遊酔 さん プロフィール

  •  
遊酔さん: 心だけ豊かになる、遊酔の貧乏格言!
ハンドル名遊酔 さん
ブログタイトル心だけ豊かになる、遊酔の貧乏格言!
ブログURLhttp://binbokakugen.seesaa.net/
サイト紹介文貧乏なあなたを口だけで応援するために、適当に考えた格言をご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 278日(平均1.5回/週) - 参加 2017/12/16 09:44

遊酔 さんのブログ記事

  • 『習うよりマネろ』
  • 慣れて、自然に身につくようになるまで、待っているような、悠長な時代ではない。とにかく、人のマネをする方が、身につくのが早い。マネて、マネて、少しずつ自分らしさを見つけるのだ。やがて、オリジナルとなっていく。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『七転び三起き』
  • 失敗の度に、これではダメだと奮起しようとする。その姿勢は立派だが、立ち直れないと、ショックはさらに大きくなる。そんなに、力まなくてもいいんだ。七度転べば、三度起きるくらいで良い。それくらい心にゆとりを持っていれば、その方が物事は旨くいく。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『爆竹の勢い』
  • 猛烈な勢いで突き進むのは良いが、それが間違っていたら、取り返しがつかない。勢いは、一方向に向けるのではなく、その場で弾けるようにした方が、目立って注目を浴びやすい。破竹ではなく、爆竹のように。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『起きて繁盛 寝て繁盛』
  • 朝早くから夜遅くまで、一所懸命に働く姿は美しい。しかし、それだけではビジネスの成功は望めない。寝ている間も、自動的にビジネスが動く仕組みを考えておく必要がある。それが、儲けるということ。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『犬も歩けばボーッとする』
  • 匂いを嗅いだり、動物の気配を感じながら、一所懸命に歩いている犬でも、時としてボーッとすることがある。それは、犬の息抜き。人にもボーッとする時間が必要。がむしゃらだけが成功への道ではない。ボーッとしている時に、ひらめいたりするものだ。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『一挙量得』
  • 1つのことで、2つの利益を得るだけではダメ。1つのアイデアは、考え方・見方を変えれば、いろんな場面で使うことができる。せっかくひらめいたアイデアは、とことん使い倒せば良い。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『禍はグチから』
  • 居酒屋で会社や上司のグチを言うな。酒は楽しく呑むものだ。グチを言っても、解決できるものではない。時間を損する。自分の評判も悪くなる。ちっぽけな人間になってしまう。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『煮て非なるもの』
  • 焼いて食べたら、美味しくなかった。そこで、捨ててはいけない。カロリーのうちだと我慢して食べること。どうしてもマズいのなら、違う調理法を試す。焼いてダメなら、煮る。もしかしたら、美味しくなるかもしれない。食べ物はありがたくいただかなければいけない。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『昔買った杵臼』
  • 餅つき器が普及して、餅つきをしなくなった家が多い。古い道具は、どんどん忘れ去られる。世の中は便利になるが、もし電気が無くなったら、現代人は生きていけるのか。どれほど困難があろうとも、生き抜く術を身につけておかなければいけない。古い道具も使いこなせるようにしておくべし。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『給食猫が噛む』
  • 自分に配られた給食は、自分に食べる権利がある。誰にも渡す必要は無い。しかし、自分で守らなければ、誰も守ってはくれない。猫に持って行かれないように、細心の注意を払わなければいけない。自分のことは自分で。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『人は鳴かずば知られまい』
  • 私はここにいるんだ。大きな声で叫ばなければ、誰も振り向いてはくれない。存在に気づかなければ、誰も助けてはくれない。主張するんだ。声を出せ。声が出なければ、身体を前に出せ。自分をさらけ出せば、必ず見てくれる人はいる。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『カレー昨日も食卓の賑わい』
  • 毎日同じご飯だと文句を言ってはいけない。食べられるありがたさを知ることだ。眼の前に食べ物があることの幸せは、本気の貧乏人でなければわからない。そこまでいっていないあんたは、セレブだと言ってもいい。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『鬼にカニ棒』
  • 庶民の夢、憧れを叶えてあげるような商品を開発すれば、必ずや支持され、成功することができる。人類は大多数が庶民なので、小さな利益でも、たくさん売れれば、大きな儲けになる。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『秋の秘話するめ買うたし』
  • もし、万が一、高級品であるするめを買ったなら、そのことは誰にも言ってはいけない。金持ちだと勘違いされることだろう。一度金持ちだと思われると、何も貰えなくなる。私は貧乏だ、というオーラを常に発していなければ、誰も助けてくれなくなる。するめは、匂いが漏れないよう、少しずつ楽しむことだ。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『頭角を洗わす』
  • 才能がある、あるいは努力を積み重ね、頭角が姿を現し始めた時。さらなる精進も大切だが、人の力を借りることも必要だ。自分だけの力には限界がある。もっと大きくなるためには、その頭角を人に洗ってもらい、磨き上げることも忘れてはならない。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『チリが積もればゴミとなる』
  • チリはどれだけ積もっても、ゴミにしかならない。価値の無いものをいくら積み重ねても、山のような存在には成り得ない。問題は、チリなのか、宝石のカケラなのか。見抜く力を養い、本物を集めなければ、人生という大切な時間を無駄にしてしまう。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『人は見かけによるもの』
  • 苦労をしていれば、顔や身なりに表れる。しかし、強く明るく生きてきた人は、穏やかな空気を身にまとっている。苦労が歪んだ心を生み出していれば、顔も歪み、負のオーラを放っている。また、苦労もせず、人の心も読めない人は、青い光が漂っている。人をじっと見ていれば、人柄は見えてくる。見えるように努力しなければいけない。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『計って砕けよ』
  • 「当たって砕けよ」は、成功へのひとつの手立てであり、勇気のある行動だ。しかし、その手立ては人によってはやめた方が良い場合もある。打たれ弱い人が砕けてしまうと、立ち直れないかもしれない。ならば、善後策を充分に計画した上で、チャレンジした方が良い。その方が、立ち直りが速い人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『雀の波だ』
  • 自分のやっていることを卑下してはいけない。雀の水浴び程度だと、バカにしてはいけない。どれだけ小さな波も、まわりの状況によっては、どんどん大きな波に育っていく。問題はタイミング。良いタイミングを見つけることは難しいが、つねに波を立てていれば、いずれは出会うことができる。途中で諦めないことが肝心だ。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『隙こそ儲けの情報なれ』
  • どうして、こんな商品が無いんだろう?なぜ、あんなサービスができないんだろう?そんな疑問が沸いてきたら、すぐにメモを取ることだ。そして、その疑問をビジネスにできないか、検証してみる。ニッチ産業。つまり、隙間ビジネスがそこにある。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『江戸のハタキを長崎で売る』
  • これだけ道路網・通信網が発達していても、日本中・世界中には、知らないものがたくさんある。都会にしか無いもの、地方にしか無いもの。それをウマく紹介して、販売すれば、充分に商売は成り立つ。自身のまわりを見まわして欲しい。あって当然のものが、他の地域には無かったりする。そこに気づくかどうかが、儲けの分かれ目。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『有る時は無いの催促無し』
  • 「有る時払いでいいよ」と、お金を貸してくれる人がいても、借りてはいけない。絶対に不仲の元となる。どうしても、借りなくてはいけない場合は、ちゃんと言おう。「お金の有る時は無い。 返せる可能性も低い。 だから、生涯、 催促もしないで欲しい」と。それでも、貸してくれるのなら、“あげても良い”と思っている、素晴らしい人だ。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『偶然の灯』
  • 人生には暗闇がある。しかし、見えないからと立ち止まっていては、どこへも行けない。一生懸命に歩かなければいけない。歩いていれば、偶然、灯りを見つけるかもしれない。歩いていなければ、見つけることはできなかった。偶然は、探し出すことができる。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『二度あることは何度もある』
  • 二度あることは三度ある、と言うから、三度目には、もう無いだろう、これで終わりだろう、と思ってしまうが、安易に考えてはいけない。良いことも悪いことも、ずっと続いたりする。油断するから、次にあった時に驚きが大きいのだ。特に悪いことがあったら、気を抜いてはいけない。心の準備をつねにしておけば、ショックは小さくて済む。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『作戦身につかず』
  • 念入りに計画を立てて、その通りにウマくいく人と、計画を立てても、必ず横道に逸れて、失敗する人がいる。これはもう、その人の天性の問題。ウマくいかない人は、無理に計画など立てずに、臨機応変にやれば良い。計画を立てること自体が、身体に合っていないのだ。合わないことをやると、ストレスが溜まって、精神に支障をきたす。人気ランキングに参加しています。1 をお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]