lp98hb さん プロフィール

  •  
lp98hbさん: 40代。うつとつきあうブログ
ハンドル名lp98hb さん
ブログタイトル40代。うつとつきあうブログ
ブログURLhttp://ututen.com
サイト紹介文40代ではじめて鬱と診断された私の転職に向けての体験を元にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 39日(平均9.2回/週) - 参加 2017/12/16 17:02

lp98hb さんのブログ記事

  • 毎日眠たい!その原因は?
  • きちんと睡眠を取っているのに、昼間眠くてたまらない。毎日続くと生活にも影響が出てしまいます。ただだらしないだけ?そんなことはないと思います。何がかんがえられるのでしょうか?眠たい原因は?毎日眠たい、なんだか眠たい。そんなときは日常の疲労がたまっていて、疲れが取れていないときや、身体的な生活リズムが乱れているかもしれません。さらには、精神的に疲れていることも考えられますので、精神疾患の可能性も考慮す [続きを読む]
  • うつ病治療のまとめ
  • 今までご紹介したうつ病における治療方法についての各記事をまとめてみました。治療の進め方各治療の段階ごとの記事です。40代。うつ病、急性期の過ごし方うつ病治療における急性期。この時期は不安定な時期でもあるので、どのような過ごし方をしたらいいのか考えます。ututen.com2017-12-30 18:0040代。うつ病、回復期の過ごし方うつ病治療の第2ステップ「回復期」には、どのように過ごせばいいのか考えます。ututen.com2017-12- [続きを読む]
  • 認知行動療法でうつ病を治す
  • うつ病治療の中に「認知行動療法」と呼ばれる治療法があります。「認知行動療法」とは、この人の物事の捉え方や行動を変えていくことで、苦しい気持ちを軽減していく心理療法です。今回は、この治療法について調べて見ます。認知行動療法とはまず言葉ですが「認知」とは物事の捉え方のことです。物事の捉え方は人それぞれです。同じ状況であっても、AさんとBさんでは捉え方がが違ってきます。ものの捉え方がひとそれぞれなことが悪 [続きを読む]
  • 温泉でリラックス!うつ病に良い温泉療法
  • 温泉に入ると、気持ちがリラックスしますよね。ならば、うつ病には温泉がいいのかな?と思い調べてみました。温泉はうつ病に効果あり温泉の湯船に浸かることは、開放感と雰囲気で緊張から開放されますよね。自宅のお風呂ではなかなか味わえません。日本温泉ネットワークより「うつ病・不眠症に効果のある温泉一覧」が発表されています。日本温泉ネットワーク うつ・不眠症に効果がある温泉また、スペインの大学で行われた研究で、 [続きを読む]
  • うつ病、再発の危険性
  • こんにちは。standard59です。うつ病は現代人であれば、誰でも発症してしまう可能性のある病気です。もし、発症してしまった時には適切な治療を行い改善させていきますが、なかなか完治させることが難しい病気でもあります。再発の危険性まず、うつ病は再発の可能性があることを、家族や周囲の人たちに理解してもらう必要があります。うつ病患者さんの半数が再発しているというデータがあります。しかも、1度だけではなく、2度、3 [続きを読む]
  • うつ病の治療にはラベンダーが効果的
  • うつ病の方が自宅でできることの中で、前回はハーブティーをご紹介させていただきました。うつ病に効くハーブティー気分が落ち込んでいる時、温かいハーブティーがいいよ。と知人から紹介されました。今までハーブティーは飲んだことなかったので、これを機会に飲んでみようと思い少し調べてみました。ututen.com2018-01-18 18:48ハーブティーと同様に自宅でできるうつ病改善の方法に、アロマテラピーも効果があるようです。その中 [続きを読む]
  • うつ病に効くハーブティー
  • 気分が落ち込んでいる時、温かいハーブティーがいいよ。と知人から紹介されました。今までハーブティーは飲んだことなかったので、これを機会に飲んでみようと思い少し調べてみました。ハーブの効能最近うつ病への自宅療法として、ハーブティーを用いた民間療法が注目されてきているそうです。ハーブティーは副作用の少ない天然由来成分なので、治療をスムーズに行うことができます。うつ病の治療以外にもハーブは使われています。 [続きを読む]
  • 何もしたくないときは休めばいい
  • 何もしたくない、やる気がおきない。なんだか疲れて何もかも嫌になってしまった。そんな時ありますよね。私は結構な頻度で襲ってきます。しかし、最近はこんなこと考えて乗り越えてます。何もしたくないは自分からの注意信号理由もわからないのに、やる気がおきない。これは無意識で自分が注意信号を出しているのではないでしょうか。昨日はそんなことなかったのに、今日は何もできない。それは、注意しなければならないのだな、と [続きを読む]
  • 40代。休職30日目の様子
  • こんにちは。当ブログ管理人standard59です。休職も30日がたちました。お正月を挟んでの30日、振り返ってみます。11日目から20日目まで世の中は年末の忙しい時期、会社からの連絡もなくなりやっと休みがとれた気がします。幸いにもいい天気がつづいて、こんなことしてていいのかな?と少し思い始めてきました。休職中なのだから、ゆっくり休まなきゃと思うのですが、家族は忙しく動いてますし、子供もまだ学校があったので、こころ [続きを読む]
  • うつ病でどうして食欲不振になるのか
  • 私は気分の落ち込みが酷いときは、1日1食しか取れませんでした。夕食のみなんとか食べていましたが、気分の良くないときは夕食も食べれませんでした。24時間で1食でしたので、かなり体重が落ちました。どうして食欲不振になるの?気になることや心配事があると、食事が喉を通らない。こんな経験ありませんか?なぜ、気分が落ち込んでるときなど、食欲がなくなってしまうのでしょうか?ストレスによるもの人は満腹を感じるのは、食 [続きを読む]
  • 40代。早朝覚醒を克服する
  • うつ病と診断されて薬を服用するようになってから1ヶ月が経ちます。1ヶ月前は、早朝覚醒がひどく、睡眠が充分に取れず悩んでいました。40代。早朝覚醒は辛く憂鬱睡眠は健康において非常に重要です。皆さんはぐっすり眠れていますか?「早朝覚醒」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?もしぐっすり眠れておらず、朝早くに目が覚めてしまうようであれば、注意信号かもしれません。今回は睡眠に関する話題です。ututen.com2017 [続きを読む]
  • 40代。自信がない人が自信をつける方法
  • 以前、自信のもてない人の特徴という記事を書きました。40代。自信がもてない人の特徴がズバリわかる普段からおどおどしていて、自信を持てないことが多くないですか?どんな特徴があるのか考えてみました。ututen.com2017-12-24 13:37今回は自信を持てるようになるにはどうしたらよいか考えます。自信を持っている人どんな人が自信を持っているといえるのでしょうか?自信のある人は自分を肯定しており何より自分を信じていること [続きを読む]
  • テストステロンを増やす方法
  • 以前LOH症候群の記事で、うつ病の原因の一つに「テストステロン」という男性ホルモンの現象があることをお話しました。40代。うつの原因?男性の更年期障害男性にも更年期障害があるって本当?ちょっと調べてみました。ututen.com2017-12-19 20:27どうしたら増やすことができるのでしょうか?今回はその辺を調査してみます。テストステロンとはテストストロンとは、男性ホルモンの一種で「男らしくする」ホルモンです。思春期ころ [続きを読む]
  • 40代。うつ病?簡易診断チェック
  • 気分が沈む、何もしたくない、倦怠感などの症状が続いてなんだか調子悪い。もしかしてうつ病?と思ってもなかなか病院にはいけませんよね。うつ病っぽいのだけど確信が持てない。そんな時に自己チェックしてみましょう。うつ病とはどんな病気?うつ病とは、いろいろなストレスがきっかけで発症すると考えられています。症状も様々で体、心にあらわれます。早期に気づき適切な対処や治療が大切です。症状精神面特徴的な症状に、憂鬱 [続きを読む]
  • 40代。むずむず脚症候群
  • こんにちは。当ブログ管理人standard59です。最近不眠についていろいろと調べていますが、その中で「むずむず脚症候群」なる症状を知りましたので、ご紹介致します。むずむず脚症候群なにやら聞き慣れないキーワードですが、レストレスレッグス症候群とも呼ばれており、脚に違和感を感じ、じっとしていられない病気のこと。虫が這っているような感じや、電流が流れているような不快感があるそうです。私も最近就寝中に、脚がじっと [続きを読む]
  • 40代。なかなか寝付けない。さあどうする?
  • なかなか寝付けない。1日だけならいいですが、毎晩では本当に辛いこととなってしまいます。そんな時、私はこんな事を心がけるようにしています。なかなか寝付けないとき疲れていいるのになんだか眠れない。布団に入ると頭が冴えてしまう。いろんなことが頭の中をグルグル回って、いろんなことを考えててしまう。その辛さわかります。本当に辛いですよね。夜更かししたわけではないのに。周りにはなかなかわかってもらえない。横に [続きを読む]
  • 40代。規則正しい生活とは?
  • こんにちは。当ブログ管理人standard59です。うつ病などいろいろな症状の改善法として、「規則正しい生活」を送ることが大切だといわれます。とろこで「規則正しい生活」とはどんなことを気をつければいいのか調べてみました。「規則正しい生活」とは皆さんは、「規則正しい生活」できてますか?と聞かれたときに返事することはできますか?おそらく殆どの人は「はい」といえないと思います。特に若い年代の方は、不規則な生活にな [続きを読む]
  • 40代。朝起きることができない
  • こんにちは。当ブログ管理人standard59です。前回、朝起きるのが辛くなる症状について調べてみましたが、もう一つの可能性について今回調べてみました。40代。睡眠覚醒リズム障害って何?休職状態に入って約1ヶ月が経とうとしています。休みに入っても、生活リズムは変えたくなかったので、朝は必ず今まで通りに起きたかったのですが、ここに来て朝起きることが非常に辛くなってきました。ututen.com2018-01-06 18:01起立性調節 [続きを読む]
  • 40代。睡眠覚醒リズム障害って何?
  • こんにちは、当ブログ管理人 standard59 です。休職状態に入って約1ヶ月が経とうとしています。休みに入っても、生活リズムは変えたくなかったので、朝は必ず今まで通りに起きたかったのですが、ここに来て朝起きることが非常に辛くなってきました。早朝覚醒は薬の服用もあってだいぶ改善してきているのですが、今度は朝起きることができないのでは、本末転倒になりかねません。40代。早朝覚醒は辛く憂鬱睡眠は健康において非常 [続きを読む]
  • 40代。うつ病、ストレスの種類
  • こんにちは、当ブログ管理人 standard59 です。前回、寝汗で苦しんでいる記事で、寝汗の原因の一つとして自律神経失調症があるとご紹介しました。40代。異常なほどの寝汗うつ病にとって睡眠は大切なことですが、途中で目が覚めて寝汗でぐっしょりという経験ありますか?私は未だに悩まされています。少しでも良くなればと、調べてみました。ututen.com2018-01-02 19:59では、自律神経失調症にはどんな原因でなってしまうのでしょう [続きを読む]
  • 40代。異常なほどの寝汗
  • こんにちは、当ブログ管理人 standard59 です。うつ病にとって睡眠は大切なことですが、途中で目が覚めて寝汗でぐっしょりという経験ありますか?私は未だに悩まされています。少しでも良くなればと、調べてみました。発汗症状について私の症状はこんな感じです。就寝時間はだいたい22時ごろ。ほぼ毎日必ず午前2時過ぎに目が覚め、パジャマを交換するほどの汗で、布団も湿っているほどです。夢でうなされていることはありません。 [続きを読む]
  • 40代。うつ病、再発防止期の過ごし方
  • こんにちは、当ブログ管理人 standard59 です。うつ病治療の第3ステップ「再発防止期」には、どのように過ごせばいいのか考えます。うつ病の再発防止期治療がある程度すすみ、発症前と同様な生活が送れる事ができるようになってくると、次は再発防止について考えることが大切になってきます。うつ病は繰り返しやすい病気ですので、回復後完治したと思ってしまい、薬の服用をやめてしまったということはよくあることだからです。し [続きを読む]
  • 40代。うつ病、回復期の過ごし方
  • こんにちは、当ブログ管理人 standard59 です。うつ病治療の第2ステップ「回復期」には、どのように過ごせばいいのか考えます。うつ病の回復期薬などの治療によって、症状が和らいで来ると気力や物事への関心も少しずつ湧いて来ています。体調も少しずつ回復し、やりたいことが出てきいます。調子のいいときと悪い時の差が大きい時期でもあるので、無理は禁物です。少しずつ予定を立てて行動してみましょう。やりたいと思うことを [続きを読む]
  • 40代。うつ病、急性期の過ごし方
  • こんにちは、当ブログ管理人 standard59 です。うつ病治療の第1ステップ「急性期」には、どのように過ごせばいいのか考えます。うつ病の急性期うつ病の急性期治療は、休息と薬の服用が中心となります。この時期は感情の起伏が激しいので、本人、周りの人お互いに辛い時期となります。ネガティブ思考この時期は、物事を極端にネガティブに考えてしまいます。脳の神経伝達物質のバランスが崩れており否定的な思考になっています。し [続きを読む]
  • 40代。うつ病の治療はどうすすめるのか
  • うつ病の治療って、どうやってすすめるのでしょうか?自分は今どの段階なのか、気になりましたので調べて見ました。うつ病治療の流れ一般的に、うつ病の治療は「急性期」「回復期」「再発予防期」の3つの段階に分けて進めていきます。急性期つらい症状や、気分の落ち込みなどを和らげ症状を改善していきます。主に薬物療法が行われます。薬は1種類のみ少量からはじめます。副作用のようすを見ながら1〜2ヶ月服用し効き目を確認 [続きを読む]