SuperT さん プロフィール

  •  
SuperTさん: アフター・フェア
ハンドル名SuperT さん
ブログタイトルアフター・フェア
ブログURLhttp://air.ap.teacup.com/supert/
サイト紹介文教育を中心に日々の関心事を書いています。基本的に週日更新。学校に合わせて長期休業も取っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供146回 / 189日(平均5.4回/週) - 参加 2017/12/16 15:08

SuperT さんのブログ記事

  • 「一流とはすごいものだと思った話」〜古い映画を観た
  • 【年寄は急ぐ】[画像] 最近、とみにできなくなったことのひとつは本を読むことです。特に小説が読めない。 気持ちが急いて「行間を読む」とか「イメージを膨らますとか」、小説を読むときは自然にやっていることが面倒くさくて仕方ないのです。早く結果が欲しい、読んだら読んだ分の変化や知識が欲しい、そう考えるといきおい読書は実用本だとか解説書だとか、よくても批評・論説文止まりです。最近はさらにせわしくなって、文字 [続きを読む]
  • 「壁は必要だったのか」〜大阪北部地震(仮称)の教訓
  •  大阪で大きな地震があって3名の方が亡くなりました(18日の時点)。心よりご冥福をお祈りしたいと思います。 中でも小学校のプール脇で亡くなった9歳の女の子はかわいそうなことをしました。あと1〜2分遅いか早いだけで命を失うことはなかったと考えると運命の冷淡さを思わずにいられません。さらに10分早く行動できていたら、あるいは地震が10分遅れて起こっていたら、女児は学校の管理下にあって怖い思いもせずに済 [続きを読む]
  • 「働き方改革と制度の落とし穴」〜シノマの場合
  •  先日、元教え子でこの3月まで都会で教員をやっていたシノマに会いました。一児の母で、夫は中学校の教師です。[画像] どういう経緯で教員を辞め、それを私がどう受け止めたかは1月の末に当ブログでも書きました(2018/1/26「これを捨て、あれを目指すのか」〜ある二人の女性教諭の肖像2)。ひとことで言えば「たいへん優秀な教師を“金儲け”によって奪われた」「私のもっとも大切にしていたものが卑しいものにとって代わら [続きを読む]
  • 「三つの児童虐待、地域の力」〜目黒女児虐待死事件より
  • [画像] ヨハン・ハインリヒ・フュースリー 「夢魔」 (1781)【目黒女児虐待死事件】 先週のニュースを遅ればせながら扱っているうちに、もう今週も金曜日です。なんだか玉突き遅延の悪い仕事をやっているみたいになっています。 さて、一応教育関連の体を取っている本ブログとしては、当然取り上げていいはずの「目黒女児虐待死事件」が、まだ扱い切れていません。それには理由があります。 虐待問題について、私の頭も心も、 [続きを読む]
  • 「突然、愁然、不自然」〜日米首脳会談の幻滅2
  •  それにしても米韓合同軍事訓練を中止にしたり、在韓米軍の縮小問題を口にしたりと、経済制裁に苦しんでいたのはアメリカの方だったっけ? ドナルド・トランプ氏はかつてロシアを訪問した際、ホテルに売春婦を集めて変態プレイを楽しみ、その様子をロシア諜報機関に撮影されたと言われている。それがロシア疑惑の入り口なんだけど、もしかしたら北朝鮮のサイバー部隊がクレムリンをハッキングして写真を手に入れたのかもしれない [続きを読む]
  • 「不思議な父親、家族の限界」〜新幹線無差別殺傷事件について2
  • [画像]【不思議な父親】 9日の新幹線内殺傷事件については容疑者の家族が比較的多弁で、容疑者の人物像はかなりはっきりと浮かび上がってきます。ただし実父と称される人の発言はどこか他人事のようで、ネット上では厳しく非難されました。「施設に入ってからほとんど会話をしていない。取り返しのつかない事をした彼がどう償っていくか見守っていきたい」「今後につきましては、〇〇〇〇(容疑者)ができる償いを彼にできる限り [続きを読む]
  • 唖然、呆然、粛然〜日米首脳会談の幻滅1
  •  なんでドナルド・トランプに関する悪い予感は当たるのだろう? (2018/6/11「二人のトリックスター」〜明日の米朝首脳会談を子どもに説明する)(2016/11/9「アメリカ大統領選挙の憂鬱」?〜子どもに説明できない) よりによって北朝鮮が一番欲しがっていた体制保障を最初にあげちゃうなんて! 金委員長の4勝1敗5引き分け。1敗は「体制保障」の前に「核保有国としての」を入れ損ねたことくらいかな? もっともどんな約束でも「 [続きを読む]
  • 「友だちに会うために学校に来る」〜普通の子どもたちの生き方
  • [画像]トマス・エイキンズ 「チェスプレイヤー」 (1876) 以前お話ししたことがあったかどうか――私は幼いころに中耳炎を病んで、以来左耳が聞こえにくいところがあります。 若いころは左から声をかけられても右に振り向くといった感じでなかなかしんどかったのですが、歳をとるにしたがって右も鋭敏さを失い、むしろバランスが良くなって苦痛も軽減されてきました。 しかしそれでも飲み会の席などでは左の会話がよく聞き取れ [続きを読む]
  • 「私は傷ついている」〜コンピュータ・リテラシーの話
  • [画像] 私は基本的に悩むということのない人間ですが、ここ十日余りはけっこう苦しんでいます。 何があったかと言うと、コンピュータが動いてくれないのです。完全に動いてくれなければむしろ簡単なのですが、中途半端に動くから困る。【私は悩んでいる】 ことのはじめは2週間余り前の朝のこと、電源を入れた後でしばらく待っても何もおこらず、「あれ?」と思っていたらやがて黒い画面に「Operating System not found…」の文 [続きを読む]
  • 「大人の責任」〜子どもの意思はどこまで尊重されるべきか2
  • [画像]ハンス・トーマ 「夏」 (1872)【子どもの意思はどこまで尊重されるべきか】 つい先日、アメリカで赤ん坊のオムツ替えにも本人の意思確認が必要だと言った話が出て、ネット上で話題になりました(「おむつ替え時に赤ちゃんの許可を得るべき」 “専門家”の意見がネット上で物議(米))。 それでSNSが炎上したという話で、いかに合衆国であってもそこまでは進歩的でなかったようです。 ただ、もしかしたら彼は時代の先 [続きを読む]
  • 「子どもの意思」〜子どもの意思はどこまで尊重されるべきか1
  • [画像] コルネリス・ファン・ハールレム 「竜に食われるカドモスの従者たち」【行動療法の話】 10日以上前の事ですが、朝日新聞に『14歳の身体拘束77日間 「殺された方がましだった」』という記事が載っていました。 かいつまんで言うと、 東京に住む女性(24)が摂食障害で入院した14歳のとき、77日間に及ぶ不当な身体拘束を受けたとして病院を経営する法人に、1056万円の損害賠償を求める裁判を起こした、と [続きを読む]
  • 「彼に責任がある」〜日大アメフト事件の憂鬱3
  • [画像]PhotoAC【「心理的抑圧からのブレークスルー」という呪術】 評論家で武道家の内田樹はそのブログ「内田樹の研究室」の中で次のように語っています。「自分の限界」を設定しているのは本人です。「自分にはこれくらいしかできない。その範囲なら心身を制御可能である」という範囲に誰でも居着きます。自分の可能性を低めに設定して「心身に無理をさせない」というのは生物としては合理的な生存戦略だからです。でも、 [続きを読む]
  • 「かくて幕は開かれた」〜日大アメフト事件の憂鬱2
  • [画像]PhotoAC【動機が二重にない】 日大アメフト部事件について、加害選手の説明が具体的で理路整然としているのに対し前監督・前コーチの証言内容が支離滅裂なため、メディアなどの扱いはおおむね二人がウソをついている、加害選手は明らかにその指示を受けて凶行に及んだ、ということになっています。 しかし私は「コミュニケーション不足のために元監督・元コーチの意図が伝わらなかった」とする日大側の説明に現実味 [続きを読む]
  • 「理不尽な世界で理が構成される」〜日大アメフト事件の憂鬱1
  • [画像]PhotoAC【無様な反則】 ちょうど半世紀ほど前、私は田舎の中学校の3年生で、バスケットボール部員として市内大会に出ていました。入ったばかりの1年生を除いて25人ほどいるチームの14番目というのが私の実力でした。本来ならユニフォームももらえない位置です。 そんな私が試合に出してもらえたのには、特別な理由がありました。相手チームのポイントゲッターを“潰してくる”という使命があったからです。  [続きを読む]