hide さん プロフィール

  •  
hideさん: 不動産鑑定士に「完全独学」で挑戦!
ハンドル名hide さん
ブログタイトル不動産鑑定士に「完全独学」で挑戦!
ブログURLhttp://hidekantei.seesaa.net/
サイト紹介文はじめてみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 291日(平均0.3回/週) - 参加 2017/12/15 15:41

hide さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 勉強するときの必需品
  • 机に向かってずっと下を向いていると、首が痛くなり集中力も途切れがちです。働きながらだと、休みの日の勉強で疲れをためることになってしまい、日々の業務に影響がでます。それで自分が使っていたのは、お手軽なブックスタンドです。こちらが安くておススメです。ハイタイド ブックスタンド メタルブックレスト ブラック DB016これで角度を調整して、快適な勉強スタイルが保てます。基本テキストを中心に勉強していたので、こう [続きを読む]
  • 勉強するときの必需品
  • 机に向かってずっと下を向いていると、首が痛くなり集中力も途切れがちです。働きながらだと、休みの日の勉強で疲れをためることになってしまい、日々の業務に影響がでます。それで自分が使っていたのは、お手軽なブックスタンドです。こちらが安くておススメです。ハイタイド ブックスタンド メタルブックレスト ブラック DB016これで角度を調整して、快適な勉強スタイルが保てます。基本テキストを中心に勉強していたので、こう [続きを読む]
  • 論文式過去問昭和40年〜43年
  • とりあえず、論文式過去問の赤い方を3年分やってみました。 第1章・第5章・第7章からほとんど出題されており、そこに第4章・第8章がちょっと加わってくるイメージです。3年分やっただけですでに傾向がはっきり見えてきました。最新のものはこんな単純ではありませんが、核となる部分はこれで、ここから過去問変遷を踏まえて、毎年進化していくわけですが、あの短い鑑定基準の中だけの話なので、十分対策は立てやすいです。大学 [続きを読む]
  • 鑑定理論の過去問へ(論文)
  • 鑑定基準もだいたい頭に入ったところで、不動産鑑定士最大のポイントである鑑定理論の論文の過去問に挑戦します。まずは昭和40年から平成17年までまとまっているものを使います。 目の前の短答式が気になるところですが、ここで断片的な選択肢を扱うよりも、最終目標である論文式の過去問を扱うことにより、この科目の重要ポイントをはっきりさせていき、これから勉強するにあたりどのあたりを重点的に暗記していくかを明確にし [続きを読む]
  • 行政法規の教材
  • 不動産鑑定士試験において行政法規は、どちらかというとサブ科目にあたるようです。宅建を勉強してきた人にとっては、だいぶ馴染みのある分野なので、そこそこの勉強でそこそこの結果がほしいところです。しかも、教材はほぼTACのテキストと過去問しかない状況。この単元は最初から過去問で良いと思われます。そして、そのTACの過去問はちゃんと単元別になってたります。 要は受験者のほぼ全員がこれを使って勉強するので [続きを読む]
  • 要説精読1回目(各論)
  • これで一通り要説を精読完了しました。 各論のポイントは第1章と第3章になりますが、特に第3章は好みが分かれそうです。私は第3章の方がスムーズに読むことができました。時代の流れもこちらにあるので、投資に関する経験や情報に触れる機会がないと、理解に苦しむ分野かもしれません。でも、不動産鑑定士のこれからの将来性はここに秘められていると思います。仕事をするなら相続からみの分野や、投資に関する分野を取り扱いた [続きを読む]
  • 要説精読1回目(総論)
  • とりあえず総論部分の1回目の精読を終えました。第4章までは充分理解しながら読むことができましたが、第5、6章では、いろいろな知識が入り交じり、かなり混乱しながら読み進めました。この段階でも前半部分を遡ったり、色々なことばを検索しながらでした。でも、ここら辺を覚え込むのはかなり大変だなと。ここが1つの大きな壁なのでしょう。第7賞がメインになると思うのですが、確かに分量もあり数式も多く出てくるので、最も難 [続きを読む]
  • 要説到着
  • 昨日、ようやく「要説」が届きました。もっと1ページずつが薄くて、細かい文字かと思ってましたが、普通の参考書と同じく感じだったので、少し安心しました。しかし、やはり図は少ないので、理解出来るかどうか不安になります。そういう意味では、先に宅建くらいの勉強はしておいた方が良いと思います。少なくとも、先に読んだ「鑑定評価の要点整理」にある図解は、覚えておくと頭に入りやすいことがわらります。さあ、明日からい [続きを読む]
  • 平成30年試験制度
  • 平成30年度の不動産鑑定士試験について、どんな変更があるか、今から非常に気になってます。日程については例年通りでしょうが、やはり、論文試験に科目別合格制度が導入されるかどうかが、非常に気になるところです。まさか、合否結果の判定を科目別で出すようになっただけで終わりじゃないですよね。これ以上期待するのは駄目ですかね。自分は仕事の関係で、この時期はどうしても3連休が取れません。2連休すら怪しい状況。なの [続きを読む]
  • 鑑定理論の学習開始
  • 先週まで他の資格の勉強をしていました。いよいよ今週から不動産鑑定士の勉強開始です。今まで各種資格に挑戦して、短期合格してきましたが、この資格ばかりはそうもいきません。来年の秋にどうしても取らなければいけない資格があるので、その数ヵ月はそっちに時間を取られてしまいます。その関係で、この一年はウォーミングアップと捉えて、まずは5月の択一までは、鑑定理論に比重を起きつつ、集中してやることにします。まずは [続きを読む]
  • 情報収集
  • それにしても、不動産鑑定士試験は、情報が少ない。他の資格とは比較にならないくらい、情報がありません。それだけマイナーかつ難易度が高い試験ということでしょうか?確かにいくつか有益な情報が書いてあるサイトはありますが、各種予備校が全くもって力を入れてないのが良くわかります。おそらく儲からないのでしょう。テキストなんかもひどいもんです。試験用としては、ほぼTACの1択です。といってもメインの鑑定理論は要説 [続きを読む]
  • 来年初挑戦!
  • 来年の試験に初挑戦予定。長い道のりにそうですが、「完全独学」にこだわって、合格を勝ち取ろうと目論んでます。資格獲得は趣味も兼ねているので、横道にそれる可能性あります。もしくは宅建などに切り替えるかも知れません。その場合は予めご了承ください。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …