(結局、次の年はスライスで良い、と言われる) ・回り込みのフォアサービスラインより後ろなら、深く、サービスライン付近なら、浅く角度をつけて打つ練習。 [続きを読む]
  • フランステニスレッスン4日目
  • 最初の1時間は、これまでの復習レッスン。 そして、いきなり現地プレーヤーと対戦させられた。びっくり。気持ちの準備無し。結果は6:4。でも、学ぶことが山のようにあった。 出だし。何も考えていないから、ラブゲームでリターンゲームもサービスゲームもスムーズに取る。そこから、何かを変えたくなって自分から窮地を作る。(これ、日本でいつも負けるパターンだ) ・相手は追い詰められているのに、さらにギアを上げてリス [続きを読む]
  • フランステニスレッスン3日目
  • 技術・バックハンドストローク深いボールは、テイクバックをもっとしっかりする。浅いボールは、先に走って追いついてから、コンパクトにテイクバックして一気に振り上げる。前日と同じ課題、身体を回転させない、身体を開かないで打つ。・フォアハンドストローク常にスピンボールを打て、と指示。後ろでラケットダウンする時、ひじが伸び切るくらい、下まで落とすこと。腕全体でワイパースイングをする。長く打つ時は前方向に大き [続きを読む]
  • フランステニスレッスン2日目
  • 技術・バックハンドストロークは、後ろでラケットダウンさせる必要無し。最初から、ラケットを寝かせて下にセットする。背中をまっすぐ保って打つ。(私は前傾になっている)大きく横にふられた時は、セットポジションからさらに左足を横に出してそのまま振り上げていく、それでも取れない時は、左手で打つ。(伊達じゃないし。と思ったが、私も元々左利きだったのか、できる)身体を回転させない。後ろ足を前に出さないでラケット [続きを読む]
  • 2年前のフランステニスレッスン1日目
  • (復習のため、もう一度ブログにアップします) 2年前の夏にフランスで受けたテニスレッスンは、常に毎回、・技術・戦略・ゲーム・メンタルの4本立て。メンタルは勇気が無くて公開しなかったけど、今回はすべて。 1日目。日本のテニス事情を知らないコーチは、まず時間をかけてミーティング。年代別の女子シングルスを目指している私の目標を知ってもらい、4技能全てを見てもらう。 技術まずはフォアハンドストローク。・左手 [続きを読む]
  • マイブーム、ガメラ
  • 先週、おひとりさまの夜にはまってしまった映画、ガメラ。WOWOWで、「昭和ガメラ」と「平成ガメラ」と「ガメラの卵トトガメラ」を一気放映して、あまりの懐かしさに胸が熱くなる。 私のことをよく「ギャオス」と呼ぶ男の子たちがいたな。ギャオスって。(笑) 不思議なんだけど、ヒジ痛が治ったら、ハムストリングスの張りも取れてきた。今年の暑い夏のせいで身体がリセットして、また少し動けるようになってきた。 [続きを読む]
  • 打点を変える努力
  • フォアハンドストロークで、ボールとの距離が身体に近くて打点が後ろになるのを改善しようと努力するも、身体が前に突っ込み、結果相変わらず打点が後ろになるという、魔の悪循環に陥っている。ゲームの中ではミスがさらに増える。今朝はダブルスゲーム。ペアのボレーの調子が悪く、落ち込んだりイライラしたりするのが気になって、「いちいちごめんって謝らなくていいから。練習なんだから、どんどんトライして」と言うものの、私 [続きを読む]
  • 打ち出すタイミング
  • 水曜のレッスンで速いテンポの球出しの練習をし、その後、はじめて(女子コーチとの)全面ラリーに移り、木曜のレッスンで(シングルスコーチと)ストレートラリーをし、私なりに打ち出すタイミングがつかめるようになってきた。バウンド時を目安にすると、バウンド後にボールが伸びたり止まったり加速したり跳ねたりすると、すぐにタイミングを狂わされてしまうが、左手を基準にすると、その左手に向かって打ち出せばいい。「足」 [続きを読む]
  • きれいに決めなくていい
  • 「奇跡のレッスン 柔道編」後半を見た。コーチはブノアさん、私のテニスコーチと同じ名前。 「もっと頭をオープンにしよう。ひとつの技にこだわり過ぎてはいけないよ。自由な発想で相手を倒す。これまできれいな技にとらわれてきた子供たち、でも、一番大事なのは、相手を倒すこと。相手の技にNoを言い続け、自由な発想で技をかければいい」 これ、メンターに言われたことといっしょ。「きれいなテニスをしたいのなら、フィギュア [続きを読む]
  • カヤック 写真
  • 先日のカヤックの写真をアップします。前にいるのが私。やっぱりゴツい。体調悪かったのでこまめに水飲んでます。でも。ゴツい。とても体調悪いようには見えない(笑)。きれいな海でした。大満足。竹野海岸、海の家メリーにて。 [続きを読む]
  • タイミング
  • ラリー時のフットワークリズムが悪い、打ち出しが遅い、リカバリーが遅れる、こんな(今さらの)根本的課題を、昨日のレッスン前半にした。 コーチは「いち、いち、いち」のリズムで、間髪入れずにボール出しをする。私は、打って→蹴って→ステップ→構えて→振り切る→蹴って→ → →の無限ループで、打ち続ける。しんどいか? まったく疲れない。ボールが乱れるか? 振り遅れた時にセンター気味に飛ぶが、ネットもアウトも [続きを読む]
  • 私のテニスには伸びしろがない
  • 久しぶりの女子コーチレッスン後半は、ボレーの練習。私のボレー、運動神経だけで打ってる、そして、テニススクールの万人向けのフォームが固まっている。・横向いて打つ、・低いボールはラケットを下げて面を作って返す。 これでは永遠に安定しないし、面を作って当てて返すだけのボレーは、相手にとってはパッシングもロブも打ち放題のチャンスボールになる。 最初のスクールで、手首を立ててひざを曲げて、両手を広げてその両手 [続きを読む]
  • 試合中にボールをどうするか
  • 元プロテニス選手のレッスンを受けていた時、「フォルトしたボールをコート内に放置したままセカンドサーブゲームが始まったら、そのボールがネットに触れた時点で、ポイントを失う」と、教えれらた。自分がサーバー側でも、レシーバー側でも、足元のボールが邪魔になって、ラケットでボールをネット側に移動させることってよくあると思うのだけど、セカンドサーブが始まったら、コート内に2つのボールが生きていることになり、ル [続きを読む]
  • サングラス
  • テニス用品にはこだわりがあるような無いような。 ラケットはずっとピュアアエロシリーズ(プロアエロから)。ストリングスはX-One。シューズはプリンスのZシリーズ。そして、サングラスはオークリー。 60歳になっても眼鏡が要らないのは、紫外線対策をずっとしてきたからだと勝手に思っている。日本人の黒い眼は紫外線に強いのだけど、私にとってサングラスは必需品。 私はオークリーのデザインが好き。大きくて平たくて鼻が低 [続きを読む]
  • 私の価値
  • ぼちぼち少しずつ読んでいる本 『WIN』 の中に、人の価値は、What you do にあるのではなく、What you are にあると書いてある。(燃え尽き症候群や故障などの逆境時に、いかに対処するか) この言葉をコーチがわかってくれたらなあ、と思う。勝てないからコーチを変えるっていう気持ちは全くない。ただ私を尊重してほしい、理解してほしい。 だから、キャリアとか優勝歴とか出身校とか、尊敬はするけれど、その人の価値(すべて) [続きを読む]
  • カヤック!
  • 竹野海岸でカヤックしてきました!ガイドさんが、テニスコーチのブノアさんにそっくりで、とっぽいしゃべり方が大好きで??癒されました。熱中症っぽくて、体調イマイチで、2人乗りカヤックにしてもらい、淀の洞門など訪れました。写真は1週後に届くそうなので、またアップします! [続きを読む]
  • みんなが見てる
  • 最近、人の視線を感じる。特に、再び行きだしたスポーツクラブで、みんなが私の方を振り返ってそしてなにやらコソコソと噂されてるような気がする。家人に話すと、「また鼻毛でも出てるんと違う?」と言う。(テニススクールにいる鼻毛出たおばさんが嫌、というブログがあったなあ。自分のことか、と思っていた)昨日、寝る前から両足が攣って、横になると痙攣が全身に広がりそうな予感がした。痛くて悶絶していると、家人が、マグ [続きを読む]
  • いつ打ち出す?(教えてほしい)
  • ボールがネットを越える時に、右なのか左なのか見極めて肩を入れて身体をひねり左手を出す。(=構える) そして、ボールがバウンドしたら振り出す。余裕があったらラケットダウンして、余裕が無ければそのまま前に。 と習ったのだけど。相手が打つ(1)、ボールが着地する(2)、打つ(3)。 今日のレッスンで、わかったこと。緩く飛んできて跳ねるボールや、まっすぐ直線的に飛んでくるボールに対して、私は振り遅れる。ボー [続きを読む]
  • 技に入るタイミングが遅い
  • 昨日見た「奇跡のレッスン」柔道編のコーチ、ブノアが言った言葉である。(フランス人コーチです。私のテニスレッスンコーチと同じ名前だ) 型ばかりを教えられ、セオリー通りの乱取り練習をする中学生たちに、「これでは競争心も育たないし、決断が遅く技をかけるタイミングが遅くなる」と言う。 彼の基礎トレーニングは、4つ。・呼吸を意識して、持久力と平静心を保つ。腹で吸い→胸で吸い→腹で吐き→胸で吐き切る・脱力。自分 [続きを読む]
  • 運動が足りなくて身体不調
  • 2日続けてプールに行って、ついでに身体のケアも受けた。 いつもはテニスで筋肉が張ってパンパンらしいが、今日はゆるんで、本来の内部の疲れが出てきているらしい。 そして、椅子に座って勉強ばかりしているせいで、腰が固まっている、股関節がガチガチ。 「動き過ぎて身体が疲れている人と、動かな過ぎて身体が疲れている人がいますが、動いている人の方がケアのしがいがあります」日ごろの運動量を保ってください、と。 と言わ [続きを読む]
  • ブログを書くこと
  • なんでブログを書くの?ブログは一般公開なのに、どうして個人的なことを公開したいの?と、よく聞かれる。 ブログでいろいろな人の意見が聞ける、聞いてばかりだと「もらって」ばかりだから、私も情報を発信する。 でも、書いたことが誰かを批判するように受け取られることもある。たとえば、「ミスについて」。ミスを減らすことを教えているコーチにとっては、自分を否定されるような文面になっているかもしれない。でも、私が言 [続きを読む]
  • ミス?戦略?
  • 日本では、まずミスをなくそう、それから強く打ったり、戦略を立てて試合しよう、と指導されることが多い。 海外だと、順序は逆になる。テニスを始めたばかりの頃は、伸び代が未知数だから、基礎を教え、その時にできる「少ないこと」で勝てる戦略を授けてくれる。上級になると、もう飛躍的な技術の進歩は見込めないから、ミスを減らすことや精度を上げることを目指すようになる。 私がシングルスを始めた頃、打点に入れず打ち遅れ [続きを読む]
  • 夏休みにすることが無い
  • 日ごろ忙しいから不義理を重ね、5ヶ月の長期休暇中私に付き合ってくれる人は皆無になった。 エアコンの無いボクシングジムで運動をするのは無理で、(スポーツ栄養学や生理学を勉強した身として、選手の減量方法に疑問を持ったこともあり)テニススクールのレッスンスケジュールをプリントアウトしてはみるものの、気が進まず、家の前にできたジムは、トレーナーがいないのに月会費7000円は高すぎだと思い、 何もすることが無 [続きを読む]