りつこ さん プロフィール

  •  
りつこさん: 発達障がい 子どもの発達と自信を伸ばす看護師
ハンドル名りつこ さん
ブログタイトル発達障がい 子どもの発達と自信を伸ばす看護師
ブログURLhttps://ameblo.jp/oustir/
サイト紹介文お薬に頼らず発達障害子育ての悩み解決根本的なアプローチでお母さんが子どもの発達と自信を促すコツ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 190日(平均6.0回/週) - 参加 2017/12/16 13:50

りつこ さんのブログ記事

  • お母さんの役に立ちたい子どもたち
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??お母さんを悲しませたかもしれないとかお母さんを悲しませるかもしれないといった子どもの心の中にお母さんの役に立てる自分でない(かもしれない)罪悪感を抱く時子どもがどんな反応をするかご存知でしょうか^ ^その前に…そもそも人は誰かの役に立つために生まれてきました。一番最初はお母さんの役に立ちたいそう使命を持って生まれてきました。ですので誰もが誰かの役に立つという使 [続きを読む]
  • 文章問題が苦手
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??文章問題好きですか?というか、子どもの頃、文章問題苦手だったという方おられますか?私はとーっても苦手でした^^;小学校時代の算数の応用問題、読んでるうちに訳がわからなくなり、読めば読むほど意味不明になり、もう時間がかかって仕方なかったです。途中で嫌になって、父親に助けを求めることがしょっちゅう(^^;;あなたの子どもさんは、文章問題が苦手だということありますか?文 [続きを読む]
  • 子どもの乗り越えようとする力は引き出せる
  • ブログへのご訪問ありがとうございます????子どもの乗り越えようとする力は引き出せる今日は関わっていた小学校二年生Oくんのエピソードを^ - ^OくんはADHDの診断と学習の困り感を持っていました『できないこと』『わからないこと』がある自分への劣等感を抱えていて学習に関しては特に、〈教えてあげている〉という大人の姿勢に強い抵抗感を持っていましたプラス子ども同士の関わりでよくある『どうせ自分はできないんだ』と [続きを読む]
  • 子どもの姿ありき、お母さん自身の気持ちの安定ありき
  • ブログへのご訪問ありがとうございます????子どもの姿ありき、お母さん自身の気持ちの安定ありき発達障がいにまつわる情報や、書籍などからいろいろと知る機会が増えてきましたね自閉症スペクトラムとは??脳の認知機能や神経伝達の偏りによりことばの発達の遅れ、コミュニケーションの困難、対人関係・社会性の困難、パターン化した行動やこだわり・興味の狭さ、特有の思考・感覚があるADHDとは??行動や感情の統制を司る [続きを読む]
  • 子どもの『困った行動』のわけから知ると、お母さんの困惑は解消します
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??昨日は大阪で【子どもの『困った行動』を激変させるからだとこころのアプローチ体験会】を開催しました。2名の方が参加してくださいました^ - ^ありがとうございました。タッチ、触れること、これが、子どもに良いと思っていても、なんで良いのか、どう良いのか、が納得できなければ、やってみよう、取り入れてみようとは思えないんじゃないかなぁと思っています。かんしゃくが減る寝つ [続きを読む]
  • 明日はいよいよ^ - ^
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??いよいよ明日6/16は大阪心斎橋での【子どもの『困った行動』を激変させるからだとこころのアプローチ体験会】を開催いたします^ - ^自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもにとって、タッチ、触れ合うことの意義はとーっても大きなもの。その根拠からお伝えしながら、子どもの『困った行動』が減るために、お母さんだからこそできることを、腑に落とし、活用していただければ…と [続きを読む]
  • こどもを『観察する』ってどういうこと?
  • ブログへのご訪問ありがとうございます????こどもを『観察する』ってどういうこと?自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもの子育てで、日常生活している中で『なんでこの子は〇〇ばかりするんだろう』『〇〇してくれないから困る』『〇〇しない子を見てイライラする』そんなことってありませんか?お母さんからすると理解できないような行動や言動を容赦無く目の前で見せてくるお子さんの姿に悩んだりツラくなったりと [続きを読む]
  • 結果より原因をみて対応を考えることの大切さ
  • ブログへのご訪問ありがとうございます?自閉症スペクトラムの特性を持つ子どもに見られる『こだわり』の行動何とかしたいやめさせたいって思いますか?子どものそのまんまの姿、子どもたちから見えること、子どもたちの見ている世界を本当の意味で理解すると、やめさせよう…と感じることはなくなりますよ。やめさせるのではなくて、その行動以外の方法で、〇〇を得られる工夫を見つけられるようになるんです^ - ^具体的にはど [続きを読む]
  • 『こだわり』をどうとらえるか
  • ブログへのご訪問ありがとうございます????子どもに見られる『こだわり』のとらえ方自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもには.『こだわり』が強く見られることがあります,『こだわり』とは固執行動と言われますその『こだわり』が、ときにこどもたちの、生活の場での困り感につながったり周りから『問題行動』とか『不適応行動』と捉えられてしまうことが往々にしてあります確かにお子様に『こだわり』が過剰であるこ [続きを読む]
  • ご紹介したい方がいます??
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??今日は、いつもブログを読んでくださっているお母さんに、ぜひ読んでいただきたいものがあります。自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもさんを育てるって、とてもエネルギーが必要です。悩んだり辛くなったり苦しくなったり迷ったり落ち込んだり泣いたり逃げ出したくなったりそれと同時に、やっぱり身体も悲鳴をあげてしまってもうこれ以上がんばれない…と感じて、一人で抱えて [続きを読む]
  • 白か黒かにこだわってしまう、、
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもさんとの毎日で、なんでこんなことくらいでこだわるの?そんなこと気にすることじゃないのに…とにかくいい加減にしてよ〜〜って感じることってありますか?これは大きいんだ、小さくない!とか、これはペンじゃない、ボールペンだ!とか…白か黒かをはっきりさせだがるということに、振り回されてしまうこと。こんな時、どうされますか?子 [続きを読む]
  • 発達障がいの子どもへの『環境調整』って具体的にはどんなこと?
  • ブログへのご訪問ありがとうございます????発達障がいの子どもへの『環境調整』って具体的にはどんなこと?先日《子どものかんしゃく》についてhttps://s.ameblo.jp/oustir/entry-12324384572.htmlこれまでわたし自身が子どもさんに関わった経験と知識をもとに書いております。子どものかんしゃくに対する事前の対応とはつまりは『なんでもない時』の子どもにとって伝わりやすい子どもにかんしゃく以外の方法もあることが伝わ [続きを読む]
  • 幼児期が大切なワケは?
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??私は普段、病院の発達外来での相談業務に携わっているのですが、ご相談の中でも多いのが、子どもさんの不登校や行きしぶり。特に小学校中学年あたりから中学生の子どもさんを持つ親御さんからのご相談は多いです。中には、自閉症スペクトラム、ADHDの特性が見られることから、学校や通級などで配慮を受けておられる子どもさんもおられます。世間では、特別支援教育や合理的配慮の必要性 [続きを読む]
  • 子どものこだわりに振り回されていませんか?
  • ブログへのご訪問ありがとうございます?突然ですが、お子さんは、こだわりがつよいほうですか? もしも、子どもさんのこだわりに振り回されているような感覚だったり、なんとかならないかと思っておられるとしたら、少し違う視点から子どもさんのことを見られるためにメルマガの記事がお役に立てるんじゃないかと思います。 少し違う視点から子どもさんのこだわりを見つめられると、イライラが半減してくると思っています。 [続きを読む]
  • 子どもの成長発達を促すもの、それはフォーカスする視点がカギを握る
  • ブログへのご訪問ありがとうございます????子どもの成長発達を促すもの、それはフォーカスする視点がカギを握る子どもの成長発達にとって最も大切な時期が乳児期この時期にお母さんが無条件の愛を子どもに与えられ子育ての主役となれるそんな周囲のサポートが必要そう思っています。お母さんが子育ての主役になることの意義はとっても大きくてお母さんが子どもさんに笑いかけ、お母さんが子どもさんに喜びを与えることに対し [続きを読む]
  • いつもと違う視点、いつもと違う考え方
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??子どもの困った行動を見たときに、どんな風に感じますか?「なんで!?」ってイライラを感じますか?「もういい加減にしてほしい…」って沈んだ気持ちになりますか?それとも、「何がこの子にこの行動を起こさせるのかな?」って疑問が湧いてきますか?毎日の繰り返しだと、イライラもするし、沈んだ気持ちにもなりますよね。実は、「何がこの子にこの行動を起こさせるのかな?」って視 [続きを読む]
  • どんなとき、どんなことが悩みとなりますか?
  • ブログへのご訪問ありがとうございます?自閉症スペクトラム、ADHDの特性を持つ子どもの子育てでお母さんの悩みやストレスになることが多いのが??子どものかんしゃくなど行動に関すること??言うことをあまり聞かない、聞いていない、不注意性や衝動性に関すること??子どもの言葉の問題、コミュニケーションに関すること今モヤモヤとして、悩んでおられることは何がありますか?どんなとき、どんなシチュエーションで悩み [続きを読む]
  • 子どもの困った行動へのアプローチ
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??子どもが目の前で見せてくる『困った行動』は、お母さんを怒らせようとしてやっているのでもなければ、困らせようとしてやっているのでもないのです・・・でもね、やっぱり、いつまでたっても言うことを聞かなかったり、いつも同じ事ばかり言わせたり、何度言っても聞かない、そんな子どもの行動を目の前にすると、どういうつもりでやってんの!いつになったらちゃんと聞いてくれるのよ [続きを読む]
  • 困った行動が減っていくプロセスとは?
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??お母さんにとって、 子どもが目の前でしている行動が、理解出来ずに悩んだり、どう関わっていけばいいのか分からなかったり、イライラして怒ってしまうことが多かったり、 今、もしも何をすればいいのかどうしてあげるとこの子にとっては最善なのか 分からずに悶々と毎日を過ごしておられるのだとしたら、 少しイメージしてみてほしい事があります。 今の状況がこの先もずっと続いてい [続きを読む]
  • 子どもの情緒の安定は、一番大切ですよ
  • 日頃、お子様に気持ちが乱れた状態はありますか?子どもたちが、安心感と自分への自信が持てるように、って、いつも考えています。そんな中で常々思うことがあります。自閉症やADHDという診断があっても、診断がなくても子どもたちの特性そのものだけに注目するよりもまずは子どもたちが今、安心した気持ちになっているのか子どもたちの情緒が安定しているのかどうすれば安心感を得られるのかどうすれば情緒が安定するのかそこに [続きを読む]
  • お母さんだからこそできること
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??お母さんだからこそできることがあります。自閉症スペクトラム、ADHDなどの特性を持つ子どもさんには『感覚』の感受性の過敏さや低反応があることが多く見られます。その過敏さや低反応があることによって日常生活を送るうえで《つまづきの要因》となってしまうことがあります。その《つまづきの要因》による失敗経験お友達との比較できない自分への絶望感や喪失感活動などへの拒否感、 [続きを読む]
  • どんなイメージを持ちますか?
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??お母さんが、普段手を焼いている、子どもの『困った行動』にはどんなことがありますか?なんでこんなことするの?!何回言ったらわかるの?!子どもを見るたびに、イライラさせる子どもの行動に、注意したくもなるし、注意してやめさせたくもなりますね。少しイメージして見てほしいことがあります^ ^その子どもの行動を目にした時に、お母さんは正直なところ、子どもさんに対して、どん [続きを読む]
  • そもそも療育とは…
  • ブログへのご訪問ありがとうございます??自閉スペクトラム症、ADHDの特性を持つ子どもの子育てでは、お母さんにとって理解できにくい子どもの行動、イライラしてしまいやすい子どもの行動、手に負えない子どもの行動、これを目にされ自分に何ができるのか、何をどうすればいいか分からなくなるそんなことが必ずあると思います。どうして対応すればいいのか分からないから、一般的に判断してしまいやすく、しつけとかトレーニン [続きを読む]
  • ふつうとは、一体何だろう?
  • ブログへのご訪問ありがとうございます 子どもって 理解できないような ふつうならやらないような 大抵は言わないような ヒヤヒヤすることやってくれたり 言ってくれたり しますよね(^^;) 自閉症スペクトラムの特性を持つ子どもたち、 共感性や社会性、コミュニケーション力とかいうものが 弱さがあるのは確かですから、 ふつう、とか 大抵は、とか、 その軸を持っていることで・・・ 続きはこちらからご覧ください [続きを読む]