夢見るおばさん さん プロフィール

  •  
夢見るおばさんさん: 初越のこみち から
ハンドル名夢見るおばさん さん
ブログタイトル初越のこみち から
ブログURLhttps://ameblo.jp/ryuujinn2016/
サイト紹介文ameblo.jp/ryuujinn2016
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 40日(平均5.6回/週) - 参加 2017/12/15 00:19

夢見るおばさん さんのブログ記事

  • 忘れられない味 ② ◇探し求めて・・・カフェ風のパン
  • 初越のこみちにようこそパンの思い出から あれこれ沼田市のカフェ風のパンにほどよい堅さのバターを付けて食べたとき40年以上昔のあるホテルのレストランの朝を思い出したのでした。 それは香港のイギリス系のホテルの朝食懸賞旅行に当たってできた非日常の贅沢な経験 あれからずっと探していたパンの味、香り。 それに出会えたのでした。 ここのところ野菜が高くて工夫したサラダ豆苗にある物を絡んでトマトに載せました。体に [続きを読む]
  • 挽歌・死者を悼む歌◇吹割の滝が挽歌に詠まれ
  • 初越のこみちにようこそ利根沼田を歌に詠まれるのはなんともうれしいもの。が、今回は 挽歌。 さらに深く思いが刻まれている。 忘れられない一首となりそうだ。 ・・・吹き割りの滝不思議な石の舞台なり             旅にゐて先生亡きと思へり・・・                           米川千嘉子  米川千嘉子氏は、結社誌「かりん」の編集委員で毎日歌壇の選者。11月の毎日旅行で詠まれたと [続きを読む]
  • 忘れられない味① ◇七草がゆ
  • 初越のこみちにようこそ◇台所二つある家姑までの味に終わりぬ七草の御膳◇画像はそっくりのものがあり、お借りしました。 姑の味と母の味がそっくりだった混ぜご飯全く異なったのが 七草がゆ姑のは醤油味でした。これには どうにも なじめず 最近この行事を再開したのですが塩味にしてまいました。 夫は、おかゆが苦手、それならと私の好みに 同居といっても台所が二つ主婦が二人の家だったのだと改めて思います。 にほんブロ [続きを読む]
  • しあわせ側に転げ落ちた時は◇今、思い返すと・・・ですが
  • 初越のこみちにようこそ雪に阻まれここのところ会えない初越のこみちの とみ子さんを思いだして・・・この花束は手とみ子さんの親戚のお子さんが帰りがけにプレゼントしてくれたものだとか、もう一週間も飾ってあると言っていました。 とみ子さんはそんな人 とにかく私も、いつもいろいろと許していただいたりこちら優先に思っていただいたりそんな思い出ばかりなんです。 そんなとみ子さんにも大きな心配事があったのですが、そ [続きを読む]
  • 寒い沼田だるま市◇やっと一軒の露店に日が差してきましたが
  • 初越のこみちにようこそ沼田のだるま市で心の短歌一首    ◇ひたすらにチェンジの刻を待ちていて               日の差しきたるダルマの露店                            奈織美◇                一軒の店のみ日差しの中にありました。寒い沼田のだるま市です。でもダルマの故郷の高崎の豊岡の烏川の風の寒さも半端ではありません。しかし、大変なお仕事 今日は [続きを読む]
  • 新春の利根川べり散歩◇瀬を速み・・・われても末に
  • 初越のこみちにようこそ「初越のこみち」は語り合う場、ブログ名でもあります。紛らわしくてごめんなさい。実在するこみちには、ここのところご無沙汰してます。雪道なので・・・今回も沼田の川辺から 右下の赤城山北面の裾野沼田市の段丘の城跡の辺りはうららかで暖かい日差しが暖かかったのはあの右の段丘の上のみここはもう日が陰っていました。平野では考えられない温度差です。寒々とした散歩道です。いったん下道に下ります [続きを読む]
  • 沼田公園雪道散歩
  • 初越のこみちにようこそ地上には雪を踏む音雪空に鳥の鳴く声 全身に聞く ポチッとし。↓て、
    雪道にお入りください https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fyumemiruobatyan%2Fp
    osts%2F393172521123392&width=500" width="500" height="651" style="border:none;overflow:hidden"
    scrolling="no" frameborder="0" allowTransparency="true">寒い空気の中に、心が洗われ
    ていくようです [続きを読む]
  •  雪の沼田から◇水の力あれこれ①
  • 初越のこみちにようこそみなかみも沼田も雪です。今は青空たくみの里の初越のこみちからの道橋本さんからいただいた写真です。 沼田市の正覚寺の門前真田の小松姫のお墓があります。 セブンイレブンで買ったアイスを雪に埋めて、ちょと寄り道 セブンイレブンと言えば、今、店頭にはないこのお水 私にとって,摩訶不思議なお水そして たぶんいつも注文をする私はお店の方には摩訶不思議なおばさんでしょう 生き方ランキングなぜ [続きを読む]
  • 沼田から高崎・御年始回りの車窓から◇赤城・榛名の姿も変わる
  • 初越のこみちにようこそ静かな新年の初詣 IN 沼田   から須賀神社の隣、和菓子の「 かねもと」でご年賀の生菓子を購入高崎へ向かいました。高崎・前橋からは このように見える 裾野は長い 赤城山利根川沿いの道、17号 子持山側から見ると  こんなです。「えっ、あれが 赤城ですか?!」そして、渋川に下り行くと見えてくる榛名山です。高崎から見るとこんなです。 関東平野の果てに聳える榛名山逞しい胸をもち大きく腕 [続きを読む]
  • 私の2018年の目標は・・・伝えたいことをしっかり伝えること
  • 初越のこみちにようこそ明けましておめでとうございます。今年も しあわせに繋げる空間「初越のこみちから」様々な話題を 投稿したいと思います。目標は、伝えたいことをしっかり伝えること。そのためには、広い視野と知識と勇気が必用ですね。 手間暇をいただいて来し半生よ初めて姉に蕗を煮ている退職後の人生、今度は手間暇をお返しするような生き方がしたいという思いを込めた歌です。 家にも仕事を持ち帰り心に休日はなか [続きを読む]
  • 除夜の鐘の音が届くでしょうか ◇ 河岸段丘の城下町沼田から
  • 初越のこみちにようこそ     祈りもち雪道に立つ四方から響く除夜の音        今宵月の夜 奈織美 明けましておめでとうございます。今日は沼田市街に鳴り響く除夜の鐘を耳を澄ませてお聴きください。月の煌々と照る道に出てみると  正覚寺 舒林寺・・・・・ 四方八方から響く鐘の音 ポチッと押してどうぞhttps://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fyumemiruobatyan%2Fpo [続きを読む]
  • ワイングラス2分の1飲めた幸せ
  • 初越のこみちにようこそ今宵ワインが飲めまして有り難い という お話カフェ風さんのお気に入りコース一日遅れた誕生日祝いです。2分の1カップワインが飲めましてシニアと呼ばるも楽しむ誕生日私のワイングラスには三分の一白ワインが注がれて運ばれてきます。美味しいからって普通に飲んでしまうと体調を崩しますかとお店の方の私への配慮 ところが今日はもう少し継ぎ足してもらい・・・飲めました。 この頃 揚げ物も 食べら [続きを読む]
  • 今日は沼田のシャンティーは定休日でした!◇それが何か・・・
  • 初越のこみちにようこそ沼田市のお菓子は美味しいです。なぜか?理由があるそうです。それは・・・城下町だからだそうです。 それにしても 美味しいですよ。 和菓子屋さんにケーキ洋菓子屋さんに和菓子があり、 そんな時はたいがいいまいちと思うことが多いのですが・・・どちらも美味しい。 ところで12月25日はクリスマスでした。ケーキを買いませんでした。 12月26日は誕生日自分でケーキを買いに行きました。サービス券があっ [続きを読む]
  • 夕暮れ利根川散歩◇少女趣味 遙かと言えず
  • 初越のこみちにようこそあっという間に闇に包まれる利根の冬の夕暮れ今日はこみちではなく、沼田の利根川の散歩道日暮れ行く利根川の水音をしばし 川音を聞きつつ夜の川を眺めると心が落ち着くのですが、雪が舞ってきてさすがに寒すぎて・・・空には三日月、山には雪雲・・・↓ポチッとしてみてください。 src="https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fyumemiruobatyan%2Fposts%2F3881 [続きを読む]
  • つくづくと・・男女は  ② ◇『透明なペガサス』(歩道橋まで)より
  • 初越のこみちにようこそこみちを散歩しつつ人生の先輩のとみ子さんと時折人生談義します。つくづくと・・男女は  ①君を背にわたしの歩き出したこと君は気付かず遠ざかり行くの続きです。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 憧れのベールが剥がれそうな怖さ男性も女性に対してそんな気分を味わう瞬間はあるのでしょうね。 日常生活の中で、びっくりした記憶は鮮明。セザンヌ展に酔い来て       君が [続きを読む]
  • つくづくと・・男女は ① ◇『透明なペガサス』(歩道橋まで)より
  • 初越のこみちにようこそこみちを歩きつつ今日は短歌から、男女のお話+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++『透明なペガサス』の「歩道橋から」という連作にはときどき興味もたれて「それからどうしたのかな?」などと聞かれます。 夫を待つのは当たり前と思っているのかでも時には男女が逆の場合もありますか?待たせている感覚がないのか。 よくパートナーをよい意味で空気のような存在と言うけれど空気にも限 [続きを読む]
  • 沼田で出会えたのですあの伎芸天に
  • ◇初越のこみちにようこそ◇あの吐息 ! 伎芸天40年ぶりの出会いです。 沼田の下町の 老舗の菊屋さんの二階のギャラリー「楽展」 会場に入るやいなや目に飛び込んできた伎芸天その唇から 今 ほっ と吐息がこぼれたようです。 これを描いた人もきっと それに 出会ったのではないかと、思われました。 それは作品のテーマに出会えたと言うことでしょうか ? 私が二十歳の時 奈良の秋篠寺というお寺で出会ったあの瞬間に再 [続きを読む]
  • 月の歌人とのんのん様の絵師から降ってきたイメージ
  • ◇初越のこみちにようこそ◇初越のこみちの掲示版にいただいた一首光にはむかしもいまもあらぬゆゑこよひ人の香のする月あかり                          『待ち時間』伊藤一彦初越のこみちの掲示版にかけられた 木の短冊には わたしの願いを 理解して 里子さんが 描いた絵が。 短冊に 伊藤一彦氏の歌をプリントし さげさせていただきます。 里子さんは 不思議な絵を 描きます。わたしは こっ [続きを読む]
  • 沼田のイルミネーション◇呉服屋さんの店先で、お宝輝く
  • 初越のこみちにようこそ今日はお宝のお話しです。呉服屋さんは美術館 外に出ると沼田の街にもイルミネーションが 呉服屋さんの大奥様とすっかり長話をしてしまいました。 きっかけは継ぎ紙。以前に一度お見せした引箔に書かれた『百人一首』を見たいとのこと。 引箔とは金銀の箔を貼った紙のこと帯に織り込むものです。 それをデザインして貼り合わせ百人一首を仮名書きした知人のオリジナル作品は私の宝もの 気品があり最高に思え [続きを読む]
  • 新宿イルミネーション◇上毛高原は雪化粧
  • 初越のこみちにようこそ今回まずは新宿南口から◇君が告げしリラという名の花咲きぬさらさらと銀の風のゆく道◇↑ 昨年咲いたリラ、ライラックとも言います。 リラではありませんが、南口の道のあちこちに銀の花が咲いていました。はっきり見える写真がなくて残念。イルミネーションの花です。真昼の太陽の下では銀色です。 代わりにこの写真 シルエットから狸さんと思いました。スイカのペンギンさんでした。イルミネーションも [続きを読む]
  • 口にするのが怖い。アレルギーの表示なき料理
  • 初越のこみちにようこそできなかったことができたり食べられなかったものが食べられたりよいしょって越えれば新しい世界が見られる。でもそこで終わってしまうという恐怖もある。   旅にてもアレルギーの恐怖から放たれず         一口のステーキに亡くなりし友 その友は、子育てを終え夢だったハワイ旅行へ出かけクルーズの晩餐でそれまで禁じていたステーキを食べ変わり果てて帰国しました。大人だからこのくらいと [続きを読む]
  • 家族を持つ◇八割は面倒・でもあとの二割これがねぇーーーって
  • 初越のこみちにようこそ姑とクリスマスソング歌えば認知症のははのクリスマス会でのこと。 「お母さんはどうしたい ?」と姑に聞かれ 亡くなったよと答えて、ああ、親は もうこの人しかいないと 実感しました。クリスマスソング 二人で楽しくうたっていたのに声が詰まりました。 「父抜きで娘と旅でもしておいで」         全てを知っているような姑 二世帯住宅の母の台所で、突然かけられた姑の一言に驚いてそれからぽ [続きを読む]